シンフォギア 2 パチンコ 新台。 パチンコ「超A級」マシンに動き!? 『シンフォギア2』「新時短システム」も話題のヒットメーカー新情報

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 スペック・ボーダー狙い目【パチンコ】

シンフォギア 2 パチンコ 新台

2020年4月20日に全国導入される、SANKYOさんの新台 『 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』 今でも大人気の機種 『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』 の第2作目が、ついに登場します! しかもなんと今回、PV動画が公開されただけで Twitterでトレンド入りしたことに驚きました! それだけ、今回の新作は かなり注目度が高いということでしょうか。 『 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』 【ゲームフロー】 初当り時は主に時短1回+残保留4個の「最終決戦」突破からRUSH突入を目指す。 RUSH「シンフォギアチャンスGX」では時短7回+残保留4回内の計11回のチャンスあり。 最終決戦決戦では従来の「バトルタイプ」に加え新たに「振動タイプ」を追加。 シンフォギアチャンスGXでは特定条件を満たすと破壊タイプ「キャロル」が選択可能。 前作が好評だっただけに、演出・スペック面共に あまり大きな変更を加えず横に幅を持たせた印象ですね。 勝っている部分、劣っている部分が入り混じっていますが 平均TY等のトータルバランスで見ると 「 スペック面では若干パワーアップしている」と言えそうです。 前作が好きな方なら、楽しめるのではないでしょうか。 前作と比べて、勝てるスペックなのか? いかがでしたでしょうか? 前作が好評すぎたので 演出やスペック面においては大きな変更はないですが トータル的に、前作よりスペックが 若干パワーアップはしています。 しかし、HEROマルは どの新台情報の時のもお話していますが パチンコは、スペックだけで判断して打てば勝てるほど甘くない ということが、今回の新台でも同じことが言えます。 つまり 「 スロットで稼げない時代=パチンコで稼ぐ時代 」 ということが言えるのではないでしょうか! しかし、世間ではいまだに パチンコで勝つ方法として、ボーダー理論や波理論、ホルコン攻略な 現実的に実行不可能な理論や、全く根拠のない理論や攻略法ばかり出回っています。 そんな中、HEROマルは 理論的で根拠のある、誰でも実現可能な方法 を あるところで学び、勝つことができています! HEROマルは、パチンコで勝つのなら この方法しかないと自負しております! その方法を学べる場所というのが POS(パチンコオンラインスクール) なんですね!.

次の

シンフォギア2 パチンコ新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

シンフォギア 2 パチンコ 新台

メーカー SANKYO(三共) 導入日 2020年4月20日 タイプ ライトミドル 一種二種混合機 型式名 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 機種概要 SANKYOから 「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」が登場。 ファン待望のシリーズ最新作が遂にそのヴェールを脱ぐ。 8の一種二種混合機で、初回大当り後に移行する 「最終決戦」を突破し、 「シンフォギアチャンス」突入を目指すといった、基本的なゲームフローは前作を踏襲。 演出はアニメの第三期をベースにしたものに一新されており、新規要素として随所に盛り込まれている。 そのなかでも特出すべきは 「抜剣」演出となっており、予告演出からリーチ、シンフォギアチャンス中などで発生し、大当りを引き寄せる重要な役割を担う。 「絶唱」演出を筆頭とした前作から継承される高信頼度演出もバリエーションが増加してしパワーアップ! 専用筐体「絶唱」と連動し更なる高みへと打ち手を誘ってくれるだろう。 右打ち中の演出モードやゲーム性を彩る要素として欠かせない楽曲なども、一度や二度では堪能しきれない充実した内容となっている。 6 シンフォギアチャンス 突入率 約51. 4 3. 5円 19. 0 3. 3円 19. 5 3. 0円 20. 1 2. 5円 21. 9 3. 5円 19. 6 3. 3円 20. 1 3. 0円 20. 7 2. 5円 22. 3 3. 5円 20. 0 3. 3円 20. 5 3. 0円 21. 1 2. 5円 22. 57円) 15回 -12247円 -10935円 16回 -8080円 -7214円 17回 -4404円 -3932円 18回 -1136円 -1014円 19回 1787円 1596円 20回 4419円 3945円 21回 6800円 6071円 22回 8964円 8004円 23回 10941円 9768円 24回 12752円 11386円 25回 14419円 12874円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -12247円 -13078円 16回 -8080円 -9223円 17回 -4404円 -5823円 18回 -1136円 -2800円 19回 1787円 -95円 20回 4419円 2338円 21回 6800円 4540円 22回 8964円 6543円 23回 10941円 8371円 24回 12752円 10046円 25回 14419円 11588円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -21870円 16回 -16161円 -14429円 17回 -8808円 -7864円 18回 -2272円 -2029円 19回 3575円 3192円 20回 8838円 7891円 21回 13600円 12143円 22回 17929円 16008円 23回 21882円 19537円 24回 25505円 22772円 25回 28838円 25748円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -26156円 16回 -16161円 -18447円 17回 -8808円 -11646円 18回 -2272円 -5600円 19回 3575円 -191円 20回 8838円 4677円 21回 13600円 9081円 22回 17929円 13086円 23回 21882円 16742円 24回 25505円 20093円 25回 28838円 23176円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 絶唱演出発生時などに連動して可動し、チャンスの到来を盛り上げる。 3大キーポイント いずれも前作から継承されし高信頼度演出。 新規要素を追加し演出バリエーションが増加、今作でも大当り当選のための重要な役割を担う。 3大キーポイント トータル 信頼度 【絶唱演出】 45. なら 「70億の絶唱リーチ」へ、全員ver. なら新規搭載となる 「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!リーチ」に発展する。 絶唱演出 【響】 【全員】 注目ポイント 響が絶唱を最後まで歌い上げるプレミアムver. 発光色が 赤に変われば信頼度大幅アップ、 虹なら大当り濃厚となる。 抜剣演出 黒系予告を介して発生する演出。 発生タイミングによって大当り濃厚となるパターンは今作でも健在だ。 レバブル 通常時 信頼度 レバブル前兆 70. 登場したキャラの装者リーチを含む、上位リーチへの発展に期待が持てる。 なら発生時点で大当り濃厚だ。 聖詠演出 信頼度 トータル 40. 聖詠演出 【響】 【翼】 【クリス】 【マリア】 【切歌】 【調】 【キャロル】 【クリス水着ver. 消化後は 「シンフォギアチャンス」 電サポ99回 に突入する。 FEVER 3R大当り。 消化後は 「最終決戦」に移行する。 当選時の振り分け ヘソ入賞時(特図1) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 1. 演出は前作から継承されたバトルタイプに、新たに振動タイプを追加し演出バリエーションが増加。 移行時に打ち手の任意で選択可能となっている。 突破率 約50. 前作と同様に保留充填後はパネルの昇格チャレンジとなり、信頼度を告知する。 新たに追加された シャッフルパネル出現で信頼度アップ! 抜剣パネルなら大当り濃厚となる。 パネル 信頼度 【クリス】 7. 赤なら信頼度大幅アップ! 赤文字 信頼度 翼、クリス 45. キャロルなら信頼度アップ! 未来なら大当り濃厚となる。 キャラ 信頼度 【キャロル】 50. バトルタイプとは異なり、 マリア・ 切歌・ 調の3人が活躍する。 ガングニールデバイスが振動すれば大当り濃厚だ。 オーラの色 戦闘準備完了の文字が纏うオーラの色で信頼度を示唆。 電チュー入賞を続けているにもかかわらず色が 青止まり、 虹色出現なら大当り濃厚となる。 大きいほど信頼度アップ! 図柄サイズ 信頼度 通常 6. マリアまで発展すると信頼度大幅アップ! キャラ 信頼度 【切歌】 8. 前作と同様に時短の最終変動は残保留4個を含めた5回分の抽選を1変動で告知するため信頼度が高い。 大きな変更要素となるのは 11回と99回の時短が追加され、ラウンド以外の振り分けも重要となった点。 11回付与時は 「抜剣」演出が発生し、時短6回~10回の抽選を1変動で告知、ハズレしまった場合でも7回付与時の最終変動時と同様の抽選に移行するため、 5回分の抽選を2変動行う特殊パターンとなる。 99回付与時はリザルト画面表示時に 「V-STOCK」演出を介して告知。 ほぼ次回大当りとなる至福の瞬間となっている。 いずれも10R大当り当選時にのみ振り分けられる可能性があるぞ。 電チュー入賞時(特図2) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 11. 好みのものを選択し大当りを目指そう。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! ギアVアタック 6Ror7Ror10R大当り。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 期待度 80. 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 昇格期待度 10. V入賞時告知パターン V入賞後に発生する告知パターンで、獲得ラウンドと保留内連チャンの期待度が変化。 抜剣響なら 10R大当りorVストックの獲得が濃厚となる。 告知パターン 【通常】 【抜剣響】 10R大当りorVストック獲得濃厚! V入賞時のエフェクト色 V入賞後も10カウントに到達するまではアタッカーが開放。 その間に変化するエフェクト色で、獲得ラウンドの期待度が変化する。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

パチンコ新台『シンフォギア2』が話題のヒットメーカー! 逆襲の「超大物」も緊急参戦!?

シンフォギア 2 パチンコ 新台

業界のリーディングカンパニーSANKYOが誇る「革命機」が始動。 前作を踏襲しつつも進化を遂げた『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』への注目は日に日に高まっている。 8と遊びやすさは健在だ。 連チャンモード「シンフォギアチャンスGX」への突入率は51. 2%、継続率は82%を誇る仕様。 前作以上の連チャンに期待ができる仕上がりと言えるだろう。 「すでに試打なども行われており、感想として目立ったのは『良くも悪くも変わっていない』というもの。 『全く違和感なく楽しめる』という声は多いですね。 あとはスペック面に関する意見もありますが、絶賛されているのは演出面です。 『映像は本当に綺麗』『音楽や役物が最高』『気持ち良さは倍増!』と好評価する方が圧倒的。 ド派手な筐体への反応は賛否両論のようですが……。 総合的な評価は高めという印象。 期待に応えてくれる可能性は十分にあると思いますよ」(パチンコ記者) 「最終決戦」に「振動タイプ」が加わるなどファン必見の要素は満載。 革命的名マシン第2弾への期待は高まる。 同社の新機種といえば、規定回転数の消化で発動する時短システム「遊タイム」搭載マシンも忘れてはならない。 人気シリーズ最新作『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』を発表。 通常時「500回転」消化で、「759回転」のロング時短がスタートする仕様だ。 8のライトミドルタイプ。 大当り終了後は例外なくST100回の確変へと突入する。 ST継続率は約72%で、打ち手を飽きさせない工夫が施された仕上がりだ。 「救済的なシステム」と認識されている遊タイムは、どのような反響を得られるのだろうか。 動向に注目したいが……。 両機に続く「激アツ情報」が浮上した。 パチンコ・パチスロ両分野でも上々の反響を獲得。 熱狂的ファンを持つ「超大物コンテンツ」へ熱い視線が注がれている。

次の