チャート 仮想通貨。 仮想通貨のチャートおすすめランキング!取引に必須のチャートアプリ8選!

ビットコイン(BTC) チャート 【リアルタイム更新】

チャート 仮想通貨

「仮想通貨のチャートの見方ってよく分からない…」 「チャートの見方がわかるってなんだか格好良い!」 「仮想通貨の投資で儲けたい!チャートの見方をマスターしたい!!」 この記事にたどり着いた方のなかには、そんなことを思っている方も多いのではないでしょうか? 仮想通貨は値動きが激しく、 どんな出来事が価格に影響を与えるのか判断するのが難しい投資対象だといわれています。 したがって、仮想通貨の価格を予測するのは専門家でも簡単ではありません。 しかし、 仮想通貨の価格を予測する上で確かな事実がひとつだけ存在します。 それが仮想通貨の過去の値動きを表す 「チャート」です。 チャートの見方をマスターすることができれば、 チャートは 仮想通貨の値動きを予測するための有力な武器になります。 とはいえ、この記事を読んでいる方のなかには、過去にチャートを勉強しようとして挫折した方もいるのではないでしょうか? チャートの見方や分析方法はバリエーションも多く、分かりづらいと感じることがあります。 しかし、 チャートの見方を基礎からひとつずつ理解して経験を積んでいけば、難しいことはありません。 そこで本記事では、仮想通貨のチャートの基本的な見方である 「ローソク足の見方」と 「平均移動線の見方」をわかりやすく解説していきます。 なお、あくまでも本記事は仮想通貨のチャートの見方が分からない方に向けた入門編の内容です。 発展的な内容は本サイトの別の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。 仮想通貨のチャート、基本的な見方とは? まずは仮想通貨のチャートにもっともよく利用されている 「ローソク足チャート」を紹介します。 実はローソク足チャートは、江戸時代に日本人が考案したものです。 現在では仮想通貨取引以外にも株価や為替取引などで広く世界中で使われています(海外でも利用されており、「キャンドル・チャート」と呼ばれています)。 ローソク足チャートとは? ローソク足チャートとは、 一定時間ごとの仮想通貨の値動きを時系列に並べて表したグラフのことです。 形がローソクに似ていることからローソク足チャートと呼ばれています。 仮想通貨取引所でトレードしたことがある方は見たことがあるかもしれません。 具体的には以下のような形をしたチャートのことを指します。 minkabu. また、チャートでは以下の4種類の価格がよく使用されているので、用語として覚えておきましょう。 始値(はじめね):単位期間の 最初に付いた価格• 最高値(さいたかね):期間中の 最も高い価格• 最安値(さいやすね):期間中の 最も安い価格• 終値(おわりね):単位期間の 最後に付いた価格 グラフ上の長方形ひとつでこれらの価格が表現され、これを 「実体」といいます。 ところで、ローソク足チャートを見ると、実体には2色あることに気付きましたか? 色によって価格の上昇と下落が表現されているのです。 色の使い分けはチャートを表示しているサイトやアプリによって異なるので、注意してください。 ローソクの見方をまとめたものが以下の図です。 価格上昇時は実体の下辺が始値、上辺が終値となり、これを 「陽線(ようせん)」といいます。 一方で価格下落時は上辺が始値、下辺が終値となり、これを 「陰線(いんせん)」といいます。 また、実体から上下に伸びている線は 「ひげ」といい、 上ひげの先端が最高値で、 下ひげの先端が最安値です。 単位期間あたりの値動きが大きいほど、実体やひげは長くなっていきます。 ローソク足チャートの見方とは? それでは、ローソク足チャートの基本的な見方を解説していきます。 まず、チャートは取引の目的に応じた単位期間のものを使うのが適切です。 具体的には以下の様に使い分けます。 短期(〜数日)の売買を行う場合:分足チャート、1時間足チャート• 中期(数日〜数週間)の売買を行う場合:1時間足チャート、日足チャート• 長期(1ヶ月〜)の売買を行う場合:1週間足チャート、月足チャート また、個別の実体の形やひげの長さからも短期的な値動きの予測を立てて売買のタイミングを掴むことができます。 これから紹介するように、いくつかパターンがあるので参考にしてみてください。 買いサインの一覧 大陽線 陽線で実体が長い場合は価格が大きく変動しており、それだけ 買い圧力が強いことが分かります。 特にそれまで価格下落が続いたときに大陽線が出た場合は、 相場の転換ポイントで価格上昇を期待できるので、大陽線は非常に強い買いのサインです。 陽の丸坊主 大陽線でひげが無く実体のみの場合は、 始値から終値まで一貫して上昇しているということになります。 これは 非常に強い買いのサインだと言えるでしょう。 また、短いひげがある場合でも同じく 強い買いのサインです。 下影(したかげ)陽線・下影陰線・トンボ 図のように陽線であっても陰線であっても、下のひげが長い場合は変動は大きいものの、 最終的には価格が上昇してきた証です。 また、下影陰線のなかでも始値近くまで終値が戻したものをトンボと呼びます。 下影陽線・下影陰線・トンボが底値(下げ止まったときの値段)で出てきた場合は 価格上昇へと転換する可能性が高いです。 売りサインの一覧 大陰線 陰線で実体が長い場合は価格が大きく変動しており、 売り圧力が強いことが分かります。 特に価格上昇が続いていたときに大陰線が表れた場合は、 相場の転換ポイントとなり、価格下落が予想できるので、非常に強い売りのサインです。 陰の丸坊主 大陰線でひげが無く実体のみの場合は、 始値から終値まで一貫して下落しているということになり、 非常に強い売りのサインだと言えるでしょう。 短いひげがある場合でも同じく 強い売りのサインです。 上影(うわかげ)陽線・上影陰線・トウバ 図のように陽線であっても陰線であっても、上のひげが長い場合は 価格が最終的には下落してしまった状態です。 また、上影陰線のなかでも始値近くまで終値が下落したものをトウバと呼びます。 上影陽線・上影陰線・トウバが表れた場合は、 これから価格が下落する可能性が高いので、売りのサインだといえるでしょう。 少なくとも買うべき時期ではありません。 その他のサイン 小陽線・小陰線 実体が短く、価格変動が買い・売りのどちらもほぼ同じ程度にある場合は、 市場の買い圧力と売り圧力が拮抗している状態だと考えられます。 そのため、このようなローソクが出た場合は様子見をした方が良さそうです。 十字線(同時線) 小陽線・小陰線が出ていて、様子見をしているときに図のような十字線が表れた場合、 相場の転換点の可能性があります。 相場が上昇しているときに十字線が出たら売りサイン、逆に相場が下落しているときに十字線が出たら買いサインだと考えられるでしょう。 トレンドを予測する!移動平均線の見方とは? 移動平均線とは? チャートから仮想通貨価格の傾向を掴むために使えるのが 「移動平均線」です。 移動平均線とは、一定期間の各終値の平均値をとり、実線でつないだグラフのことをいいます。 例えば、5日移動平均線の場合、5日前〜当日の終値を合計し、5で割った平均値を使います。 短期の価格変動の傾向を予測するのであれば、5日移動平均線など短期間のグラフが、長期の価格変動の傾向を予測するのであれば、200日移動平均線など長期間のグラフが適しています。 移動平均線の基本的な見方 基本的な移動平均線の見方は以下の3パターンで、 ローソク足と移動平均線の位置関係から相場の状況を判断します。 移動平均線がローソク足より上の場合:相場は上昇傾向• 移動平均線がローソク足より下の場合:相場は下降傾向• 移動平均線とローソク足が重なっている場合:相場は横ばい 移動平均線のメリット・デメリット 移動平均線を使うときには短期・長期双方のメリットとデメリットを理解しておきましょう。 短期の移動平均線のメリット・デメリット 短期の移動平均線は 仮想通貨の価格変動を素早く反映するというメリットがありますが、 短期で大量に購入(売却)されることによる価格変動の影響が大きいといえます。 長期の移動平均線のメリット・デメリット 長期の移動平均線は 短期の大量取引の影響は受けにくいですが、 価格変動の影響が現れるのが遅いというデメリットがあります。 したがって、移動平均線を用いて価格変動を予測する場合には 短期・長期両方の視点から分析した方が良いといえるでしょう。 相場の転換点を示す移動平均線 短期と長期、両方の移動平均線を使って、その動きの組合せで相場の転換点を予測することができます。 基本的な形は2パターンあり、ゴールデンクロスとデッドクロスと呼ばれています。 価格上昇トレンドへの転換点「ゴールデンクロス」 ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜ける状態のことです。 一般的には、このポイントで 相場が上昇傾向に転換するといわれています。 価格下落トレンドへの転換点「デッドクロス」 デッドクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜ける状態のことです。 このポイントで 相場が下降傾向に転換するといわれています。 その他にもチャートを用いて仮想通貨の価格を予測する方法はいくつもあります。 本記事で紹介したものはあくまでも入門編です。 チャートの見方・分析は奥が深いので、興味を持った方は以下の記事も読んでみてはいかがでしょうか? 今回紹介した見方も含め、 どれもいきなり使えるようになるのは難しいかもしれません。 実際に投資をしなくても、チャートを眺めながら価格変動を予測する練習はできるので、お金を投じて実践する前に経験を積んでいくと良いでしょう。 移動平均線を使えるWebサイトやアプリ 仮想通貨取引所が提供しているチャートには、ローソク足チャートはあっても移動平均線は表示できないものがあります。 チャート上に移動平均線も表示できると便利なので、 移動平均線を表示できるWebサイトやアプリをまとめておくので参考にしてみてください。 【Webサイト】みんなの仮想通貨• 【Webサイト&アプリ】ビットバンク• 【Webサイト&アプリ】GMOコイン(アプリ名は「ビットレ君」) ビットバンクは様々なチャート分析ができますが、使いこなすにはアプリの画面が小さいと感じる可能性があるので、 Webサイトを利用した方が良いでしょう。 一方で、GMOコインはビットバンクよりも機能がシンプルに絞られているので、 スマホアプリでも使いやすいといえます。 より長期的な視点で投資をする場合 仮想通貨の背景にはブロックチェーン技術をはじめとして様々な技術が使われており、世界中の優秀なエンジニアたちが日々、試行錯誤をしながら開発を進めています。 現在、多くの仮想通貨は決済速度が遅いなどといった普及への課題を抱えていますが、 これらの課題は技術の進歩によって数年以内に解決されると見られています。 このような 技術的なトレンドもフォローしておくことで、長期的な予測を立てることができるでしょう。 例えば、 ビットコインの価格に影響を与える可能性がある技術については以下の記事で取り上げています。 【注意】紹介したチャートの見方はあくまでも基本!投資判断は自己責任で 仮想通貨チャートの基本的な見方を紹介してきましたが、忘れてはならないのが、ここで紹介している見方はあくまでも基本的なものであり、 必ず効果を発揮するものではないということです。 ローソク足チャートの形状から読み取れる買いサインや売りサインは正しいこともありますが、 予測通りにならないこともあります。 あくまでも 投資は自己責任ですので、仮想通貨への投資は損失が生じても問題無い程度に行うようにしてください。 【まとめ】仮想通貨チャートを使うなら、まずは見方のキホンを抑えよう! 本記事では、仮想通貨のチャートの基本的な見方を解説しました。 過去の値動きを可視化したチャートの見方を知ることは 将来の価格予測を立てるための第一歩となります。 今回紹介したものはあくまでも入門編です。 基本を抑えた後、記事中でも紹介したような発展的な記事を読み、ひとつずつ使いこなせるようなっていけば、 投資家としてのあなたの強力な武器になるでしょう。 本記事をきっかけに、ぜひチャート分析をマスターしてみてはいかがでしょうか?.

次の

暗号資産(仮想通貨)チャート一覧【リアルタイム更新】

チャート 仮想通貨

スピンドルは、以前Gackt氏が開発プロジェクトに参加していたため 「」とも呼ばれています。 これまでさまざまな問題も起こり話題を集めたことから、今後のスピンドルはどうなっていくのかが気になっている人もいるかもしれません。 今回はそんなスピンドルについて詳しく解説していきます。 Gackt ガクト 氏がスピンドルICOをプロデュース スピンドルのICOは2018年1月に行われ、 その広告塔としてGackt氏が起用されました。 それによって多くの人から注目され、 220億円以上の資金集めに成功しています。 2018年5月には複数の取引所に上場 無事にICOで資金を調達したあと、2018年5月には以下の取引所に上場されました。 HitBTC• BTC-Alpha• Yobit• Livecoin• Exrates しかし、上場後は 価格の暴落や数々のスキャンダルが発生したことにより大きな話題になりました。 「詐欺コインではないか」との評判が立ったこともあるので、仮想通貨関連のニュースで聞いたことがある人も多いかもしれません。 Gackt ガクト 氏とスピンドルの現在 スピンドルのプロジェクトに本名大城学(オオシロサトル)で参加していたGackt氏ですが、2018年7月ころにスピンドルプロジェクトから離れています。 2018年7月というと、Gackt氏が自民党の大物政治家野田聖子氏と金融庁に圧力をかけようとしてと報道された時期です。 (野田氏は説明を受けただけで、圧力をかけたことを否定) このタイミングで、スピンドル運営会社の「BLACKSTAR&Co. 」は、スキャンダラスな噂の絶えないGackt氏をプロジェクトから外すと発表しています。 スピンドル自体がすでに暴落しており詐欺コインではと言われていた時期で、広告塔として多大な役割を果たしたGackt氏はお役御免になったというところでしょう。 スピンドル公式サイトには、未だにGackt氏はアドバイザーとして掲載されています。 (2020年3月11日現在) Gackt氏の責任を追及する声も多くありますが、海外では超有名芸能人などが仮想通貨ICOの広告塔となることはよくあることです。 Gackt氏も騙されていたのかどうか、それが問題でしょう。 Gackt氏は、2020年正月恒例の格付け番組にも登場していますし、2020年1月23日の「直撃!シンソウ坂上」にも登場しています。 (もちろん、スピンドルについては全く触れていませんが! Gackt氏がどこまで関与していたのかは不明ですが、スピンドルはscam案件だった可能性はかなり高そうです。 008円前後の動きとなっています。 008円って1銭以下ということです。 プレセール価格25円とすると、3125分の1ということになります。 この価格になっても誰からも見向きもされないということは、長期下落トレンドというよりはすでに終わっています。 スピンドルとはどんな仮想通貨か ここでは簡単にスピンドルのプロジェクト内容についてチェックしていきましょう。 スピンドルはトレーダーと暗号資産ヘッジファンドを結びつけるプロジェクト スピンドルの内容を簡単に説明すると 「世界中に散らばっているヘッジファンドとそれに投資したいトレーダーをマッチングするプロジェクト」です。 2020年時点では暗号資産ヘッジファンドやICO案件は世界中に散らばっており、トレーダーはそれぞれの案件について公式サイトなどで個別に調査しなければなりません。 この状況を解消してより簡単に投資できるようにするためにスピンドルが開発されています。 ZETAとは スピンドルプロジェクトの目的は、投資家と暗号資産ヘッジファンドを結びつけることで、世の中から経済的な格差を無くそうというプロジェクトでした。 この投資家と暗号資産ヘッジファンドを結び付けるのが、プラットフォームZETAであり、ZETAの開発がスピンドルの命運を左右するといわれていました。 さらに、2019年9月1日からZETA上でBTNサービス(金現物の所有権の取引サービス)がリリースされると発表されました。 しかしながら、スピンドル公式サイトの直近の更新は非常に少なく、ここ数か月のスピンドルの価格には全く影響なしです。 さらに言えば、スピンドルの取引高を見てもBTNサービスを利用している人がいるとも思われません。 結論を言うと、スピンドルプロジェクトのZETAは、本当に開発されているのかどうかも不明ですし、少なくともほぼ誰も利用していないようです。 投資・資産管理・運用情報の開示を一元化 ZETAをはじめとするスピンドルのシステムを利用すれば、 暗号資産ヘッジファンドに簡単に投資できるようになるだけでなく、資産管理も一元的に行うことができるようになります。 そのため、分散投資している人などは管理が楽になるといえるでしょう。 また、 プロジェクト側は運用情報などをスピンドル上で開示することができ、改ざんされにくいという性質上透明性の高い情報を提供できるでしょう。 また、小規模な案件でもプラットフォーム上で情報を提供することにより、より多くのトレーダーに注目してもらうことができます。 暗号資産名: スピンドル SPINDLE• ティッカーシンボル: SPD• 28,486,160JPY(2020年3月11日)• 時価総額ランキング: 1235位(2020年3月11日)• 発行上限数: 10,000,000,000 SPD• 発行枚数:• 3,421,564,890SPD(2020年3月11日)• 公式サイト:• ホワイトペーパー: スピンドルの公式サイトの現在 スピンドル公式サイトは2020年3月11日時点でも公開されています。 しかし、2019年6月24日以来更新されていません。 また、前述のように、公式サイトのTeamのところにはGackt氏がアドバイザーとして掲載されたままです。 2019年におけるスピンドルの価格推移の重要ポイントを時系列で見ていきましょう。 この上昇トレンドは6月まで続き、 6月26日には0. 0023USD 0. 26円 の高値をつけています。 しかし、この上昇トレンドは長く続かず、すぐに下降トレンドに転換していることがわかるでしょう。 一目均衡表をあわせてチェックすると、4月2日に雲を上抜けていることがわかります。 これがきっかけとなって上昇トレンドに転換したものの、詐欺コインの噂やこれまでの暴落をはじめとするマイナス要素が多いため、トレンドはそこまで強いものではありませんでした。 2019年6月まではスピンドルの公式Webサイトも更新されていたため、一応の情報提供がなされていたともいえます。 BLUEBELT社との戦略資本業務提携したことはプラス要素 2019年3月にスピンドルの運営元であるBLACKSTAR&Co. はBLUEBELT社との業務提携を発表しています。 この業務提携は、スピンドルの最重要システムであるZETAの共同開発を行うためのものとされ、この発表を契機としてスピンドルは久々に上昇しています。 ところが、このBLUEBELT社を調べてみると、本社が新宿のレンタルオフィス(もしくはバーチャルオフィス)となっています。 小規模な外資系企業がレンタルオフィスを利用することは良くありますが、このレンタルオフィスは外資系が利用するようなところというよりは国内SOHOという感じです。 2019年6月に下降トレンドに転換 2019年6月に年始以来の高値をつけ、その後は一転して下降トレンドになっています。 細かい上下を繰り返しているものの、全体としては一貫して下落しているといえるでしょう。 12月下旬には0. 00005 USD 0. 005円 にまで下がり、2019年の最安値水準となっています。 前述したBLUEBELT社との業務提携や、金現物のトレードを可能とする取引所「BTN」のリリースなどがありましたが、いずれも価格を大きく上昇される要因にはならなかったといえるでしょう。 6月以降は公式Webサイトの更新も止まっており、スピンドルに対するトレーダーからの不信感が価格に現れているとも考えられます。 2019年のスピンドルの価格変動を総括すると、一時的に上昇したこともあるものの全体としては下降トレンドといえるでしょう。 スピンドル SPD の2020年今後の動きは? 2020年3月以降の今後のスピンドルの価格推移を予想してみましょう。 とは言っても、価格は底値圏内に張り付いたままほとんど動いていない状況で、取引高も1日当たり数千円~1万円台という状況です。 つまり、スピンドル市場にはほとんど参加者(プレーヤー)がいないのです。 取引所の取引高については後述します。 スピンドル上場後の過去最高値は4. 31円(2018年5月13日)ですから、ここまで下がると買い?と言い出す人も少なからずいます。 しかし、それはスピンドルのZETAが本当に開発されていた場合のお話で、もはや誰も信用していないというのはチャートを見れば明らかです。 強力なサポートラインが0. 00006USD付近にある 価格は底値圏に張り付いたままという状況です。 00006USDに強いサポートラインが存在し、上値を0. 00012USDとするを形成しています。 レンジのいずれか抜けたほうにトレンドが発生するという流れですが、取引高が増えていくことはほとんど期待できませんので、前述のように上昇しても売れない可能性に注意しましょう。 価格上昇の兆しもあり? 底値に張り付いたままの相場ですから、仮想通貨相場全体の回復や、何らかのきっかけで上昇する可能性もゼロではないでしょう。 しかし、為替や株式相場とは違い、スピンドルがいつまで上場していられるのかという問題もあります。 突然、取引所が上場廃止した場合にはもはや売ることもできなくなります。 このような事情があるから、底値圏内に価格が張り付いているということも忘れないようにしましょう。 ) 将来性に期待できる新情報はない チャートを見る限り、底値圏にある相場ですから、プロジェクトが破綻しないのであれば、きっかけ次第で上昇するというのがセオリーでしょうが、どうでしょう。 スピンドルの公式サイトは、ほとんど更新されませんし(2020年は更新ゼロ)、ZETAもどうなっているのか全く分からない状況です。 ちなみに、SNSもほとんど更新されていませんし、5チャンネルも閑古鳥が鳴いています。 これまでの価格推移やこれからの価格予想を知りたい人はしっかりチェックしておきましょう。 スピンドルのICO-プレセールから大暴落まで こちらはスピンドルのICO直後のチャートです。 チャートから分かる通り、ICO後は一貫して価格が暴落しています。 0015 ETH 約1. 01 USD 1 JPY 程度になっています。 こうしてチェックしてみるとスピンドルは当初から暴落したトークン、上場後も売れなかったトークンといえるでしょう。 スピンドルの2020年3月までの価格チャート分析 2020年に入ってからのスピンドルの価格チャートを見ていきましょう。 その前に、すでに周知の通り、2019年12月に発症が報告された新型コロナ騒動で世界中がパニックに陥ろうとしています。 世界の株式市場が影響を受けたのは当然で、ニューヨーク株式市場を筆頭に大暴落相場の様相を見せています。 実は、この新型コロナが発症したあたりに、ビットコインをはじめとするメジャーコインは昨年の年初来安値を付けており、そこからは上昇トレンドを見せていました。 「有事のデジタルゴールド」の本領発揮かというところでしたが、株式市場の大混乱から投資資産の現金化がすすみ、現時点では仮想通貨も売り優先の相場となっています。 (金相場のみ上昇しています) このような背景の中で、スピンドルの価格がどうなったのかを見ていく必要があります。 スピンドルの直近のチャートを見てみましょう。 チャートは、2020年に入ってからの4時間足チャートです。 ビットコインなどは昨年12月に安値を付けて上昇トレンドを発生しています。 これに対して、スピンドルは、仮想通貨相場の地合いの良さを受けてレンジの上限部分まで上昇するものの、その後の株式市場パニック売りからレンジの下の方まで下落しているというところです。 株式相場のパニックが収まらない場合には、最安値更新の可能性もあるでしょう。 ただし、これはあくまでチャート上から見た場合の話で、実際にはほとんど取引高を伴っていません。 つまり、世界中の投資市場がパニック状態となっているにもかかわらず、スピンドル相場は蚊帳の外という状態です。 008円というところで、プレセール価格25円とすると、3125分の1まで下落しています。 スピンドルが買える上場取引所 残念ながら、国内取引所ではスピンドルは取り扱われていませんし、今後取扱するようなことはほぼ100%ないでしょう。 なぜなら、スピンドルの運営元であるBLACKSTAR&Co. の事実上の代表である宇田修一氏、および宇田氏が経営していた金融商品取引業者であるドラグーンキャピタルは、ともに金融庁から行政処分を受けているからです。 ということで、仮にスピンドルを購入したいという場合には海外取引所を利用することになります。 現在、海外取引所の中でスピンドルを塵扱っているのは以下の3取引所です。 ちなみに、直近24時間の3取引所の取引高をCoinMarketCapで見てみました。 スピンドルに期待している人にとって見逃せない情報が多いので必見です。 スピンドルのこれまで 最初にチェックするのはスピンドルこれまでのニュースです。 価格が暴落する原因になったニュースが多いので一通り確認しておきましょう。 スピンドル発案者に金融庁から行政処分 スピンドルを発案したのは「宇田修一」という人物です。 しかし、宇田修一が運営していた金融商品取引業者であるドラグーンキャピタルに対して行政処分が行われ、 金融庁への登録 金融商品取引業者としての登録 を抹消されました。 この件に対する金融庁からの発表は以下の通りなので、一度チェックしてみてください。 という企業が販売していましたが、 設立していた日本のオフィスを閉鎖して移転させるという動きを見せました。 この移転の前にスピンドルの価格は暴落していました。 そのため、このニュースが追い打ちをかける形になり、さらに価格が暴落しています。 スピンドルと野田聖子氏に関わる報道 スピンドルのICO~上場の動きがあった2018年に総務大臣を務めていた野田聖子ですが、 スピンドル関係者と共に金融庁に対して圧力を掛けたとの報道がありました。 この報道に関する審議は明らかにされておらず、当の野田聖子は「仮想通貨交換業の説明を受けただけ」という説明をしています。 実際にどうだったのかはわかりませんが、数あるスピンドル関連のスキャンダルの1つといえるでしょう。 Gackt ガクト 氏がスピンドルの広告塔から外れる 最初にも紹介した通り、スピンドルのICOが行われるときにGacktが広告塔として活動していました。 その結果として220億円の資金が集まったのは事実です。 しかし、その後すぐにGacktがスピンドルから離れることになりました。 このニュースも価格に影響したと考えられ、暴落した要素の1つといえます。 なお、 当のGacktは暴落前にスピンドルを売り抜けたを考えられており、これもトレーダーからの印象を悪くした原因になっていると考えられるでしょう。 スピンドルは5つの取引所に上場するも価格が暴落 スピンドルは前述の通り2018年に5箇所の取引所に上場しました。 基本的にICOが終了したトークンが無事に取引所に上場されると、価格が一気に上昇することがほとんどです。 しかし、 スピンドルは上場後も一貫して価格が暴落しています。 あまり注目されていないトークンの場合は価格が下がることもありますが、ある程度注目されていながらここまで一気に暴落したのは非常に珍しいといえるでしょう。 とはいえ 暗号資産ヘッジファンドの投資成績を調べる機能は実装されているので、投資判断に役立てられるでしょう。 BLUEBELT社との戦略資本業務提携 2019年3月にはBLUEBELTと業務提携を行い、この関係の元でスピンドルの基本システムであるZETAの開発を行うことになりました。 これによってより セキュリティを向上させ、トレードを簡単に行えるようになることが期待されています。 また、BLUEBELTが運営している取引所を利用できるようになればスピンドルのトレードを今以上に行えるようになるかもしれません。 金現物の所有権を管理し取引可能にするサービス「BTN」がスタート スピンドルが利用しているZETAを利用して 「BTN」と呼ばれる新たなサービスが開始されました。 このBTNでは、金現物のトレードを提供しています。 金には実体があるため、それをトレードするためにはトレード履歴の管理だけでなく所有権の管理も必要になるため、その機能も実装されています。 ZETAを利用したトレードのさきがけとして金現物のトレードが行えるようになったので、その動きには要注目と言えるでしょう。 これがうまくいけばZETAの本来の目的である暗号資産ヘッジファンドへの投資も行えるようになるでしょう。 スピンドルは今後どうなる? ICO祭りと言われていた時代が懐かしく思える今日この頃ですが、残念ながら、ICOの8割前後はSCAMであったという報告もあります。 そんな中でも、220億円ともいわれる資金調達に成功したスピンドルは、有名芸能人を広告塔とするなど国内ICOとしては大成功をおさめます。 そして、現在、この220億円ともいわれる資金を集めたスピンドルの時価総額は3000万円前後という状況です。 このことから、スピンドルというと詐欺、SCAMと言われるようになっており、実際その可能性は極めて高そうです。 価格は半端なく暴落しており、ここまで下がればもはや下はないので投資対象として面白いのでは、という人もいるかもしれません。 しかし、仮に価格が上昇しても、取引高が伴わなければ投資対象とはなりません。 投資する際のリスクヘッジの第1歩は、いつでも換金できる市場であるということが大前提です。 今後、開発が進めばという淡い期待をする人もいるでしょう。 しかし、そんな投資家に付け込んでくるSCAM集団がいることも忘れないようにしましょう。 スピンドルにはもはや投資対象としての価値はないと思われます。 大切な資産を仮想通貨に投資するのなら、ビットコインやリップルなどのメジャー通貨、および、実際に開発が進んでいるコインを選択したいものです。 他のトレーダーの考えを調べたい人は必見です! スピンドル5chでの評判 アルトは上がらない これは特に上がらない 引用元: スピンドルに関する5chの反応を見ていくと、「上がらない」という意見が大多数です。 これまでの暴落やスキャンダルを考えるとこういった反応になるのかもしれません。 スピンドルTwitterでの評判 ガクトが売り出したガクトコインは売り出し価格が25円から今や0. 0004円。 仮想通貨の恐ろしさは元々無価値だから、ひたすらゼロ円に向かって無間地獄で下げ続けるところにある。 仮想通貨市場全体の価格上昇に伴うスピンドル価格の上昇はあると考えている人はいるものの、スピンドル自体の材料による上昇は見込めないという考えが主流といえるでしょう。 しかし、残念ながら、スピンドルの価格は上場後から大暴落となり、価格は現在まで下落し続けています。 典型的な、上場後に売り抜けられてしまったケースです。 今後は上場廃止となる可能性も高いため、新規での購入はおすすめできません。

次の

スピンドルとは

チャート 仮想通貨

仮想通貨チャート 高機能分析ソフト激選! 儲かる仮想通貨. coinmarketcap. php on line 370 みなさん仮想通貨チャートを確認する際はどんなツールやソフトを使っていますか? 大半の方は取引所で確認する方がほとんどではないでしょうか? 近年ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など仮想通貨取引ができる取引所は国内外問わず増加の一方です。 仮想通貨チャートを選ぶにあたって仮想通貨の種類や手数料、セキュリティ体制などさまざまな面から比較されると事だと思います。 また、各取引所で使える仮想通貨チャートなどの取引ツールも気になるところですよね! 仮想通貨取引所はそれぞれどんな仮想通貨チャートで、どんな取引ソフトを提供しているのでしょうか? 仮想通貨チャートの使いやすさ、テクニカル指標の搭載数、分析ツールなど仮想通貨チャート分析をするなら、取引ツールのスペックは事前にチェックしておきたいところですよね! この記事では、国内外の仮想通貨取引所が提供している仮想通貨チャートツールの中でも、特にオススメの高機能仮想通貨チャートソフトを比較しています。 目次で概要を確認• 仮想通貨チャート激選 QUOINEX(コインエクスチェンジ) QUOINEX(コインエクスチェンジ)は仮想通貨交換事業者の第1号として金融庁からの登録を完了した取引所です。 レバレッジ取引が最大25倍も対応しているのが魅力です。 豊富な機能を持つ取引ツールもポイントです。 チャートパネル、注文パネル、ウォッチリスト、板情報、注文照会といった各種パネルの配置を自由にレイアウトできるところも魅力ですね! 仮想通貨チャートツールに関しては、「TradingView」と「Cryptowatch」の2パターンを搭載している点が良いところですね。 分析機能の豊富さであれば、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の仮想通貨チャートツールが良いのではないでしょうか? QUOINEX(コインエクスチェンジ)のチャートの見方や使い方 チャートタイプ:チャートの左上から選択可能で、チャートは「TradingView」と「CryptoWatch」の2種類から選べます。 時間足:チャートの左上から選択可能で「1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・6時間足・1日足・3日足・1週間足」から選択可能です。 仮想通貨チャートが目まぐるしく変化するため、相場が掴みにくくなるからです。 トレードに慣れてきて、相場の流れが掴めるようになるまでは、15分足や1時間足を使用すると良いです。 インジケーター:テクニカル指標とも呼ばれます。 チャートの左上にあるローソク足と折れ線のマークから選択可能です。 ライン:チャート上に引くラインは、チャートの左側の上から2番目で選択可能です。 トレンドラインだけでなく、並行チャネルも引けるので便利です。 フィボナッチリトレースメント:チャートの左側の上から3番目で選択可能です。 ここではフィボナッチ以外にもありますが、ビギナーはフィボナッチだけマスターしておけば十分でしょう。 アイコン:チャートの左側の上から8番目で選択可能です。 bitbank. cc(ビットバンク. cc) bitbankは2つあるので注意して下さい! ・bitbank. ビットコインで先物タイプのレバレッジ取引ができます。 また、10種類を超えるインジケーター・オシレーター、トレンドラインなど、テクニカル分析ツールが非常に充実しています。 金利支払いが不要です。 これは、他の取引所と異なり、BTCFXは先物という制度を採用しているためです。 オーダーブック(板)方式。 bitbank. cc ビットバンク. cc での仮想通貨チャートの見方を紹介します。 ビットコインなどの通貨の価格の変化をグラフで表したものを仮想通貨チャートといいます。 PCでログインすると、ホーム画面に仮想通貨チャートが表示されます。 赤く囲った部分がチャートになります。 拡大縮小は簡単にカスタマイズが可能です。 仮想通貨チャートのスタイルはいくつかあり、デフォルトの設定だとロウソク足チャートになっています。 ロウソク足チャートは、高値(たかね)、安値(やすね)、始値(はじまりね)終値(おわりね)、4つの値を形で表したものです。 前日のブログでも記載してますので良かったら見て下さい。 高値はその時間で一番高い価格、安値は一番安い価格、始値はその時間の最初の価格、終値は最後の価格です。 また、始値より終値が高いロウソク足を陽線、その逆を陰線といいます。 直前のロウソク足が陽線なら価格が上昇傾向、陰線なら下降傾向といえます。 ただし、トレンドは刻一刻と変化するので注意が必要です。 また、チャートは時間軸を変えることができます。 デフォルトでは時間軸は1時間で表示されています。 つまり、1本のロウソク足は1時間の価格変化を表しています。 それを1時間足のロウソク足といいます。 左上の時間軸の選択を変えればそれぞれの時間額で表示されます。 左から1分足、5分足、15分足、1時間足、1日足、30日足(月足)となっています。 トレンドには短期、中期、長期とあり、見ている期間によりトレンドが異なるなるので投資スタンスに合わせて時間足は設定しましょう。 また仮想通貨チャートもロウソク足以外にも有ります。 バーチャート 続いてバーチャートを紹介致します。 仮想通貨チャートのスタイルを変更するには以下の画像のように選択します。 緑が陽線で、赤が陰線です。 陽線の上の横線と陰線の下の横線が始値で、その逆が終値です。 バーの一番上が高値(たかね)で一番下が安値(やすね)です。 使い方はロウソク足の仮想通貨チャートと変わらないので、どちらを使うかは好みです。 ラインチャート ラインチャートは各時間の終値(おわりね)を線でつないだだけの仮想通貨チャートになります。 価格の動向が分かり、細かい値動きに惑わされないという利点があります。 スキャルピングやデイトレよりは長期の取引に向いている仮想通貨チャートとになります。 エリアチャート エリアチャートはラインチャートを視覚的に変化をさせて見やすくした仮想通貨チャートです。 ラインチャートで作られる図形を塗りつぶされているだけ、増減がすぐに分かります。 Zaif(ザイフ) 「TradingView」仮想通貨チャートソフトとマイナス手数料の環境で取引できる チャートツールは「TradingView」を採用しており、PC環境だけでなくスマホでもどちらでも表示することができます。 Zaif(ザイフ)の取引所ではビットコイン(BTC)、ネム(NEM)、モナコイン(MONA)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の取引が可能となっております。 仮想通貨によってはマイナス0. 01%の手数料が適用されて、取引によってボーナスがもらえるのが魅力的です。 Zaifはコイン積立が魅力です。 他にも簡単売買など豊富なサービスなども有り、Zaif(ザイフ)は国内の取引所でも人気度の高い取引所です。 チャートの種類もbitbankと同様でローソク足チャート以外にも【バーチャート】【ラインチャート】【エリアチャート】【平均足チャート】など、みなさんの見やすさや使い勝手によって使い分けてみていいかと思います! TradingView 仮想通貨で稼ぐにはTradingViewの使い方を知っておいたほうがいいです! TradingViewの, and TradingViewは、ブラウザで動作する仮想通貨チャートになります。 また、上記にもちょいちょい出てきていますが、日本の仮想通貨取引所では、TradingViewの仮想通貨チャートを採用しているところが多いです。 TradingViewの仮想通貨チャートを使いこなせれば、日本で取引されている殆どの仮想通貨の分析ができると言っても過言ではないです! MT4も人気の仮想通貨チャート確認するのに人気ですが現時点でMT4では、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップルコイン(XRP)・モナコイン(MONA)の4種類の仮想通貨しか確認出来ません。 その為、TradingViewであれば、人気のイーサリアム(ETH)やネムコイン(NEM)の分析も可能となります。 TradingViewは基本的には無料ですが、色々カスタマイズを使用とすると制限がありますのでご注意下さい! TradingViewの使い方 TradingViewのチャートの時間足を選択します。 上図を見て下さい。 時間足に関しては、仮想通貨の長期的な流れが見たければ1日足を、もう少し短めの1週間単位くらいの流れを見るのであれば、4時間足を見るのが良いかと思います。 1日の動きを確認するのであれば、1時間足を見たほうがわかりやすいです。 TradingViewにテクニカル指標を表示 テクニカル指標とは、チャート分析するための指標になります。 一般的に良く使われる『移動平均線』を表示させてみましょう! 検索窓「移動」もしくは「移動平均線」と入力して下さい。 上記以外にもカスタマイズはたくさん出来ます。 「トレンドライン」を引いたり、水平線を引いたり、自身で手書きでラインを引く事も出来てしまいます。 仮想通貨チャート 高機能分析ソフトまとめ 今回取引所のツールと実際に専門ソフトのTradingViewを取り上げさせて頂きました。 みなさまに合ったツールは見つかりましたでしょうか?私は普段はTradingViewを良く使っており、他のチャートよりも非常に使い勝手が良いのでオススメです。 FX経験者の方がいらしたら、TradingViewを使用したことがあるかもしれません。 しかし、仮想通貨投資が初めての投資の方の場合は、TradingViewをいきなり見ても使い方も全くわからないと思います。 ただ、TradingViewは、以外と使用して見ると案外簡単にうまく使えるようになります。 テクニカル分析が出来るようになってくると、仮想通貨投資が今以上に楽しくなる事でしょう。 仮想通貨チャートを使ったテクニカル分析は、仮想通貨取引で稼ぐ上で必須スキルです。 実際に仮想通貨チャートを開いて見て、仮想通貨の相場が今後上がっているのか、または、下がっているのかを予測してみましょう。

次の