カット スロート アイランド。 楽天ブックス: カットスロート・アイランド

映画『カットスロート・アイランド』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

カット スロート アイランド

解説 伝説の島に眠る財宝を巡り、大冒険を繰り広げる女海賊の活躍を描いた海洋アドベンチャー巨編。 往年の海賊映画を現代に再生させた監督は「クリフハンガー」のレニー・ハーリン。 製作はハーリン、「天使にラブソングを2」のローレンス・マーク、ジョエル・B・マイケルズ、ジェームズ・ゴーマンの共同、エグゼクティヴ・プロデューサーは「クリフハンガー」「ショーガール」のマリオ・カサール。 マイケル・フロスト・ベックナー、ジェームズ・ゴーマン、ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオンの原案を、ロバート・キングとマーク・ノーマンが脚色。 撮影は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」のピーター・レヴィ、音楽はジョン・デブニー、美術は「未来世紀ブラジル」「フック」のノーマン・ガーウッド、デジタル&視覚効果は「スターゲイト」のジェフリー・A・オクンがそれぞれ担当。 主演は監督夫人でもある「愛に気づけば…」のジーナ・デイヴィスと、「ショート・カッツ」のマシュー・モディーン。 共演は「ジュニア」のフランク・ランジェラほか。 1995年製作/アメリカ 原題:Cutthroat Island 配給:東宝東和配給(パイオニアLDC提供) ストーリー 17世紀のジャマイカ。 海賊船モーニング・スター号の船長の娘、モーガン・アダムス(ジーナ・デイヴィス)は愛する父を、卑劣な伯父の海賊ドーグ(フランク・ランジェラ)に殺された。 父は彼女に、頭皮に入れ墨した古い地図を託して息絶えた。 新船長に就任したモーガンは、必ずや父の仇を討つことを誓う。 ラテン語で記された地図を解読するため、モーガンは貴婦人に変装して、奴隷市場から自称医者のウィリアム・ショウ(マシュー・モディーン)という若い男を買い取った。 しかし、彼女の正体がバレて、悪徳知事エインスリー(ハトリック・マラハイド)率いる英国の軍隊に追われる二人。 ショウの見たところ、地図はその昔、彼女の祖父がスペイン船から奪った金銀財宝が眠るのど切り島への道を示しているらしい。 モーガンはもう一人の伯父モデカイと手を組もうとするが、先回りしていたドーグ一味に捕らえられる。 ショウの機転でその場を脱出した一行は一路、目的の島を目指した。 嵐の夜、船長の座を狙うスカリーがドーグに寝返って裏切り、モーガンと忠実な部下たちは荒れ狂う海に投げ出された。 夜が明け、一命を取り留めた一行はカットスロート島へ漂着する。 ついに海岸沿いの洞窟に眠る莫大な宝を手に入れたモーガンとショウ。 だが、喜びも束の間、二人は既に上陸していたドーグ一味に宝を奪われ、断崖絶壁から海に突き落とされた。 海岸に打ち上げられたショウは、モーガンの座付き作家ジョン・リード(モーリー・チェイキン)に裏切られ、ドーグに捕まってしまう。 エインスリーと結託したドーグは、財宝を船に積んで出航した。 モーガンは単身、密かに船に乗り込んで仲間を救出、モーニング・スター号を奪取。 ドーグの船との間で、大砲撃戦が始まった。 乱戦となり、モーガンは死闘の末にドーグを倒す。 彼女はショウを救出して爆発する船から脱出に成功。 財宝も無事手に入れ、モーガンと仲間たちは新たな冒険を目指して帆を張った ネタバレ! クリックして本文を読む とにかく火薬の量が半端ない、合戦の迫力はパイカリ(パイレーツ・オブ・カリビアン)を凌ぐかもしれない。 ストーリーも女海賊と仲間たちの冒険譚、海賊の隠した巨万の財宝のありかを巡って裏切りや海軍まで巻き込んでの大騒動とくれば王道の海賊ものなのだがオーソドックスに過ぎてひねりが無い、加えてジーナ・デイビス、当時40歳、アクション・シーンはアスリート顔向けの大活躍なのだが残念ながら華がない、おばさん使いの巨匠、キャメロン監督ならもう少し面白味が出せたろう。 知らなくても良い裏話だがIMdbによると当時1億1500万弗もの製作費をかけて1千万弗の興収しか得られず爆死映画としてギネスに載ってしまったいわくつきの作品だという。 当時レニー・ハーリン監督は新妻のジーナ・デイビスにぞっこんでコメディアンヌからアクションスターに転身させるべく本作に起用した、夫の期待に応えようと頑張ったのだろう可哀想にあざや生傷が絶えなかったようだ。 製作費の肥大は映画を見れば火薬とエキストラと分かるが常時3台のカメラを回しフィルム量も馬鹿にならなかったのに加え、撮影途中でカメラマンを首にするなど仲間内でもぎくしゃくしていたようだ。 映画作りの難しさを改めて考えさせられました。

次の

🥇映画「カットスロート・アイランド」あらすじ,ネタバレ,レビュー

カット スロート アイランド

あらすじ この映画にはtoikun以外の レビューはまだありません。 アダムス家の大海賊はカットスロート・アイランドにお宝を隠して三人の息子に地図を分け与えた。 いまその兄弟の一人の娘モーガンは父の遺志と地図と船モーニングスター号を受け継ぎカットスロート・アイランドを目指すことになった。 途中、地図がラテン語で書いてあることから、ラテン語をしゃべれる奴隷ウィリアム・ショーを買い上げ、宿敵である叔父ドーグに襲われながらも、ショーが手に入れた2番目の地図により島を目指すことになった。 だがそのとき部下の裏切りに会い、モーガンと彼女を慕う部下は海の上でボートにおろされてしまい、嵐による転覆に遭うものの運良く島に流されてきた。 だがそこには、お宝を狙うドーグや植民地知事がやってくる。 果たして無事お宝を手に入れられるのか? この映画を未見の方へ: [ストーリーは最期まで表示されています] 注:劇中、字幕で『4人の兄弟で3枚の地図』という表記が出てくるが、兄弟の長兄から順に、ブラック・ハリー、モデカイ・フィンガーズ、ドーグの三人しか確認が出来ず、この三人が地図を持っていた。 他の兄弟で考えられるのはスカリーか…!? 大海賊のブラック・ハリーは実の弟であるドーグに脅されていた。 彼ら兄弟3人が持っている地図が合わさることによって、彼らの父親がスペイン人から強奪したお宝の隠し場所を示す場所が分かるのである。 ドーグは協力を求めるが、いけ好かない弟には協力できないブラック・ハリー。 ドーグは嫌気がさして兄に手をかけようとするが、そこでブラック・ハリーの娘モーガン・アダムズがドーグの船に侵入して父親を奪い去った。 そこには、兄弟たちがそれぞれ持ち併せるお宝の地図の場所が描かれていた。 父の頼みでモーガンは瀕死の父の頭皮を剥ぎ取り、その頭皮に書かれる地図を手に入れるが父親である偉大な海賊ブラック・ハリーは息絶えた。 ただし、3人の兄弟の地図を併せなければ、彼らの父親がスペイン人から強奪したお宝が隠している場所は分からない。 この3つの地図を巡って、実の兄弟の血で血を争う戦いが始まる…。 ジャマイカを植民として統べるイギリスからやってきたエインズリー知事。 使えない部下のトロッターを日々虐めては退屈なジャマイカでの生活を送る男。 この船に医師を名乗る青年ウィリアム・ショーが乗っていた。 半ば、口八兆手八丁、本当に医師免許があるのかは定かでは無いが、窃盗などを働いて役人に御用になってしまった。 一方、偉大なる船長ブラック・ハリーを失った海賊船モーニングスター号では新しい船長を決めなければいけない。 モーガンは前の船長の子供とは言え女性である。 彼女の船長就任に反対するものもモチロン大勢現れてその筆頭がスカリーであった。 だがブラック・ハリーに恩義を感じているグラスプールやブレアたちなどは、モーガンがドーグの妨害の中でも地図を手に入れたことを買って彼女をモーニングスター号船長に迎え入れた…決して一枚岩では無い船員たち…。 その昔、ブラック・ハリーたち兄弟の父親がスペイン人たちからお宝を奪って、どこともしれぬ大海原にそれを隠したのだ。 その地図を3人の兄弟にバラバラに与えた。 祖父の思惑は兄弟仲良く…だったのかもしれないが、それぞれ海賊となったブラック・ハリー、モデカイ、ドーグは反目し合い、お互いの持つ地図を奪って宝を独り占めしようと考えていたのだ。 ジャマイカのポート・ロワイヤルにやってきた新しい船長モーガン・アダムズ率いるモーニングスター号。 モーガンが手に入れた父親の頭皮の地図にはラテン語が書かれていた。 このラテン語の読み書きが出来る人物を探すためにこの島を訪れたモーガンは、盗みのヘマをして投獄中のショーと出会った。 医者を名乗りラテン語を喋ることが出来るというショーに目を留めたモーガン。 奴隷として売られるショーで彼を買ったモーガンであった。 だがこの地ではモーガンの悪評が広まっており、逮捕状が出ていたために、警官達に見つかって大騒ぎの大活劇となってしまう! 運良く逃げた後、馬車で父親の頭皮に描かれた地図を見せるモーガン。 ひょんな事からラテン語は逆さまに書かれていることが分かった。 一筋縄ではいかない仕掛け…。 一方、ジャマイカの知事を引き受けるイギリス人のエインズリーは、その地位に飽き足らず、新たな野望を胸に秘めていた。 その思い通りにならない夢もあり、ちょいとばかしムカツク部下のトロッターを虐めまくっていた。 モーガンは2番目の地図を手に入れるために、父の次兄で伯父であるモデカイのところへと足を運んだ。 モーガンへ協力をしようとしたモデカイだが、丁度そこへドーグが現れた!ドーグは宝を手に入れるためにモーガンの後をつけていたのだ。 絶体絶命!だがショーの機転で場が混乱して形勢は逆転、そして手癖の悪いショーは人知れず、モデカイが所有していた木彫りの地図を手に入れていた。 モーガンはモチロンソレを承知であった…。 大爆発と活劇の後、モーニングスター号へと戻ったモーガンたち。 腹に被弾したモーガンだが、医者を名乗るショーに介抱を頼んだ。 ショーは医者でも何でも無く、ただの一回の詐欺師なのだが、巧くモーガンの身体から銃弾を取り出すことが出来た。 すると、モーガンはショーが隠し持っている地図に関して話し始めた…。 3枚の地図のうち、2枚の地図でカットスロート・アイランドに向けて大海原を行くモーニングスター号。 だがその後ろをドーグの海賊船がつけていた…。 地図、海図、本、様々な手掛かりからショーは忍び込んだモーガンの部屋で宝物の近しい位置を突き止める。 だが、これはモーガンの罠であったのだ。 彼を泳がせて宝の本当の位置を知るという…。 また、モーガンが船長になった時に虫の居所が悪かったスカリーとは別に、モーガンの部下であるジョン・リードは伝書鳩を使って本国のエインズリー知事に宝の在処を知らせてしまう。 脅されているためにそうしなければ自分自身の命が無いのだから…。 カットスロート・アイランドに近づくと大嵐に差しかかかったモーニングスター号。 モーガンは宝のためにこのまま島へと嵐を突っ切っていくことを命令するが、部下たちの思いは固まっていない。 それでも嵐に目掛けて帆をすすめると、なんとスカリーと彼を支持する男たちが反旗を翻したのだ。 モーガンや彼女の腹心たちが荒れる海にボートで降ろされた、絶体絶命! 嵐が去った後に彼らが目覚めたのは遠くにカットスロート・アイランドが見える沖であった。 何人かの乗組員は死んでしまったが、破壊された船の残骸などにつかまって島へと上陸を果たしたモーガンたちだった…。 島へ辿り着いたモーガンたちだったが、同じく島に降り立とうとする船を見かける。 スカリーが乗っ取ったモーニングスター号とドーグたちの船であった。 スカリーはドーグに寝返ってしまったのだ。 ドーグが持つ地図は自分の持つたった一つ。 一方、モーガンとショーが共に所持しているのは二つの地図。 完璧では無いながらも彼らはお宝を目指す!そして夜になるとショーがドーグの寝室に忍び込んで彼の地図を強奪!気付いたドーグはモーガンの仕業と怒りに燃えるも、やったのはショー。 しかもモーガンには黙った言える。 洞穴に入るためにロープで上からぶら下がっていたのだが、それを逆手に取られてしまう。 一か八か、モーガンとショーは遙か真下の浅瀬へと飛び込んだ! この地には裏切り者のジョン・リードによってジャマイカの知事エインズリーもやって来ていた。 彼は恩赦を条件に手を組もうとドーグに持ちかけた。 彼も又まんざらでもない。 結局、モーニングスター号の皆が捕まってしまい、宝はエインズリーの命令でドーグの船に運び込まれた。 捕まったモーガンたちに残されるのは刑罰による死のみ…。 結末・ラスト 故郷に向けて発射したドーグの船には宝物が。 そしてそれを追うモーニングスター号は知事の部下で馬鹿にされている大尉がモーガンたちを拘束している。 反撃の機会を覗うモーガンたちは一瞬のうちにモーニングスター号を奪い返すと、相手にバレない様に変装したり隠れたりしてゆっくりと相手の船に近づく。 しかし何かを気付いたドーグは目立たないように砲手の準備を言い渡した。 そ・し・て、ドーグが船に乗っているショーを殺そうとした時、ドンパチが始まり、これ以上無い接近戦での主砲も含めた撃ち合いが始まった! 地上戦で言えば歩兵の役割である互いの乗組員たちが相手の船に乗り込んで制圧しようとする!そして激しい打ち合いが続く中でモーガン・アダムズと、彼女の父親ブラック・ハリーの仇である伯父ドーグの戦い! また最初は金目当てだったショーはいつの間にかモーガンになびいて、彼女の心配をする。 身内の海賊同士の戦いと海に沈みゆく宝物の回収…。 粉々になったドーグの船から浮かんだのはモーガンとショーだった。 父親であるブラック・ハリーが死んでから娘のモーガンが船長となり、賛成派と反対派のいざこざがあった。 大半の反対派は知事やドーグに寝返ったが、今このモーニングスター号の乗組員はモーガンを称えている。 乗組員たちもそれぞれ本音か嘘かを口にするのだが、いざ、モーガンが新たな旅立ちを宣言すると、乗組員たち全員は彼女に従いモーニングスター号で旅立つのであった…。 レニー・ハーリン監督、主演に妻 いまは離婚成立 ジーナ・デーヴィスによるアクション・アドベンチャー。 金をかけた割に大コケし、かなりの赤字を出したそうだ。 評判もよくなかったのだが、toikunとしてはとてもいい映画だと思う。 ちゃんとハラハラドキドキもあるしね。 しかしジーナさんはボロボロになることが好きなのかな? それにしてもこれと同年製作の、同じく海洋大活劇の「ウォーターワールド」も大コケした。 1年目は何故か自力で治した…すげぇ。 じゃぁ2016年の感想。 翌年の でも主演に添えた当時の奥さんジーナ・デイヴィスさん主演のアクション&プチコスプレムービー。 で、誰の奥さんかというと、ジョン・マクティアナンの の後を継いで を監督して素晴らしい才能を魅せたレニー・ハーリン。 それはシルヴェスター・スタローンと組んだ「クリフハンガー」からもよく分かるが基本的にアクション映画の監督だ。 自身は監督をしていない の製作もしている。 なお、本作の作曲家トレヴァー・ラビンではなくジョン・デブニーである。 WikiPediaの間違いだ。 デブニーは2010年代の や の作曲もしている。 キャストを紹介する。 ・主人公モーガン…後にアダムズというファミリーネームも出てくるが、演じるのは「偶然の旅行者」でアカデミー賞を受賞したジーナ・デイヴィス。 言わずとしれた監督の元奥さん。 は名作だ。 他に 主演の女性たちの野球映画「プリティ・ウーマン・リーグ」、 の気持ちを考えると複雑な心境になる 、前述の再タッグ。 他に「スチュアート・リトル」シリーズなど。 余り美しいフェイスでは無いがプリチーだなぁ。 ・医者だとぼやいていた詐欺師にマシュー・モディーン。 有名な作品と言えばスタンリー・キューブリックの「フルメタル・ジェケット」か。 他に怖い恐いマイケル・キートンが出てくる 、本物の医者、しかも内科医を演じた など。 古くはバスケコメディ。 近年は でNFLのオーナーとして登場。 ・皆裏切っちゃうけど、その典型、太った男にモーリー・チェイキン。 、 など。 映画として一世を風靡した のテレビバージョンに出演。 ・黒人の心が暖かくガッツがあるグラスプールに扮するはスタン・ショウ。 丁度先日鑑賞した でボクサーを演じていた。 他に など。 「アメリカン・ヒストリーX」や「ベスト・フレンズ・ウェディング」など。 ・お父さん、ブラック・ハリーを演じたのはベテランのハリス・ユーリン。 前回の感想の通り悪くないじゃないか。 後の の海賊映画にも繋がるようなユーモア要素もタップリで。 お猿さんのキング・チャールズとか笑っちゃうよね。 ユーモアは随所に散りばめられてアクションも凄い、幾分かの表現があるもののそれ程エロティックでは無く流してみることが出来る。 反面、苦笑いする場面があって、二隻の軍艦があんな至近距離から打ち合うこと。 この映画って16世紀位って字幕が合ったけど…不正確でごめんなさい…その頃、こんなことあったのかなぁ? まぁまぁ展開が読めて裏切られることもないから意外性もないのだが、それでもアクションとユーモアに楽しむことが出来る。 ニュアンスの違いだねぇ。 映画リンク [T's Theater]は Yahoo JAPANのカテゴリに 登録されています。 相互リンク 映画のデータベース 英語 膨大な映画のレビュー& データベースサイトです。 相互リンク 映画を沢山紹介しています。 相互リンク 新作映画情報サイト。 livedoor. ネタバレを含めてストーリーを 結末までわかりやすく解説しています。 T's Theater に掲載しているすべての文章の 無断転載、転用を禁止します。 はコチラから。 掲載している映画作品の製作年度、製作国、 アカデミー賞はに基づいています。 上映時間は劇場、DVD、ビデオ又はテレビでtoikunが見た実時間です。 DVDの場合エディションによって時間は異なります。 掲載している俳優の誕生名、誕生日、誕生地、アカデミー賞、 フィルモグラフィーはに基づいています。 このページの参照。。 改変内容:独自情報の追加。 、での商品のご購入は自己責任にてお願いいたします。 This page using Contents. Onori, and Elegant Themes. Most of them Licenses are regulated as CREATIVE COMMONS LICENSE. このページのコンテンツは 日本語です。 CREATIVE COMMONS LICENSE BY.

次の

映画『カットスロート・アイランド』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

カット スロート アイランド

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の