東京 都 教育 委員 会 ベーシック ドリル。 DNP、東京都の自治体に「自宅学習支援サービス」を無償提供

リンク集|武蔵村山市立小中一貫校村山学園

東京 都 教育 委員 会 ベーシック ドリル

下記5つは無料で内容も良く、何度でもダウンロード・印刷可能です。 ・ちびむすドリル 無料知育教材の王様ともいえるこのサイト。 幼児だけでなく、小学生プリントも充実しています。 ・東京都教育委員会 東京都だけでなく、多くの 都道府県の教育委員会サイトで、学習ドリルが無料でダウンロードできます。 親として、 小学校の勉強の範囲を正確に把握することもできますし、内容も充実しています。 我が家は小学校1年生の国語・算数・中1英語あたりを印刷してチャレンジしてみようと思っています。 ・実用数学技能検定過去問 実用数学技能検定の 過去問題と解答がダウンロードできます。 大学程度の1級~幼児のかず・かたち検定まで。 かず・かたち検定~11級あたりまでをダウンロードして挑戦させてみたいです。 10級くらいでしたら、年長児でも解けそうです。 ・ワンダーラボの無料プリント シンクシンクというアプリを開発しているワンダーラボ。 そのワンダーラボの作る問題集も、無料でダウンロード可能です。 を参照。 37ページもあるので、お得感があり、何度でも印刷できるのが嬉しいポイント。 内容は、 思考力系のひらめきを大切にした問題ばかり。 シンクシンクの母体「 はなまる学習会」の「なぞぺー」に近い問題が多く掲載されています。 ワンダーラボのシンクシンクアプリは有名ですが、我が家も取り組んでいます。 3月の無料期間は終了しましたが、月額300円コースで毎日10分程度楽しんでいます。 コースは全3コース。 おススメです。

次の

機能説明

東京 都 教育 委員 会 ベーシック ドリル

教科単元の選択されたドリル問題だけを学習する機能です。 パソコン上で、れんしゅうコード生成アプリを用いて単元のドリルの問題番号を選択(複数選択可)、生成されたコードをドリル学習アプリに入力すると、 タブレット上に選択した問題番号のドリルだけが表示されます。 (パソコンのれんしゅうコード生成アプリは、 Excel上で動作いたします。 ) ドリルや教材が保存されたフォルダを切り替えることができるフォルダ・スイッチ機能。 また、オリジナルで作成したドリルやワークシートなどの教材(PDFファイル も、ファイル名を変更するだけで、アプリのデータベース上に登録できますので、自治体や学校独自でのドリル学習や教材閲覧(PDFファイルに動画を埋め込んで視聴)など、様々な授業での活用することができます。 子どもたちの学習のために、このアプリができることはほんの少しです。 Windowsタブレットでドリルをだれでも簡単な操作で検索、表示することだけです。 解答は子どもたちがノートに記し、また自ら答え合わせを行うことが出来ます。 残念ながら手書き認識や自動採点などの優れた機能はありませんし、学習履歴カードなども別途用意する必要があります。 ICTはあくまでも先生と子どもたちの学習をサポートするツールの位置づけです。 それでも、デジタルの持つ強みは最大限活かし、毎回ドリルの 印刷・配布や管理など先生方のアナログ的負荷低減や、児童が操作に迷わないキッズフレンドリーなメニューデザインを取り入れることで、従来以上のドリル学習時間の確保や効率化が行え、先生方 がより子どもたちと向かい合える時間を提供することが可能です。 より重要なのは先生方の指導や教材コンテンツ、アプリの活用方法です。 ぜひ、このアプリを活用して子どもたちへの指導を充実させください。 そして足りないと思われる機能は子どもたちや他の先生方とともに工夫し補ってください。 そして、その活用を広く共有・発信をお願いします。 東京ベーシック・ドリルは東京都教育員会の著作物として権利を所有しています。 ドリプラX Drill Platform for Xing device は、開発元の株式会社エスアイイーが権利を所有しています。 Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Intel Core、Intel Atomは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。 Microsoft、Windows、Excel、Outlook、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。 Adobe、AdobeロゴはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。 その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標として使用している場合があります。

次の

東京ベーシック・ドリル(電子版)/(プリント教材)目次|東京都教育委員会ホームページ

東京 都 教育 委員 会 ベーシック ドリル

教科単元の選択されたドリル問題だけを学習する機能です。 パソコン上で、れんしゅうコード生成アプリを用いて単元のドリルの問題番号を選択(複数選択可)、生成されたコードをドリル学習アプリに入力すると、 タブレット上に選択した問題番号のドリルだけが表示されます。 (パソコンのれんしゅうコード生成アプリは、 Excel上で動作いたします。 ) ドリルや教材が保存されたフォルダを切り替えることができるフォルダ・スイッチ機能。 また、オリジナルで作成したドリルやワークシートなどの教材(PDFファイル も、ファイル名を変更するだけで、アプリのデータベース上に登録できますので、自治体や学校独自でのドリル学習や教材閲覧(PDFファイルに動画を埋め込んで視聴)など、様々な授業での活用することができます。 子どもたちの学習のために、このアプリができることはほんの少しです。 Windowsタブレットでドリルをだれでも簡単な操作で検索、表示することだけです。 解答は子どもたちがノートに記し、また自ら答え合わせを行うことが出来ます。 残念ながら手書き認識や自動採点などの優れた機能はありませんし、学習履歴カードなども別途用意する必要があります。 ICTはあくまでも先生と子どもたちの学習をサポートするツールの位置づけです。 それでも、デジタルの持つ強みは最大限活かし、毎回ドリルの 印刷・配布や管理など先生方のアナログ的負荷低減や、児童が操作に迷わないキッズフレンドリーなメニューデザインを取り入れることで、従来以上のドリル学習時間の確保や効率化が行え、先生方 がより子どもたちと向かい合える時間を提供することが可能です。 より重要なのは先生方の指導や教材コンテンツ、アプリの活用方法です。 ぜひ、このアプリを活用して子どもたちへの指導を充実させください。 そして足りないと思われる機能は子どもたちや他の先生方とともに工夫し補ってください。 そして、その活用を広く共有・発信をお願いします。 東京ベーシック・ドリルは東京都教育員会の著作物として権利を所有しています。 ドリプラX Drill Platform for Xing device は、開発元の株式会社エスアイイーが権利を所有しています。 Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Intel Core、Intel Atomは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。 Microsoft、Windows、Excel、Outlook、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。 Adobe、AdobeロゴはAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。 その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標として使用している場合があります。

次の