ゆうちょ だ いれ く と。 ゆうちょダイレクトのご案内|ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトのご案内|ゆうちょダイレクト

ゆうちょ だ いれ く と

<ゆうちょ銀行の特徴 目次>• ゆうちょ銀行と郵便局の違い 郵便局に行けばゆうちょ銀行のATMがあり、窓口では貯金などのサービスを受けることができます。 しかし、 ゆうちょ銀行と郵便局は別の会社です。 ゆうちょ銀行を使いこなすには、民営化より誕生したゆうちょ銀行と、郵便局との関係を押さえておくことが大事です。 2007年の民営化により、それまでの郵便局が5つの会社に分かれました。 日本郵政(株)• (株)ゆうちょ銀行• 郵便局(株)• 郵便事業(株)• (株)かんぽ生命保険 その後、郵便局(株)と郵便事業(株)は合併して、日本郵便(株)になりました。 日常生活では郵便局と呼びますが、会社名は日本郵便(株)です。 ゆうちょ銀行と郵便局は別の会社ですが、同じグループ(日本郵政グループ)ですから、協力関係にあります。 さて、ではここからが本論。 国債や投資信託も販売しています。 非課税口座のNISAや個人型確定拠出年金(通称iDeCo)も取り扱っています。 同時に、はがきや封書などの郵便物を取り扱う郵便事業も行っています。 やはり同じグループの、かんぽ生命の商品を中心に保険も取り扱っています。 ということで郵便局は、貯金から郵便や保険まで様々な商品を取り扱っています。 そして郵便局とゆうちょ銀行の関係においては、 郵便局の中にゆうちょ銀行の支店や出張所が入っているケース、 郵便局が代理業者として貯金等を取り扱っているケースがあります。 民営化にともない、ゆうちょ銀行では、投資信託などリスクのある商品も販売するようになりましたが、これらの販売には専門知識が必要なので、郵便局によっては扱っていないところもあります。 つまり、ゆうちょ銀行の商品の全てを、どの郵便局の窓口でも提供しているわけではないということです。 自宅から近い、あるいは、よく利用する郵便局ではどんな商品を扱っているか、一度、確認しておきたいものです。 また、自分が利用したい商品を取扱うゆうちょ銀行や郵便局を探したいときは、ゆうちょ銀行のサイト内にある「」で検索することができます。 ゆうちょ銀行に口座を持つ人は多い このように運営されているゆうちょ銀行は、一体みんなどんなふうに利用しているのでしょうか? 全国的なアンケートの結果を紹介します。 2019年に発表された「よりよい銀行づくりのためのアンケート(報告)」(全国銀行協会)から、いくつか抜粋して紹介しましょう。 ゆうちょ銀行はみんなどのように使ってる?「よりよい銀行づくりのためのアンケート(報告)」(全国銀行協会)から紹介 Q:口座を持つ金融機関ともっともよく利用する金融機関は? A:• 都市銀行 口座を持つ52. 9% よく利用する30. 地方銀行 口座を持つ51. 9% よく利用する25. インターネット専業銀行 口座を持つ40. 2% よく利用する8. ゆうちょ銀行 口座を持つ74. 7% よく利用する23. 6% 口座を持っているかどうかでは、都市銀行と地方銀行が5割強で拮抗。 インターネット専業銀行が意外と多いのは、インターネット調査であることが影響しているようです。 最もよく利用するのは、都市銀行と地方銀行が3割前後。 インターネット専業銀行は1割にも満たず、口座を開いてみたものの使いこなせないのか、あるいはメインの口座ではないことがうかがわれます。 ゆうちょ銀行は、口座を持つ人が多い割に、もっともよく利用するかどうかでは約2. 5割です。 このことから、メインの口座というより、第2の口座=サブバンクとして利用している人が多いのでは?と推測します。 Q:口座を持つ金融機関の利用目的は? A:ゆうちょ銀行の場合は、普通預金(通常貯金)93. 7%、現金の出入・振込・払込32. 4%、定期預金(定期貯金・定額貯金)30. 1%、自動引落し(口座振替)14. 1%、が上位に挙がっています。 一般的な銀行の普通預金にあたるのが、ゆうちょ銀行の通常貯金。 口座を持つ人の多くが通常貯金を目的としています。 通常貯金を使った現金の出入・振込・払込、定期貯金・定額貯金もおおよそ3割の人が利用しています。 Q:金融機関の満足理由は? A:ゆうちょ銀行の場合は、ATMが多く身近な場所にある53. 3%、店舗が多く身近な場所にある45. 5%、ATMの利用可能時間が長い25. 4%が上位に挙がっています。 これの特徴は、ゆうちょ銀行を使いこなす上でのポイントとなります。 (調査は2018年7月に、全国18歳~79歳の男女3700名を対象にインターネット調査で行われた。 一般社団法人全国銀行協会「よりよい銀行づくりのためのアンケートの結果について」より) ゆうちょ銀行は、店舗やATMが多く、ATM手数料が安い ゆうちょ銀行の特徴と使いこなし方を紹介します。 アンケート調査の「満足理由」で上位に挙がっている項目、「ATMや店舗が多く身近な場所にある、ATMの利用時間が長い」は、まさに、ゆうちょ銀行の特徴を表しています。 さらに、ゆうちょ銀行のATMは手数料がかからない点も見逃せません。 都市銀行や地方銀行では、時間外手数料が発生 ゆうちょ銀行の本支店と出張所の数は234、これに郵便局も加えると、 総店舗数は全国に 2万3932。 全国の小学校の総数が約2万ですから、地域により例外はあるにせよ、ほぼ徒歩圏内に郵便局が存在するということです。 ATMの設置台数は 3万1230台。 日本の金融機関の中では店舗数もATM台数も群を抜いています。 ゆうちょ銀行のATMは、ゆうちょ銀行以外にも提携金融機関のカードが利用でき提携先は約1400社あります(店舗数とATM数は、2019年9月末現在。 ゆうちょ銀行ディスクロージャー誌2019より)。 ATM手数料については、都市銀行や地方銀行では、時間外手数料が発生しますが、ゆうちょ銀行のキャッシュカードや通帳で、ゆうちょ銀行のATMを利用する場合は、 土・日・祝日も手数料はかかりません。 ATMによっては24時間稼働しています。 日本中に、しかもちょっと歩けば行ける身近な場所に、店舗やATMがあるというのが、ゆうちょ銀行を利用する際の最も大きなメリットといえるでしょう。 日本国内なら、引っ越しなどで住所が変わっても引き続き利用することができ、わざわざ銀行を乗り換える必要もありません。 またゆうちょ銀行の特徴的な商品として、定額貯金を挙げることができます。 定額貯金は6カ月たてばいつでも解約できて最長10年まで預けられます。 めずらしいタイプの貯金です。 住んでいる場所、生活スタイルにより、ゆうちょ銀行が使いやすければ、もちろんメインの生活口座として利用してもいいのです。 ただ生活口座は、給与振込口座である方が使いやすいもの。 給与振り込みが別の銀行なら、ゆうちょ銀行はサブバンクとしての利用が向いているでしょう。 サブバンクとして利用する場合は、メインの口座とは分けておきたいお金、いざというときに備えるためのお金、子どもの教育費などの預け先に向いています。 急にお金が必要になったとき、国内なら旅先や出張先でも、豊富な店舗やATM網を使って、通帳やキャッシュカードで現金を引き出すことができます。 ゆうちょ銀行は、インターネット専業銀行と好相性 20年ほど前から登場したインターネット専業銀行。 原則、店舗をもたず、インターネットでの取引が中心です。 自前のATMもありません。 その代わり、手数料が無料だったり安く利用できる提携ATMが整備されています。 ほとんどのインターネット専業銀行で、ゆうちょ銀行ATMは提携ATMとなっています。 ゆうちょ銀行に預けたお金を、ゆうちょ銀行ATMで引き出し、同じゆうちょ銀行ATMを使ってインターネット専業銀行の口座に預けることができます。 逆もOK。 複数の金融機関を併用する場合は、口座間のお金の移動が楽でないと使い勝手が悪いものです。 その点、ゆうちょ銀行とインターネット専業銀行は相性がいいといえます。 幅広い商品・サービスを取り扱う都市銀行や地方銀行• 金利の高いネット定期や投資商品などを取り扱い、ネットショッピングの決済にも便利なインターネット専業銀行• 全国に店舗・ATM網を持つ、ゆうちょ銀行 この3つを組み合わせれば、個人が利用できる銀行サービスのほとんどが活用できます。 ゆうちょ銀行の特徴を踏まえて、自分の生活における使い方をシミュレーションした上で、上手に活用してください。 【関連リンク】• 【関連記事】•

次の

ゆうちょ銀行(9900)の金融機関コードと支店一覧|銀行コード検索のギンコード.com

ゆうちょ だ いれ く と

ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金サービスの登録申込• (1) お手元にゆうちょ銀行の通帳をご用意ください。 (2) ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金サービスの登録申込は下記の通りとなります。 一般振替口座は、お取り扱いできません。 楽天銀行、またはゆうちょ銀行の氏名変更手続きを行い、終了後に登録ください。 利用申込書の記入・返送• (1) 自動払込利用申込書をご送付します。 (2) ゆうちょ銀行口座のお届印を捺印し、ご返送ください。 ご送付いただいた後、数週間で設定が完了いたします。 ご登録住所に変更がある場合、事前にをお済ませください。 ゆうちょ銀行からの入金は即時に実行されません。 入金日のご指定はできません。 (入金予定日はお取引時に確認画面上へ表示されます。 お手続きをされる時点でゆうちょ銀行の残高が不足している場合、入金は実行されません。

次の

ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金

ゆうちょ だ いれ く と

日本人にとって身近な金融機関であるゆうちょ銀行。 ゆうちょ銀行と郵便局の違いって?上手に使いこなすコツは? ゆうちょ銀行をサブバンクとし、インターネット専業銀行と組み合わせるどの銀行に口座をもち、どう活用するかは、住んでいる場所や生活スタイルによって違ってきます。 ひとつのパターンとして提案したいのが、都市銀行や地方銀行をメインの生活口座とし、サブバンクとしてゆうちょ銀行、インターネット専業銀行に口座を持つ方法です。 それぞれの銀行が持つ特徴を活かせるからです。 そのためには、まず、ゆうちょ銀行の特徴から確認しておきましょう。 ゆうちょ銀行と郵便局の違い郵便局に行けばゆうちょ銀行のATMがあり、窓口では貯金などのサービスを受けることができます。 しかし、ゆうちょ銀行と郵便局は別の会社です。 ゆうちょ銀行を使いこなすには、民営化より誕生したゆうちょ銀行と、郵便局との関係を押さえておくことが大事です。 2007年の民営化により、それまでの郵便局が5つの会社に分かれました。 ・日本郵政(株) ・(株)ゆうちょ銀行 ・郵便局(株) ・郵便事業(株) ・(株)かんぽ生命保険 その後、郵便局(株)と郵便事業(株)は合併して、日本郵便(株)になりました。 日常生活では郵便局と呼びますが、会社名は日本郵便(株)です。 ゆうちょ銀行と郵便局は別の会社ですが、同じグループ(日本郵政グループ)ですから、協力関係にあります。 さて、ではここからが本論。 国債や投資信託も販売しています。 非課税口座のNISAや個人型確定拠出年金(通称iDeCo)も取り扱っています。 同時に、はがきや封書などの郵便物を取り扱う郵便事業も行っています。 やはり同じグループの、かんぽ生命の商品を中心に保険も取り扱っています。 ということで郵便局は、貯金から郵便や保険まで様々な商品を取り扱っています。 そして、郵便局とゆうちょ銀行の関係においては、郵便局の中にゆうちょ銀行の支店や出張所が入っているケース、郵便局が代理業者として貯金等を取り扱っているケースがあります。 民営化にともない、ゆうちょ銀行では、投資信託などリスクのある商品も販売するようになりましたが、これらの販売には専門知識が必要なので、郵便局によっては扱っていないところもあります。 つまり、ゆうちょ銀行の商品の全てを、どの郵便局の窓口でも提供しているわけではないということです。 自宅から近い、あるいは、よく利用する郵便局ではどんな商品を扱っているか、一度、確認しておきたいものです。 また、自分が利用したい商品を取扱うゆうちょ銀行や郵便局を探したいときは、ゆうちょ銀行のサイト内にあるで「店舗・ATM」検索することができます。 ゆうちょ銀行に口座を持つ人は多いこのように運営されているゆうちょ銀行は、一体みんなどんなふうに利用しているのでしょうか? 全国的なアンケートの結果を紹介します。 2019年に発表された「よりよい銀行づくりのためのアンケート(報告)」(全国銀行協会)から、いくつか抜粋して紹介しましょう。 9%、よく利用する:30. 9% ・地方銀行……口座を持つ:51. 9%、よく利用する:25. 6% ・インターネット専業銀行……口座を持つ:40. 2%、よく利用する:8. 1% ・ゆうちょ銀行……口座を持つ:74. 7%、よく利用する:23. 6% 口座を持っているかどうかでは、都市銀行と地方銀行が5割強で拮抗。 インターネット専業銀行が意外と多いのは、インターネット調査であることが影響しているようです。 ゆうちょ銀行に口座を持つ人は約75%ですから、かなり多いですね。 もっともよく利用するのは、都市銀行と地方銀行が3割前後。 インターネット専業銀行は1割にも満たず、口座を開いてみたものの使いこなせないのか、あるいはメインの口座ではないことがうかがわれます。 ゆうちょ銀行は、口座を持つ人が多い割に、もっともよく利用するかどうかでは約2. 5割です。 このことから、メインの口座というより、第2の口座=サブバンクとして利用している人が多いのでは?と推測します。 7%、現金の出入・振込・払込32. 4%、定期預金(定期貯金・定額貯金)30. 1%、自動引落し(口座振替)14. 1%、が上位に挙がっています。 一般的な銀行の普通預金にあたるのが、ゆうちょ銀行の通常貯金。 口座を持つ人の多くが通常貯金を目的としています。 通常貯金を使った現金の出入・振込・払込、定期貯金・定額貯金もおおよそ3割の人が利用しています。 3%、店舗が多く身近な場所にある45. 5%、ATMの利用可能時間が長い25. 4%が上位に挙がっています。 これの特徴は、ゆうちょ銀行を使いこなす上でのポイントとなります。 一般社団法人全国銀行協会「よりよい銀行づくりのためのアンケートの結果について」より ゆうちょ銀行は、店舗やATMが多く、ATM手数料が安いゆうちょ銀行の特徴と使いこなし方を紹介します。 アンケート調査の「満足理由」で上位に挙がっている項目、「ATMや店舗が多く身近な場所にある、ATMの利用時間が長い」は、まさに、ゆうちょ銀行の特徴を表しています。 さらに、ゆうちょ銀行のATMは手数料がかからない点も見逃せません。 ゆうちょ銀行の本支店と出張所の数は234、これに郵便局も加えると、総店舗数は全国に2万3932。 全国の小学校の総数が約2万ですから、地域により例外はあるにせよ、ほぼ徒歩圏内に郵便局が存在するということです。 ATMの設置台数は3万1230台。 日本の金融機関の中では店舗数もATM台数も群を抜いています。 ゆうちょ銀行のATMは、ゆうちょ銀行以外にも提携金融機関のカードが利用でき提携先は約1400社あります(店舗数とATM数は、2019年9月末現在。 ゆうちょ銀行ディスクロージャー誌2019より)。 ATM手数料については、都市銀行や地方銀行では、時間外手数料が発生しますが、ゆうちょ銀行のキャッシュカードや通帳で、ゆうちょ銀行のATMを利用する場合は、土・日・祝日も手数料はかかりません。 ATMによっては24時間稼働しています。 日本中に、しかもちょっと歩けば行ける身近な場所に、店舗やATMがあるというのが、ゆうちょ銀行を利用する際の最も大きなメリットといえるでしょう。 日本国内なら、引っ越しなどで住所が変わっても引き続き利用することができ、わざわざ銀行を乗り換える必要もありません。 またゆうちょ銀行の特徴的な商品として、定額貯金を挙げることができます。 定額貯金は6カ月たてばいつでも解約できて最長10年まで預けられます。 めずらしいタイプの貯金です。 住んでいる場所、生活スタイルにより、ゆうちょ銀行が使いやすければ、もちろんメインの生活口座として利用してもいいのです。 ただ生活口座は、給与振込口座である方が使いやすいもの。 給与振り込みが別の銀行なら、ゆうちょ銀行はサブバンクとしての利用が向いているでしょう。 サブバンクとして利用する場合は、メインの口座とは分けておきたいお金、いざというときに備えるためのお金、子どもの教育費などの預け先に向いています。 急にお金が必要になったとき、国内なら旅先や出張先でも、豊富な店舗やATM網を使って、通帳やキャッシュカードで現金を引き出すことができます。 ゆうちょ銀行は、インターネット専業銀行と好相性20年ほど前から登場したインターネット専業銀行。 原則、店舗をもたず、インターネットでの取引が中心です。 自前のATMもありません。 その代わり、手数料が無料だったり安く利用できる提携ATMが整備されています。 ほとんどのインターネット専業銀行で、ゆうちょ銀行ATMは提携ATMとなっています。 ゆうちょ銀行に預けたお金を、ゆうちょ銀行ATMで引き出し、同じゆうちょ銀行ATMを使ってインターネット専業銀行の口座に預けることができます。 逆もOK。 複数の金融機関を併用する場合は、口座間のお金の移動が楽でないと使い勝手が悪いものです。 その点、ゆうちょ銀行とインターネット専業銀行は相性がいいといえます。 ・幅広い商品、サービスを取り扱う都市銀行や地方銀行 ・金利の高いネット定期や投資商品などを取り扱い、ネットショッピングの決済にも便利なインターネット専業銀行 ・全国に店舗、ATM網を持つゆうちょ銀行 この3つを組み合わせれば、個人が利用できる銀行サービスのほとんどが活用できます。 ゆうちょ銀行の特徴を踏まえて、自分の生活における使い方をシミュレーションした上で、上手に活用してください。

次の