進撃 の 巨人 130。 『進撃の巨人』担当編集・川窪慎太郎、全世界1億部突破でも抱える“悔しさ”明かす「まだ足りない」

【進撃の巨人】125話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

進撃 の 巨人 130

彼らを追っていた巨人の顔は憲兵の ナイルを思わせます。 襲われそうになったカヤのもとに現れたのはガビ。 対巨人用ライフルを使い巨人をナイル仕留めました。 無垢の巨人たちは自由に活動しているようでシガンシナ区の兵団建物も襲われます。 建物が巨人たちに破壊され始め、 スルマたち新兵の前に巨人の姿が。 そこでキース教官が登場し巨人を倒すのでした。 キース率いる新兵たちは一か所に巨人を集めるべく、巨人の引き付け役をします。 ジャンやミカサは兵団本部で巨人たちを相手にしていました。 本部建物に巨人をできるだけ集めて、まとめて雷槍で叩きます。 キースたちの引き付けもあり、すべての巨人を掃討することに成功。 しかしその中には巨人となった ピクシス司令の姿もあり、アルミンの雷槍によって殺されました。 生き延びた フロックは兵団本部に戻ってきたようで、 「義勇兵を集めろ」「全員拘束する」と今度は イェレナを含む義勇兵に銃を突きつけます。 フロックたちのいる建物と同じ建物の下の階ではブラウス家がいました。 アルミン、ミカサがそこに来ます。 ヒッチから少し離れたところで 「多少の犠牲が何だって言うんだ!!」と叫ぶ男性が。 エレン・イェーガーにより民間人が被害を受けたことでエレンを責める人と、壁の巨人により世界から パラディ島を守るためにエレンは動いたのだとエレンを指示する人が対立している模様。 周囲には何人も人が集まっています。 「まずいね…この興奮状態じゃ住民同士で衝突が起きかねない」とヒッチが言うと、隣にいた憲兵の男が本部から新兵と武器を持ってくるようにヒッチに指示します。 ヒッチ、本部へ ヒッチは指示通り本部建物へ向かいます。 「まずその上着を脱いで」とアニが言いかけたところでヒッチはアニを背負い投げ。 「力弱すぎておばあちゃんかと思ったわ」とヒッチ。 アニは弱っているらしく、ヒッチに取り押さえられます。 他の兵士を呼ぼうとするヒッチでしたが、そこでアニの体に傷があることに気づきます。 「切り傷を入れてある」「いつでも巨人化できる」「私に従うしか無いのあんたは」とアニ。 明かされる過去 他の兵士が二人のいる部屋に入ってきそうになったところで、ヒッチはアニを連れ逃げたようです。 二人は厩舎へ行きます。 ヒッチは街から出ようとするアニを拒むつもりはないと言います。 ヒッチの男のグチ話から解放される、というアニの言葉に注目するヒッチ。 マーレの戦士になれば男の生活が豊かになるからとのこと。 男にとって自分は戦死になれるかどうかという点でした興味がないのだと。 しかしある日、アニは歩けなくなるまで父親の脚を蹴りました。 ある時までアニは自分を含め命には価値はないと思っていた、と言います。 少しの沈黙のあとにつづけました。 アニ: 「でも」 「父の元へ帰るためなら」 「また同じことをやる」 「それが聞けてよかった」とヒッチ。 ここで場面はレベリオ収容区へ移ります。 アルミンは コニーのあとを追うつもりのようです。 同じ歴史が繰り返されることを恐れるアルミンは、 ガビの信用を得るためにもコニーを追うべきだと主張。 「コニーに言うよ!!」「お母さんはひっくり返った巨人のままでもいいんじゃないかって!!」 焦るアルミンを見ているミカサ。 装備を着け終え 「行ってくる」と言い部屋から出ようとするアルミンに、ミカサは自分はどうすればいいのかと問います。 アルミンが部屋から出ていくとミカサはあることに気がつきます。 ミカサ: 「……」「マフラーが無い…」 場面はアルミンへ移り、そこには ブラウス一家と ニコロ、そしてガビがいます。 サシャ父: 「母親のためとはいえ…少年の命を引き換えにすることを」「コニーは深く考え躊うはずだ」「きっと間に合う」 サシャ父はガビにそう伝えると、今度は カヤが 「ミア…元気でね」と別れの挨拶。 一体誰がお前に大将になってほしいと頼んだ?というジャンの問いに対して 「よく聞いてくれたなジャン!!」とフロック。 フロック: 「みんな聞いてくれ!!」 「俺は10か月前 エレンから今回の計画を聞いた!!」 「ジークを利用し始祖の力をエレンが掌握する計画だ!!」 計画は達成され、義勇兵は指導者を失った、また地鳴らしによって義勇兵たちの故郷もいつか踏みつぶされる、とつづけるフロック。 それでもこの島でエルディア帝国のために力を貸してくれる者は歓迎しようと言ったところで 「ふざけるなクソ野郎!!」と先ほど手を撃たれた義勇兵。 すぐ近くに マガトがおり、二人は 車力の巨人の体の上に乗っているようです。 撤退船がマーレに戻るのは賢明な判断だと返すマガト。 巨人たちに踏みつぶされる前にマーレに情報を伝えることができる、と。 それでもなす術が無い、何か策はあるのかと問うピークですが、 「無い」とマガト。 「あのー」 二人の背後から人間が一人現れました。 「こちらには何の武器もありません!!」と言った声の主はハンジでした。 ハンジの後ろの方には馬と馬に引かれる荷車が見えます。 「え?」「あっちに誰かいる?」と後ろを指さし、相手に聞かれる前に説明するハンジ。 前回の124話ネタバレ記事でも書きましたが、アニは作品内では 4年間、連載上では 7年以上ものあいだ水晶のなかで眠った状態だったんですよっ! ちなみに、アニが水晶化したのはコミックス 8巻34話「戦士は踊る」で別マガでは 2012年6月8日発売でした。 今回125話で本格的に復活した彼女ですが、 いきなりめちゃめちゃかっこいいッ!なんだよこれツ!!っていう(笑)。 アニと最初に出会うのはアルミンかエレンかヒッチかと際限なく妄想していたわけですが、ヒッチでした。 そして緊張感がすごい。 アルミンのこういう態度というか焦り方って今まであまり描かれてこなかったんじゃないかなと思います。 ウォール・マリア最終奪還作戦のときはライナーたちを見つけられないと焦っていましたが、今回はそれとはまた違う雰囲気だったなと感じました。 アルミンがいないだけでなくエレンもいないので、、、ミカサには幼馴染の2人がいない状態です。 「少しは自分で考えて…」というアルミンの何気なかったかもしれない一言が読者の僕にはグサッと来たのですが、同じ方いませんかね? 「これ、またミカサ泣いちゃうよ?いいの?」と思いながら見てました(笑)。 いやぁー、とりあえずミカサには辛いシーンでした。 やや北西というくらいでしょうか。 まず ファルコが目覚めているというのに少し驚きました。 ずっと意識を失っているわけではないでしょうから、まぁ普通ですよね。 これから自分を殺そうとするコニーにファルコが心から感謝をしているところにグッときました! 「ファルコはコニーが考えていることを知らないんだよなぁ、お母さんのことを知らないんだよなぁ」と思いながら、 「ファルコめっちゃ人がいいわ、コニー辛いわ」とも思って読んでました(笑)。 感動したのはファルコの人のよさ、というよりは コニー辛いなぁという部分ですね。 ファルコの感謝がコニーを追い詰めるというか、、。 諌山先生、本当にひどいことするよなぁ。 12月25日の進撃日めくりカレンダー リヴァイ兵長、誕生日おめでとうございます。 ジークの道ずれ作戦で安否が不明となり久しく暗い雰囲気が漂ってますが、生きて帰ってくると僕は信じてます。 そして自作の兵長イラストをプレゼントです。 — ナガト アース調査兵団兵士 nagatoshingeki 「信じていた通りだったよっ!」と声を特大にして叫びたい、今はそんな気分です!(笑) 兵長の生死に関する記事もいくつも書いたなぁ。 下に貼っておきますね。

次の

進撃!巨人中学校

進撃 の 巨人 130

ジャンル 漫画 原作・原案など 作画 中川沙樹 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 5月号 - 8月号 発表期間 2012年4月9日 - 2016年7月9日 巻数 全11巻 アニメ 原作 諫山創、中川沙樹 監督 井端義秀 シリーズ構成 後藤みどり キャラクターデザイン 八尋裕子 音楽 アニメーション制作 製作 「進撃!巨人中学校」製作委員会 放送局 ほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト ・・ ポータル ・・ 『 進撃!巨人中学校』(しんげき きょじんちゅうがっこう、Attack on Titan: Junior High、Attack! Titan Junior High)は、中川沙樹によるの作品。 『』()にて5月号から8月号まで連載され、2018年には続編となる『進撃!巨人高校』(Attack! Titan High School)が連載された。 概要 [ ] による漫画『』の公式パロディで、「もし『進撃の巨人』の登場人物(巨人含む)が同じ中学校に通っていたら」という展開を描く。 当然ながら本編とはの関係にあり、ストーリーも無関係。 人間と巨人が通う「進撃中学校」の制服は男子は学ラン、女子はブレザー。 巨人は原作と同様に裸であるが、体操着やブルマを着用することもある。 原作では作中の時間軸以前に死去したことになっているキャラクターも登場している。 このマンガの発案者は『別マガ』前班長の朴であるが、そのコンセプトはが『』(講談社)にて連載していた『』のスピンオフ作品「」であるという。 『』2013年35号にも読み切りが掲載されている。 2018年7月号から「 進撃!巨人高校~青春!となりのマーレ学園~」の名で3号限定の短期集中連載が開始した。 進撃中学校を卒業したエレンたちは進撃高校に、ライナー、ベルトルト、アニの3人は「マーレ学園」に進学したという設定になっている。 登場人物 [ ] 原作設定については「」を参照 1年4組 [ ] 本作の主要キャラ(ただし、サシャまでの6人)。 エレン・イェーガー - 本作の主人公。 非常に空気の読めない性格の少年で、アホ毛が一本生えている。 シガンシナ小学校出身。 好きな弁当のおかずはチーズハンバーグ(通称「チーハン」)。 過去に超大型巨人にチーズハンバーグの入った弁当を奪われて以来、巨人を激しく憎んでおり、原作同様に「巨人を一匹残らず駆逐する」ことを目標としている。 進撃中学校の入学式にてそれをカミングアウトしたため、学校中で「チーハン野郎」というあだ名が定着してしまっている。 コニーほどではないがバカであり、巨人用の消しゴムハンコを作ろうとして名前を反対に彫っていた。 しかし学力はそれなりにある様子で、中間テストでは赤点はとっていない。 「たたいてかぶってジャンケンポン 」でアニと和解して以来彼女に好意を抱かれるが、鈍感で気づいていない。 フォークダンスをアニに誘われた際も断っている。 強がりを言うが、幽霊等のお化けは苦手。 ミカサ・アッカーマン 声 - 本作のヒロイン。 エレンに執着する少女だが、その理由は謎である。 シガンシナ小学校出身。 また、エレンの存在を気で感じ取っているなど常人離れした能力を持つ。 料理がナナバよりもうまく、エレンの弁当を作って彼に渡している。 アニとはエレンを巡る恋敵であり、彼女とエレンの接触を極端に阻止しようとしている。 アルミンの部屋にエレン共々訪れた時には、その余りの暑さに朦朧としていたがそれでもエレンに指摘されても取ろうとしなかった位にマフラーを常用している。 射的の腕は超一流でアニ共引けを取らない。 アルミン・アルレルト 声 - 非常にナイーブな性格の少年。 エレンやミカサ同様シガンシナ小学校出身。 両親がいるかどうかは定かではないが、祖父と同居していることが確認されている。 小学生時代、クラス対抗ドッジボール大会で女子が投げ損じたボールを顔面で受けてアウトになってしまい、「ゆるい球顔面アウト」というあだ名をつけられ、それが原因で肩身の狭い思いをする羽目になり、本編開始時点でも引き籠もっていた。 ミカサの説得により学校に通うようになるが、北風が寒かったので家の中同様布団を被って登校している。 後に頭部にのみ布団を被るスタイルに変化した。 成績は優秀で、中間テストも満点に近い。 暗闇が苦手で1人では歩けない。 アニメでは引きこもる原因が主に極度の寒がりである事に変更され、昔から布団を愛用し肌身離さずにいて、しかもその布団がないとすぐ風邪をひいてしまう。 なお初登場時に部屋が我慢大会状態であったにも関らず寒がっていて、その直後に被っていた布団 をリヴァイに強奪されたのでしばらくはエレンの学生服を被っていた。 リヴァイによって布団が補修されて、その後に帰って来てからは引き篭もりを止めて登校するようになる。 ジャン・キルシュタイン 声 - 序盤では数少ない常識人だったが、話が進むにつれ自己中心的な性格が目立ってきた。 好きな食べ物はカレーコロッケ。 壁美化部所属。 小学校時代はサッカー部に所属していた模様。 エレンとの関係は原作よりもソフトなものとなっており、口論になることはあっても付き合いが途切れない辺りそれなりに仲はいい。 原作とは異なり、ミカサに好意を抱いているという描写はあまりなく、寧ろエレンが女子と一緒にいるのが気に入らないという描写で描かれている。 性格が非常に悪いため浮いた話は一つもなく、日に日に校舎内にカップルが増えることに愚痴をこぼしている。 そのため一通だけラブレターをもらっただけで舞い上がっていて、その送り主が巨人だったときには現実逃避しかけた。 先輩に対しても非常に反抗的で、壁美化部に所属しているものの、何度もサボっている。 体育大会では先輩との上下関係に終止符を打ちたいがために、玉入れで立体機動装置を使うという卑怯っぷりを見せる。 原作で接点のないヒッチとの絡みが多く、心ない言動で彼女を怒らせてしまう場面が多い。 アニメでの性格は完全な自己陶酔型のプレイボーイ気質だが、他の人物にツッコミを入れる場面が多い。 女子にモテる事を第一の前提で行動しているが何時も空回りしている。 また、アニメでは好きな食べ物が「オムオム」となっている。 エレン同様、強がるものの、お化けは苦手。 コニー・スプリンガー 声 - 原作よりもバカな少年として描かれている。 そのバカさは他の追随を許さない。 底抜けに明るい性格。 中間テストはオール0点だが、全く気にしていない。 好きな食べ物はからあげ(冷凍のものを除く)。 壁美化部所属。 サシャと行動する場面がよくみられる。 サシャ・ブラウス 声 - 異常なまでに食い意地の張った 少女。 そのため、ミカサからの評価は「食べ物のことしか考えてない子」。 好きな食べ物は出し巻き卵。 壁美化部所属。 常によだれをたらしている。 中間テストでは全教科赤点をとってしまうが、指導者によっては簡単に満点近くなるほどになり、学力には隠れた潜在能力がある。 購買のあんぱん を食べたいがためにパン食い競争に参加するが、ハンジに邪魔され結局食べられないままである。 マルコ・ボット 声 - 臆病な性格だが常識人の少年。 ミカサからの評価は「不死鳥」。 ジャンとよく行動している面が見られる。 登下校中にゴミ拾いをしたり、遅刻覚悟で困っている人を助けたり、家で毎日手伝いをするなどで、立候補していないのに生徒会長になっている。 生徒会長になってからも、ジャン曰く「敏腕ビジネスマン」と大量の仕事を完璧にこなしている。 物は借りたらすぐ返さないと気が済まない。 アニメ版ではジャンの応援人となり演説をしてジャンの評価を一時的に上げた事からイルゼに推薦され、立候補していないのにも関わらず圧倒的な支持を受けて当選した。 アニメ第5話では教室内に掲示されている習字(おそらくテーマは「好きな食べ物」)で「うめぼし」と書いている。 フランツ、ハンナ 声 - (フランツ)、(ハンナ) 人目を気にしないカップルとして登場。 そのためミカサからの評価は二人とも「リア充」。 互い以外にはほとんど会話が通じていない。 アニメ第5話では教室内に掲示されている習字でお互いの名前を書いている。 また、教室内の彼ら二人の作品(習字、似顔絵)は隣同士に掲示されている。 ハンナは美術部に所属している模様。 アニメ版では文化祭にてエレン率いるチーズハンバーガーの模擬店のスタッフとなっているが、売り子としてバニーガールのコスプレを催したアルミンに惚れたフランツが激怒したハンナに吹っ飛ばされた。 サムエル 声 - ダズがチョコレートをもらったことを知り、トーマスと一緒に驚いていた。 アニメ第3話ではエレンらと同じ4組Aチームとして登場。 また、アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「キュウリ」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵はナックに描いてもらっている。 以下の人物はアニメ第3話でライナーらと同じチーム(4組Bチーム)になり、エレンらのチーム(4組Aチーム)と対戦する。 ミーナ・カロライナ 声 - 女子テニス部に所属している模様。 アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「お豆腐」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵はアニに描いてもらっている。 トーマス・ワグナー 声 - ダズがチョコレートをもらったことに、サムエルと一緒に驚いていた。 アニメ第3話では、エレンのチーハン好きを「この歳であんなにチーズハンバーグに執着って、流石にないよなぁ」と言ってナックと一緒に笑う(その後、アニにもずくを押し付けようとしている)。 また、アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「餃子」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵はミリウスに描いてもらっている。 ナック・ティアス 声 - アニメ第3話にて、エレンのチーハン好きをトーマスと一緒に笑っていた。 また、アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「カレー」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵はサムエルに描いてもらっている。 ミリウス・ゼルムスキー 声 - アニメ第3話ではライナーやベルトルトと一緒にいる描写があった(アニが好きな食べ物を「もずく」と答えた場面にも登場)。 アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「トムヤムクン」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵はトーマスに描いてもらっている。 ダズ バレンタインで義理チョコをゲットして胴上げされていた(小学校では一度ももらえなかったらしい)。 アニメ版にて、教室内のシーンで登場する際は、机に突っ伏していることが多い。 アニメ第5話では教室内に掲示されている習字で「塩辛」と書いており、第6話にて教室内に掲示された似顔絵は彼のものだけ自画像になっている。 1年3組 [ ] アニメではエレン達と同じ4組。 ライナー・ブラウン 声 - 3組のリーダー格3人組の一人。 好きな食べ物は骨付き肉。 苦手な食べ物はもずく。 原作と同じく主にベルトルトと2人で行動している。 柔道部に入部し、先輩からはスジがいいと言われている。 クリスタに好意を抱いていて、フォークダンスで一緒に踊ってくれることになって舞い上がっていたが、結局巨人とフォークダンスすることになってしまう。 アニメではクリスタに近づこうとする度に執拗にユミルの妨害を受けるのがお約束。 ある出来事からミケと敵対関係になり、体育大会で決着をつけようと試みるが、圧倒的な力の差で敗北に終わってしまう。 ベルトルト・フーバー 声 - 3組のリーダー格3人組の一人。 好きな食べ物はぎょうざ。 苦手な食べ物はもずく。 バレーボール部に所属。 常識人だが気弱で主体性に欠ける性格なため非常に影が薄い。 アニメでは相当無視されている 他、原作で語られた芸術的な寝相の悪さが実際に描写されている。 性格ゆえにお人好しになりやすく、エレンやサシャなどに遠征のおやつの購入権をせびられていた。 「トル」や「〜トルト」という呼び名をされることが多い(例・チラトル、ませトルト)。 アニに好意を抱いていて、彼女をよくチラ見している。 彼女本人には気が付かれていないが、ライナー達を始めとしたクラスメイト達には気付かれて噂になっていたらしい。 生徒会の用具箱に入ってアニ達の会話を盗み聞きするといったストーカー紛いの行動もしている。 作中でアニがエレンに好意を抱いていることに気付いた際は落胆していた。 アニを庇うときは大抵頭が犠牲になる。 エレンの自分勝手な行動に「男らしい」と評価したり、アニといい感じになってきたときに「型抜き」を一緒にやろうと誘ったり 、他人と比べ少しずれた行動が多い。 アニ・レオンハート 声 - 3組のリーダー格3人組の一人。 好きな食べ物は、一番目はチーズハンバーグ、二番目はもずく。 生徒会役員。 エレンが進撃中学校の入学式で好きな食べ物がチーズハンバーグとカミングアウトしたために、クラスの自己紹介で好きな食べ物を言う流れの中で、チーズハンバーグと答えてバカにされることを恐れた結果、もずくと答える羽目になり、それ以来エレンを一方的に敵視している。 原作とは異なり感情豊かで、喜怒哀楽がかなり多様に描かれている。 進撃中調査団の存続を掛けた勝負でエレンと和解、それ以来エレンには好意を抱き、積極的なアピールを試みている。 生徒会での自己紹介でヒッチのせいで好きな食べ物を言う羽目になった時、クリスタ等もずくが苦手なクラスメートにおかずを押し付けられた経験から、焦って食塩と答えてしまった。 アニメでは巨人と一緒に学ぶ塾に通っており、そこで友人になった巨人がジャンに恋したためラブレターを代筆。 また、特殊な「叫び」で巨人を呼び寄せることができる。 射的の腕はミカサに勝るとも劣らない。 また、昔からベルトルトから好意を寄せられている事にも気付いておらず 、最近の事だと思っている。 かなり天然な性格。 好きな食べ物はアイスクリームといちご。 苦手な食べ物はもずく。 吹奏楽部所属。 体育大会ではチアガールをやっている。 アニとは昼食を共にしたり、彼女がエレンに好意を抱いているのを知ってたりと仲が良く、おまけ漫画でアニに頼み事をしているのが多い。 甘い物の食べ歩きが趣味でユミルに「ブタになる」と心配されている。 実は権力者ロッド・レイスの娘で本名は「ヒストリア・レイス」。 しかし父親にとっては「ハッスルしすぎてできちゃった子」、つまり愛人の子であるため、世間体が悪くなることを恐れた父親によって改名させられたのち絶縁された。 幼い頃の出来事であったためか、実の親や姉妹のことは一切憶えていない。 現在は「おじいちゃんとおばあちゃん」と暮らしていて、母親がどうなったかは不明。 異母姉に教師のフリーダ・レイスがいる。 ユミル 声 - 好きな食べ物はサバ味噌。 苦手な食べ物はもずく。 吹奏楽部所属。 クリスタとは仲が良く、共に行動している場面が多く見られる。 原作よりも寡黙な印象を受けるが、ベルトルトを脅して言うことを聞かせたり、その後にさり気なくフォローを入れたりするなど根本的な面は変わっていない。 クリスタに好意を抱くライナーに嫉妬と警戒心を持っており、彼を「ゴリラ」と呼んでいるが、先述のベルトルトの件についてはライナーの意向を察知し意気投合している。 クリスタの食べ歩きに付き合い、微妙に体重が増量した。 アニメではクリスタとは(ユミルが男役)状態で常日頃からクリスタと「~が終わったら結婚してくれ」と口にし、更に誰であろうとクリスタに近付く者に対して実力行使も辞さない。 壁美化部 [ ] 原作での駐屯兵団に相当。 エレン・ミカサ・アルミン・ジャン・コニー・サシャの6名が勝手に入部させられた部活。 リコ・ブレツェンスカ 声 - 壁美化部の先輩として登場した。 2年生。 部活には真剣に取り組み、誇りも持っている一方でエレンに壊れた立体機動装置を渡してしまったり、しょうもないダジャレを言って空気を寒くしてしまうなど、かなりのドジっ子。 後輩には厳しい態度で接しているが、イアンに話しかけられただけで赤面するなどイアンに好意を抱いており、女の子らしい一面も持つ。 壁美化部の威厳を守ることに異様に執着しており、ジャンが玉入れの時に立体機動装置を使ったことには半ば精神崩壊するほど激怒していた。 文化祭のバンド大会では他の同級生たちとともに(巨人生徒たちに勝てないからという理由で)謎の儀式を始めていた。 イアン・ディートリッヒ 声 - リコ同様に壁美化部の先輩として登場した。 ジャンを叱るリコを宥めるなど、おおらかな性格。 リコに好意を抱かれているが、気付いていない模様。 ジャンが玉入れの際に立体機動装置を使った時には唖然としていた。 調査団 [ ] 非公式部活動。 原作での調査兵団に相当。 エレン達6名に加え、ライナー・ベルトルト・クリスタ・ユミルも所属。 3年生 [ ] リヴァイ 声 - 厳しい性格の先輩。 原作同様潔癖症。 成績優秀でアニメでは裁縫も得意。 後輩に対しては威圧的で、ハリセンを常備している。 ミカサに喧嘩を売られた際、体育大会で上下関係を決めるように提案したが、本人はそんなことは忘れていたようである。 掃除に対しては非常に厳しく、騎馬戦では大将であるにもかかわらず掃除を行っている。 学校の寮に住んでおり、隣人のハンジには度々たかられている。 覆面バンド「NO NAME」のボーカルでもある。 ハンジ・ゾエ 声 - 常にハイテンションで明るい先輩。 性別不明で、制服を着ることはなく、作業着(アニメではジャージ)を着用。 原作同様巨人好きで、本人は否定しているが進撃中調査団に入った理由は「巨人を掻っ捌いて骨の髄まで知り尽くしたいという歪んだ愛情」であるという。 新入生のエレンらに対しても懇切丁寧に説明するなど、かなり後輩思い。 リヴァイにたかったり、パン食い競争の日には競技に全てを賭けるために前日から絶食するなど、サシャ以上に破天荒。 生物部に所属している。 学校の寮に住んでいる。 覆面バンド「NO NAME」のベーシスト でもある。 ミケ・ザカリアス 声 - 寡黙な性格の先輩。 原作同様の嗅ぎ癖は健在で、ジャンの匂いを嗅いで鼻で笑っていた。 アニメではベルトルトの匂いを嗅いで泣いている。 しかし、クリスタが落下しそうになった際には受け止めるなど、かなり紳士的。 体育大会で後輩に圧倒的な力の差を見せつける。 ライナーを簡単に投げ飛ばしたり、巨人捕獲網を素手で引き裂くなど、かなりの怪力の持ち主。 潔癖症の一種で自分の親が作った料理以外食べられない人間である。 そのために料理部にいたが味見が出来ず、自分の作った料理を勧めてきたナナバと誤解から仲違いしてしまった。 だが、ナナバの作ったおにぎりを勇気を出して食べたことでナナバやゲルガーと和解する。 覆面バンド「NO NAME」のドラマーでもある。 2年生 [ ] エルド・ジン 声 - 映画研究部に所属している。 なぜか異様にクワガタに詳しい。 オルオ・ボザド 声 - 男子テニス部に所属している。 一日3回は舌を噛む。 学業成績は非常に優秀でありテストでもほぼ満点だが、90点台であるにもかかわらず「成績が下がった」と言って自慢したがるなど、極度のナルシスト。 その一方で深夜までテスト勉強するなど努力家の一面も合わせ持っている。 去年の夏祭りでくじ引きだけで無一文になった。 ペトラ・ラル 声 - 吹奏楽部に所属している。 をこじらせて進撃中調査団を頑なに闇の組織と言い張る。 原作より性格がキツめに描かれている(特にオルオに対して)。 進撃中調査団の2年生4人組の中では一番成績が悪いが、出番は一番多い。 フォークダンスの相手はオルオだった。 スイーツ好きでかなりの大食いである。 彼女の父も登場しており、深夜の昆虫採集では(ミケとリヴァイを除く)調査団の上級生を特に身にならない説教をし、サシャ達がバイトをしているコンビニで店長をしている。 グンタ・シュルツ 声 - 水泳部に所属している。 模様が栗のTシャツを愛用している。 モブリット・バーナー 声 - 生物部に所属している。 アニメでは原作と同じく苦労人。 「先輩! 」が口癖。 原作では調査団や生物部にいる様子は確認されていないが、バンドバトルでは出場者代表に、バレンタインでは義理チョコを募集している。 生徒会 [ ] 原作での憲兵団に相当。 マルロ・フロイデンベルク 声 - 生徒会役員。 好きな食べ物はおにぎり。 原作同様正義感が強く、学校の秩序を守るため奔走しているが空回り気味で、進撃中調査団の存続を掛けた戦いでサシャにストレート負けした。 ヒッチ・ドリス 声 - 生徒会役員。 好きな食べ物はチーズケーキ。 部活免除と内申が良くなるという理由から生徒会役員になった。 それ故非常に狡猾な性格で口も悪いが、ジャンが巨人からラブレターをもらった際には、彼がショックを受けないように自分がラブレターの主だというように装うといった気遣いを見せた。 また、アニがエレンにフォークダンスの相手を誘う際、事情を知らないにもかかわらず、マルロと共に話を合わせたりしていた。 原作とは異なり、かなりヒステリックな面があり、進撃中調査団の存続を賭けた戦いでは、ジャンの何気ない一言で彼が引くほどの気性の荒さを見せる。 勝負ではジャンの把握していなかった特別ルールを利用して勝っている。 その他の進撃中生徒 [ ] ナナバ 料理部員。 ミケと料理を通して友人となった。 3年生。 プロ並みの料理の腕を持っている。 ゲルガー 料理部員。 2年生。 酒を飲むと真の実力が発揮される。 イルゼ・ラングナー 声 - 新聞部員。 生徒会長に立候補したジャンと一緒に生徒会長選挙の対立候補であるフレーゲルについての調査を試みる。 その後、自ら生徒会長に立候補し一度は当選したが、新聞部への予算全振りを宣言したため毎日暴動が起き、解任の上マルコが生徒会長に着任させられた。 アニメでは立候補しておらず、ジャンを推薦するマルコの演説に感銘を受け、自らはマルコを推薦し、彼を当選させた。 フレーゲル・リーブス 生徒会長選挙に立候補した生徒。 進撃中の購買部の商品を卸しているリーブス商会の御曹司。 好物はドーナツ。 バレンタインで義理チョコを募集している姿も描かれている。 該当エピソードであるアニメ10話には登場せず、ジャンに加えてエレン、ライナー、オルオ、リコ等も生徒会長に立候補している。 キュクロ 番外編に登場する「Before the wall」の主人公。 野性児のような雰囲気になっている。 シャルル・イノセンシオ 番外編に登場。 キュクロがまともな生活を送れるよう世話を焼く。 シャビィ・イノセンシオ 番外編に登場。 シャルルの兄。 他校の生徒 [ ] イザベル・マグノリア 進撃二中の生徒。 リヴァイの旧友。 ファーラン・チャーチ 進撃二中の生徒。 リヴァイの旧友。 教師 [ ] デニス・アイブリンガー 生徒会会議の進行を担当している。 好きな食べ物を食塩と答えたアニに「摂り過ぎに注意しろよ」と注意した。 キース・シャーディス 声 - アニメのみエレン達1年4組の担任を務めている。 原作同様の鬼教官で、特にサシャには厳しい。 エルヴィン・スミス 声 - 学校に内緒で調査団の顧問をしている。 普段は巨人に対しても丁寧に接しているが、本当はエレンと同じ考えを持っている。 複数の巨人を素手で叩きのめすほどの強さを持っている。 ジャン、サシャ、コニーらから教師として尊敬されていたが、エレンと同じ考えを持っていることが分かってから彼らに引かれている。 その反面で反目されていたエレンから少しずつ信頼を得始めている。 ナイル・ドーク 声 - 権威を笠に着るタイプで原作よりも性格が悪く描写されている。 典型的なサラリーマン教師である為、生徒からの人気は極めて低い。 2年前の遠足でエルヴィンに彼が巨人を叩きのめした際、その責任を押し付けられた経験を持っている。 その為、彼に対して強い敵愾心を持っている。 ディータ・ネス 声 - 体育教師でジャージを着用している。 アニメでは射的の屋台の店主として登場。 相棒のシャレットは原作の馬ではなくとなっているが、シャレットによく髪を毟られて頭部が禿げている点は原典アニメと同じ。 ハンネス 声 - 壁美化部の顧問をしている。 エレン達の近所に住んでいる為、彼らと顔見知りである。 奥さんの看病で長期休暇を取っており、二学期初日に職場復帰した。 フリーダ・レイス 声 - 採用試験受かりたての新任教師。 赴任したその日の朝、3組の担任教師が急に腹痛で倒れたので急遽3組を受け持つことになった。 明るく人当たりのいい美人であるため、生徒達からは慕われている。 実はクリスタの生き別れの姉(腹違い)。 クリスタと再会するため教師になり、学校関係者に権力者である父親の名前を出して「偶然」クリスタの通う学校に赴任した。 ただし父親からは「姉だとバレたら権力で別の学校に移動させる」と言われているため、姉であることは明かせないでいる。 離れ離れになっていた反動からか、妹を溺愛するあまりしばしば暴走し、顔からあらゆる体液(涙、鼻血、涎など)を垂れ流すことも多い。 アニメでは第8話の肝試しの時に学校の幽霊として登場し、鏡の中からエレンを驚かせたり、ユミルやサシャとはぐれて泣いていたクリスタを慰めたりしている。 巨人 [ ] 超大型巨人 進撃中学校の入学式の際、ウォール・マリア外からその姿を見せた同校の校長。 エレンが巨人に憎悪を抱くきっかけとなった元凶である。 巨人達 進撃中学校で人間と共に教育を受ける人間とは異なる種族として登場。 かなり高度な授業を受けている。 エロ本を買ったり、ブルマを盗まれて泣くなどかなり人間臭い一面を持つ。 かなり人間(教師含む)を舐めており、生徒の弁当を強奪するといった嫌がらせを行っている。 基本的に人間を捕食することはせず、甘噛みするだけである。 書誌情報 [ ]• 2013年4月9日初版発行(同日発売 )、• 2013年8月9日初版発行(同日発売 )、• 2013年12月9日初版発行(同日発売 )、• 2014年4月9日初版発行(同日発売 )、• 2014年8月9日初版発行(同日発売 )、• 2014年12月9日初版発行(同日発売 )、• 2015年4月9日初版発行(同日発売 )、• 2015年8月7日初版発行(同日発売 )、• 2015年12月9日初版発行(同日発売 )、• 2016年4月8日初版発行(同日発売 )、• 2016年8月9日初版発行(同日発売 )、• 進撃!巨人高校~青春!となりのマーレ学園~ 2018年8月9日初版発行(同日発売 )、 アニメ [ ] 2015年にはアニメ化が決定され、同年10月から12月までほか日本各地で放送された。 原典アニメ版を手掛けたの親会社であるがアニメーション制作を担当。 アニメのメインキャストは原典アニメ版と同じで、オープニングテーマも同様にが担当。 』(出演・小林ゆう)も適宜(概ね偶数回)混じえる番組となる。 両パートとも、超大型巨人をモデルとしたキャラクター「 巨人くん」も出演する。 』Bパートは本編アニメを放送、13時間目はバラエティコーナーのみ2話分放送された。 ただしネット配信版では肖像権の都合上、アニメ本編のみであった。 スタッフ [ ] アニメパート• 監督 - 井端義秀• シリーズ構成 - 後藤みどり• キャラクターデザイン - 八尋裕子• 美術設定 - 森岡賢一• 美術監督 - 荒井和浩• 色彩設計 - 鈴木麻希子• 撮影監督 - 高橋哲也• 編集 - 濱宇津妙子• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 松尾晃• 企画・プロデュース - 笹木孝弘、松下卓也、森下勝司、椎名信一、• プロデューサー - 、宮井梨江、立石謙介、伊藤洋平、清水紀衣、今井陽介、佐藤克己、• アニメーションプロデューサー - 川口徹• アニメーション制作 -• 製作 - 「進撃!巨人中学校」製作委員会(ポニーキャニオン、講談社、Production I. G、、、) 実写パート• ナレーター -• 構成 -• CAM - 蜜谷司、小西賢介• 音声 - 小出正一、戸田善裕• 編集 - 森威志• MA - 松岡洋一• 美術プロデューサー - 内藤佳奈子• 音効 - 上島光央• フードコーディネーター - 佐世あやか• ディレクター - 小島隆補• 演出 - 山田和也• プロデューサー - 碓氷容子• 技術協力 - 、• 美術協力 - 、empty• 制作協力 - Big Face• 制作著作についてはアニメパートを参照。 隔週月曜日更新、全11回。 番組は、Aパート「 進撃!巨人中学校 ほうかごらじお 〜ATTACK ON AIR〜」とBパート「 DJベルトルトの進撃Radio Show」の2部構成。 Aパートのパーソナリティはアニメ出演声優が週替わりで担当。 Bパートのパーソナリティは。 第5回、第9回は特別編成となり、第5回は全編Bパートに統合されベルトルト達3人組の声優陣が進行、第9回は全編Aパートに統合の上でと橋詰により進行された。 反撃の大地(2015年11月18日、PCCG-70280)• 跪け 豚共が(2015年12月16日、PCCG-70287)• Clarity(2016年1月20日、PCCG-70288)• 「BLAME! 」本編はシリアスなSFアクションだが、「ブラム学園」は同じ登場人物による学園コメディー。 アニメでは球技大会のドッジボール。 ミカサの元の体力や知力を考えると人並みほど。 そのため、コミックス第一巻の表紙にも登場していない。 実はその布団には穴が開いていた為に保温性が著しく落ちていた。 その為にアルミンは通常以上に寒がっていた。 教室内に掲示されている習字で「オムオム」と書いたほか、球技大会の合間に、アニが(エレンに変装した)彼に「好きな食べ物」を尋ねた際に「オムオム」と言いかけている。 例として、数学の時間であるにもかかわらず音楽の教科書を広げ、しかも逆さにして読む、中間テストでは赤点をとって居残りとなったにもかかわらず忘れて帰ってしまう、アニメではドッジボールの基本的ルールも知らなかった為に当初試合中なのにマルコからドッジボールのルールを基本から教わっていた等。 アニメでは冒頭からスイカを丸々一個持ち歩いていてエレンと衝突している。 また、その後も他の生徒が自己紹介をしている最中におにぎりを頬張っているところをキースに見つかってゲンコツを食らわされた上で廊下に立たされたり、「おいしいものが食べ放題だから」という理由で入部した調理部で、調理用の食材を盗み食いしているところを他の部員に見つかって叱られたりするなど、「食べ物」絡みのトラブルを度々起こしている。 ドッジボール大会では試合中にラーメンを食べながらボールを全て避けていた。 アニメでは焼きそばパン。 両者とも、その上に赤いハート形を描いている。 アニがクリスタに好きな食べ物を聞かれた際、ライナーやベルトルトと共に彼らも会話に参加している。 エレン、ミカサ、アルミンが3人で組んだからだと思われる(アニメでは1年4組の人数が20人となっている)。 例として、球技大会では他の皆は賭ける内容を言えたにも関わらず、「僕は」で別シーンになる、サシャとコニーが赤点になった際は勉強を教えようと申し出るがしっかり無視され泣きながら帰るなど。 この出来事に関わったのは他にライナーとアニの二人だが、現在は二人共その事を覚えていない。 アニメでは幼少期にライナーとアニから型抜きの腕を褒められた事が夢として描かれている。 アニメではギタリスト。 アニメでは時間の都合上毎回最低1回。 同じ場面には、フレーゲルやケイジ、ゴーグルの生徒(原作におけるハンジの部下の一人。 第38話にて名前がアーベルと判明)の姿も描かれている。 アニメ6話には登場せず、アニがラブレターを代筆。 法律違反のため普段は封印している。 彼が首に下げている箱には「ドーナツも可」の表記が見られる。 原作アニメ第3期でも日笠はフリーダ役を演じており、本作のアニメでは大きく先駆けて演じていたことになる。 第1期では、日笠はエンディングテーマを歌っているだけで本編に出演はしていなかった。 出典 [ ]• 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2014年10月26日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2014年10月26日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2014年12月15日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2015年8月10日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2015年8月10日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2015年12月9日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2016年4月8日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2016年8月9日閲覧。 講談社コミックス. 講談社. 2018年8月9日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【進撃の巨人】125話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想!

進撃 の 巨人 130

先日最終回を迎えたアニメ『進撃の巨人 Season3』はビックリするくらい面白かったらしい。 当編集部の中澤もしかし原作は今、さらにヤバイことになっているのだ。 2019年7月9日に発売された「別冊少年マガジン」8月号。 当然そこには『進撃の巨人』最新話も掲載されているのだが、その内容が いろいろ衝撃的すぎるとネットをザワつかせている。 ショックを受ける人も多かったようだが……一体何があったというのか? 以下、 完全ネタバレ注意でお願いしたい。 ・話題の最新話 ここ最近の『進撃の巨人』は 常にクライマックス状態が続いているため、何を言っても致命的なネタバレになってしまいそうで説明が難しい。 そこで今回は、前号までのストーリーや流れ等は一切無視し、 最新話で起きたことだけを簡潔にお伝えしようと思う。 アニメしか見ていない人はもちろん、単行本を読んでいる人でも意味がよく分からないはずだ。 よってここから先は、ネタバレ注意ではなく 立入禁止とする。 内容を知りたくない人は絶ッッ対に見ないようにしてくれ。 忠告はしたぞ。 はいドン! ・ジーク、叫んじゃう ・ピクシス指令、ナイルなどが全員巨人化しちゃう ・ファルコも巨人化しちゃう ・ファルコ、顎の巨人(ポルコ)を食べちゃう ・ガビ、生身になったエレンを撃っちゃう ・エレン、 撃たれて首が取れちゃう ……そう、 めちゃくちゃである。 きっと多くの人がページをめくりながら「え? ええ? いやいや、ん? ちょっと…… うわあああああああ!」となったに違いない。 繰り返すが、上記はたった1話の中で起きた出来事である。 ピクシス指令のような超初期から出ていたキャラがサクッと巨人化してしまったのも驚いたが、主人公である エレンの首ちょんぱシーンはやはり衝撃だった。 だって見開きでギュルギュルギュル~! なってたぞ。 どうすんだよこれ……。 ・ネットの声 この激烈展開に、ネットでは混乱の声が相次いでいるようだ。 以下でその一部をご紹介しよう。 「エレンが? え?」 「わけがわからないよ」 「もうめちゃくちゃ」 「今までとは比にならないくらいヤバい展開」 「最新話がつらすぎた……進撃の巨人読み進めるのが怖くなってくる」 「良い意味でやばすぎてヤバい」 「文字通り斜め上な展開だった、マジで予想出来んこの作品」 ・次号も必見 と、こんな具合にみんなヤバイヤバイ言っている状態である。 主人公の首が吹っ飛ぶなんてアンパンマン以外で初めて見たような気がするが、『進撃の巨人』はこれから一体どうなってしまうのだろう? とにかく今は、来月が休載じゃないことを心から祈りたい。 執筆: Photo:RocketNews24.

次の