時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス。 【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

7月の書き出し例文

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

7月の挨拶文にオススメの季語や時候の挨拶をビジネス用からプライベートで使えるものまで幅広くたっぷりと挨拶文をご紹介します。 また、上旬、中旬、下旬関係なく使えるものばかりです。 ぜひ7月の挨拶文に使ってみてください。 大暑の候• 炎暑の候• 猛暑の候• 酷暑の候• 烈暑の候• 極暑の候• 仲暑の候• 盛夏の候• お暑い折柄• 真夏日が続き、ひと雨ほしいこのごろ• 海や山が恋しく思うこのごろ• 水辺が恋しい今日このごろ• 蝉しぐれがしきりの今日このごろ• 真夏の青さがまぶしいこのごろ• 夕立後の風に一服の涼味を覚える昨今• 連日の猛暑しのぎがたい昨今• いよいよ夏が到来しました• 近年まれにみる暑さです• 梅雨明けの暑さはひとしおでございます• 長雨のあとの連日の炎暑に閉口しています• 夏とはいえ、この数日の暑さは格別です• 草も木も生気を失うような炎暑が続きます• 寝苦しい熱帯夜が続いております• エアコンなしでは過ごせない毎日です• 蝉の声が暑さをひっそうかき立てます 7月の天候や季節感を主体とした挨拶文の書き出しの例文です。 上旬、中旬、下旬関係なく使えるものばかりです。 また、ビジネスシーンにもオススメです。 暑中お見舞い申し上げます。 長かった梅雨もようやく明け、夏本番を迎えました。 梅雨明けの暑さが、ことのほか身にこたえるころとなりました。 お暑い毎日がつづきますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 暑さ厳しき折ではございますが、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 夏空がまぶしい季節となりました。 日差しも日増しに夏らしくなってまいりました。 毎日、うだるような暑さがつづきますが、いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏は格別に厳しいように感じられますが、ご体調はいかがですか。 例年にない冷夏とのことで、過ごしやすい毎日が続いております。 青空に入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 太陽がまぶしすぎる季節となりました。 かんかん照りの毎日がつづいておりましたので、久々のにわか雨に、心が洗われる思いがいたしました。 7月の自然や風物を感じさせる7月の挨拶文の書き出しの例文です。 こちらは、上旬や中旬、下旬に合わせて使ってみてくださいね。 7月らしく七夕や海開き、夏休みなどもらった人が7月を感じられる例文です。 海開き、山開きのニュースに心躍る季節となりました。 梅雨も明け、庭の草刈りに追われる毎日を過ごしております。 もうすぐ七夕。 何をお願いなさいますか。 盆踊りのお囃子が聞こえてくるころとなりました。 お盆も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 暑い毎日、会社帰りのビヤホール通いが唯一の楽しみです。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 散歩の途中、木陰を見つけて一休み、夏のささやかな幸せです。 蝉の声が盛んに聞こえてくる季節となりました。 朝顔がぐんぐんツルを仲ばし、咲き競っています。 朝一番に朝顔の花の数を数えるのが、楽しい日課となりました。 夏休みのご計画は決まりましたか。 夏本番、風呂上がりのビールに、人生の幸せをしみじみと感じます。 生ビールがことのほかおいしく感じられる気候となりました。 故郷の夏祭りを思い出す今日この頃です。 ビジネス向けの7月の挨拶文の書き出し5選です。 ビジネスマンの方は、7月に挨拶文を書く方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。 また、旦那さんがビジネス関係の人から頂いたお中元を妻が代筆することもありますよね。 ぜひ、例文を参考にしてみてください。 暑さ厳しきおりではございますが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。 いよいよ夏の到来を迎え、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。 今年も、早くも半ばを過ぎてしまいましたが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。 炎暑しのぎがたいこのごろですが、(〇〇地方ではいかがでしょうか)。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。 ビジネスで使えるものからプライベートで砕けた言い方まで、7月の挨拶文の結びの言葉の例文を15選たっぷりご紹介いたします。 気に入ったものがきっと見つかるはずです。 ぜひ今年の7月の挨拶文の結びに使ってみてくださいね。 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。 食欲も減退する暑さがつづきますが、スタミナ補給もどうかお忘れなく。 夏休みの帰省を首を長くして待っています。 帰省なさるようでしたら、必ずご一報くださいね。 ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 熱帯夜がつづきますが、クーラーをつけっぱなしで寝たりなさいませんよう、くれぐれもご注意を!• さっぱりした麺類ばかり召し上がっているころではないでしょうか。 たまにはうなぎなども食べて、健康管理にお気をつけください。 7月上旬(7月6日頃まで)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 夏至の候• 短夜の候• 仲夏の候• 梅雨晴れの候• 霖雨の候• 祇園祭も始まり夏到来• 海開きの季節を迎え• 七夕を迎える季節になりました。 夜空にかかる美しい天の川を仰いでは、よしない夢に思いをはせている今日この頃です。 じっとりと汗ばむ蒸し暑さに閉口する毎日が続きます。 梅雨さなかですが、真夏のような日差しが照りつけています。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 晴天続きで夏本番かと思っていましたら、また梅雨空に逆戻りでがっかりです。 梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です。 梅雨が例年になく長引き、うっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 夏空がひときわまぶしく感じられる季節となりました。 白南風が、ようやく梅雨明けの知らせを届けにやってまいりました。 七夕の短冊にお願いごとをしたのがなつかしい季節となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 7月中旬(7月7日頃〜7月22日頃まで)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 猛暑の候• 盛夏の候• 酷暑の候• 冷夏の候• 土用入りも間近• 灯篭流しの季節になりました• 夏休みを迎え、• 例年にないこの猛暑、いかがおしのぎになっていらっしゃいますか。 雷鳴とともに激しい雨が降りました。 恐らくこれで梅雨明けでないでしょうか。 梅雨明けと共に猛暑が到来していますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 街行く人に日焼けした肌が目立つ夏真っ盛りの候となりました。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 炎暑の日が続き、いささかバテ気味の毎日です。 お元気ですか。 今年も盛大に暑気払いといきましょうか。 大暑と申しますとおり、今日は暑さの絶頂を思わせる一日でした。 日の暮れかかる頃には、夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 あじさいの大きな花房が、雨を受けていっそう鮮やかに咲き誇っております。 炎暑続きの毎日に、突然の白雨で心地よい涼を得られました。 ほおずき市に参りましたところ、大変な人出でにぎわっておりました。 今日この頃のこの炎暑、いかがおしのぎでしょうか。 お伺い申し上げます。 この夏の暑さは格別でございますが、ご健勝にてお過ごしですか。 7月下旬(7月23日以降)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 大暑の候• 炎暑の候• 酷暑の候• 三伏の候• 隅田川の花火大会が待ち遠しい今日この頃• 大阪の天神祭まであとわずか• 大暑も過ぎ、灼熱の日がまだまだ続きます• 酷暑の中、久しぶりの雨で草木が息を吹き返したかのようです。 アスファルトもとろけてしまうような猛暑。 いかがおしのぎでしょうか。 今年もまた、海に山に忙しい日々となりそうです。 日照り続きの毎日に、外出もひかえがちとなっております。 近年では珍しい炎暑に、そろそろ水不足が心配されております。 連日息もつけぬ厳しい暑さが続いておりますが、つつがなくお過ごしでしょうか。 夜空に響く花火の音に、ふとなつかしく童心にかえったりなどしております。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 汗をかいた後のビールがたまらなくおいしい季節となりました。 ふるさとの夏祭りがなつかしく思い出される季節となりました。 酷暑のみぎり、庭先のおじぎ草のかわいらしい姿に心をなごませています。 夕立のあとの涼風が心地よい今日この頃です。 連日寝苦しい夜が続いておりますが、お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 夏祭りのおはやしがどこからか聞こえてきそうな季節となりました。

次の

【7月/文月】時候の挨拶と結びの言葉。例文フレーズまとめ

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

まとめ 7月に入りますと 長かった梅雨の季節もそろそろ終わりを告げて 梅雨明けと本格的な夏の到来も すぐそこまで迫ってくる頃合いでもあります。 まさしく梅雨から夏に向けての 季節の変わり目なわけですが 7月はじめから15日あたりにかけて お中元の時期でもあるので そのあたりお中元に添える手紙も 必要になってくるでしょう。 そこで今回は時候挨拶7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前 お中元に添えると良さそうな 例文について見ていきたいと思います。 では早速いってみましょー。 時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文 7月上旬の時期にぴったりな時候の挨拶は? さて、7月上旬は 「7月1日~7月10日」なわけですが この時期は二十四節気の観点から見てみますと どこに重なっているんでしょうか。 「夏至(げし)(6月21日~7月6日頃)」 「小暑(しょうしょ)(7月7日~7月21日」 と、この2つに 重なっている形になっていますね。 要は一年のうちに最も日が長い日で 暦の上ですと夏の季節の 真ん中あたりになりますね。 そして次に 「小暑」について ちょうど七夕の時期から始まる節気で このあたりを境に徐々に 夏本番の暑さへと向かっていくという 時期でもあります。 梅雨明けも間近で局地的に 大雨が降りやすいのも このあたりでしょうか。 梅雨明け前は雨によって 気温が抑えられているものの 梅雨が明けたら一気に気温が 上がっていくので 体調を崩しやすくなるのもこの時期。 なので手紙を書く際は そのあたり気遣いの言葉を 入れるといいでしょう。 では、7月上旬にピッタリな 時候の挨拶の書き出しは どんなものがあるでしょうか。 「夏至の候」 6月下旬から7月上旬にかけて 重なっているので 「夏至の候」はまだ十分 使えるかと思います。 「小暑の候」 こちらも時期的に7月上旬の時期に 重なっていますので 書き出しの候補に入るでしょう。 ただ、梅雨明けが微妙に遅れて なんとなく肌寒いと感じる場合は 他の書き出しにした方がいいですかね。 「梅雨明けの候」 梅雨明けが間近の時期には こちらの「梅雨明けの候」を 書き出しに使うのもありでしょう。 あらかじめニュースなどで 梅雨明けの時期はどのあたりなのか 確認しておくと 書き出しに使っておかしくないのか どうか分かるかと思います。 「七夕の候」 7月7日は七夕ですからその時期に合わせて 「七夕の候」と書き出すのも 風流を感じていいですね。 もしくは七夕の季節に合わせて 「星祭りの候」 と書くのも 文章がきらびやかになって いいでしょう。 「盛夏の候」 「猛暑の候」 「酷暑の候」 「炎暑の候」 「炎夏の候」 「小夏の候」 はい、見るからに暑さを感じる 書き出しになりますと このあたりもありますね。 梅雨明けが早く7月上旬の時期なのに かなり暑さを感じる・・・ そういった場合はこのあたりの 書き出しを使うのもピッタリです。 ではこのあたりの書き出しの候を使って いくつか時候の挨拶の例文を 見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶・ビジネス上での例文について 拝啓 星祭りの候 貴社ますますご発展の こととお慶び申し上げます。 (中略) 七夕の季節を迎え 梅雨明けの暑さも ひとしおでございます。 どうかご自愛専一にて お過ごしください。 敬具 拝啓 梅雨明けの候 貴社いっそうご隆昌のことと 慶賀の至りに存じます。 (中略) 梅雨明け前の季節柄 雨の多い日が続きますので 夏風邪など召されぬよう どうぞご自愛ください。 (中略) 暑さ厳しき折柄 酷暑にお身体を崩されませぬよう ご自愛専一にてお過ごしください。 謹白 ひとまずビジネス上で 書いていくとしたらこんなところでしょう。 梅雨から夏へと切り替わる時期なので 相手を気遣う文章はしっかりと 入れておきたいところです。 あと基本的な書き出しと締めの部分は 「拝啓」と 「敬具」で問題ないかと思いますが 送り先の相手が著名の先生や大学教授など 偉い方などの場合は 「謹啓」「謹白」 の書き出し、締めとした方が 文章が引き締まるかと思います。 お中元への送り状に添える手紙の例文として 「得意先など改まる必要がある場合」 拝啓 炎暑の候 皆様におかれましては 益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 平素は大変 お世話になっております。 改めて厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが 日頃のお礼の印として 本日心ばかりの品を 別便にて送らせて頂きました。 何卒ご笑納下さいますよう お願い申し上げます。 今後共引き続き ご支援ご厚情賜りますよう 宜しくお願い申し上げます 略儀ながら、書中をもちまして お中元の挨拶を申し上げます。 本日は日頃お世話に なっております感謝の印として お中元の品をお送りいたしました。 お口に合うか分かりませんが どうぞご賞味いただければ幸いです これから寝苦しい 熱帯夜も続くかと思いますので 夏バテや夏風邪などには 十分お気をつけください。 まずは書中にて、ご挨拶まで。 親しい相手に送る場合は 少し砕けた内容にして どちらも相手への気遣いの一文などを 入れておくといいかなと思います。 まとめ はい、そんな感じで今回は 時候の挨拶の7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前の例文や お中元の手紙などについて まとめていきました。 梅雨明けまであともう少しか もしくは梅雨が明けて 本格的な夏の到来となりますので そのあたり時候の挨拶の 手紙として盛り込みつつ 夏の季節感溢れる手紙として 日ごろの感謝など書いてみるのも いいかなと感じます。 7月上旬は七夕もありますから そのあたりに合わせて手紙を書くと 話題性もあって 書きやすいのではないでしょうか。 ではでは、時候の挨拶7月上旬の 候や結びについては以上です。

次の

【時候の挨拶】7月中旬の言葉と例文まとめ!!盛夏にピッタリの挨拶まとめ

時候の挨拶 7月 梅雨明け前 ビジネス

「仲夏」「小暑」「小夏」「炎暑」 「猛暑」「酷暑」「極暑」「烈暑」 「炎熱」「大暑」「盛夏」「三伏」 などが挙げられます。 時候の挨拶として使用する際は、多少の ニュアンスが若干異なりますが、 「〇〇の候」「〇〇の折」「〇〇のみぎり」 のいずれかを利用すると良いでしょう。 7月 上旬であれば、まだ梅雨明けして いない地域も多いですね。 その場合は、主に6月に使用する 「梅雨の候」「梅雨寒の候」 などを使っても問題はないでしょう。 その他、 「小夏の候」なども、本格的な 暑さが到来するまでの上旬には使い勝手 が良い挨拶となります。 「仲夏」の「仲」とは春夏秋冬の真ん中 を意味します。 旧暦では 4月、5月、6月を夏としており、 ちょうど5月を意味する言葉です。 ただし、現行歴とは季節にかなりの ズレが生じることもあるため、7月の 「小暑(7月7日頃)」の前日までに 使用されています。 「大暑の候」「炎熱の候」「炎暑の候」 「酷暑の候」「極暑の候」「三伏の候」 「猛暑の折」「烈暑のみぎり」 ちなみに 「三伏」とは・・・ 「初伏」「中伏」「末伏」といって 3つの時期において秋を封じ込めるほど の 猛烈な暑さを示す言葉です。 「立秋(8月7日頃)」までは使用することが できますので、覚えておきたいですね。 その他、 「盛夏」は「初夏」と「晩夏」 の間を意味し、7月の全期間で使用でき ます。 暑中見舞いの日付の代わりに 「平成〇年 盛夏」として 使うこともありますね。 夏の猛暑を表す時候の挨拶の場合、 7月下旬~立秋の前日までは使用可能 となっています。 では、ここで 日本語調の時候の挨拶も 下記にご紹介しておきますね。

次の