消費 税 増税 なぜ。 来年10月に消費税10%…なぜ政府は「キャッシュレス」にこだわるのか?

消費税について中学生向けにわかりやすく解説!税率はなぜ上がる?

消費 税 増税 なぜ

2019年10月に引き上げられた消費税。 タイムリーな話題であるため、面接の時事問題で聞かれる可能性があります。 増税で何が変わったのかを十分に理解できていない就活生のために、消費税増税について詳しく解説します。 そもそも「消費税」ってどんな税金? 消費税増税に関して解説する前に、「消費税」についておさらいしておきましょう。 消費税とは 消費税は消費一般(買い物)に対して公平に課される税金のこと。 少子高齢化で圧迫される年金・医療・介護などの社会保障費の財源として、1989年に導入されました。 消費・流通で広範囲に課税することで、負担能力に関係なく等しく税負担がかかるのが特徴です。 また、消費税のように実際に税金を払う人(物品購入者)と、その税金を納める人(消費税を徴収した小売業者など)が異なるものを「間接税」と言います。 つまり、他国と比べて厳しい状況の「財政の健全化」と「社会保障の充実・安定化」を同時に達成するためです。 政府は増税分全額を社会保障に充て、待機児童の解消や在宅医療・介護の体制を整備することを公言しています。 また、所得税や法人税ではなく消費税が増税された理由は、所得税や法人税より景気による影響を受けないからです。 消費税増税のメリット・デメリット 消費税や増税の理由が分かったところで、消費税増税のメリットとデメリットについて解説します。 メリット 社会保障の充実 社会保障の財源確保を目的に増税されるため、当然のことながら社会保障が安定し、これまでより充実するでしょう。 社会保障とは、個人的なリスクとなる医療保険や年金、介護、生活保護、子育て支援などのこと。 つまり、生活がしやすくなるということです。 税収の安定 先にも述べたように所得税や法人税は景気に左右されますが、消費に対する課税はより安定した税収になります。 税収が安定すれば地方自治体にも分配されるため、地方行政の財政難が緩和され、直接的な恩恵を受ける可能性もあるでしょう。 収入に関係なく幅広く租税できる 買い物をしたときに税が課されるという消費税の性質上、収入に関係なく幅広く徴収できるので不平等感が生まれません。 また、所得税や法人税のように現役世代から徴収した税金を高齢者の社会保障に使うと不満が膨らみますが、すべての人が平等に支払う消費税が充てられれば、不満の軽減にもつながります。 脱税されにくい 消費税は購入時に徴収されるので、脱税されにくいという特徴があります。 デメリット 家計への負担 消費税そのものや増税分は、当然のことながら家計に重くのしかかります。 特に、高額な商品を購入する際の税負担は厳しいでしょう。 購買意欲の低下 家計への負担が大きくなれば、購買意欲の低下が考えられます。 購買意欲が低下すれば、景気が悪化する可能性も否定できません。 また、増税前に駆け込みで高額な商品等を購入した場合、その反動で増税後は一時的に景気が悪化するでしょう。 低所得者あるいは中小企業の負担増 同じものを購入しても税率は同じですから、低所得者ほど負担が増えます。 ひどいケースでは、生活保護に頼らざるを得なくなる人もいるかもしれません。 また、増税分を価格に転嫁できるかを懸念する中小企業は多く、転嫁できなければ自社負担となり、最悪のケースでは倒産や廃業も考えられます。 今回導入された「軽減税率」って? デメリットでも述べたように、消費税の増税は低所得者への負担が増します。 そこで、政府は増税とともに「軽減税率制度」を設けました。 ここでは新たに導入された、「軽減税率」について解説します。 軽減税率とは 低所得者の税負担軽減のために導入された「軽減税率」は、外食と酒類を除く飲食料品と新聞の税率を8%のまま据え置くというもの。 つまり、すべての飲食物が当てはまります。 一方、「医薬品」「医薬部外品」「再生医療等製品」には食品衛生法に規定する添加物が含まれるため対象外です。 新聞 週2回以上発行される定期購買契約に基づくもの。 一体資産 一体資産とは、食品と食品以外の資産が一体となった商品のこと。 例えば、おもちゃ付きのお菓子など。 テイクアウト・出前・宅配 テイクアウトや出前・宅配は軽減税率の対象となる一方、ケータリング等は対象外。 また、有料老人ホーム等での飲食料品や給食は軽減税率の対象です。 消費者購買行動の変化と緩和策は? 消費に関わる環境が変わりつつあるなか、消費者の購買行動はどのように変化するのでしょうか。 どのような緩和策が実施されているかを解説します。 スマートフォンではバーコードなどを使い支払うことができます。 これは影響を受けることが予想される中小店舗の売り上げを落とさないための処置です。 マイナンバーカードを活用 令和2年度に実施が始まる「マイナポイント」。 マイナンバーカードとマイキーIDを作成し、民間キャッシュレス決済手段に一定額を前払いすればポイントが付与され、ポイントは小売店等で買い物に使えます。 そのほかにも、3歳未満の子育て世帯などを対象としたプレミアム付き商品券の発行・販売や、2019年10月以降に初回新規登録した自家用車の自動車税を引き下げるなど、さまざまな緩和策が実施されています。 また、出前や宅配が軽減税率の対象のため、外食産業の宅配サービスが増加するでしょう。 面接でどんな質問がきても困らないように、日頃からアンテナを高くして情報収集に努めることをおすすめします。 各国の消費税率と比較しながら、今後の見通しについて考えてみましょう。 各国の消費税 ヨーロッパ諸国では「付加価値税」として消費税が徴収されており、世界では150以上の国と地域で導入されています。 なぜなら、少子高齢化は進むばかりだからです。 先のことは分かりませんが、今後はますます社会保障財源が圧迫されることは容易に予想できるので、段階的に引き上げられていくことを念頭に置いておいた方がいいかもしれません。 消費税増税を熟知して時事問題を乗り切ろう! 就活生でも馴染みの深い消費税に関して熟知しておけば、就活面接の時事問題も乗り切れるはずです。 これを機会にメリット・デメリットをしっかり理解し、自分なりに消費税増税に関する考えをまとめておくといいでしょう。 参考 [1]No. 6101 消費税のしくみ|国税庁 [2] [3]2019. 10 [1]6「消費税」を知ろう 財務省 [2] [3]2019. 10 [1]よくわかる消費税軽減税率制度 国税庁 [2] [3]2019. 10 [1]キャッシュレス決済に対するポイント還元制度のこと 政府広報オンライン [2] [3]2019. 10 [1]マイナンバーカードを活用した消費活性化策のこと 政府広報オンライン [2] [3]2019. 10 [1]プレミアム付商品券事業のこと 政府広報オンライン [2] [3]2019. 10 [1]自動車の購入の支援のこと 政府広報オンライン [2] [3]2019. 10 [1]税の国際比較 税の学習コーナー|国税庁 [2] [3]2019. 10 [1]首相、消費税10%に引き上げ後「10年増税必要ない」 - 2019参議院選挙(参院選):朝日新聞デジタル [2] [3]2019. 10 関連リンク.

次の

消費税の増税は本当に必要なのか?

消費 税 増税 なぜ

消費税とは? 消費税とは、消費を行う行為に課せられる税金(間接税)のことです。 2018年10月の現在だと8%です。 そして、私たちが支払った消費税を、事業者がまとめて国に収めるシステムになっています。 1953年にフランス大蔵省のモーリス・ローレさんが発案しました。 日本では1979年に導入し、3%からスタートしています。 1997年に5%に引き上げられ、2004年に8%になりました。 1989年4月から3%• 1997年4月から5%• 2014年4月から8% 反対に世界最低は、カナダ・台湾・ナイジェリアで5%。 現在の日本は8%なので、世界の中では下から数えて10位以内の安さです。 仮に10%になったとしても、下から数えて10位~24位の間です。 この間に入ってる国は一律10%の国ばかりなので、順位がつけれないのです。 でも、なぜ増税する必要があるのでしょうか?私たち消費者は安いほうがいいんですけどね(笑)! 国が増税をする理由 国が増税を推し進める理由は次の3つです。 国の借金が1000兆円を超えたから• 高齢化による社会保障費が増加したから• 3党合意 国の借金が1000兆円を超えたから これはとても有名な話なんですが、日本という国は借金大国です。 なんと 1101兆1109億円の借金があるんですよ。 これは国内総生産 GDPの2倍の金額なんです。 食料品は8%でも、アルコールの類は10%• ただし、イートインで食べると食料品も10%• ピザ宅配・宅配弁当のテイクアウト&宅配は8%• 給食&老人ホームの飲食は8%だが、学食は10%• それだけ税収が減るんで。 なので、最低限のものだけになっています。 なぜ増税反対派がいるのか? まぁ、いつでもどんな時でも反対派っているわけですが、増税でもそれは当てはまります。 しっかりといます。 でも、その理由が気になりますよね~!! なぜなんでしょうか? ほとんどがこの3つの理由です。 景気の悪化• 税金の無駄遣いが解消されていない• 低所得者の生活が苦しくなる 景気の悪化 一番の理由は、やはり景気の悪化を懸念してでしょう。 いくら軽減税率を施しても、悪くなるものはなります。 これは避けて通れないでしょう。 同時に、政府もある程度はそれを覚悟しています。 税金の無駄遣いが解消されていない 「増税をする前に、税金の無駄遣いを解消しろ!」 「そしたら、お金が浮くから増税なんて必要がなくなる。 」 という人がけっこうな割合でいます。 実際に、会計検査院の調査によると、2016年の税金の無駄遣いは件数423・金額847億円もあったそうです。 その内訳は、国会議員の不正受給・無駄な施設の建設費&維持費等が主です。

次の

面接で聞かれる?消費税増税の理由とメリット・デメリットを解説

消費 税 増税 なぜ

消費税率を上げる理由は? さて、さっそく行ってみましょう! なんで今回、 消費税を増やすって話になったのでしょう? それにはまず、集めた税金が何に 使われているのかを見てみよう! 税金の使われ方• 社会保障っていうのは、働けなくなった人や、 65才を過ぎたら国から貰える年金など、 働けない人を守るための仕組み。 国債っていうのは、かかるお金に対して税金が足りない時に、 誰かからお金を借りる為の 国の借金のことだね。 今問題になっているのは、税金が足りなくなってきて、 国債っていう、 国の借金がどんどん増えてきている事なんだ! 高齢化社会で集められる税金が減っている! 税金が足りなくなってきたのは、わかったけど、 どうして足りなくなってきたんだろう? 高齢化社会って聞いたことある? 生まれる子供よりも、お年寄りになっていく 人の方が多くなっている状態をいうよ。 そうすると、どうなるか。 働いて税金を納める人より、老人ホームや 年金などで お金が必要となる人の方が、 多くなってしまうんだ。 とうぜん、お金が足りなくなるよね。 現在、一時的に国がとっている方法は、 国債を発行、つまり 国の借金を増やしているんだ。 国の借金が 1000兆円を超えたって 以前話題になったよね。 でも国債は、国がみんなから借りてるもので、 いつかは返さなきゃいけない。 そもそも、あんまり借金が増えすぎて、 「 お前、コレもう返せないだろ!」 ってなったら大変! 国債の信用がなくなって、 みんな国にお金を貸してくれなくなっちゃう! そうすると、お年寄りになっても、 年金が貰えなくなるし、公立の先生たちも みんな 仕事がなくなっちゃう! そうなったら大変だよね! だから、 借金を増やす以外の方法で、 国の収入を増やす方法が 消費税増税なんだ。 スポンサードリンク 消費を上げるとどうなるの? 消費税を上げれば、みんなから平等に 払ってもらえるから国のお財布に お金は増えるよね? でもこれですべて解決! ・・・・というとそうでもないんだ。 消費税を上げると、いままで買えてた金額じゃ 買えなくなって、ちょっと高くなるよね。 たとえばマンション買おうかなって人が いたとしよう。 マンション欲し夫さんと不動産屋さんの会話 マンション欲し夫: 3000万円のマンションを買いたいんだけど。 不動産屋:ありがとうございます!ご購入はいつですか? マンション欲し夫:2015年の春に買う予定だよ。 マンション欲し夫:えっ!? 85万も高くなるの? 不動産屋:いちおう、 国から10万~30万の補助はでますけど・・。 マンション欲し夫:それでも今より 50万以上高くなるよね~ 不動産屋:そうなりますね。。。 マンション欲し夫:うーん、どうしようかな。。。 と、いうふうに、みんなの心のどっかに、 「高いからやめた!」って 買い控えの心理が生まれるんだ。 物が売れなくなれば、会社は儲からなくなる。 会社が儲からなくなれば、 社員のお給料は下がる。 税金っていうのは、消費税だけじゃなかったよね? 所得税や、法人税は、会社が儲かったり、 社員の給料が上がってふえるもの。 消費税が増えることで、税収がふえても、 みんなが物を買わなくなったら、 他の種類の税金の収入が減っちゃう。 合計の国の収入が、消費税を増税することで、 減ってしまう可能性があるんだ。 Sponsored Link まとめ 消費税を上げた結果、どうなるかは まだ誰にもわからないよ。 どんどん増えていく借金に対して、手を打つために 国を運営している人たちが、 「 これ以上借金できない!消費税増やします!」 っていう意見も当然だよね。 でも、会社を運営している人たちや おかあさんたちは、 「 収入は増えないのに物が高くなるのはいやっ!」 「 増税されたら商品が売れにくくなるからいやっ!」 ってなるよね。 でも、これって正解はなくて、 うまく バランスをとっていくべき問題なのさ。 だから、消費税を上げるのはしょうがないとして、 国民の生活を改善するように、国は努力しなければ いけないんだ。 たとえば、短期的には• 家を買う時には 補助金を出す• 法人税の割合をちょっと減らす などのバランスをとるための対策が必要だよね。 そして、長期的には• 海外に良い製品を輸出して 外貨を稼ぐ• 税金の 無駄遣いをなくす この2つが 重要になってくるよ。 日本はアメリカみたいに、広い国じゃないし、 中国みたいに資源も、そんなにない狭い国。 でも、日本人は、すでにあるものを 加工して、より良いものを作る 高度な技術をもっているよね。 だから、最終的に借金を、減らしていくには、 日本の高度な技術を、他の国に提供して、 お金を稼いでいく必要があるんだ。 僕も学生のころは、勉強がものすごく嫌いでした。 掛け算九九を覚えるのがいやで、泣き叫んだ覚えがあります 笑 学校で習うような、数、国、理、社、英、だけではなくて、 若いうちから自分の興味のあることを、 とことん調べてみると良いですよ! 人間、つまらないと思いながら勉強をしても、 なかなか身につかないものです。 うーん。 面白い推測ですね(^^ 人が生きている間に資産を使わずに亡くなってしまい、 日本の総資産がじょじょに失われる。 それを回避するに消費税増税をするというのであれば、 相続税の税率を上げれば、それで済む気がします(^^; 消費税増税の目的は、本記事にもあるように、 ・高齢化が進んで財源確保を迫られた選択肢の1つ が、メインの理由なのかなぁ、と思います。 1997年に橋本元首相が消費税増税した時は、 「消費を思いとどまらせ、景気減退を招いた」 という意見が多いですよね。 でも、和さんがおっしゃっている通り、 これから日本が向かうのは超高齢化社会。 法人税や所得税は景気が悪くなると税収も落ちますが、 消費税なら、お年寄りからも一律に徴収するので、 比較的安定した税収が期待できます。 日本国民の持つ全資産の内、60歳以上がその半分以上を占めており、 高齢化により、その傾向はますます顕著になっていきます。 そういう意味では、和さんの意見も、 一理ある、と言えるかもしれませんね。 でも、これって単純に税率が高いから大変!とは言えなそうです。 それに、税率が高いことについて、民衆の不満はそこまで高くなさそうです。 なぜでしょう~ というような切り口ですね(^^ ご参考まで! >えんさん コメントありがとうございます。 計算式は以下の通りです。 まず、もともとのマンションの値段が3000万円 税込み です。 これを税抜き価格に直します。 この時点では消費税が5%なので1. 05で割ります。 05 = 2,857,1428円 税抜き そして未来には消費税が8%になります。 なので上記金額に1. 08をかけます。 2,857. 08 = 3. 085,7142円 税込み そうすると、消費税5%の時に税込み3000万円のものは、 消費税が8%になった時には、元より85万7142円高くなります。 小数点切り捨て ちなみに、もしも元が「税抜き」3000万円のマンションだった場合は、 以下の通りです。 ご参考になりましたら幸いです。 普通の国は子供が多くて年寄りが少ないですけど、 日本は逆になってますからね。 しかも、亡くなっていく方よりも、生まれる人のほうが少ない。 これは人口が減っていってるってことを意味します。 そうすると、少ない若い人たちで、 多くのお年寄りをささえなければいけなくなります。 このままの状態が続けば、年金もなくなることはないとしても、 1人あたりがもらえる額は絶対に減っていくでしょうねぇ。 ではどうすればよいのか。 日本はアラブみたいに石油資源があるわけでもなければ、 アメリカみたいに広い土地があるわけでもない。 資源も土地もないならあとは人です。 少ない人たちで何とかしないといけない。 だから、教育を充実させて若い人が賢くなる必要があるのです。 そして、大人になってから、日本国内だけではなく、 ドルやユーロなどの外国のお金を稼いで日本で納税する。 そうしないと、今よりもどんどん日本は貧乏になってしまいます。 お金もらうことよりもお金稼ぐことを考えましょう。 それもできれば外貨 海外のお金 でね。 そのためには、今、たくさん勉強しておくことです。 作文お疲れさまでした!.

次の