ヒソカ。 ヒソカ

ヒソカ

ヒソカ

aukana編集部 あのヒソカが死亡!? …と思ったら死んでなかった!? と、読者をざわつかせた「ヒソカ死亡の顛末」を徹底解説します! ハンターハンターで 衝撃の展開が話題になっています。 ヒソカが死亡したのです。 このハンターハンター初期から登場する 大人気キャラクターの死は、読者に大きな衝撃を与えました。 そこで、今回の記事ではヒソカが なぜ死亡してしまったのかという部分を詳しく解説していきます。 ヒソカの死亡は、 その先の展開が非常に面白く描かれています。 まさに、 ただでは死なない男、ヒソカをさらに好きになれるようにヒソカ 死亡の真相を紹介していきます。 ヒソカ死亡!その原因は?クロロとの一騎打ちで敗北 大人気キャラクターヒソカの死亡という事態は、なぜ起こったのでしょうか? その 原因と経緯についてここでは紹介していきます。 結論から言うと、 ヒソカを死に追いやったのは、幻影旅団の団長クロロ=ルシルフルです。 そのクロロとヒソカが長い因縁の末、ついに 直接対決をすることになったのがきっかけです。 ここでは、そんな2人の 決闘が行われることになった経緯や、 戦闘の推移を紹介していきます。 ヒソカはなぜ死亡したのか、逆にクロロはなぜヒソカを殺すことができたのかを解説いたします。 天空闘技場でヒソカVSクロロの一騎打ちが行われた 物語のステージは 天空闘技場でした。 ここはかつて ヒソカがフロアマスターとしてゴンを苦しめた場所です。 ここに、フロアマスター同士として戦うこととなったのが クロロとヒソカです。 しかし、この戦いは以前から ヒソカが熱望していたもので、 戦闘狂であるヒソカは強者であるクロロとのタイマンを常々望んでいました。 そして、 クロロの除念をヒソカに依頼した際の リターンとして、クロロは自身との タイマンを報酬に設定し、この戦いは実現しました。 クロロはヒソカに付きまとわれることに うんざりしていたこと、ヒソカは以前より命をかけた戦いを望んでいたことから、この戦いは 命をかけたものになりました。 そして、この戦いは突然始まったものではなく、クロロにとっては 十分な準備期間を経て訪れた対戦日程なのです。 この準備期間でクロロが準備していたものこそが、 ヒソカを確実に殺す方法です。 それでは戦いの 経過を見ていきましょう。 クロロの戦術に苦戦|勝負はヒソカが圧倒的に劣勢 クロロは事前に宣言をします。 「 確実に勝つ」 そして、先制攻撃からクロロの 怒涛の攻撃を受け、クロロの用意した 数多くの能力をヒソカは聞くことになります。 その後、用意された 数多くの能力のコンボにヒソカは後手にまわり、 劣勢を強いられます。 ヒソカはクロロの能力の からくりへの考察に追われ、徐々にダメージを深めていくことになるのです。 そして、ヒソカの考察を超えた 波状攻撃を受け、ついに ヒソカは腕を落とされてしまいます。 圧倒的な劣勢のなか、ヒソカは窮地を脱出するための 【伸縮自在の愛】を天井に伸ばしますが、時既に遅し、 足も切り落とされてしまいます。 ついに、 逃げ場のなくなったヒソカ。 クロロの用意した 人間爆弾に囲まれ、 大爆発に完全に巻き込まれてしまいます。 原作では、ここまででこの話が終わり、1ページ開けて次のページをめくると、続きの話となります。 このとき、多くの読者がどうなったのだろうと固唾を飲んでいましたが、事態は 最悪の結果となっていました。 決着はクロロの勝利!ヒソカの死亡が確定 勝負の結果は クロロの勝利。 そして、 ヒソカの死亡という形で幕を下ろしました。 実は生きていたパターンもいくつか実績のあるハンターハンターです。 そして、底のしれないヒソカというキャラクターがこんなに あっさり死ぬはずがありません。 読者の誰もがそう思っていましたが、横たわるヒソカの周りには、シャルナーク、コルトピ、マチの姿があり、 その 誰もがヒソカの死亡を確認しています。 つまり、 確定的にヒソカは命を落としました。 まごうことなき 完全な死、「いやいや実は」「死んだふりでしょ」という期待も裏腹に、死亡を確認した幻影旅団の面々はマチを残し、その場をあとにします。 ヒソカファンにとっては 衝撃の展開で、この後どうなるのかが考えられないような状況でしたが、 思わぬ方法でヒソカは息を吹き返すことになります。 その紹介の前に、この死闘とヒソカの確実な死の描写は 原作のどこで見ることができるのかということを解説していきます。 また、この戦いの詳細は下記記事で紹介されています。 死亡シーンはハンターハンター何巻何話?衝撃の顔も話題 ここまでは、 ヒソカ死亡までの経緯までを紹介してきました。 そして、そんな ヒソカの死に追いやられるシーンを原作でみたい!という方のために、 何巻の何話かという部分について紹介していきます。 ヒソカに関しては前述したように 原作の序盤から登場しているキャラクターですが、そんなキャラクターを死亡させてしまうことは、 冨樫先生の荒業とも言えます。 現在、アニメ版ではこの 戦闘は描かれておらず、 原作でのみ見ることができるので、この巻だけでも是非御覧ください。 ハンターハンター34巻|暗黒大陸編と同時に勝負も始まる 物語は、 ハンターハンター34巻、暗黒大陸編のさなかに突如始まります。 この戦いには、 前フリも一切なく唐突に始まるので原作を随時読んでいる人でなければ見逃してしまうかもしれません。 また、この巻は 冒頭から ヒソカとクロロの戦いになっており、前の巻を熟読していなくても楽しめる作りになっています。 さらに、極端な話ヒソカや幻影旅団のファンの方にとっては、しばらく原作の購読を離れていても 34巻からまたハンターハンターを読み始める切っ掛けの巻としても最適です。 お察しのとおり、この巻から暗黒大陸編にヒソカや幻影旅団が関わることになります。 幻影旅団の活躍を見るために、また購読を始めるという楽しみ方もおすすめです。 357話でヒソカ死亡確定|衝撃は顔だけではなかった 一方で、 ヒソカの死亡確定の瞬間が見たい!描写が見たいという方には、 ハンターハンター357話をピンポイントで見ることをおすすめします。 この357話ではヒソカの 死亡時の衝撃の顔の描写や、その後のヒソカの 挙動が注目の 神回とされています。 クロロによって、顔も焼けただれ、手も足も失って自身を抱きかかえるようにして発見されたその姿には衝撃を与えられます。 今までの、戦闘のカリスマで天才的なヒソカからは想像できないような、 圧倒的な死として描かれています。 さらに、衝撃的なのはこのヒソカの死の描写だけではありません。 なんと、 ヒソカはその後復活を果たすのです。 完全な死からの奇跡の復活も含めて、この357話は 激動の回になりました。 次からは、ヒソカがどのようにして復活したのか、その後どうなるのかということについて紹介していきます。 ヒソカ復活!? 真相は?死後強まる念で奇跡的に生き返る ヒソカは一度死を迎えたものの、そこから 奇跡の復活を果たします。 ここでは、 ヒソカの死の向こう側である、 ヒソカの復活の説明をしていきます。 ハンターハンターでは、それまでに 活躍していたキャラクターが突然死んでしまうということは今までよくありました。 これは冨樫先生の前作、幽遊白書からも踏襲されているメソッドです。 そして、ヒソカもその限りではないのかと思うほどの残酷な描写が描かれていましたが、そこはやはり 天才ヒソカ。 死の間際に思いがけない方法で活路を残していました。 その カラクリを紹介していきます。 クロロとの決着直前に念に願いを込めていた ヒソカは 唐突な死を迎えたわけではありませんでした。 流れの見えない 戦闘中ではあったものの、ヒソカはじわりじわりと追い詰められ、万策尽きたところで 死を既に覚悟していました。 つまり、運命の瞬間までは少ないものの 数瞬の猶予があったのです。 ヒソカは、死を自身で確信してからの間に思考を巡らせます。 そして、ヒソカの恐ろしいところは 自身の死を踏まえた上での次の一手を考えたのです。 つまり、ヒソカは 死を自身の作戦の一部に取り入れたのです。 その後ヒソカは、大爆発の直前に 念に願いを込めます。 この願いこそが、ヒソカ 復活への布石であり決定打となります。 自身の死の直前まで、その後のためのチャレンジをするあたりが、やはりヒソカの 狂気じみた魅力だと感じました。 【伸縮自在の愛】が発動|心臓マッサージで復活 ヒソカの 死体発見のその後、マチのみがその場に残った天空闘技場で ヒソカの体から念が発動します。 その念こそが 【伸縮自在の愛】(バンジーガム)なのです。 この【伸縮自在の愛】が 死後強まる念として、ヒソカの心臓に脈動を届けます。 ヒソカは死の直前に【伸縮自在の愛】に願いを込め、ヒソカの 死後に自身の心臓を愛撫(マッサージ)するように念じていたのです。 これによって、鼓動を停止していたヒソカの 心臓は再び動き出し、ヒソカは意識を取り戻します。 驚くマチを尻目に飄々と立ち上がるヒソカ。 この時、ヒソカ自身はあまり驚くような描写はなく、 安堵していた風貌が印象的でした。 つまり、ヒソカはある程度の自信を持った上で 念への仕掛けを打っていたのです。 驚くべき ヒソカの復活ですが、更に ヒソカは飄々と自身の修繕を始めます。 顔やちぎれた手足は【薄っぺらな嘘】でコピペ 復活を果たしたものの、手足はちぎれ顔はやけどによって 原型のない状態のヒソカ。 しかし、ヒソカはまるで遊んでいるかのように手足の足りない部分は【伸縮自在の愛】で補い、そのテクスチャーは 【薄っぺらな嘘】(ドッキリテクスチャー)で表現します。 これによって(見た目だけ)ヒソカは完全に復活を果たします。 ただし、これを読んでいる読者にとっては「いやいや、それ解決はしてないんじゃない?」と ツッコミたくなるような突貫工事でした。 ただし、ヒソカ自身は ご満悦で見た目が完璧に戻ったことですぐに 体をならすために準備運動を始めます。 そしてマチとの会話の直後、ヒソカはさらに おどろくべき行動を開始します。 その ヒソカの決意こそが、この ヒソカ死亡事件の結末であり、 ここからの物語の始まりになるのです。 ヒソカは蜘蛛狩りを決意!その理由はクロロの作戦にあり ヒソカの死亡事件から一転、強烈な印象の 大復活劇となったこの物語ですが、ここから 新たな展開へと進んでいきます。 ですので、ここからはヒソカの決意した 今後の展望や、 そう考えるに至った原因などを紹介していきます。 実は、この戦いはただでさえ 難しい内容でしたが、表面的に描かれていること以上に 複雑な因縁が絡み合っています。 その 伏線ともいえる、原作ではまだ描かれていない 余白の部分を 重点的に説明します。 今後は ヒソカvs幻影旅団という図式になりますので、期待が高まります。 ヒソカは復活後マチに幻影旅団の皆殺しを宣言 ヒソカは 奇跡の復活直後、傍らにいたマチに旅団全員に向け、ある宣言をします。 「 今からどこでだれと遭っても、その場で殺すまで闘(や)る」 なんと、ヒソカは 幻影旅団全員に対して宣戦布告をするのです。 ここでは、マチを拘束こそすれども殺害はしていませんが、 メッセンジャーとしてマチに自信の意思を強く伝えています。 また、ヒソカはなぜ自身の 死の原因になったクロロではなく、 幻影旅団に対しての 皆殺しを宣言したのでしょうか。 その理由は、この直前のヒソカVSクロロという 図式自体がそもそも間違っていたのではないかという 推理に及びます。 思い返すと、これほどの戦いが前述のように「 何の前フリもなく」始まったのです。 この戦いの準備段階でなにか、まだ 描くべきではない事柄が含まれていたのではないでしょうか。 次に、まだ描かれていない 空白のヒソカの死までの裏側について考察していきます。 原因はクロロとの一騎打ち|合理主義のクロロの罠とは この戦いは、ヒソカがかねてより クロロとのタイマンを望んでいたことで、 一対一の戦いであると誰もが信じていました。 しかし、クロロサイドにとってはタイマンという形式を 遵守する必要は 一切ありませんでした。 よって、この戦いは、クロロの策略により初めから、 ヒソカVS幻影旅団の戦いであったということが推察されます。 あくまでも 合理主義のクロロはヒソカにタイマンであると思い込ませ、 自身の能力の性質や制約を明かしたうえで、数の有利によるヒソカの 考察とのズレを狙ったものと考えられます。 現にヒソカは、 クロロの策略により対応不可な現状を受け死亡しています。 そのことに戦闘中に気が付いたヒソカは、 幻影旅団全員に対し 殺意を持ち、 復讐を誓ったものと考察ができます。 また、あくまでも推測ですが、死の直前のクロロとのタイマンではなかったという悔しさや、旅団に対しての復讐心という思いの強さが「 死後さらに強まる念」を発動させたのではないかと考えられます。 なぜならば、もし クロロとのタイマンが叶い敗北するのであれば、それはヒソカにとって 本望であると考えられるため、死後強まる念の発動までには至らなかったように感じるからなのです。 ヒソカはシャルナークとコルトピを殺害 この、 旅団皆殺し宣言ののち、 死の直後にもかかわらずヒソカはすぐに動き出します。 そして、 流れるような速さでコルトピとシャルナークを殺害します。 ヒソカと同じく、幻影旅団のメンバーには 人気キャラクターも多いです。 ですが、その中のふたりを たった3ページで殺してしまったヒソカと冨樫義博先生には衝撃を受けました。 そして、この瞬く間の出来事から、「 ここから本当にヒソカが旅団メンバーを殺していくんだ」という 期待値も上がる出来事となり、ヒソカ死亡のショックから一転、 今後が気になる展開に変化しました。 ハンターハンター本筋の物語では、この次の話が暗黒大陸出発の前日の話へと移るため、今後のヒソカと旅団の対決は暗黒大陸で行われるかもしれないという 考察ができます。 ヒソカの 2度目の死亡はあるのか、もしくは 旅団が全滅してしまうのか、この後の 原作で描かれている展開をもとに考察していきます。 ヒソカ潜入?物語は暗黒大陸編へと繋がる! ヒソカの 死亡回の直後、 ハンターハンターの物語は暗黒大陸への出発シーンへと移り変わります。 そして、ヒソカとクロロの戦いの直前にはクラピカが暗黒大陸に進む準備をしているストーリーが展開されていることから、ヒソカVSクロロは 見方によっては強引にねじ込んだストーリーのように感じます。 それでは、 なぜこのタイミングでヒソカの死亡を描かなければならなかったのか、その理由は ヒソカを暗黒大陸に行かせるためなのではないかと考察します。 そして、ヒソカは死後、どうやって暗黒大陸辺に絡んでいくのかという点が、幻影旅団の 動向から推理することができるので、紹介していきます。 幻影旅団は揃って暗黒大陸へ足を運ぶ ヒソカの動向が衝撃的な話の次の巻、 ハンターハンター35巻ではクロロ及び、現幻影旅団メンバー一行が 暗黒大陸へ足を運びます。 目的は お宝目当てという名目がありますが、旅団一行の 胸中はそれどころではないといった様子です。 なぜなら、 シャルナークとコルトピがヒソカによって殺害されたことが(どうやら)伝わったからなのです。 さらに、暗黒大陸へ向かうブラックホエール号の中で、クロロは 奴(ヒソカ)は必ずここにいると 明言します。 そして、 団員全員がヒソカの殺害を望んでおり、旅団総出でヒソカの捜索を始めるのです。 以上のことから、34巻でのヒソカと旅団の因縁はきれいに暗黒大陸行きの船内へと運び込まれ、 ストーリーは加速していきます。 次に、実際にヒソカは どこに隠れているのかという部分を考察していきます。 ヒソカが潜入|暗黒大陸で旅団VSヒソカが期待される ヒソカは暗黒大陸へ向かう船の中にいる、しかし 団員総出での捜索を試みるもなかなか見つけられないというのが現状です。 そこで、ヒソカは どこに身を隠しているのかという部分を考察していきましょう。 大切なことは、ヒソカは一度 圧倒的な敗北を喫し、死亡しました。 そして、その原因はおそらく 幻影旅団のコンビネーションを許してしまったということなのです。 そこで、ヒソカは 2度目の死亡を避けるために、幻影旅団とは 正面的な抗争を起こさないものと考えられます。 やるとするならば、 ひとりずつ確実に殺害を行うはずです。 いかに戦闘狂のヒソカといえども、これはヒソカ 自身の死に対する報復なので、手段は選ばないでしょう。 そして、ヒソカはある 人物に変装し、 すでに旅団に潜入しているのではないかと考察ができるのですが、その記事は 以下で詳しく紹介しています。 ハンターハンター36巻より噂が広がる「イルミはヒソカ説」。 この噂、検証するほどに信憑性を増してきます。 今回の記事では、そんなイルミはヒソカ説の根拠を紹介していきます。 さらに、なぜ変装しているのか、その真意にも迫ります。 目的は幻影旅団の皆殺し?その謎を解き明かすためにクロロとイルミ、ヒソカとの関係性も改めておさらいします。 この記事を読めば、暗黒大陸編で何が起きているのかを理解することができますよ! 【原作者が明言】幻影旅団は全員死ぬ?ヒソカの完勝か ここで、 現作者自らが明言したネタバレを紹介します。 この内容は幻影旅団メンバーの 全滅を予言しているものなので、もしかするとそのきっかけが ヒソカであるという可能性が極めて高いのです。 また、 クラピカの生死についてもこのネタバレで明言されているので、暗黒大陸に同じく歩を進める クラピカもこの戦いに関与していくのではないかという可能性があります。 その気になるネタバレがどんなものであったのかということと、 ヒソカの宣戦布告時にマチを殺害しなかった理由についてを紹介していきます。 冨樫義博先生が旅団の全滅を明言している 冨樫先生は 2013年のハンターハンター劇場版の来場者特典である「 0巻」の 巻末インタビューでとある質問に返答しています。 「今後、クラピカは、幻影旅団はどうなるのでしょうか?」 この質問に対し冨樫先生は、 「 全員死にます。 」 と答えているのです。 この内容はハンターハンターファンの間で瞬く間に拡散され、 クラピカと幻影旅団の戦いで共倒れというシナリオを だれもが想像しました。 しかし、 ヒソカ死亡事件の後である今、この内容を 改めて考察することができます。 死の報復に幻影旅団を全滅させるヒソカ。 そして、クラピカはそのほかの理由で死亡。 この0巻の時点では、クラピカと旅団団員の戦いで起こる事象だと ミスリードをしてしまいがちなのですが、それぞれ別の理由で死ぬのであれば、 ヒソカが旅団を壊滅させるという展開も想像することができるのです。 ヒソカがマチを殺さなかった理由|冨樫先生の想い また、 34巻の巻末コメントでは、ヒソカの死と復活の直後に ヒソカはなぜマチを殺害しなかったのかということを言及しています。 その内容というのが、 ヒソカはマチを殺したがっていたのですが、僕(冨樫先生)が却下しました。 という コメントです。 この一文で驚きなことは、 ヒソカはマチを殺したがっていたということなのです。 冨樫先生は今後 面白くなるという理由でマチを生かしたのですが、ヒソカ自身もマチには思い入れがあるものだと感じていました。 しかし、そうではないということなので、ヒソカの 幻影旅団に対する死への復讐心の強さがうかがえます。 自身の死を経験したのちに、募る復讐心で最終的に マチまでも殺害するのかという展開も、今後の 見どころの一つなのです。 ヒソカ死亡に関わった人物を考察|殺害される可能性大 そしてここからは、 ヒソカの死亡にかかわったと思われる人物についても触れていきます。 ヒソカの死への 復讐心を直接的に買っているメンバーなので、ヒソカの ターゲットとして優先順位は高いといえるでしょう。 今後、ヒソカによって行われるであろう 殺戮ショーにおいても、なぜその順番で手をかけたのかという楽しみ方もできるので、改めておさらいしていきます。 また、逆を言えば このメンバーを殺してしまえばヒソカの復讐劇も目的を失って終える可能性もあります。 関係している人物が生きている限りはヒソカの的になる幻影旅団。 そのヒソカへの対策も注目です。 クロロ=ルシルフル|ヒソカ死亡の立役者 まずは、言わずもがなである 団長のクロロ=ルシルフルです。 彼は、ヒソカとの「 タイマン」という 除念の際の契約を反故にして、 数的有利によってヒソカを殺害した可能性の高い人物です。 ヒソカ殺害の主犯格であることと、ヒソカとの 契約を違反している可能性が高いことから、ヒソカの メインディッシュはクロロであるといえるでしょう。 一方で、クロロ単体ではなく 幻影旅団全員をターゲットにしているということからも、やはり クロロと旅団員の陰謀があったということが裏付けられます。 さらに、 クロロとのタイマンという大元のヒソカの目的を果たすためにも、クロロがターゲットにされる順番は 最後であるのではないかと予想されます。 シャルナークとコルトピ|能力で直接加担も既に死亡 続いて、ヒソカ殺害に関して最も深く変わってしまったといえるのが、 コルトピとシャルナークです。 このふたりは 団長に能力を貸していた可能性があること、または天空闘技場で能力を ヒソカ殺害のために使用していた可能性があることからも ヒソカにとっては重罪です。 そして、前述のようにこのふたりはすでに ヒソカの死亡と復活の直後に真っ先にヒソカに殺害されています。 この一連の流れで、やはりヒソカは 恨みの深いものから順に殺害していくのではないかという考察ができます。 一方で、このふたりの殺害に関しては 旅団へのメッセージとも考えることができます。 なぜなら、仮に本当にこのふたりが団長に能力を貸していたのであれば、このふたりを殺害することで 団長の本から能力が消えます。 このことから、 ふたりは死亡した可能性が高いこと、そしてふたりを殺害する 動機が大きいのはヒソカ、つまり ヒソカがふたりを殺したという団長へのメッセージという考え方ができるのです。 マチ|加担している可能性大だが殺されるのは最後か マチに関しても ヒソカ殺害に加担している可能性があります。 その証拠として、そもそも 天空闘技場にいたことです。 天空闘技場にいながら 団長に手を貸さないというほうが考えにくいので、マチも 念糸を使ったサポートをしていたのではないかと考えられます。 そして、 ヒソカ死亡事件に直接的にかかわる団員はここまでと考えられますが、マチに関しては 殺害の優先度は後回しである可能性があります。 それは、たびたび以前から ヒソカとマチの深い関係性が描かれているからなのです。 さらに付け加えると、ヒソカがマチに対して 好意を持っているのではないかという描写が 何度か存在するという点が大きいです。 今回のヒソカ死亡事件でそのプラス要素はなくなってしまったという可能性もありますが、 優先的に殺しの対象になるほどでもないと考えられます。 ヒソカ死亡で念能力は強化されている?ヒソカの現状 さて、 一度は死亡したヒソカですが、 旅団に対して敗北しているという点が現実として存在しています。 しかし、ヒソカは旅団メンバーを 皆殺しにすると宣言しています。 この発言や 死後強まる念の発動後という状況も併せて、 ヒソカは以前よりもさらに強くなっているのではないかという可能性があります。 ここでは、そう考えられる理由や、それでも一度の死亡によってヒソカは 満身創痍であることなどを紹介していきます。 やはり、死の代償はあるのか。 それとも、死を乗り越えて大きく成長しているのかという点が見逃せません。 死後強まる念で以前よりも念能力強化の可能性 ハンターハンターにおいて、死後の念というのは正確に表記される場合には、「 死後さらに強まる念」と表現されます。 この「死後さらに強まる念」がヒソカにも発現した以上、 ヒソカの念能力自体が「さらに強まっている」と考えられます。 【伸縮自在の愛】や【薄っぺらな嘘】の 能力の強化がされていたり、 新たな能力を手に入れていたりするかもしれないという期待が膨らみます。 そして、旅団全員を皆殺し発言や、現に シャルナークとコルトピを瞬殺している点も ヒソカは強くなっている描写であると考えられます。 シャルナークにしてもコルトピにしても、作中では 強者として描かれていました。 そのふたりを瞬殺するということは以前のヒソカであればできなかったでしょう。 このことからも、 ヒソカの戦闘力が底上げされているという可能性が高く存在しています。 顔と手足はコピペの作り物|実はボロボロのヒソカ ヒソカの死後の 戦闘力向上説について触れましたが、やはり一度死んでいるという点でヒソカにも 失ったものがあります。 それは、 右足と左手です。 この手足は、現在【伸縮自在の愛】と【薄っぺらな嘘】によって 本物のように再現されていますが、あくまでも 作り物です。 ヒソカの四肢のうち大切な二か所は損傷したままなのです。 このことが、今後の戦闘においてどのように影響してくるのかという部分が 懸念材料です。 果たして、実際の手足のように扱うことができるのか、むしろ念で作った手足のほうが戦闘向きなのか、など様々考えられます。 また、今後のすべての戦闘において始まる前からすでに 手足を損傷している状態でのスタートになるため、 ハンディキャップを常に抱えているとも言い換えられます。 やはり、ヒソカにとっても死は大きな痛手になっているのです。 今後の戦いが見逃せない!ヒソカ対旅団の考察 ここまでは、 ヒソカの死亡にまつわる様々な要素や考察を紹介してきました。 それでは、そのヒソカの死を踏まえ実際にこれまでの 伏線やストーリーとどう絡み合っていくのかということを考えていきます。 ハンターハンターではいまだ 回収待ちの伏線というものが数多く存在しています。 今回はその中でも 幻影旅団とヒソカにかかわる「占い結果」にまつわる伏線と、その後の展開について紹介していきます。 やはり、 クロロVSヒソカの決着は暗黒大陸に持ち越すでしょう。 暗黒大陸に上陸前に団員は半分死ぬ|占い結果 ハンターハンターにおいて依然、とても 意味深な伏線を張りっていた存在があります。 それが 【天使の自動筆記】(ラブリーゴーストライター)です。 これは、当月中の出来事を表す、 確実に当たる占い結果を残せる能力です。 また、この占い結果の 未来は行動次第で変えられる、というものでした。 この占い能力を奪い、幻影旅団メンバーに占いをしたクロロですが、その内容には 旅団のメンバーが半数になるという予言が記されていました。 この能力の期限が当月中ということと、未来は変えられるということから占いは 外れたものだと思われていました。 しかし、 ここにきて占いは当たってしまうのではないかという説が上がってきたのです。 なぜなら、この占いでは シャルナークとコルトピの死亡が予言されていたからなのです。 この占いではほかに、シズクとノブナガも 死亡する予言が出ていました。 ですので、このさきこの占いが復活して、 シズクやノブナガが死亡する可能性も急浮上してきました。 そして、その実行犯はやはり ヒソカなのでしょうか。 ヒソカ対クロロの再戦は暗黒大陸で そしてなんといっても、今後の展望で 見逃せないものがクロロとヒソカの本当のタイマンです。 この戦いは、旅団メンバーの せん滅の後という説は濃厚ですが、前述の占い結果では 蜘蛛の数が半分になる前の時点でヒソカは「逆十字の男」と二人きりになれると出ています。 つまり、 旅団のせん滅よりも前 に、 ヒソカはクロロとタイマンを果たすことができるという可能性があるのです。 もし、そうであればその後、ヒソカは旅団の皆殺しを続けるのか、もしくは戦いをやめるのかというところが 必見のポイントになります。 占い結果という観点で見ると、残りの 半数のメンバーに死の暗示は出ていなかったことから、ストーリー次第で 「皆殺し」ではなくなる可能性も充分にはらんでします。 また、ゴンやキルア、クラピカといった ストーリー本筋のキャラクターとの再邂逅にも注目です。

次の

【白猫】ヒソカ編のトリプルルーンの場所と集めかた【ハンターハンターコラボ】

ヒソカ

ヒソカとは 年齢不詳の謎の奇術師。 血液型Bで身長が190cmと大きい。 普段は髪型をオールバックにしているがシャワーを浴びた後などの髪を下した顔はイケメン。 トランプが好きなのか武器にはトランプを使用して戦い物語序盤ハンター試験では試験者を次々と殺害していく狂気っぷりを魅せた。 ただの殺人鬼というわけではなく戦闘センスが抜群で強敵との戦いを求めそれを想像するだけで興奮を覚えるというやっぱり狂人キャラクター。 ヒソカのセリフは特徴的であり文の終わりの「。 ヒソカの能力 ヒソカの念能力者としては「変化形」でありオーラを変化させるのが得意な能力者。 奇術師の格好をしていてトランプが好きなキャラクターではあるがトランプに関する能力がない。 また「念能力の系統別性格診断法」というヒソカ独自で考えた人の性格で念能力の系統を言い当てるものがあり割と当たる。 伸縮自在の愛 バンジーガム オーラを ガムとゴムの性質に変えることができる能力。 オーラを飛ばしてくっつけ伸縮自在なので縮めたりという事も可能。 ただ単に飛ばすだけではなく絶の応用技、隠によりバンジーガムを限りなく見えにくくしたりトランプやハンカチを使い本物のマジシャンのようにいつの間にかオーラを飛ばしたりするのが得意。 シンプルな能力ながらバレていても応用が利くので致命的な弱点になったりしない。 念能力の戦いは情報戦から始まり全ての手をさらけ出してしまうとそれは死に直結するものが多いがこのシンプルなバンジーガムがヒソカの強さの源でもある。 薄っぺらな嘘 ドッキリテクスチャー オーラを 様々な材質に変えることができる能力。 上質なカラーコピーを作るようなものであり再現できないものがほとんどなくゴツゴツした岩石から人の肌、マジックペンのインク等までオーラを変える事が可能。 この能力を知るものは誰もおらずマチは知っているが傷を隠せることができるくらいであらゆるものをコピーできることは知らない。 この能力で幻影旅団編では嘘の預言書を作成し幻影旅団をヨークシンシティに留まらせることに成功した。 ヒソカの正体 ヒソカの性格 戦闘に快楽を覚える狂人であり特に強敵と戦う事に興奮を覚える。 ゴンとキルアの才能を見抜き成長しきった所を狩る予定。 相手を倒すことにおいては手段を選ばず、隙や弱点は容赦なく付く。 ヒソカは誰にも属さず己こそが最強という考えであるため誰にも縛られること無く自身の欲求を満たすためにはどんな相手でも組む。 幻影旅団クロロと戦うために幻影旅団に偽装入団した。 しかしタイマンで戦う事に重きを置いているのかクロロvsヒソカの後マチの発言によりクロロが他メンバーと共闘していると判断したためからヒソカは怒り幻影旅団殲滅を次の目的とした。 ヒソカの名前 ヒソカの本名はヒソカ=モロー ヒソカの本名はずっと謎のままでしたが漫画34巻で天空闘技場でクロロと対戦した時に名前が公表されました。 本名が出たことで今後どうストーリーに絡んでいくかわわかりませんがクロロとの戦いで会場の全員がヒソカを知っていることを利用してクロロは能力オーダースタンプで操った人形に「ヒソカを壊せ」という命令を出しヒソカを圧倒しました。 スポンサーリンク ヒソカの過去 ヒソカは自分が最強と自負しており過去にはこだわらない性格、自分からも語りません。 天空闘技場編ではカストロを殺害した後 明日には彼を忘れているというナレーションもあります。 また富樫先生自体ヒソカを魅力的なキャラにするためにヒソカの過去を掘り下げることはおろか過去を考えないようにしているとのこと。 このヒソカの過去について東京グールの作者石田スイ先生が2016年にヒソカの過去について外伝作品が描かれています。 サーカス一座に拾われるヒソカ 道端で倒れている所をショーで稼いでいる大道芸人があつまるサーカス一座で保護されます。 メンバーはヒソカを保護することを拒んでいたが座長のモリトニオは反対しなるべく仲良くするように言いつけ一時的にメンバー入りします。 見たものをすぐに覚える天才 トランプマジックができたヒソカだったが大道芸で使えるような芸は特に持っていなかったし練習すらしたことがなかった。 ある時ケガでショーに出れなくなったメンバー。 かわりに手を上げたのがヒソカ。 ふざけて行っていると思ったメンバーは怒るがヒソカ曰く「何度も練習で見た」 ということで完璧にジャグリングができるようになっていた。 念能力すらすぐにマスター 座長のモリトニオはハンターになるために鍛錬し念能力をマスターしていた。 しかし他ハンターの圧倒的な才能を前に挫折し今はハンターになれる素質のある子を育ているとの事。 ヒソカに唯一仲良くしていくれる女性アバキも念の基礎である練まで使えていた。 念の修行をしていなくともオーラが見えていたヒソカの才能を買いヒソカもアキバと週一で念の訓練することになった。 念の基礎である「纏」をマスターするには早くて一年。 その次に「練」を稽古する流れである。 しかしヒソカは一週間で「練」までマスターしてしまった。 殺人鬼ジョン・ドゥに襲われるアキバ ある時買い物帰りであったアキバ。 最近出没しているという殺人鬼ジョン・ドゥと対面。 アキバは念能力で撃退しようとするがジョン・ドゥも念能力者。 しかもうわてであり一気にピンチに! そこにヒソカが助け現れる。 ジョン・ドゥの目に一撃を入れ撃退に成功する。 ジョン・ドゥvsヒソカ ジョン・ドゥの正体は座長モントニオであることを見抜いたヒソカ。 ヒソカは正義感とかいうものでなく興味だけで勝負を挑む。 モリトニオの能力は 顔を別人に変えることができる 「継ぎ接ぎされた真実 スカーフェイス 」 凝を使わないと見ることができない磁石の鉄柱 「鉄塗りの双極性 ブラッドマグネット 」 の二つ。 天才的な念の成長を見せたヒソカは「凝」でブラッドマグネットを見破り、教えられていない「発」でバンジーガムを使いモリトニオを圧倒した。 幕引き こと切れたモリトニオに対してヒソカが行ったのはほんの気まぐれ。 モリトニオのスカーフェイスを真似するようにドッキリテクスチャーを使いモリトニオの顔をジョン・ドゥの顔に戻した。 まとめ 今回は【ハンターハンター】ヒソカの正体!名前や過去情報まとめ といった内容で情報をまとめてみました。 いかがだったでしょうか? 神秘で狂人なキャラクターヒソカについて理解を深めてくれたら幸いです。 今後ヒソカはどう暗黒大陸編に絡んでくるのか楽しみですよね! ヨークシンではクラピカVS幻影旅団という構図で旅団に能力がバレたら即クラピカゲームオーバーといったストーリーでした。 ヒソカVS幻影旅団はヒソカの能力がすでにバレており幻影旅団は最初からヒソカに対して臨戦態勢。 どうヒソカが幻影旅団をいなしていくのか見ものです! 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願いします。

次の

ハンターハンターの最強で変態なヒソカが好きなので魅力について語りたい。|Y's BLOG

ヒソカ

テレビ東京で8月24日(月)夜8時から、月曜プレミア8にて「警視庁遺失物捜査ファイル」を放送する。 財布や傘やスマートフォンなど日常生活の中で多数発生する落とし物や忘れ物。 その数は東京都内だけで年間約400万件以上に上る。 主演を務めるのは、。 ずば抜けた記憶力と観察力を駆使し、落とし物を持ち主に返すことにこだわり続ける遺失物センター職員の鈴村ヒソカを演じます。 時にこのヒソカの落とし物への思い入れは殺人事件解決の大きな手掛かりとなることも…。 また、共演者は警視庁捜査一課の刑事・田所浩介役に渡辺いっけい、その部下となる刑事・白川圭吾役に、鈴村ヒソカの祖父に、謎の失踪を遂げたルポライター木下裕司役に山中崇、その木下の彼女でデコアーティストに、そして元捜査一課刑事でワケあって遺失物センターに来た山之内三郎役にと豪華キャスト陣が作品を彩る。 テレビ東京が誇る月曜プレミア8シリーズの新作、独自の目線で事件を解決していく鈴村ヒソカの活躍と豪華共演者が紡ぐサスペンスに注目だ。 C テレビ東京 <貫地谷しほり(鈴村ヒソカ役)のコメント> 自由に動き回るヒソカを演じるに当たって今回髪を短くさせてもらいました。 小学生以来の長さ、とても爽快です。 落とし物に異常にこだわっている変わった人と思われている役ですが、一つ一つに想いがあるヒソカの行動を演じるのはとても楽しかったです。 そして、朝ドラでお父ちゃんだった松重豊さんとの共演もとても嬉しく楽しいものでした。 少し変わったバディ?もの。 彼女が何故そこまで落とし物にこだわるのか、是非ご覧いただきたいです! <テレビ東京 ドラマ室 戸石紀子プロデューサーのコメント> 落とし物が落とし主のところに戻って来るという国は、世界でおそらく日本だけであろうとの評価があります。 日本国民にとっては誇らしい評価です。 今回の月曜プレミア8「警視庁遺失物捜査ファイル」は正にその職域で働いている一人の女性、鈴村ヒソカを主人公にしたオリジナルドラマです。 遺失物センターが舞台ですが、ドラマは主人公ヒソカが、落し物から事件を紐解くという新サスペンスです。 また今回本作のヒソカを演じるにあたり、主役の貫地谷しほりさんが女優人生において初のショートカットに!落とし物にこだわるヒソカを、軽やかに、そして温かく素敵に演じていただきました。 そして、そのヒソカのバディ、遺失物センター職員の山之内三郎役に松重豊さんが出演致します。 松重さんの落ち着いた空気が、貫地谷さん演じる芯の強いヒソカをさりげなく支え、引き立てていただいてます。 鈴村ヒソカと落し物が活躍するサスペンスドラマ「警視庁遺失物捜査ファイル」に是非ご期待ください。 <あらすじ> 鈴村ヒソカ(貫地谷しほり)が働く警視庁遺失物センターに元捜査一課の山之内三郎(松重豊)が赴任してくる。 ある日、警備員の野崎幸久(吉田宗洋)が遺体で見つかり、殺される直前に落としたカメラが遺失物センターに届けられていた。 野崎が警備先で 10 億円相当の絵画の窃盗事件に巻き込まれていたことから、警察は野崎が事件に関与しているとみて捜査。 一方、ヒソカはカメラのデータに写っていた女性を見つけ出し、松本郁美(板野友美)の元を訪ねる…。 tv-tokyo.

次の