チェス 動き。 チェスのルール

駒 (チェス)

チェス 動き

チェスのゲームの基本的な流れ・ルール1つ目にご紹介するのは「ボード・コマの並べ方」です。 チェスのゲームを始める前にはボードとコマの準備から始めていきます。 ボードは右下に白マスが来るように設置し、コマは丸くて最も数が多い「ポーン」と呼ばれるコマを自分から見て手前から2つ目横列に並べていきます。 ポーンを並べたら、1列目の両端に塔のような形のコマ「ルーク」を置き、両隣に馬の形の「ナイト」・桃のような形の「ビショップ」を順番に置いていきます。 最後に、ティアラの形をした「クイーン」を自分の番と同じ色のマスに、王冠の形のコマである「キング」を残りのマスに配置すれば、ゲームをする準備は完了です。 全6種類のコマを使ってゲームをするチェスですが、コマは他のコマが配置されている場所を通り越して動くことはできず、味方コマが配置されている場所への移動もできません。 そのため「どの攻め方をするか」が勝つポイントになります。 また、各コマはデザインだけでなく役割・動かし方も異なっており、チェスで勝つためには役割ごとの動かし方に合わせた攻め方・テクニックをおさえておくことが大切になります。 各コマの名前と役割・動かし方一覧 ポーン 基本的に前1マスのみ前身可能で後退は不可能。 そのポーンを初めて動かす時のみ前2マスまで移動可能になる。 ルーク 上下左右の4方向へ好きなだけ遠くに移動させることができる。 攻守ともに活用できるコマ。 ナイト 縦または横へ2マス、その地点から直角に1マス移動させることができるトリッキーなコマ。 ナイトのみ他のコマを飛び越えることができる。 ビショップ 斜めの方向に好きなだけ遠くまで移動させることができるコマ。 ルークとともに攻守どちらにも対応できるコマ。 クイーン コマのなかで最強の稼働力を持つコマ。 上下・左右・斜めのどの方向にも好きなだけ移動させることができる。 チェックメイトの際のポイントになりやすいコマ。 キング 上下・左右・斜めのどの方向にも1マスのみ移動可能なコマ。 チェスのターゲットとなるコマであり、取られると負けになる。 チェスにおいて、最初の1手で動かすことが多く、コマ自体が最弱であるポーンですが、ボードの最も奥のマスまで移動すると、別のコマに昇格させることができるのです。 この方法・基本ルールは「プロモーション」と呼ばれており、ポーンのみに与えられている特徴です。 この時のポーンはクイーンやルークなどといった、他のどのコマにも進化させることができます。 基本的には最も機動性のあるクイーンに昇格させるのがベターですが、盤面・戦術によって昇格させるコマを選びましょう。 こちらの定石はチェスのオープニングのなかで最も有名な定石といえます。 序盤は普通に動かしながら、ポーンを守るナイトにプレッシャーをかけるとともに、相手のセンターを狙うスタイルとなっています。 迅速にコマを動かすことができ、相手によって様々な局面への変化が楽しめる定石となっており、特に白番・長期戦での活用におすすめできる定石といえます。 また、序盤はセオリーに従って指していくため特別なテクニック・戦術を必要としないため、チェス初心者にも指しやすいおすすめの定石です。 しかし、最も定番なオープニングだけあって、パターン化された動かし方が存在するため黒番は防御・対策がしやすいという欠点があります。 チェスの世界チャンピオンであるカールセンも、大会で白番を持った時に用いた手の1つもルイ・ロペスとされています。 別名「ジオッコピアノ」とも呼ばれるこちらの定石は、最初の1・2手目は先ほどご紹介した「ルイ・ロペス」と同じですが、3手目にビショップをBc4の位置に配置することで相手の弱点を突く定石です。 ゲームを始めて最初の盤面において、白番にとってのf2や黒番にとってのf7はチェックメイトされたり、フォークにかかってしまう危険性が高い弱点でもあります。 そこで「イタリアン・ゲーム」のように、相手の弱点を突きやすいc4の位置にビショップを置くことで序盤から相手にプレッシャーをかけることができます。 それぞれのコマの役割を活かした、自然で素早いコマ運び・攻め方をすることができますが、その反面序盤で置いたc4のビショップが攻撃されてしまう危険性もあるうえ、相手のセンターをすぐに支配できるわけではないため、ビショップ・ナイツの位置には気を付けて指す必要があります。 イタリアン・ゲームと同じく「古典定石」と呼ばれる定石の1つであるこちらの方法は、名前の通り序盤から白黒両方のナイトが4つ戦線に参加することが特徴です。 序盤はポーンをe4・e5にそれぞれ置き、その後は白黒それぞれのナイトがf3・c6というように、中央にナイトを配置していくことで中央のエリアをナイトで支配をすすめていく方法となっています。 1手1手が堅実なプレイにつながるうえ、相手から攻撃されにくい方法であるため、チェス初心者にもおすすめの定石です。 「フォーナイツ・ゲーム」が持つデメリットは、コマ運びが自然に行える反面、盤面に変化が少ないシンプルな方法となっているため、場合によっては引き分けになることもあるという点です。 そのため、変化に富んだゲームを楽しみたい時にはあまりおすすめできない戦略といえます。 こちらの方法は、クイーンの前に配置されたポーンを最初の1手でd4まで進める「クイーンズ・ポーン・ゲーム」からスタートし、同じ位置までビショップの前のポーンを進める方法です。 一見ビショップ前のポーンを危険にさらしてしまう手に思えますが、名前についている「ギャンビット」とはまさに「自分のコマの位置をより良くするためにポーンを犠牲にする戦略」のことを意味しており、このポーンの犠牲が盤面を変えるための火付け役としての役割を持っているのです。 また「クイーン・ギャビット」には「アクセプテッド」と「ディクライン」という2つの戦術が存在しており、ポーンを取るか否かでどちらかに変化していきます。 アクセプテッドの場合は、黒がコマを自由に動かしやすくなる・カウンターがしやすいなどのメリットを持ち、ディクラインは黒にとって最大の防御策になる戦術です。 ゲームの序盤に意識すべきことは? 必勝法は相手より先に中央スペースを制圧すること! またチェスの序盤から使える必勝法・考え方の1つとして「各コマの点数を把握する」という方法があります。 チェスは点数で勝敗を決めるゲームではありませんが、コマにはそれぞれ「点数」という概念が存在しています。 「点数」とは、キングをチェックメイトする力が強い・弱いかを点数化させたものです。 相手のキングをチェックメイトし、勝つためにはチェックメイトに必要となるコマがボードで生存している必要があり、この「点数」はゲーム中にコマを取る・交換する・他のコマを指すなどのアクションを決める時の参考となる数値です。 チェスにおいて最弱とされるポーンは1点、トリッキーで扱いにくいナイト・ビショップはそれぞれ3点、安定して使えるルークは5点、機動性が高いクイーンは9点、チェスのターゲットとなっているキングは無限という点数がそれぞれのコマにあてられています。 チェスの定石・戦術が学べるおすすめの書籍3冊目は『ここからはじめるチェス』です。 将棋・オセロなどに比べてルールや役割が複雑なチェスですが、こちらのテキストでは基本的なコマの動かし方から勝敗の決まり方・実際にゲームをする時のポイントとなる定石まで、カラフルな図解でくわしく解説されています。 『ここからはじめるチェス』 価格(税込) 1,296円 著者 渡辺暁 出版社 ナツメ社 出版年月日 2010年4月13日 チェスをはじめ、世界には様々なゲームが存在しており、日常生活において暇つぶしやコミュニケーションの一環としても用いられています。 そこで関連記事では、2人でできるゲームについてまとめた記事を掲載しています。 チェスの定石・勝つ方法が学べるおすすめのアプリ3つ目は「Chess」です。 いたってシンプルなこちらのアプリは、オフライン対戦が可能となっており、1人プレイ・2人プレイのどちらにも対応できるのが魅力的です。 1人プレイモードでは5段階からなる難しさから自分のレベルに合わせて対局ができます。 定石や攻め方を覚えてチェスを楽しんでみよう! いかがでしたでしょうか?一見ルールや役割が複雑で「難しい」というイメージを持つ人も多いチェスですが、実際のルールはいたって簡単です。 定石や攻め方・勝ち方を覚えることによって、より高度な心理戦を楽しむことができます。 チェスのルールを覚えて、是非チェスを楽しんでみましょう! チェスと同様に、多くの人に知られているボードゲームの1つに「オセロ」があります。 黒と白のチップを用いたシンプルなゲームではありますが、こちらも大変奥が深いゲームとなっています。 関連記事では、オセロのゲームのコツ・勝ち方についてまとめた記事を掲載しています。

次の

【駒】チェスのポーンの動きと使い方【歩兵】

チェス 動き

盤の置き方は右図のように各自から見て左上に白いマスが来るように置きます。 盤も白黒ですが、駒も白と黒に分かれます。 チェスではと違って取った駒の再利用ができませんから、それでいいのです。 ゲームを始める時の置き方は右図のようになり、白の王は黒のマス、黒の王は白のマス、女王はそれぞれ自分の色と同じマスに置かれます。 結果的に王と王、女王と女王は向かい合うようになります。 盤のマス目の呼び方は縦の列 file が白側から見て左側からa〜h、横の列 rank は白黒双方とも各々手前から1〜8と呼ぶのが国際式です。 例えば白側から見て黒のルークはa8とh8、敵の王はe8、女王はd8にあることになります。 特例1. 特例2. 従って、ポーン同士が頭を付き合わせてしまうとお互い前には進めなくなり、斜め前に敵の駒が来ない限りどちらもどうにもできなくなります。 城 ルーク Rook ルークは将棋の飛車と同じで縦横いくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 騎士 ナイト Knight ナイトは将棋の桂馬に似ていますが進行方向が八方向です。 この動きを中国象棋では「八面虎 Ba Mian Hu 」といいます。 僧正 ビショップ Bishop ビショップは将棋の角行と同じで斜め方向にいくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 女王 クィーン Queen クィーンはルークとビショップを合わせた動きで、縦横斜めにいくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 最もパワフルな駒です。 王 キング King キングは将棋の王将と同じで縦横斜めに1個だけ進めます。 これをPromotion 昇進 という。 通常は最も強力な駒である女王に成る むろん必要だと思ったら例えばナイトに成っても構わない。 この時、既に自分の女王が取られていたら相手からそれを返してもらって使用する。 女王がまだいる場合でルークが1個でも取られている時は、それを返してもらって逆立ちさせて使用する。 2 アンパッサン ポーンは最初だけは2マス進むことができるが、相手のポーンがその動きをした時、こちらはそのポーンが1マスだけ進んだとみなしてこれを取ることができる。 これをアンパッサン En Passant,通過捕獲 という。 3 キャッスリング castling これは右図に示すような駒の動きを1手でできるというものである。 ただし下記の条件が必要である。 キングとそのルークの間に駒が無いこと 2. キングもそのルークも一度も動いてないこと 3. チェックされていないこと(ルークに相手駒が利いてるのは構わない) 4. キングの移動先に相手の駒が利いてないこと キャッスリングを行う時は必ず先に王を動かしてからルークを動かす。 これは基本的には王の動きだからである。 なお、どちらにキャスリングする場合も王は2マス動くことに注意。 謝辞:このページに使用した美しいチェスの駒の画像は所蔵のものを作者の新井達也さんの許可を得て使用いたしました。

次の

【駒】チェスのポーンの動きと使い方【歩兵】

チェス 動き

ポーン ポーンは「兵隊」です。 将棋でいう「歩」にあたります。 最も弱い駒ですが、大きな力を秘めています。 ポーンは移動する動きと、相手の駒を取る動きが違います。 ほんの少しややこしいので、別々に紹介しましょう。 ポーンは前の方向へ1マス進めます。 最初の位置からの移動のみ、2マス進むこともできます。 ただし、目の前に他の駒があった場合は、進むことも、その駒を取ることもできません。 ナナメ前に相手の駒があった場合、その駒を取ることができます。 ポーンは駒を取るときだけ、ナナメ前に進めます。 さあ、それでは実際に動かしてみましょう。 今回も特別に相手を動けなくしてあるので、安心して取りにいって下さい。

次の