ボイスメモ 保存。 【iPhone】「ボイスメモ」アプリの使い方 徹底解説

【iPhone & iPad】ボイスメモの音声ファイルをPCに転送する3つの方法

ボイスメモ 保存

iPhone ボイスメモを利用する ボイスメモとは、iPhoneに標準搭載されている簡易録音機能のことです。 2008年9月以降に発売されたiPhoneにはプリインストールされていて、すぐに使える便利な機能です。 ボイスレコーダーを持っていなくても、iPhoneがあればどこででもスマートに音声を録音することができ、Eメールやメッセージ機能などで他のデバイスに送信することも可能です。 会議の録音をしたいときなどにもおすすめの機能です。 では、ボイスメモはどのように使うのでしょうか。 ここでは、録音や再生、編集、共有のやり方を一つずつ詳しくご説明していきます。 ボイスメモで録音する 実際の操作に入る前に、まずはiPhoneのマイクの位置がどこにあるかを確認しておきましょう。 マイクの位置を考えずに録音していると、物などでマイクをふさいだまま録音してしまい、うまく音をひろうことができなかった…ということがあるからです。 iPhoneのマイクは、本体の底のほうの、充電をするときにケーブルをさしこむライトニングコネクタのあたりにあるので、録音時はこの部分をふさぐことがないように気をつけます。 また、 マイクを音源のほうに向けながら録音すると、より大きな音を拾うことができます。 マイクの場所が確認できたら、実際の操作に入っていきましょう。 iPhoneの待ち受け画面から、プリインストールされているボイスメモのアプリをタップして開きます。 とても分かりやすい画面となっており、下の部分に大きく赤い丸が出ています。 この赤い丸をタップすると、録音が開始されます。 録音を止めたいときは、もう一度同じ赤い丸をタップすると、一時停止ができます。 録音を再開したいときは、また赤い丸をタップするだけです。 録音自体をストップしたいときは、赤い丸の右側にある「完了」のところをタップします。 録音をしながら、別のアプリを使用したり、ホーム画面に移動したりしたい、と思うこともあるでしょう。 録音をしながら別の操作をすることも可能です。 別のアプリを立ち上げても、バックグラウンドで録音は引き続きされているので安心してください。 ボイスメモを編集する ・ボイスメモにタイトルをつける 録音ファイルにタイトルをつけておくと、何の録音なのかすぐに分かるので便利です。 タイトルは、録音を終了するときに「完了」ボタンを押した後に行います。 完了ボタンを押すとファイルのタイトルを入力する画面になります。 あとで内容がすぐにわかるようなタイトルをつけましょう。 また、このときにタイトルをつけなくても、あとから変更することもできます。 その場合は、録音済みのファイルの一覧画面でタイトルを変更したいファイルを選ぶと、同じようにタイトルを入力する画面が出てきます。 ・ボイスメモをトリミングする 録音したファイルのこの部分はカットしたい…ということもあるでしょう。 そんなときは、不要なところをカットしてしまうことができます。 操作の方法は、まずファイルを選んで「編集」ボタンをタップします。 録音したファイルのグラフが表示され、トリミングボタンも出てきます。 ここで、縦のラインで表示されているトリミングラインを左右に動かし、カットしたい部分の初めと終わりの箇所を指定することができます。 その後、「トリミング」をタップすると、上書き保存するか、新規で別のファイルとして保存するかを確認されるので、どちらか好きなほうを選んで終了です。 インタビュー前の説明や、収録失敗、大きな雑音で聞き取れなくなってしまった部分を削除したいときなどに便利な機能です。 録音を削除する 音声ファイルも蓄積されると大切なiPhoneやiPadのメモリを無駄に消費してしまします。 聞かなくなったり、役目を果たした不要な録音ファイルは削除してしまいましょう。 録音ファイルの一覧画面から、削除したいファイルを選びます。 編集ボタンの横にゴミ箱マークがありますのでここをタップしてください。 選択したファイルは削除されます。 ボイスメモを共有する 録音したファイルは、録音したiPhoneで再生するだけでなく、iPadやパソコンなどのほかのデバイスに送ることができます。 家族や友達、同僚などとも簡単にファイルを共有することができるので、ぜひやり方を覚えておきましょう。 一覧から編集したいファイルを選び、「編集」ボタンの左にある「共有」マークをタップします。 近くにあるiPhoneやiPadと共有したいときは、「AirDrop」が便利です。 近くに端末がないときや、パソコンに送りたいときなどはそれぞれ「メッセージ」や「メールで送信」を選ぶと、 iMessageやEメールで送信することができます。 ただ、長時間録音したときなどはファイルが重く、メッセージやメールで送ることができないため、iTunesでiPhoneとパソコンを同期する方法がおすすめです。 iPhoneとパソコンを同期すれば自動的にボイスメモのプレイリストが作られ、パソコンからも録音データを聞くことができるようになります。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 録音はこんなシーンで使える ・会議や打ち合わせで 仕事で、大切な会議の議事録を取る必要があるときや、打ち合わせの内容をあとから確認したいときなどに便利です。 メモをとるのに集中してしまうと、肝心の会議の内容に集中できないことがありますが、録音しておけばしっかり集中して参加することができます。 ・語学のレッスンで 英会話などの語学のレッスンを受けているときも、録音機能を上手に使うことで、効率的な学習ができるようになります。 英語の正しい発音をあとから確認したいときや、自宅でレッスンを復習したいときなどに役立ちます。 繰り返し聞くことで、聞き取りづらい発音もしっかりと確認することができます。 ・医師や薬剤師などとの会話で 病院で診察を受けるときや、薬を受け取るときなど、診断や治療の説明、注意事項など大事なことが話されますが、あとからしっかり思い出せないということも多いのではないでしょうか。 仕事にはICレコーダーを持って行っていても、病院には持っていくのを忘れてしまった、というときもiPhoneさえあれば録音が可能です。 家族への説明や、薬剤師への申し送りなども、お医者さん自身の言葉をそのまま伝えることができます。 ・お祝いなどのボイスメッセージを送りたいとき 家族や友人におめでたいことがあったとき、心のこもったボイスメッセージを送ることができます。 単にメールを送信するよりもこちらの気持ちをしっかり伝えることができます。 ・メモ機能の代わりとして 仕事のアイデアを思いついたときや、予定などをメモしたいときに便利です。 もちろんiPhoneにはメモ機能もついていますが、文字入力が面倒なときにはボイスメモの録音機能が役立ちます。

次の

iPhoneボイスメモアプリの使い方!保存・編集・復元

ボイスメモ 保存

iphone ボイスメモ 取り込み iPhone 7、iPhone 6、iPhone 5sなどのiPhoneからボイスメモデータを取り出してパソコンに保存するには、どんな方法が考えられますか。 ここでは、iPhone ボイスメモをパソコン(PC)に取り込む方法をご紹介いたしましょう。 iTunes経由でiPhoneボイスメモをパソコンに取り込み iTunesにiPhone ボイスメモを同期、保存することで、iPhoneからボイスメモをPCに保存できます。 iPhoneをパソコンに接続します。 iTunesを実行して、iPhoneのアイコンが出現するまでお待ち下さい。 同期が終わったら、iTunesのミュージックからプレイリストを開いて、「ボイスメモ」が作成されるとわかります。 Windowsユーザーなら、任意のファイルを右クリックして、「Windows エクスプローラで表示」をクリックすることで、その保存先を開けます。 マックなら、右クリックしての「Finderで表示」にチェックを入れてください。 ボイスメモ PC 保存 注:パソコンに保存したボイスメモをiPhoneに移行、同期したいなら、「追加」ボタンをクリックしてください。 iPhone ボイスメモ 取り込むについてのFAQ Q1:iCloudで他のデバイスとボイスメモを共有できますか? iCloudを使用すると、Macおよび同じApple IDでサインインしているすべてのiOSデバイスおよびiPadOSデバイスのボイスメモに、ボイスメモが自動的に表示されます。 Macの場合: アップルメニュー >「システム環境設定」と選択し、「Apple ID」をクリックします。 サイドバーで「iCloud」をクリックして、「iCloud Drive」を選択し、「オプション」をクリックしてから、アプリケーションのリストで「ボイスメモ」を選択します。 iOSデバイスまたは iPadOSデバイスの場合: 「設定」>「<自分の名前>」>「iCloud」と選択し、「ボイスメモ」をオンにします。 Q2:iPhoneのボイスメモをPCに転送できない時、どうすればいいですか? ボイスメモは拡張子がm4aという、データ容量が 比較的大きいファイルなので、ファイルサイズが大きすぎるため、転送できない場合があります。 サイズが大きすぎる(録音時間が長すぎる)データに関しては、メールで送るのは困難かと思いますので、まずiTunesを使った転送を試してみてください。 iTunesの同期でボイスメモが転送できない時は、「ミュージック」の「音楽を同期」、「ボイスメモを含める」にチェックが入っているかの2項目を確認してください。 上記の設定をしても転送できないなら、おすすめのを試してボイスメモをPCに転送してみてください。 以上で、iPhone ボイスメモをPCに取り込み、保存するのは簡単でしょう。 このiPhone ボイスメモ 取り込みソフトはiPhone 6、iPhone 5sなどのアイフォンデバイスからボイスメモをパソコンに取り込めるだけでなく、iPod nano、iPod touchのボイスメモをパソコンに送ることもサポートできて、多くの人のニーズを応えられます。 それに、ボイスメモのほかに、ミュージック、ムービー、着信音、オーディオブック、写真、連絡先、SMSなどのデータの取り出し、読み込みも対応でき、超強力です。

次の

iPhone『ボイスメモ』徹底活用ガイド 意外と知らない便利な使い方をマスター!

ボイスメモ 保存

iPhoneで音声を録音できる録音アプリ「ボイスメモ」 会議の議事録を残したいときや、セミナーの内容を聞き漏らしたくないとき、音声を録音して残しておくと便利です。 音声の録音は「ICレコーダー」や「ボイスレコーダー」と呼ばれる録音機器を使って行われますが、実はiPhoneに入っている「ボイスメモ」アプリでも録音することができるのです。 ボイスメモを利用するために、必要な機器はありません。 iPhoneに備わっているマイク機能を使って録音します。 録音したデータは、iPhoneで再生したり、PCやクラウドサービスに転送したりすることができます。 <目次>• ボイスメモで録音・保存する ボイスメモは「便利ツール」フォルダにあるボイスメモから起動します(利用者の設定によって、場所が異なることもあります)。 録音するには、赤い録音ボタンをタップするだけです。 音量に合わせて波形が表示されれば、録音されているということです。 録音を一時停止したいときは、もう一度録音ボタンをタップすると止まります。 再度ボタンをタップすれば、続きから録音が始まります。 録音中でもiPhoneを操作することができます。 ホームボタンを押すと、画面上部に赤い表示が出て、バックグラウンドで録音されていることがわかります。 また、録音中にロック画面になっても、録音は続きます。 通知が来ても、録音が途絶えることはありません。 ただし、録音中に通話が着信すると、録音は一時停止状態になります。 録音が止まってしまうと困るときは、iPhoneを「機内モード」にすると着信を防げます。 「機内モード」にするには、iPhoneの画面下から上に向かってフリックし、機内モードボタンをタップします。 再生ボタンをタップする ボイスメモをiPhone以外で再生する 録音したボイスメモのデータをPCや他の機器で再生したい場合は、メールに添付して送る、Dropboxなどのクラウドサービスで共有する、iPhoneをPCにつなぎiTunesで同期する、という3つの方法があります。 MacやiPad、別のiPhoneに転送したい場合は、AirDropも利用できます。 簡単なのは、メールに添付する方法でしょう。 録音データにある共有ボタンをタップし、表示されたメニューから「メールで送信」を選びます。 すると、「メール」アプリが立ち上がり、m4a形式の音声ファイルが添付された新規メールが作成されます。 ただし、録音データが長い場合はファイルサイズが大きくなり、送信できない可能性があります。 その場合は、クラウドサービスなどを利用します。 同様に共有メニューから、アップロードしたいクラウドサービスを選びましょう。 もし、メニューにサービスが表示されていない場合は、「その他」をタップするとサービスを追加することができます。

次の