洋楽 ランキング 2019。 人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP50

【最新人気洋楽ランキング】2019年1月ビルボードヒットチャートアメリカTOP20│MUSICRAZY

洋楽 ランキング 2019

2016年に公開した記事ですが、更新を続けていくうちに2020年に突入しました。 こちらの記事は随時更新しています。 上にある楽曲が比較的新しい曲になります。 2020年オススメ洋楽をPick Up!! 最新のトレンドを抑えた選曲です。 主にアメリカ・イギリスのチャートで大ヒットしている曲をチョイスしています。 2017~2020年人気・有名な曲はほとんど入っています。 ぜひヘビロテしちゃって下さい。 最新人気洋楽をチェックしたいって人はぜひぜひ見てってください。 Alternative Panic! At The Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)はアメリカのロックバンド。 過去のヒット曲としては、2005年の『I Write Sins Not Tragedies』が有名です。 2019年の音楽シーンまとめ 2019年は女性アーティストの活躍が特に目立った一年でした。 特にBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)がグラミー賞において主要4部門を独占したのは凄かったですね。 他にもTONES AND I(トーンズ・アンド・アイ)、Lizzo(リゾ)など新しいアーティストが人気を博しました。 Camila Cabello(カミラ・カベロ)やCardi B(カーディ・B)、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)、Halsey(ホールジー)など今年も安定してヒットしていましたね。 男性アーティストではPost Maloneのヒットが目立ちました。 個人的に意外だったのが、『Lil Nas X — Old Town Road ft. Billy Ray Cyrus』の記録的大ヒットです。 ビルボード19週連続一位というロングヒットを記録し、連続首位最長記録(それまでは16週)をついに塗り替えました。 たまに耳にすることはありましたが、すごい記録を残した割りに日本ではそこまで話題になった記憶がありませんでした。 POP Dua Lipaはイギリスのシンガーソングライター。 「New Rules」が大ヒットして今注目のアーティストです。 カラフルでスタイリッシュなミュージックビデオがかっこよすぎ。 2018年洋楽シーンまとめ 今年はDrakeが異様に強かった年でした。 アルバム『Scorpion』は、全米アルバム・チャート1位の他、89の国と地域でiTunes1位獲得し、1日で最もストリーミングされたアルバム、また1週間で最もストリーミングされたアルバムという記録を作りました。 ビルボードのTOP10に7曲がランクインするという異常な現象も起きました。 エド・シーランの『Perfect』は、2017年に引き続き2018年にもヒットを記録しました。 後半はMaroon 5の『Maroon 5 — Girls Like You ft. Cardi B』が大ヒットしています。 2000年代初頭から活躍していますが、いまだにその人気は根強いですね。 2019年2月には来日公演も控えています。 Maroon 5は私も大好きなバンドです。 2017年最新オススメ洋楽 2017年もたくさんのヒット曲がありました。 Post Malone — rockstar ft. 21 Savage POP 夏が近くなると聴きたくなるのがラテンミュージック。 こちらは今年の夏是非是非ヘビロテしたい1曲となっています。 世界中で大ヒットを記録しており、ビルボードの首位も獲得しています。 Zedd, Alessia Cara — Stay ZEDDはロシア出身ドイツ育ちのDJ、音楽プロデューサー。 本名はアントン・ザスラフスキーといいます。 Billboardで8位にランクインした『Clarity』や、ヘイリー・ウィリアムス(Paramoreのボーカル)をフィーチャーした『Stay the Night』、アリアナ・グランデをフィーチャーした『Break Free』のヒットがキッカケで注目されます。 Alessia Caraは『Scars To Your Beautiful』などのヒット曲で知られるカナダ出身の女性アーティストです。 具体的には Kendrick Lamar、 Childish Gambino、 DJ Khaledなどが活躍していおり、良いアルバムを残しています。 2016年から書き続けているこの記事ですが、2017年もすでに8月。 早いものですね(しみじみ)。 2018年2月追記 ついにこの記事も2018年に突入しました。 2017年はエド・シーランが大ヒット記録。 アルバムとしてはケンドリック・ラマーが無双していました。 2018年のグラミー賞はブルーノ・マーズが総なめしていました。 これから一年どんなアーティストがヒットを飛ばすのか、楽しみです。 また、2019年第61回グラミー賞ではアメリカ社会を風刺したChildish Gambinoの『This is America』が最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を獲得しました。 年間を通してHIP HOPが強かった印象がありました。 近頃ではPost MaloneやCardi Bの活躍も目立っていますね。 Ariana GrandeやMaroon 5、Ed Sheeranも相変わらずの人気を誇っています。 今後新しいアーティストが出てくるもの楽しみです。 2019年12月 2019年特に目立ったのは『bad guy』がヒットした Billie Eilish、『Sunflower』や『Circles』がヒットした Post Malone、『Truth Hurts』や『Good As Hell』がヒットした Lizzoあたりでしょうか。 『Beautiful People』などコラボアルバムでヒットしている Ed Sheeran、『Memories』がヒットした Maroon 5はさすがの安定感という感じがします。 HIP HOPでは『SICKO MODE ft. Drake』や『HIGHEST IN THE ROOM』がヒットした Travis Scottの活躍が目立ちましたね。 2019年は、Billie EilishやTONES AND Iのような新しいアーティストが出てきて、2020年も色々と期待できそうです。 他にもこんな記事があります。

次の

人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP50

洋楽 ランキング 2019

ストリーミング・サービスSpotifyが、同サービスで2019年最も再生されたアーティストや楽曲のランキングを発表した。 今年は2010年代最後の年ということで、過去10年間に世界で最も再生されたアーティストと楽曲のランキングもあわせて発表されている。 発表によると2019年最も聴かれたアーティストはポスト・マローンで、今年だけで65億回以上の再生を記録しているという。 9月にリリースされた最新アルバム『ハリウッズ・ブリーディング』は「世界で最も再生されたアルバム」の2位、スウェイ・リーと共演した「サンフラワー(スパイダーマン:スパイダーバース)」は「世界で最も再生された楽曲」の3位にランクインした。 「世界で最も再生されたアーティスト」の2位と3位には、ビリー・アイリッシュとアリアナ・グランデがそれぞれランクイン。 ビリー・アイリッシュは60億回以上の総再生回数を記録し、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? 』は「世界で最も再生されたアルバム」となった。 女性アーティストのアルバムによる首位獲得は同作が初とのことだ。 日本国内のランキングでは、あいみょんが「日本国内で最も再生されたアーティスト」、Official髭男dism「Pretender」が「日本国内で最も再生された楽曲」となった。 過去10年間に世界で最も再生されたアーティストは280億以上の総再生回数を記録したドレイクで、エド・シーラン、ポスト・マローン、アリアナ・グランデ、エミネムがこれに続いている。 過去10年で最も再生された楽曲には、23億回以上の再生を記録したエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が輝いた。 2019年の主なランキングと、過去10年間のランキングは以下のとおり。 ポスト・マローン 2. ビリー・アイリッシュ 3. アリアナ・グランデ 4. エド・シーラン 5. ポスト・マローン 2. エド・シーラン 3. バッド・バニー 4. カリード 5. ビリー・アイリッシュ 2. アリアナ・グランデ 3. テイラー・スイフト 4. カミラ・カベロ 5. BTS 2. BLACKPINK 3. TWICE 4. EXO 5. WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? あいみょん 2. Official髭男dism 3. ONE OK ROCK 4. BTS 5. ONE OK ROCK 2. RADWIMPS 3. 宇多田ヒカル 4. LiSA 5. ドレイク 2. エド・シーラン 3. ポスト・マローン 4. アリアナ・グランデ 5. アリアナ・グランデ 2. リアーナ 3. テイラー・スウィフト 4. シーア 5. rockstar feat.

次の

洋楽メタルのおすすめ人気ランキング50選【ヘビメタ・ハードロックの名曲が続々!】

洋楽 ランキング 2019

スピード感あるエレクトロサウンドとアレッシアのハスキーボイスが 絶妙なハーモニーを見せる スタイリッシュな洋楽のトラックは 英語ならではの韻を踏んだ歌詞も耳に心地よくて素敵ですよね。 『1分間だけここにいてくれるだけでいい もう少しだけゆっくり時間をとってよ 時計は刻々と時を刻んでる だからここにいて 1秒だけ待ってくれるだけでいいの あなたの手で私の手をつないだまま 時計は刻々と時を刻んでる だからここにいて』 という歌詞的には、 別れの予感を感じさせる切ない内容ですが ゼッドのスリリングな曲のアレンジもとてもおしゃれで 聴いているだけで自然と気分が上がる 2019年におすすめの人気の洋楽のナンバーとなっています。 クラブで楽しく踊っているクールな女の子が ナンパしてくる男に 『ほっといてよっ』と拒否っている設定の カッコいい洋楽のナンバーは 一度聞いただけでしっかり耳に残る キャッチーなメロディーが後を引く人気のEDMのトラック。 『パーティーには一人できたの だから私のテリトリーには誰もお呼びじゃない ビートに合わせて タガを外してただ踊るだけ 誰かとじゃなく 一人で踊るの ねえ、ちょっと落ち着きなさいよ ここであなたとふざける気なんてないの ただ踊りたいだけなんだから』 という クールな内容の歌詞で、 クラブでナンパしにくるオトコなんて目じゃないわと ナンパ男を袖にする女の子がとてもカッコいい 気分が上がる事、請け合いの2019年の洋楽のナンバーですよ。 男性は誰しも超人的能力を持つスーパーヒーローに憧れるものですが 実際、女性が求めているのは英雄じゃなく一緒に寄り添える人… そんな深いテーマを気分が上がるメロディアスなサウンドにのせた EDMという枠にとらわれない素敵な洋楽のナンバーです。 本当に美しいメロディラインが印象的な『Symphony』は PVをご覧頂けると分かる通り、 パートナーを事故で失った男性指揮者のコンダクトに合わせ ザラとクリーンバンディッドのメンバーが 交響曲を共に奏でるという とても心に響く設定の洋楽なんです。 『今、あなたの曲が繰り返しかかっている そしてあなたの鼓動に合わせて私は踊ってる あなたがいなくなったら 私は不完全なまま ねえ、本当の事を知りたい? 私はあなたのシンフォニーの一部になりたいの 私をしっかり抱きしめて二度と離さないで シンフォニー ラジオのラブソングみたいに しっかり抱きしめて私を離さないでよ…』 という歌詞の内容的には結構センチメンタルなラブソングですが 静かな曲調から一転して 途中からはしっかり盛り上がる 洋楽のナンバーに仕上がっていますので、 ぜひ最後までしっかりと耳を傾けてみて下さいね。 歌詞に登場するフレーズのどこをとっても セレブ感がハンパない めちゃくちゃノリのいい洋楽のナンバーは キャッチーなメロディと伸びのあるブルーノの歌声が 理屈抜きに気分が上がる人気の一曲ですよ。 『キャデラックに飛び乗って ねえ、ちょっと出かけようよ 何でも君の望みのまま 君を笑顔にしたいだけさ 君にはそれだけの価値があるからね だから僕は君に何でもプレゼントするよ キラキラかがやくイカした宝石に よく冷えたストロベリーのシャンパン 君はツイてるよ だって僕はこういうのが大好きなんだ…』 というとても バブリーな歌詞の内容ですが 不思議と妬ましい気持ちにはならず我知らず気分が上がるのは さすが才能あふれるBruno Marsといったところでしょうか。 マンハッタンのマンションにマイアミのビーチハウス、 プエルトリコへ旅行をして、パリで派手にショッピング そんな夢のようなデートに聴いているだけでわくわくしてしまう カラフル&ポップで気分が上がる素敵な洋楽のナンバーですよ。 EDMが全盛の2019年の洋楽のシーンに あえて フォークテイストが色濃く漂うナンバーを持ってきて 尚且つスタイリッシュでカッコいい仕上がりになっているというのは さすがエドシーランとしか言いようがありませんよね。 『彼女はアイリッシュバンドでバイオリンを弾いてる でも彼女はイギリス人の男と恋に落ちたんだ 僕は彼女の首筋にキスして彼女の手を取って こういったんだ…ねえ、僕はただ一緒に踊りたいだけなんだ ぼくの可愛いゴールウェイの女の子と 君は僕のちっちゃくてかわいいゴールウェイガール…』 という、かなり意味深な歌詞の内容となっていますが 実際は、Beogaのバイオリニストの女性に着想をえた曲なものの それ以外のラブストーリーは全てフィクションとの事です。 因みに、タイトルにもなっているGalwayは アイルランド西部の海辺の街で、 上記のMVの最後でその美しい街並みもご覧頂けますよ。 耳に残るサビのメロディと郷愁を誘うアイリッシュサウンド、 そしてラップっぽいアプテンポのパートと 盛り沢山のトラック は エドシーランの多彩さがたっぷり楽しめる上がる洋楽のナンバーです。 ポップで明るい曲調が夏にもぴったりの洋楽のナンバーは 君の運命の相手は僕なんだ!と気になる女の子を かなり必死に説き伏せているという内容の ポップなラブソング。 『君は今、真実と向かい合ってるんだ お金は嘘をつかないだろ 俺が運命の相手なんだ そう、俺が君の運命の相手 早朝、夜が明けて 君は乗りたいんだろ? さあ乗っちまおうぜ 俺が運命の相手なんだから 君は偽物たちにもううんざりしてるんだろ? 真の運命の相手なんだから 君を怖がらせるようなことさせないで ほら、君を見てるよ 今は時間を無駄にしないで だって僕が君の運命の相手なんだから…』 と、必死に意中の女の子に言い寄っているという歌詞の内容で 実のところ、かなりのうさん臭さも感じる『運命の相手』ですが 何はともあれ陽気で楽しい気分が上がる夏にぴったりの 2019年に人気の洋楽のナンバーとなっています。 自然と気分が上がる気持ちいい洋楽のナンバーは お家や車の中だけでなく通勤、通学の途中や屋外など様々な場所で 楽しんで気分を盛り上げたいものですよね。 上記のMP3音楽プレーヤー『ミュージックボックス』は 映像と音楽が手軽に持ち歩ける人気のマルチメディアプレーヤーで 携帯に便利なポケットサイズなのでいつでもどこでも お気に入りの音楽を楽しむ事ができるおすすめの逸品ですよ。 音楽再生時間約3時間、映像再生時間約1. 5時間の 人気のMP3プレーヤーはスタイリッシュな全5カラー展開で 日本語対応で操作が簡単なのもおすすめのポイントとなっています。 楽天ランキングで3冠達成の人気のスピーカーは iPhone、iPad、Android、スマホ全てに完全対応したアイテムで お気に入りの洋楽をワイヤレスでいつでも手軽に再生できる 大変おすすめの音楽機器となっています。 テンションが上がる洋楽はドライブのBGMにも最適なので 車の中でも手軽にお気に入りのナンバーを再生して より盛り上がるカーライドを思いっきり楽しみたいものですね。 上記の楽天ランキング1位のBluetoothのFMトランスミッターは スマホ等に保存した曲が車のスピーカーで手軽に聞ける 大変人気のカーオーディオ機器で、 複数の機能が同時に使える高機能のアイテムとなっています。 簡単に設定できる最新の小型FMトランスミッターは より低ノイズかつ高音質、省電力に改良された 進化した逸品で 気分が上がる楽しい洋楽のナンバーを聴きながら 快適なドライブが楽しむ事ができるおすすめアイテムですよ。 スマホやPCなどで 無料かつオフラインで通信量を使いたくないという時には、 Apple Musicがおすすめです。 Apple Musicは今だけ、 初めの 3ヶ月間無料キャンペーンを行なっていますので、 3ヶ月間使い、解約すれば実質無料で使用することができます。 しかも音質は高音質ですし、 ユーチューブにはない数多くの音楽を取り揃えています。 短編だけ切り取られた音楽ではなく、 音楽をフルで聴くことができますので、 高音質、無料、正規で音楽を聴きたいという方は、 ぜひ使ってみてください。 <関連記事>.

次の