どんな とき も wifi トラブル。 よくある質問

【4/8追記】どんなときもWiFiで通信障害!経緯や今後の展開を解説

どんな とき も wifi トラブル

過去にどんなときもを褒めちぎって読者のみなさを勧誘しまくった結果、だれも契約してくれなかったので儲けは0なわけだけど、勧誘しまくった責任として、それまで利用していたを解約し、どんなときも回線単独にしていた。 なので今回のどんなときもの回線トラブルには大ダメージを受け、三連休の初日、車で片道7時間ドライブの最中に回線トラブルに巻き込まれ、いつもならを流しながらワイワイしているドライブだが、無き車内は沈黙に包まれていた。 当時は車で7時間の海岸近くの田舎に向かっていたので圏外になったのかと思った。 だが自分の回線は絶好調でつながるし、ポケットルータのアンテナもビンビンに立っていたので、圏外による影響じゃないのではないかとも思ったが、運転中なので調査もできずにいた。 そして翌日に、回線トラブルの連絡。 3連休のトラブルとそれ以後のトラブルでは状況が違うようだが、結果的に速度が遅いという顧客のトラブルにはなんの相違もない。 どんなときも側も回線トラブルとの情報は発していたが、具体的なトラブルの要因は当初公開していなかった。 だがその後、回線休止の案内と合わせて具体的な問題点も報告されたのでその原因を読んでみると、単純に回線のキャリーオーバー。 どんなときもは格好良くSIMと呼んでいるが、そのSIMという仕組みを理解できている人は少ないだろう。 SIMで調べてみてもナンャよくわからない説明ばかり。 記事を書いている人は本当に理解できているのだろうか。 この仕組みを理解できていないと、どんなときもが公開している不具合の内容が何を言っているのか全くわからないだろう。 このページを見ると、以下のように書かれている。 現在発生している障害については、これらの理由により不足が引き起こした容量不足が原因ということが判明しました。 この状況を受けて現在も随時、の追加は行っておりますが、完全復旧の見通しが立っておりません。 なぜSIMでカードが足りてないの? が足りないのなら、新規に契約した人が使えないのならまだしも、すでに契約している人に影響出る理由がわからない。 となるかと思う。 SIMのメリットでもあリデメリットでも有るとも言えるのが、この外部のSIM回線に依存しているということ。 めちゃくちゃ単純にSIMの仕組みを説明すると、SIMの会社、実際にはパートナー会社といものがあるようだが、例えばこの場合、どんなときもがSIMの会社とする。 SIMの会社であるどんなときもは自分で回線を持っていないので、ドコモや、等の各キャリア会社の回線を使うためにをメチャクチャいっぱい契約する。 そして、その契約したSIMをどんなときもを契約しているユーザに割り振っていく技術がSIMになる。 なので、例えばのSIMを契約する際に、月50GBのSIMを契約したとする。 そのSIMをユーザに割り振るのだが、そのユーザが10日目に50GBを使い切ると、別の契約しているSIMに割り当てを変える。 これを繰り返すことで、実質無制限の通信が行える契約が出来上がる。 SIMの提供がなく回線の増強が無い以上、どんなときもは打つ手が無い。 あくまでも回線を提供しているのではなく、借りている回線を割り振っているだけなので、借りている回線に空きがなければ割り振り先がないという状態になる。 それが現在の状況だ。 どんなときもは4月1日から復旧を見込んでいるとしているが、それもそのはず、ここまで読んでいただければわかるかと思うが、キャリアのSIMを多量に契約しているだけなので、4月1日になれば多量に契約しているSIMが一気にパケット使用量がリセットされるため、また全て利用できるようになる。 なので回線が復旧するのは至極当然になる。 だが、どんなときもが見込みとしているのは、他にもトラブルの要因があるのか、一気に通信が始まりシステムが耐えきれない等の理由があるのかも知れない。 回線の休止届けに関しては、いつ出しても3月16日に遡って費用免除計算になるようなので、それなら、3月30日に休止申請を行えば、3月31日午前9時に回線が休止となり、翌4月1日に回線が復活となるのではないだろうか。 そのような申請を行ったユーザには報復措置として休止期間の延長等をしてくるかも知れないが、クレーム覚悟でそのようなことをする会社でもないかと思う。 私も現在のところ全く繋がらないので休止期間をギリギリにする必要はないが、通信速度は遅いながらも繋がっているというのは、スマートプラグやスマートライトを使う上では必須条件となる。 そもそも、どんなときもの回線が停止して、我が家はこんなにインターネットに依存していたのかと発見できた。 スマートプラグやスマートライトは便利だが、インターネットに繋がっていないとメチャクチャ不便になる。 どんなときも メチャクチャ便利に使っていたのだが、こんなことになって残念に思う。 異動してくるを利用している職員にもどんなときもを勧めていたのだが、私がなにか責任を問われたら受け入れるしか無い。 mon0.

次の

【どんなときもWiFi】運営会社に行政指導!クラウドSIMの今後は大丈夫?

どんな とき も wifi トラブル

どんなときもWiFiのランプが点滅した時の対処方法 私はモバイルWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 そのため端末に何か異常が起きた時は 端末の三つのランプが それぞれ ポチポチと点滅をします。 その点滅を見れば 端末がどんな状態になっているかが分かります。 どんなときもWiFiの端末が 点滅した時の 私の対処方法を書きました。 D1端末=U2s端末 私が使っているどんなときもWiFiの端末であるD1端末は 以前はU2s端末と呼ばれていました。 D1端末とU2s端末は 名前が違うだけで端末の性能は同じだそうです。 U2s端末の取扱説明書が 以下のリンク先にあります。 U2s取扱説明書 三つのランプ どんなときもWiFiのD1端末の本体前面カバー部分には 三つの状況確認ランプがあります。 WiFiランプ 左のランプ 2. 電波ランプ 真ん中のランプ 3. バッテリーランプ 右のランプ ランプの点滅の意味 これらのランプは ポチポチと点滅することがあります。 ランプの点滅は 端末が普段とは違う状態であることを示しています。 例えばWiFiの電波がつかめなかったり バッテリーが切れかかっていると ランプが点滅をします。 WiFiランプ 左のランプ WiFiランプはWiFi接続の状態を表示しています。 WiFiランプが点滅したら WiFiランプは どんなときもWiFiのD1端末の電源をオンにすると 必ず点滅します。 そのため電源をオンにした時にWiFiランプが点滅しても それは端末の異常ではありません。 ただし、点滅時間がいつもより長いときもある WiFiランプが点滅している時は インターネット 接続中であることを意味しています。 端末がインターネットに接続すれば WiFiランプの点滅は終わります。 通常のWiFiランプ点滅時間 私が端末の電源をオンにすると WiFiランプがしばらくポチポチ点滅します。 大体30秒くらい 端末が電波を掴むことができれば しばらくして電波ランプが一瞬だけ光ります。 その後、スマホやパソコンが WiFiに接続すると ずっーと点灯します。 WiFiランプの点滅時間が長い場合 電波をつかみづらいところだと、 WiFiランプの点滅時間は長くなります。 WiFiランプの点滅が終わらない場合の対処法 どんなときもWiFiが繋がらない時の対処方法を 以下のリンク先の記事にまとめました。 私の経験だと、端末の電源をオンにした時に 今までで最長15分くらい WiFiランプが点滅し続けたことがあります。 その時の私の対処法は WiFiランプの点滅が終わるまで 待つことでした。 その時は WiFiランプの点滅が終わるのを待っていると 電波ランプが点滅し始めました。 そのため電源ボタンを長押しして いったん端末の電源をオフにした後で 再び電源オンにしました。 そうして再びWiFiランプが点滅したまま待ち続けると WiFiランプが点灯して ネット接続ができるようになりました。 ダウンロード速度とアップロード速度も いつも通りでした。 端末の電源をオンにする方法 端末の 左側面の電源ボタンを 3秒ほど押すと 電源がオンになります。 電波ランプ 真ん中のランプ 電波ランプは 端末が掴んでいるWiFi電波の強さを表示します。 WiFi接続している状態で電源ボタンを押すと 電波のつかみ具合の強さが表示されます。 田舎で電波がつかめないと、 D1端末の真ん中にある電波ランプが 点滅していました。 電波ランプが点滅したら 電波ランプが点滅していると 端末が電波を掴んでいないことを意味しているそうです。 あるいは自分のsimカードを装着していて 選択を要求されていることを意味しているそうです。 電波ランプが点滅した時の応急措置 私が田舎に行ったとき、 電波状況が悪くて 電波ランプが点滅しているのを見ました。 端末の置き位置を変えると 電波をつかむことができたようで、 電波ランプの点滅は消えて ネット接続できるようになりました。 電波ランプが点滅した時の対処法 電波ランプが点滅し、 ネット接続が切れた場合は 端末の再起動を行うことで改善が見られる場合があるそうです。 ご不便をおかけし大変申し訳ございません。 電波ランプの点滅は電波を掴んでいないことを示します。 接続が切れてしまった際に再起動を行うことで改善が見られる場合がございますので、お試し頂けますでしょうか。 バッテリーランプ 右のランプ バッテリーランプは 端末本体の電池残量を表示しています。 WiFi接続している状態で電源ボタンを押すと 電池残量が表示されます。 遅い点滅 充電中はバッテリーランプが点滅します。 入力電源は DC5ボルトの1アンペアから2アンペアです。 早い点滅 バッテリーが少なくなると バッテリーランプが速く点滅します。 端末の バッテリーが切れるとインターネット接続はできなくなります そのため端末を充電しなければなりません どんなときもWiFiの端末の充電方法 別の記事に を書きました。 〇〇〇〇 端末の前面カバーの四つの丸は 端末の電池残量や 端末が掴んでいる電波の強さを表示しています。 WiFi使用中に端末の電池残量と電波の強さを表示する方法 端末のWiFiランプが点灯している状態で 端末の 左側面の電源ボタンを押すと 端末の電池残量と 端末がどれだけ電波を掴んでいるかが時間差で表示されます。 はじめに数秒ほど 端末の電池残量が表示されます。 田舎で電波がつかめない時は、 D1端末の真ん中にある電波ランプが点滅していました。 MICROWAVE.

次の

どんなときもWiFiで通信障害、不具合が発生!遅い、繋がらない、エラー12など。いつ復旧する?補償はあるの?

どんな とき も wifi トラブル

どこでも設定要らずでWi-Fi環境を作れるモバイルWi-Fi。 インターネットなく生活ができない今、仕事でネットを利用する人はもちろん誰もがいつでもWi-Fi環境があればよいと思うもの。 モバイルWi-Fiといえば、UQWiMAXをはじめ、〇〇WiMAXってたくさんありますし、各キャリアからも出ていますがどこが良いのでしょうか。 正直、各社によって品質は同じでも料金が違っていたり、知っている人だけが得をするようになっています。 しっかり 自分に向いている会社を見つけることが大切なのです。 今回は、ネーミングもインパクトのある 「どんなときもWiFi」について料金など他社と比較しながらみていきましょう。 目次から探す• どんなときもWiFiとは? WiMAXを既に使用している人でも「どんなときもWiFi」は聞いたことがない人も多いのではないでしょうか? 「」は、 2019年3月に登場したばかりの生まれたばかりのプロバイダサービスで、株式会社グッド・ラックという会社が運営しています。 株式会社グッド・ラックは、2010年に設立した新しいIT企業で、インターネットサービスを幅広く展開している会社です。 どんなときもWiFiと他モバイルWi-Fiプロパイダとの内容・料金比較 どんなときもWiFiの特徴• クラウドSIMを内蔵 「どんなときもWiFi」の最大の特徴といえるのが、「クラウドSIM」を搭載している点です。 通常のスマホやWiMAXのようなモバイルWi-Fiには、ひとつのSIMカードが入っています。 ドコモ回線のSIMカードならドコモの通信網で使えますし、auなら、ソフトバンクなら…同様です。 しかし、 どんなときもWiFiは、クラウドSIMが搭載しており、クラウドSIMの場合、別のSIMカードに変身してインターネットをできるのです。 1枚のSIMカードでさまざまな会社の通信網に対応してくれるというわけですね。 そのため、どんなときもWiFiは、日本国内だったら ドコモ回線も、au回線も、ソフトバンク回線もすべて使えるすぐれものなのです。 海外でもすぐに使える どんなときもWiFiが搭載しているクラウドSIMは、その土地に合った通信網に変身してくれるわけなので、 世界107カ国でその土地に合った通信網にSIMカードが変身!通信が可能なのです。 国内のみのモバイルWi-Fiやスマホだと、海外で使うためには、現地で現地用のSIMカードを購入したり、ローミングサービスをする必要がありますが、どんなときもWiFiはそのまま現地の通信ができるので煩わしい設定変更など一切無用なのです。 海外旅行によく行く人にとっては、かなり便利な機能といえます。 ドコモ、au、ソフトバンク回線がすべて使える よくスマホなどでも、地下だったり、壁の厚いところなどでは電波が不安定になることが稀にありますよね。 ただ、友人知人のスマホは電波が強くても、自分のものはいまいちなんてことがある場合は、通信会社ごとにアンテナを設置しているため、場所によってはどうしても電波の弱いところが会社ごとに出てきてしまうものです。 最近は、だいぶ改善されましたが、某通信会社だけ電波が弱すぎるとか色々ありましたよね。 どんなときもWiFiは、 クラウドSIM搭載で日本国内だったらドコモ、au、ソフトバンクすべての回線が使えるのです。 そのため、地方などでネット環境を途切れずに使いたい人には不安が少なくて大きなメリットとなるでしょう。 データ通信無制限 同じモバイルWi-FiのWiMAXでもデータ通信無制限の「ギガ放題」があります。 では、どんなときもWiFiもWiMAXと同じなのかといったら、実は多少違うのです。 WiMAXの場合、3日間で10GB以上のデータ通信を行うと翌日の18時〜翌々日の2時まで通信速度が遅くなるという制限が付いてきます。 なかなか3日間で10GB以上使うことは稀ではありますが、ネットゲームやダウンロードを多く行うと意外と消費パケットも早く、気づくと速度制限がなんてことになってしまいます。 どんなときもWiFiの場合、完全無制限でネットを楽しめます。 ただ、WiFiを違法なことに使ったり、異常にデータ使ったりした場合は、制限を受ける場合もあるとはありますが、異常なほど消費しないかぎり問題ないので、基本完全無制限といって間違いないでしょう。 どんなときもWiFiの料金 完全無制限でネットを楽しめる「どんなときもWiFi」。 海外でもそのまま使え便利そうですが、やはり気になるのは月額料金。 いくら便利でも月額料金が高すぎるのであればやはり厳しいですよね。 そこで、「どんなときもWiFi」の料金体系を説明します。 まず、どんなときもWiFiには2つの支払い方法があります。 クレジットカード払い• 口座振替払い です。 どちらかを申し込みの段階で選択するのですが、同じ使い放題は一緒でも支払い方法で料金体系が違ってきます。 金額を見れば一目瞭然ですが、クレジットカード払いのほうが、月額で700円ほど安くなっており、年間で考えると8,400円も違うことになります。 速度など品質が変わるわけではないので、申し込みの際に新たにクレジットカードを作ってでもクレジットカード払いにした方が圧倒的にお得といえます。 ご覧の通り、各社で料金体系はバラバラで、更に期間限定などでキャッシュバックサービスを行っているところも多く、キャンペーンを適用次第で変わってきます。 ただ、多くのプロバイダが、いわゆる縛り(2年契約、3年契約など)があり、長期間契約すると月額料金が高くなるところもしくは安くなるところもあるので、2年間単位など長期単位で総額を見て契約するのがベターといえるでしょう。 どんなときもWiFiのメリットやデメリット どんなときもWiFiのデメリット• WiMAX回線よりやや速度が遅い 同じく場所を選ばずどこでもWi-Fi環境となるモバイルWi-Fiといえば、WiMAXが有名ですが、どんなときもWiFiはWiMAX回線を使用していません。 ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用しているのですが、ネット通信専用のWiMAXと比べるとやや速度が遅くなってしまいます。 ネットサーフィンなど通常の利用ではそこまで気になる速度の差ではありませんが、ダウンロードスピードなど高速回線を使用する場合は、やや遅さが気になるかもしれません。 端末を解約時に返却する必要がある どんなときもWiFiで使用する端末は申し込み時に無料で提供されます。 ただ、これはレンタルされるということで、解約時に端末を返却しなくてはいけません。 そのため、どんなときもWiFiを申し込んでいる期間中のみしか端末が使えず、解約後SIMカードだけを入れ替えて使うなどの使い方はできません。 多くのWiMAXプロバイダなどでも端末は無料提供のところがほとんどですが、そのまま解約後も端末はもらえる場合が多いので、返却要はデメリットといえます。 2年間の契約縛りがある 例えば、「縛りなしWi-Fi」のような縛りがなく、いつでも解約可能なモバイルWi-Fiプロバイダも存在します。 「どんなときもWiFi」の場合、2年間の契約縛りが存在します。 そのため、短期間でプロバイダを変えたり、モバイルWi-Fi自体が必要なくなる可能性がある場合は、途中で解約すると解約違約金が発生してしまします。 人が混みあっている場合に低速になるリスクが高い どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線をそのまま使用しているため、エリアは広範囲カバーできますが、あまりにも利用者が多く回線が混みあってしまうようなときに、WiMAXより混雑のため、低速になってしまうリスクが高いといえます。 どんなときもWiFiのメリット• クラウドSIMで3大キャリアすべての通信網が使える ひとつの通信会社に限らず、合った通信会社を自動で選択できる「クラウドSIM」を搭載しているため、日本国内ではドコモ、au、ソフトバンクと3大キャリアすべての通信網が使えます。 そのため、各社ごとの電波が弱いエリアなどをカバーし合えるので、より広範囲でネットを使えます。 海外でもそのまま煩わしい設定いらずで使える 日本国内だけでなく、海外でもその場所に合った通信会社を自動的に選択してくれるため、世界107か国で、SIMカードを入れ替えたり、面倒な設定変更などせずともそのままインターネットができます。 制限がなく使い放題でネットができる 利用制限がなく、完全無制限でインターネットを使うことができます。 実際、サポートに問い合わせたところ、1TB通信しても制限がかからないということで、通常の使い方ならば制限を受けることがなく安心して使い放題となります。 月額料金が安い どんなときもWiFiの月額料金は、キャンペーンを適用して、月額3,280円と、月額料金が変動することなく低額料金で使えるので安心です。 割引が月額で毎月適用される キャッシュバックのような申請をしなくてはいけなかったり、契約後数カ月後などではなく、毎月の月額料金から割引(1,130円)されるので、毎月安くなる実感があります。 サポート体制が充実 どんなときもWiFiは、海外でも対応国ならオペレーターが遠隔でサポートをしてるなど万全のサポート体制を敷いています。 また、海外で端末を紛失した場合、中古ランクA品を送ってもらえる(海外あんしん補償)があります。 どんなときもWiFiの口コミ評判 悪い口コミ評判 どんなときもwifiを購入してから4日たちました。 下り30Mbps、上り8Mbpsくらい出る。 WiMAXの方が早かったけど、無制限使い放題の魅力には勝てないな。 サービス開始したばかりなので、今後問題が無いことを願う。 — take isetake どんなときもWiFiのキャンペーン• 24か月間、月額から1,130円割引 クレジットカード払いに限りますが、キャッシュバックのように使用後数か月絶たないと申請ができない、自分で申請が必要などではなく、毎月1,000円以上安くなるので、毎月お得感を味わうことができます。 どんなときもWi-Fi購入レビュー!通信速度や使用感はどんな? docomo、au、ソフトバンクの3回線が使えてしかも、月間の通信制限なく使える話題のどんなときもWi-Fiを契約してみました。 実際の通信速度やちゃんと使えるポケットWi-Fiかどうか使用感をレビューしましたので、どんなときもWi-Fiを使ってみたい方は読み進めてくださいね。 どんなときもWi-Fiの特徴をおさらい• 通信制限がないので心配せずガンガン回線を使える• エリアによって太い回線が選択される• 3480円と料金が一律で分かりやすい どんなときもWi-Fiは上記の他にも 「海外でそのまま使えたり」「最短即日発送」などの特徴もあるのですが、自分は 「通信制限がない」「田舎でも電波が届き回線が安定する」「3480円が安い」の3点が数あるポケットWi-Fiの中でも魅力的な条件だと感じ契約しました。 どんなときもWi-Fi購入レビュー!通信速度や使用感はどんな? 制限無しで使えるどんなときもWi-Fiが本当にちゃんと使い物なるのかを契約してレビューしていきます。 2-1. どんなときもWi-Fiのロゴが入ったコンパクトなダンボールで届きました 横23cm:縦17cm:高さ9cm。 当方は直接受け取りをしたのですが、 横23cm:縦17cm:高さ9cm のサイズが収まる宅配ボックスなどがあれば宅配ボックスでの受け取りも可能かと思います。 中身がしっかりと守られていました。 付属品のストラップと充電のUSBケーブル。 充電のUSBケーブルは短く見えますが30cmあります。 どんなときもWi-FiルーターD1はWiMAXルーターのようにディスプレイがないので充電状態や電波が分かりにくいのでは?と思いますが、取説でD1の特徴が分かれば使用上は問題ないと感じています。 本体の素材としてはすべすべしているがかといって本体が滑りやすいという訳ではない。 触り心地で気になる点はなし。 本体が丸みを帯びているので持ちやすいです。 この記載されているSSIDとパスワードは管理画面から自由な文字列に変更することができますよ。 付属の充電ケーブルを使って充電することが可能です。 気持ちD1ルーターが少し小さめになっています。 見た目上どんなときもWi-Fiルーターが端から真ん中にかけてアーチ上に丸みを帯びているため中心が厚目になっています。 実際に手で持ってみて比較した感じだと厚みは体感的に差は感じないです。 iPhone7と同じくらいの厚みかと感じました。 続いては通信速度をレビューします。 千葉県八千代市で通信速度レビュー!想像以上に早いンゴ!.

次の