笠井 アナ ブログ。 笠井アナのがん闘病ブログから分かる生命保険見直しの必要性

がん「完全寛解」の笠井アナ、ブログで家族やファンに感謝 闘病でSNSの「良い面を実感」

笠井 アナ ブログ

悪性リンパ腫からの完全寛解を報告している元フジテレビのアナウンサーが8日、ブログを更新。 8日にテレビの生放送で自身の病気の状態が「ステージ4」と語ったことに、改めて詳細を説明した。 笠井アナは8日に放送されたフジテレビ系「」にリモート生出演。 最初の診断では「ステージ4」だったことや、告知を受けた妻と長男以外には「周囲を絶望させたくない」として「絶体秘密にする」としたことなどを語った。 このことに笠井アナはブログで「内蔵がんの場合のステージは5段階ありますが、悪性リンパ腫(血液のがん)の場合、ステージ4段階です。 つまり私は最高レベルの進行度だったのです」と改めて説明。 だが「生放送とは、難しいです…。 今日、改めてそう感じて、忸怩たる思いでいます」と放送で伝えたかったことが必ずしも意図通りに伝わらなかったことに後悔の思いをつぶやいた。 笠井アナは本来は生放送で「内臓系のがんはステージ4は最高ランクではないけれども、悪性リンパ腫では違う数え方をしていて、ステージ4は最高ランク。 でも一番大変なランクと言われても絶体に負けないつもりだから、母を絶望させないように内緒にしていた」と言いたかったものの、「慌ててまとめて言ってしまった」ために、「内臓系のステージ4とは違って、悪性リンパ腫のステージ4は助かるから頑張れた」ととらえてしまった人もいたとした。 笠井アナは「当然ですが、そんなことはありません!ステージ4、5と診断され、もし今日の放送を見て不快に思ったり不安に思ってしまった方がいたとしたら、それは本意ではありません、本当にごめんなさい。 大変申し訳なく思います」と謝罪した。 「自分が患者側になったことで、わかっていることとして発言を要約してしまったり、ストレートな物言いになってしまうことがあるようです、今後はこうしたことは本当にきをつけていかなければいけない、と強く思いました」と反省の思いも。 そして改めて「がんと闘っている皆さん!悪性リンパ腫、最高ランクの『ステージ4』を私は今、乗り越えることができました」とつづり「私に起きたこの嬉しい事実は、きっとたくさんのみなさまにも起こる事実に違いないと、信じています」と呼びかけていた。 外部サイト.

次の

笠井アナ涙のブログ・山下達郎からの奇跡のクリスマスプレゼントが泣ける

笠井 アナ ブログ

「昨日、病院の診断で主治医の先生から『完全寛解です』とのお言葉をいただきました!」と報告し、喜びを爆発させた。 ツイッターではファンの祝福が相次ぎ、「完全寛解」がトレンド入りを果たしている。 国立がん研究センターが運営する情報サイトによると、完全寛解とは「すべての病変(がん)が消失し、新たながんが出現していない状態が続いていること」。 完全寛解が長く続けば「完治」したと判断される可能性がある。 笠井アナは5月22日、TOKYO MX「モーニングCROSS」に出演。 症状が一時的、または永続的に縮小・消失している「寛解」は「もう少し先」としていたが、ついにうれしい診断結果が出たという。 笠井アナのファンは「笠井アナウンサー完全寛解と伺い私も思わず心のなかでバンザイしてしまう…!おめでとうございます…!」「笠井信輔アナ、完全寛解の診断良かったなぁ」「ご家族との関係をテレビで見ても素敵な家族だな、と思っていたので本当に良かったですね」と祝福と安堵のコメントをツイッターやネット掲示板に投稿。 来月、仕事に本格復帰するという予定については「まずはムリのないペースで」などの温かい応援メッセージが送られた。 笠井アナはブログで家族、医師、看護師に感謝を述べ、ネットで応援したファンにも「ブログやInstagramにコメントを寄せてくださった皆さん。 本当にありがとうございました。 がん治療中という方や、がん経験者の方も多く、具体的アドバイスや励ましの言葉に、『こんな目にあってるのは自分だけじゃないんだ、闘っているのは自分だけじゃないんだ』と、どれだけ力付けられたことでしょう」と語った。 さらに、SNSでの誹謗中傷が社会問題化していることについて「SNSにはとても良い面もあることを改めて実感しています」「IT技術は、人から生きる力を奪うことも、人に生きる力を与えることもできる。 使い方1つでこうも違うものかと痛感しています」と、SNSは負の面ばかりではないと訴えた。

次の

悪性リンパ腫公表の笠井アナ、ブログ開設を予告!闘病もシリーズで放送

笠井 アナ ブログ

笠井アナの心境告白の経緯 出典: 笠井アナが 悪性リンパ腫という血液の癌の一種である病気を真っ先に報じたのは2019年12月17日のデイリー新潮にて。 所属事務所の公式な発表はまだでしたが翌日18日には各メディアが一斉に大きく報道。 特に笠井アナが出演をしていたフジテレビ系「とくダネ!」には19日に笠井アナが 生出演して心境告白をすることを明らかにしていました。 小倉智昭が悪性リンパ腫発覚の経緯を明かす 小倉智昭は18日の「とくダネ!」にて笠井アナの現状について少しだけ触れていました。 実は悪性リンパ腫が発覚するきっかけは フジテレビの退社。 笠井アナは9月末にフジテレビ退社。 この時に荷物の整理をしていた時に腰に痛みが。 体重減少もあり排尿にも不備があるので前立腺肥大を疑って MRIの結果腰に影。 精密検査の結果悪性リンパ腫であるということが発覚と経緯を説明していました。 本人の心境告白 笠井アナは19日の「とくダネ!」に出演。 この時に以下のように心境告白をしています。 「自分でもこの激烈な展開についていけないような」• 悪性リンパ腫公表の理由は 「32年間ワイドアナウンサーとして 有名人のプライバシーを自分の言葉で放送してきた」• 「いざ自分が病気になった時に そっとしておいてくださいというのは自分の生き方としては許さない」• 「全身に癌が散らばってるって聞いて目眩がした」• 「自分大丈夫なのかなって」• 「え、死ぬの?ってその時は思いました」• 「 先生は大丈夫だよって言ってくださったので その言葉を信じて闘っていこうと今は思っています」 また、笠井アナが病気を公表した理由については実際に 小倉智昭もがんであることを自ら公表したことも一因。 偉大な先輩である小倉智昭の後に続いたという形です。 また、笠井アナが悪性リンパ腫であると発覚したことについては体重減少が一つのきっかけ。 今までの最低体重は62kgであり、どんなにダイエットしてもそれ以上は下がらず。 しかし特に何もしていなかったものの62kgに減少。 そのため 体になにか異変が起こっていると判断をしたと告白。 笠井アナは悪性リンパ腫で現在の予定は4ヶ月入院をして抗癌剤治療。 その後2ヶ月は自宅療養をすると 最低でも半年間治療に専念することを報告しています。 また、入院してからはブログの「笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい」を開設予定であるとのこと。 2019年12月7日にはテレビ東京の「土曜スペシャル 鉄道沿線ひたすら歩き旅6」という旅番組に出演。 この旅番組はその名の通り、徒歩で鉄道沿線を旅するというもの。 この時に笠井アナは福澤朗アナウンサー、土屋アンナと共に歩いていましたが笠井アナは遅れ気味に。 福澤アナと土屋アンナは 自分たちが早く歩きすぎたわけではないよね、とお互いに確認し合う様子なども放送されていました。 そして笠井アナの顔を映して 「笑顔が完全に消える」というテロップもあり、番組スタッフサイドも笠井アナの体調の変化には気づいていたようです。 まさか悪性リンパ腫であるとは知らなかったわけですが…。 番組を見ていた視聴者からも以下のような感想が。 テレビ東京の番組で鉄道沿線を歩く旅番組をしていたが、自分の故郷福島県の磐越西線、郡山から会津へ。 でフリーになったばかりの笠井アナが出演していた。 最初は元気だったが最後は 酷くつらそうだった。 その後で病気を知ったと思うが、本当に身体を休め治療に専念して欲しい。 あと昔、辻よしなりがクイズ番組ですぐに答えなきゃいけない場面で、わからないならそういうリアクションすればいいのにポカーンとしてた時があって、軽い脳梗塞とかあるんじゃないかと思ったな — sindriさん sindrisan.

次の