いわき fc ツイッター。 いわきFC

いわきFCパーク 2018「秋のパークグルメ」がスタート!

いわき fc ツイッター

【目次】• 【いわきFCパーク】株式会社ドーム(アンダーアーマー国内総代理店)の全面支援とその理念 「スポーツを通じて社会を豊かにする」という理念のもと、アンダーアーマー国内総代理店として成長著しい株式会社ドームが東北地方の物流拠点「いわきドームベース」を建設するとともに、サッカークラブの立上げを計画し2015年12月に子会社「株式会社いわきスポーツクラブ」を設立。 当時福島県社会人サッカーリーグ2部への昇格を決めたばかりのいわきFC(一般社団法人いわきFC)の運営権を譲り受けた。 2016年には「将来のJリーグ参入」「いわき市内にサッカー専用スタジアム建設構想」などのクラブビジョンを発表。 代表者には元Jリーガーでありながら引退後はスペインでスポーツマーケティングを学び、湘南ベルマーレで社長を勤めていた大倉智氏を招聘。 選手もトライアウト、スカウトなどで20名を新たに入団させ全く新しい体制でシーズンをスタートさせた。 大倉智代表は「新しいスポーツ産業を東北に作り出す事こそが目的」と強調し、「その結果としてJリーグに参入がある」と語っている。 2016年のクラブ立上げからいわきFCは破竹の快進撃を続け、2年目の現在は福島県社会人リーグ1部でもトップを独走状態。 都道府県リーグでプレーするはずもない元Jリーガーや複数のJクラブからオファーがあった若い大卒選手などを次々に獲得している。 最近では6月21日に行われた天皇杯2回戦でJ1に所属する北海道コンサドーレ札幌に勝利したニュースは「ジャイアントキリング」として話題にもなったのを目にした者もいるであろう。 これまでの日本のスポーツ界は目先の利益を追求する傾向にありながらも、実のところそのスポーツのみで独立採算が取れているクラブやチームはほんの一握りで、「スポーツの産業化」という発想はなかなか存在してこれなかった概念である。 単純に大資本を投入してクラブやチームを強化するとう試みはあらゆる所で見る事が出来るが、このいわきFCの取り組みは非常に画期的であり、成功すれば日本のスポーツ界を大きく変える存在になるかも知れぬな。 【いわきFCパーク】選手はアマチュア 昼間は物流センターで仕事を プロとしてプレー出来る実力を持った選手も大勢在籍するいわきFCだが、選手たちは全員アマチュア契約である。 「いわきFCパーク」内にあるグラウンドやクラブハウスでのフィジカルトレーニングなどを毎日午前中のみ、午後は併設される「いわきドームベース」で物流の仕事に従事しているそうだぞ。 アマチュアアスリートにとって一番の問題である収入についても全く不安なく生活が出来ているのだな。 中にはこれまでサッカー漬けの人生で「働くこと自体が初めて」という選手もいるようだ。 また株式会社ドームはサプリメントの製造販売も手掛けているから、選手にとっては体調管理などの面についてもクラブに対し全幅の信頼を置いている様であるな。 とにかくアマチュアプレーヤーとしては考えられない程恵まれた環境で選手生活を送っているいわきFCの選手たち。 この事実は他の厳しい環境でのプレーをしている選手たちにも当然情報として広がっていくであろうから、今後サッカーファンが驚くようなビッグネームがいわきFCでプレーする日もそう遠くないかも知れぬ。 何しろ、J1クラブの練習環境と比較しても明らかにいわきFCの練習環境の方が恵まれているのは明かであるな。 【いわきFCパーク】クラブハウスは社会のコミュニティに いわきFCパークの最大の特徴は、そこが単にサッカー選手の為の施設ではないという事だ。 日本初の商業施設併設型クラブハウスといううたい通り、そのコンテンツも非常に魅力的であるぞ。 アンダーアーマー直営アウトレットは勿論、高級輸入車、船舶、家具などの販売フロアー、フィットネスジム、英会話教室まで。 食に関してもかなり凄いという話だ。 既にインショップが決定している 「Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN(ピッザリアクラフトビアークラフトマン)」「浅草今半」「みそかつ 矢場とん」「寿司 正」は6月10日に既にオープン。 特に 「Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN」はクラブハウス3Fのテラス席があり、そこからはいわきFCの練習風景や試合の様子を特等席で観戦しながら食事が取れるという最高のロケーションという事で早くも地元では大きく話題になっているそうだぞ。 いわきFCを応援したい人やサポーターのみならず、これだけ魅力的なの商業施設が併設されているのであるから、当然サッカーファン以外の方々もこのクラブハウスを訪れるであろうし、それが東京にあるのではなくそれほど大きくない地方都市のいわきにあるという時点で、今後「いわきFCパーク」はその地域社会に暮らす方々にとって重要なコミュニティの場となっていくのであろうな。 地方創世という言葉が叫ばれて久しいが、この「いわきFCパーク」の目指す場所は間違いなくそうした地方都市に力を持たせる、産業基盤をスポーツを通じて作るという新しいビジネスモデルとなるのではなかろうか。 本音を言うととても羨ましいな。 私の周辺にもJリーグのクラブはあるが、その価値をサッカーファン以外の人たちは受けてはいないのが実情。 これはどこのクラブでも同じであろうな。 【いわきFCパーク】まとめ 現在福島県社会人リーグに在籍するいわきFCが仮に順調にステップを上がって行ったとしても日本最高峰のJ1リーグにまでたどり着くのには5~6年かかるシステムになっている。 場合によっては特例でもう少し早くJ1の舞台に上がってくるかも知れぬな。 しかし、大倉智代表が言うようにこの試みは「新しいスポーツ産業を東北に作る出す」事。 これは本当に素晴らしいビジョンである。 Jリーグはドイツのスポーツクラブの在り方を参考に作られたと言われている。 しかし、その実情はどうであろう? 大企業がクラブ名から企業名だけを外し、実質的なオーナーとなっているケースがほとんどで独立採算が取れているクラブは数える程度。 将来に向けて革新的なビジョンも無い。 いわきFCはサッカークラブありきでは無いところが素晴らしいではないか。 まず初めに地域社会にコミュニティとしての価値を定着させてしまう。 様々な人たちが様々なスタンスで「いわきFC」との繋がりを持つ。 こうしたベースがあって初めてクラブチームには本来の存在意義があるのではなかろうか。 「J1に参入したとしてもそれはあくまで結果」こう言い切った大倉智代表。 この日本で初めてとも言っていい新しい試み。 是非成功させて欲しいものであるな。

次の

いわきFCパーク 2018「秋のパークグルメ」がスタート!

いわき fc ツイッター

そこに秘められたドラマを、あなたは、まだ知らない。 「革命」は思いもよらぬ場所から始まるもの。 3年前、福島県・いわき市に突如として現れた巨大な建物。 中にはスポーツウェアのショップにレストランまで。 その建物を抜けると現れるのは整備されたグラウンド。 アマチュアチームとしては異例の環境。 ここが、日本サッカーに革命を起こさんとする、いわきFCの本拠地。 昨シーズン彼らが戦ったのは、東北2部リーグ。 J1から数えると実質6部に相当する。 そこでは18勝無敗、驚異的な得失点差127という成績で、東北1部リーグへの昇格を決めた。 だからこそ、彼らが本気になるゲームは、格上のチームと対戦できる練習試合にある。 この日の相手、アルビレックス新潟は遥か上のランク、J2で戦う強豪。 勝負の行方に、練習試合としては異例ともいえる1300人の観客が集まった。 アップを終えた選手たちを見て、目を見張った。 上半身にまとった筋肉。 まるでラガーマンのように鍛えられた肉体。 この、サッカーの常識を覆すようなカラダに、いわきFCの強さの秘密がある。 試合が始まると、その肉体がより一層の輝きを見せる。 ボールを奪えばすぐに前を向き、相手の強烈なスライディングにも倒れない。 そして、トップスピードに乗れば、いともたやすく相手を抜き去る。 この日も格上相手に2ゴールを奪う圧勝劇だった。 強さの秘密はこんなデータにも表れている。 それは試合中に倒された数。 相手に倒された数、新潟が22に対し、いわきはおよそ半分の12。 90分間、止まらない。 倒れない。 ここに、いわきFCが起こさんとする革命の意味が凝縮されている。 圧倒的なフィジカルを生み出すいわきFCの練習は、ほぼ決まって室内から始まる。 練習の6割以上が筋力トレーニングで徹底的に体を苛め抜いていく。 中でも特に重視しているのが、片手や片足でのトレーニング。 片側に負荷をかけた状態が、バランスや身体コントロールの向上につながっていく。 みっちり体を苛め抜いた選手たちは、ここでようやく外に出る。 しかし、ボールを使った練習は30分だけ。 一本もシュートを打たない日もあるという。 さらに、この身体づくりには、もう一つ秘密がある。 いわきFCは選手それぞれの遺伝子を検査し、それに合わせた筋トレを行っている。 遺伝子のタイプは大きく分けて3つ。 パワーを出すのが得意な型と、持久力に力を発揮する型、そして、その中間のタイプだ。 パワー型は重い負荷で回数を少なく、逆に持久型は軽い負荷で回数を多くする。 こうすることで、最も効率的に能力をUPさせることができるという。 だから、チームに入ってわずか半年でこれだけ肉体が変化する。 科学に基づいたトレーニングが、選手の身体を大きく強く育て上げるのだ。 日本サッカーのフィジカルに革命を起こさんとする いわきFC。 このチームを作り上げたのが球団社長・ 大倉智。 かつて低迷していた 湘南ベルマーレ の代表を務めJ1昇格の立役者となった男だ。 大倉は元Jリーガー。 柏レイソルがJリーグに昇格した年にプロとしてのキャリアをスタートさせた。 しかしその後、Jリーグは衰退。 満員だった観客は少しずつ離れていった。 「頑張っているのに、なぜ?」大倉に大きな疑問が生まれた。 その後、3チームを渡り歩き、将来を意識しだした29歳の時、一枚の新聞記事が運命を変えた。 知識もコネも、何もないまま飛び込んだ スペイン。 そこで見たのがサッカーの原点だった。 スペインから戻った大倉は、 セレッソ大阪 の強化部長を経て、湘南ベルマーレの代表に就任。 彼が掲げた積極的なサッカーは「湘南スタイル」と呼ばれ、チームの代名詞となった。 しかし3年前、その地位を捨てていわきFCに身を移した。 周囲からは驚きをもって「都落ち」とも揶揄された。 だが、大倉は言う。 「ゼロからだからこそ意味がある」あのスペインで見たような感動を与えられるチームを大倉は今も追い求めている。 10月、いわきFCは大きな戦いに挑んでいた。 全国社会人サッカー選手権。 それぞれの地区に分かれた社会人リーグのNo. 1を決める戦い。 初戦を順調に勝ち上がった、いわきFC、2回戦の相手は、沖縄SV。 元日本代表・ 高原直泰 (たかはらなおひろ)が、選手兼任監督を務める強豪。 試合は辛くもPK戦でいわきFCの勝利。 一方、敗れた沖縄SV・高原、いわきFCの印象を問われると、気になることを口にした。 「フィジカルだけでは勝てない」高原の言葉は、すぐに現実のものとなった。 準決勝の相手、四国代表の松江シティはいわきFCとぶつかり合うことを避け、パスを回していく。 すると相手の戦術に自慢のフィジカルが影を潜め何もさせてもらえず敗戦。 いわきFCのフィジカル革命に立ちはだかった壁。 この現実を跳ね返し、次のステージに上がるためにチームが出した答えは・・・ 「魂の息吹くフットボールをより突き詰める」 相手がパスを回すなら、そのパスに追い付くくらい走ればいい。 さらなるフィジカルとスピードを求めて男たちは再び動き始めた。 大地に根を張り倒れない雑草軍団。 いわきFCのサッカー革命はまだまだ続く。

次の

NPO法人いわきサッカー協会

いわき fc ツイッター

[1] 43分前 285件• [2] 58分前 14件• [3] 1時間前 11件• [4] 1時間前 112件• [5] 2時間前 84件• [6] 2時間前 709件• [7] 2時間前 636件• [8] 2時間前 23件• [9] 2時間前 208件• [10] 2時間前 660件• [11] 2時間前 348件• [12] 3時間前 344件• [13] 3時間前 1件• [14] 4時間前 13件• [15] 4時間前 953件• [16] 4時間前 29件• [17] 4時間前 24件• [18] 4時間前 173件• [19] 4時間前 148件• [20] 4時間前 81件• [21] 4時間前 480件• [22] 4時間前 179件• [23] 4時間前 361件• [24] 4時間前 599件• [25] 5時間前 41件• [26] 5時間前 19件• [27] 5時間前 16件• [28] 5時間前 17件• [29] 5時間前 231件• [30] 5時間前 36件.

次の