縮毛 なぜ生える。 髪の毛がガタガタしている…の悩みに!ガタつく原因と直毛にする方法

白髪は なぜ生える?

縮毛 なぜ生える

タイトルのように、私の襟足は上へ上へ・・と生えています。 現在ショートなので目だって困っています。 ですがセミロングやロングだと上向きのその毛が重みで垂れさがっているわけでして、また変な方向にボリュームが出てしまいどうあってもかっこいいスタイルにはほど遠いのです。 おまけに私は【デカ頭・首短・剛毛】なので、泣きたくなります。 まあ、デカ頭・・・等は仕方ないとしても襟足問題くらいは解決できないものかと相談させていただきました。 世の中で襟足が上に向いて生えていている方!どんなスタイルにしていますか?又現在ショートなので、ショートヘアでのアドバイスも聞きたいですね! 宜しくお願いします。 ユーザーID: 襟足、きっちり上に向いてまーす。 美容院でも驚かれるほどです。 私もショート歴が 長く、本当に悩みました。 カッコ悪いんですよね。 あと、全体的に上に向かって髪が生えるようで、 10センチ以下のショートにすると、何もしなくても怒髪天のようになります。 天然スーパーサイヤ人と夫は呼んでくれます。 そんな私の対策は、「伸ばす」これです。 ずっとショートでしたが、3年かけて伸ばしました。 髪の重みで上へ向かって生えている髪が下へと少し 下がるようで、髪の悩みが減りました。 今は肩下10センチほどのロングですが、これ以上に短くすると、髪の根元のボリュームが勝ち、森のようにモッサリとしてしまいます。 伸ばしている間は本当に大変でしたが、美容師さんと どうしたら楽かを話し合い、なんとか伸ばしました。 ショートは恵まれた髪質の方に任せるとして、トピ主さんも伸ばして、量を減らすカットをしてもらい、髪質に合ったパーマでもかければ髪の悩みはだいぶ減るのではと思います。 ユーザーID:• 同じ同じ! おばさんですが。 デカ頭・首短・ちょっと剛毛+多毛 で自分のことかと思いました。 今は、前髪も切ってボブにしています(冬ソナのユジンに似ています、でも7、8年前からなのでパクリではない)。 襟足の毛が上向きに生えているので、襟足に近い方をできるだけすいて量を減らし、ぎりぎりの長さに切っています。 でもどう頑張っても2ヶ月が限度で、それ以上伸びるとこんどは上向きの髪が落ちてきてとても伸びた感じがします。 大昔ソバージュというものが流行った時は、やってみたくて美容院の人にヒンシュクをかっていました。 今のスタイルの難点は華やかにならないので結婚式のお呼ばれなどが、寂しいのですがしかたないですね・・・。 ユーザーID:• わたしもです! はい!私もそうです! 子どものころにずっとアップにしていたからなのか、完全に上に向って生えています。 特に、首元にいけばいくほど上に生えています。 しかも、剛毛直毛です。 セミロングだった中学生のときは悩みに悩んで、首元の毛を細〜く束ねて、これまた細〜いゴムで、根元から毛先までぐるぐるにしばったのを何本か作って、上の毛で隠すなんていう、今考えるととんでもなく「?」な方法まで実行していました。 以前はロングで、トピ主さんがお書きになっていたのと同様に、上の毛の重みで押さえつけておくか、アップにするかで対応していました。 (襟足が上向きだとアップにしやすいというメリットもありますよね) さてさて、私は現在、前下がりのショートカットです!顔はもちろんぜんぜん違いますが、ハセキョーのような髪型をご想像下さい。 万が一襟足がもちあがって膨らんでもそれほど目立たないよう、耳よりややしたあたりでボリュームがあるようになっています。 襟足は刈り上げまではいかないですが、ちょっと短めにカットしています。 その上に、やや長めの下向きに生えている毛を乗せているって感じです。 とっても快適ですよ〜。 ユーザーID:• 私はロングです 私も硬くとてつもなく多い量、しかも襟足だけでなく全体が上に向かって生えている髪に泣かされてきました。 小さい頃から親にいわゆるおかっぱにさせられてきましたが、肩より短いと襟足と髪の間にうで本入るくらいの空間が出来てしまい、困っていました。 いくらブローしてもスプレーで下向きに固めてもダメなんですよね。 手がかかるからと伸ばさせてもらえなかった髪を大人になって初めて伸ばしたところ、襟足は見えないから気にならないし、むしろアップする時キレイにあがります。 けれど私はパーマかける時も何度もロッドが追加されるくらい梳いても多いし全部が上向きに生えてるので、ものすごい巨大な頭になってしまいます。 両耳の横でピンで留めても多すぎて留められない。 もわあーっと膨らむ髪を抑えるには上半分を縛るしかないです。 さらさらと全部をおろしてみたいです・・・。 ユーザーID:• 心や体の悩みランキング• 私は一部分ですが。 私も襟足の髪が一部上向きに生えています。 ずっと横にはねる癖があるのかと思ってましたが、 上向きに生えていると美容師さんに言われました。 で、今まではこのことを美容師さんに伝えると、 癖を活かした髪型(外はね風等)にするか、 上の毛をかぶせて重みで落ち着かせるか、 (襟足の長いショートか、全体を長くするか) の二者択一でした。 でも今担当してもらっている美容師さんは ショートでも綺麗に髪がおりるようにカットしてくれます。 どうやってるのかは分かりませんが、 「技をきかせておきました。 (笑)1ヶ月はもつと思います。 」とおっしゃってました。 カットの上手な人を探して相談すると良いと思います。 上手な方に会えると良いですね。 ユーザーID:• 伸ばすしかなかったです(泣) あ〜同じ人がいる!と親近感です(ごめんなさい)。 私はもっとひどいかも。 右半分の襟足は上向き、左半分の襟足は前向きに生えているのです。 もちろんハンドルネームの通り剛毛多毛で髪の毛をアップにすることすらできません。 それに人より広い範囲・・・首のほとんどが襟足という多毛人です(女性なのに悲しい)。 結婚式や成人式で髪をアップにしたいから襟足の手入れをしに床屋さんへ行ったら剃った後が青くなって男性の髭剃りあとみたいになりました。 ショート、またはミディアムではどうしても後姿が変です。 バックの毛に妙な分け目ができてしまいどんなにセットしても、またプロの方にしてもらってもパックリ分かれてしまいます。 結局ロングヘアにして常に髪を下ろしていないとおかしいことが分かりました。 ロングでも後ろの毛はすいたり軽くしたりするとすぐに分け目ができます。 今は巻き髪にすることでごまかしていますが、一生ショートにはできないと諦めています。 ユーザーID:• 私も!! 私も同じです!上に、上にと生えています。 その上絶壁なので、本当はショートが好きなのにできません。 ショートって後頭部の形のかっこよさが命(ちょっと大袈裟?)すそに向かってキュッとすぼまってる感じがいいのに、私の場合、後ろが絶壁でストーンとまっすぐ、まっすぐだけならまだしも、襟足が盛り上がるのでどうやっても全然かっこいいシルエットになれません。 ロングは好きではないのでせめてショートボブに、と思っても、毛先を少し薄くしただけで、内側から上向きに生えてる毛がびよん、と左右それぞれ表面に飛び出てなんとも収まりが悪い。 美容師さんに相談したり、セットの仕方を工夫したりしましたがこればっかりはどうにもなりませんでした。 五体満足健康体に生んでくれた両親には感謝していますが、どうにもならないこの襟足には本当に困っています。 今は肩下の中途半端なセミロングで、髪の重さでなんとかごまかしていますが、何か解決策があるとしたら、私も是非知りたいです!! ユーザーID:• トピぬしです。 (追加) こんにちは、トピ主です。 レスを皆さんありがとう。 やはり、皆さんも随分悩まれていらっしゃるのですね。 でも、髪の柔らかい人はまだ髪の重みで下がってくれて救いようがあります。 しかし残念な事に、私の場合はどんなに伸ばしても剛毛の為に襟足部分の毛束が真下に落ちず、必ず横にクネって鎖骨方向へまとまって落ちて行きます。 例えるなら平安時代のお姫様のような状態になるのです。 (犬のおすわり時の足にも似てると思う) それから襟足もすご〜く長いんです。 も〜異常に!何度も『剃っちゃおうか・・』『一本ずつ脱毛しようか・・』とか真剣に考えましたが周りに『皮膚色の違いがあるから辞めなよ』と言われてストップをかけられてます。 (実行された方のご意見お待ちしております。 ) 皆様、アドバイスを心待ちにしておりますので宜しくお願いします。 ユーザーID:• 同じ 私も縮毛剛毛多毛の上、襟足長いです。 母は加齢と共に、髪が少なくなり、色も染め軽く見えます。 しかも、先日襟足の毛を永久脱毛しました。 私は小さい頃から母に襟足の毛を剃ってもらっていましたが、今はもう気にしていません。 肝心なときはスカーフやタートルで隠しています。 母は45歳になってから水泳をはじめ、腋、ビキニライン、おまけに襟足の毛を永久脱毛しました。 私はそんなことに金を使う気は今のところありませんが、どうしても気になるなら一案だと思います。 他の方がおっしゃっていたように青くもならず、きれいに処理できます。 母は博多駅の近くのサロンで安く済んだと言っていましたよ。 ユーザーID:• 痛い トピ主さんはショートだと髪が上に上がる、ということでしたが、私の場合は、髪がある程度まで伸びてくると、髪が引っ張られるみたいな感じで襟足部分の毛穴が痛くなります。 そして襟足の髪がトップから下ろしてる髪を押し上げてしまうのです。 結果、変な風に髪がハネます。 普段は髪下ろしてるし、そんなに目立たないか、と思って襟足の髪をそり落としてみたこともありました(さすがに今はやってませんが…) しかも、その部分だけ妙なうねりが入っていて、髪はちりちりになるし、からまって櫛は通らないし(酷い時は手櫛でさえ通りません) 私、ストレートのロングに憧れてるんだけど…無理なのかな(泣) ユーザーID:• トピ主です。

次の

くせ毛の出る原因と理由・プロが教える改善方法

縮毛 なぜ生える

スポンサーリンク 白髪は なぜ生える?「30代半ば頃から お客様の会話で よく耳にする 言葉」 「最近 白髪が多くなって、、」とか 「苦労してるから白髪が、、。 」などと冗談混じりに聞かされます。 原因の一つかもしれませんね。 これまでの原因(白髪)は科学的に解明されつつも 私個人 疑問に思う点がいくつかあります。 20代でも白髪が多い子はなぜ? 逆に、 50代の方が白髪が無いのはなぜ? 答えは文中に記載されています。 ま、 仕事柄 疑問に思うことは避けられない私の宿命です。 さて はっきりとした答えを科学的に ここで述べておきます。 白髪はメラノサイトの不活性化が原因とされています。 悲しいことに老化現象の一つとして捉えられています。 白髪は男性ホルモンが影響しないので 男女平等です。 毛周期の成長期が終わりころになると、 毛母細胞が消失するため毛の成長期は止まります。 それに先だって毛球部にあるメラノサイトの働きが低下して、 メラニンの産生が止まります。 同時に一部のメラノサイトは消滅してしまいますが、 次の毛周期が始まると、メラノサイトは再び活性化されて メラニンをつくりはじめます。 しかし ここで悲しくも 年を取るとメラノサイトがうまく活性化されなくなったり、 細胞の補給がうまくいかなかったりすると メラニンがつくられなくなり、 白髪になるそうです。 その度合いは遺伝子的に違っていて 人によって 若いうちから始まるそうです。 しかし白髪は毛根が残っている為 メラノサイトが働く条件が見つかれば、 黒髪を再生できる可能性があるとされます。 その他 考えられる原因 (1)生活環境 気温などの外的なものはもちろん、 食生活や頭皮のケアの状態によっても大きく左右される。 (2)病気 慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気があると、 急に白髪が増えることがある。 また、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)ができると その部分が白髪になったり、円形脱毛症が治るときに白髪になるケースも。 これらは病気が完治すると、元の黒髪に戻る場合もある。 (3 ストレス 誰もが納得するでしょう、毛髪とストレスの関係は深い。 「苦労すると白髪が増える」といわれるのも、ウソではない。 ただしフランス革命の際、投獄されたマリー・アントワネットの髪が 一夜にして真っ白になったという逸話があるが、 そういったことは現在解明されているところではあり得ない。 毛髪は毛先ではなく、毛根から伸びていく。 そして毛髪の色は頭皮の外へ出たときには、すでに決まっており、 出てから色が変わることは今のところ考えられない。 これらの原因が1つ、あるいは複数重なって白髪が進行すると考えられている。 ここで遺伝や加齢による白髪だからといって諦めてはいけない。 適切なケアや健やかな生活習慣によって、ある程度は発生を遅らせたり、 減らすことはできます。 以上 まとめてみました。 年だからといってネガティブな考えはやめましょう。 年代に応じて白髪にカラーリングを入れて楽しんだりとか ポジティブに! これをご覧になった白髪混じりの あ・な・た。 ストレスには ご用心を!.

次の

抜くのはNG!波状毛の原因と対策ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

縮毛 なぜ生える

スポンサーリンク 縮毛矯正・・・薬剤とアイロンの熱を使って強いクセでもストレートにする技術です。 梅雨に向けて、毎年5月ころから縮毛矯正は増え始め、沢山の方が助かっている技術だと思います。 縮毛矯正のダメージは、美容室のメニューの中では非常に高く、より技術や専門知識を持った美容師にお願いしたい技術の一つです。 そんな縮毛矯正ですが、よく 「縮毛矯正とカラーは一緒に出来るの?」とか 「順番はどっちが先の方が良いの?」などの質問をいただきます。 今日は 「縮毛矯正とカラーは同時に出来るの?順番はどっちが先?」をテーマに、美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が縮毛矯正とカラーリングの関係についてご説明しようと思います。 分かりやすい説明を心がけておりますが、分かりにくい場合は質問など遠慮せずにいただければと思います。 よろしくお願いいたします。 【縮毛矯正とカラーは同時に出来るのか?】 結論から先にお伝えしますと、 「出来ます。 」 縮毛矯正とカラーリングは同時に出来ます。 現在は化粧品に分類されるパーマ液、カラー剤が発売されておりますので薬事法上も問題ありません。 どちらかが「化粧品」に分類される薬剤であることが条件ではありますが、問題なく大丈夫です。 例えば) ・縮毛矯正の薬が化粧品分類である。 ・カラーリングの薬が化粧品分類である。 ・どちらも化粧品分類である。 この場合は問題ありません。 通常、今まで多くの薬剤は医薬部外品でした。 この医薬部外品同士の同日の施術は薬事法で禁止されております。 とは言いましても、 実際の現場では時間や手間暇など同時施術する場合も数多くあります。 事実、私も同時施術する場合もあります。 おそらくほぼ全ての美容室の現状ではないでしょうか? ではなぜネットも含めて、「パーマとカラーは別の日に分けた方が良い」と言う情報が飛び交っているのでしょうか? 解説していきましょう。 先ほどもお伝えしている通りで、 医薬部外品同士の同日の施術は出来ません。 これに関しては、美容師がどうこう言っても何も変わりません・・・ 残念ながら、法改正が追い付いていないだけですね。 それでも法律である以上、オフィシャル的には「分けた方が良いです」と答えることになります。 実際、薬事法ではありませんが、美容師法では「施術者は白衣の着用」を義務図けていますからね。 白衣来てる美容師は今いませんね。。。 いるとしたら少し変わった美容室でそれを売りにしてるか、昔ながらの美容室や理容室になるでしょう。 と言う具合に、一応法律上決まっていることはありますが、現状ではこれに関してはほぼ見過ごされており、取り締まることはありません。 実際の現場の状況は理解しているのだと思います。 おそらく多くの美容師の意見はこれだと思います。 一番言われたことのあるセリフですよね。 一度ダメージした髪の毛は自分で元の健康な状態に戻りません。 死滅細胞ですので、 ダメージは常に足し算です。 ですから、同日にやるより、時間を置いてから施術をしたいというのが通例となっております。 しかし、あくまでも 個人の見解ですが、 ダメージに関しては、個人的にはあまり変わらないと思います。 別の日に施術するために、傷んでしまった髪を数日置いたところで、基本的なことは変わりません。 置くことによって、 ダメージが回復するわけでも御座いません。 ダメージの蓄積に関しては同日でも、数日後でも差がないと思っております。 ダメージよりは、 どちらかが甘くなるから(薬の効果が弱くなってしまう)ではないでしょうか? 実際、ストレートを先にやりその後カラーリングをすると、クセが戻りやすかったり、カラーを先にやると色の退色が進んだりします。 繰り返しではありますが、ダメージに関しては、個人的にはあまり変わらないと思います。 が、やはり 施術に関しての仕上がりは甘くなります。 正確には多くの美容師の意見は、「痛み」よりも、「甘さ」ですね。 縮毛矯正が直ちに落ちることはありません。 しかし、ストレートの薬剤を反応させてすぐにアルカリ性のカラー剤を塗布するとなると、若干クセが戻る場合があると考えるのが普通です。 ですから、 それぞれの技術自体をより安定させたい場合は、別々がおすすめとなります。 ただし、オフィシャルとして、「縮毛矯正とカラーリングが同日に出来るか?」に関しては、 どちらかが化粧品分類 もしくはどちらも化粧品分類 であれば問題はありません。 とお伝えしておきます。 スポンサーリンク 【順番はどっちが先?】 基本的には縮毛矯正が先となります。 カラーリングが後です。 理由は簡単です。 縮毛矯正の薬剤の方が強いからです。 ・根本のリタッチのみの場合 白髪染めは除く この場合は リタッチが先の方が良いです。 理由としては、髪の毛の状態を合わせた方が薬剤の反応を合わせやすいため。 要は、「黒いままの毛」と「カラーリングされている毛」の状態で縮毛矯正するよりも、根元から「カラーリングされている毛」にした方が 薬剤の反応がスムーズでやりやすいですからね。 ・毛先までカラーリングする場合 この場合は、縮毛矯正が先です。 後にした場合・・・ほぼ落ちます。 最近は弱酸性の縮毛矯正剤もありますが、私の判断としてはやはりカラーリングが落ちます。 ・白髪染めの場合 リタッチも含めて、カラーリングが後です。 先ほどもお伝えしておりますが、落ちます。 これは仕方がないです。 本来の毛髪内部を操作してストレートにします。 初めにお伝えしている通りで、強い作用の技術です。 その後のカラーリングが少し鮮度が落ちるのを覚えておいても良いと思います。

次の