メニエール 病 漢方。 メニエール病の原因、症状、治療

メニエール病と漢方治療

メニエール 病 漢方

めまいや耳鳴りは、皆さんもこれまでに経験したことがあるのではないでしょうか。 めまいや耳鳴りはつらいですが、非常に多くみられる症状です。 まずは原因の病気を診断してもらい、治療することが大切ですが、めまいや耳鳴りに西洋薬が効きづらい場面もあり、漢方治療が使用させるこもと多いです。 例えば、メニエール病や副腎皮質ステロイド依存性難聴などの病気は、副腎皮質ステロイドを長期的に使用する必要がありますが、漢方薬の柴苓湯を併用することで、副腎皮質ステロイドの投与量を軽減できる可能性があります。 柴苓湯にはサイコサポインという物質が含まれており、これが副腎皮質ステロイドと構造的に似ており、副腎皮質ステロイド様の作用が期待できるからです。 めまいへの漢方治療 五苓散 内耳性の病態で、内耳障害・メニエール病、遅発性内リンパ水腫、突発性難聴で出現するめまいに効果が期待できます。 口渇、悪心、嘔吐、頭痛などの症状改善にも効果が期待できます。 柴苓湯 炎症性や内耳性急性期の病態で、前庭神経炎、メニエール病の急性期、遅発性内リンパ水腫の急性期、ハント症候群などで出現するめまいに効果が期待できます。 食思不振、胃腸障害、浮腫などの症状改善にも効果が期待できます。 桂枝茯苓丸 循環障害や筋障害の病態で、中枢性頭位めまい、椎骨脳底動脈循環不全、頸性めまいなどで出現するめまいに効果が期待できます。 肩こりなどの症状改善にも効果が期待できます。 加味逍遙散 心因性、自律神経失調の病態で、血管異常によるめまいや、心因性に出現するめまいに効果が期待できます。 不眠・不安・イライラなどの症状改善にも効果が期待できます。 小建中湯 起立性調節障害や子供のめまいの症状に効果が期待できます。 小中学生の朝の寝起きの悪さ、たちくらみ、頭痛、腹痛、全身倦怠感などの症状改善が期待できます。 疾患別めまいへの漢方治療 メニエール病 急性期の症状に対しては副腎皮質ステロイド様の効果が期待できる柴苓湯に症状改善効果が期待できます。 寛解期に入ったら、五苓散に切り替えて、再発予防効果を期待します。 動悸や不安などの症状も見られるような方は加味逍遙散や当帰芍薬散などへの切り替えもしくは併用により症状改善が期待できます。 耳鳴りへの漢方治療 五苓散 耳鳴りも主に水の滞りが原因であることが多く、利水作用(水分のバランスを整える作用)のある五苓散が症状改善に効果が期待できます。 メニエール病や、リンパ水腫でみられる耳鳴りの症状改善を期待できます。 釣藤散 高齢の方で、耳鳴りがひどくて眠れないなどの症状改善が期待できます。 頭痛や高血圧がみられる方への効果も期待できます。 牛車腎気丸、八味地黄丸 高齢者での耳鳴り、しびれを伴うような難聴、耳鳴りの症状改善に効果が期待できます。 六君子湯、半夏白朮天麻湯 気力低下や食思不振を伴うような、耳鳴りの症状改善を期待できます。 抑肝散、加味逍遙散、柴胡加竜骨牡蠣湯 心身性の不安、抑うつ気分、イライラなどを伴うめまい、耳鳴りの症状改善を期待できます。 漢方治療の効果判定 漢方治療は長期間必要といわれますが、めまいと耳鳴りの漢方治療において、早ければ3日、だいたい2週間以内で効果が出現することが多く、2週間飲んでも全く変わらなければ他の薬に変えてみるのもいいでしょう。 漢方服用時の注意点 甘草という生薬成分を含む漢方薬を継続内服することで、まれに偽性アルドステロン症という副作用がでることがあります。 特に高齢者は副作用が出やすいため、定期的な採血をすることと、内服量を少なめにするという対応が望ましいと思われます。 五苓散には甘草は含まれないので比較的安心して内服できるでしょう。 まとめ めまい・耳鳴りというなかなか通院していても改善しにくい症状に対して漢方治療は注目されています。 めまいや耳鳴りで通院していてもなかなか症状が改善しない場合は、まず五苓散を使用してみて症状改善するか評価する選択肢はありだと思います。 カテゴリー•

次の

メニエール病・めまいの症状と原因,漢方治療と対処法: メニエール病・めまいの症状と原因,漢方治療と対処法

メニエール 病 漢方

近年、その病名をよく聞くようになった「メニエール病」。 主にめまいの症状が現れることを、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 耳の中の鼓膜の奥にある内耳。 内耳には身体のバランスを保ったり、音を感じ取る部位があり、 それぞれがリンパ液でつながっています。 「内リンパ水腫」(水ぶくれ)になると、 各部位の神経が影響を受けて様々な症状が現れるようになります。 具体的な症状は? メニエール病のめまいは、数秒ではなく数分~数時間続き、 めまいとともに吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 また耳が詰まった感じや耳鳴り、聞こえにくいなどといった症状がでることもありますが、 めまいが治まると消失します。 人によって頻度も異なりますが、繰り返し起きることが特徴です。 めまいの発作が起きた時は、安静にしましょう。 自宅であれば横になって目を閉じて、心身ともにリラックスすること。 外出先なら座ったり、着ている服を緩めたり、 少しでも楽な状態にして、症状が落ち着くのを待つことが大切です。 無理をすると症状が悪化するだけではなく、 転倒したり階段から落ちたりといった、 危険な状況を招く可能性がありますので、気をつけましょう。 原因は? 睡眠不足、疲労、気圧の変化、特に心身のストレスが引き金になっている と考えられています。 治療法について 「めまい」とか耳の異状を感じた時、 先ず、耳鼻咽喉科を受診される方が多いと思います。 メニエール病と診断されると、 めまい止めや内耳の活動を改善するビタミン剤、 水ぶくれを軽減する利尿剤や血行を良くする薬が処方されます。 抗炎症薬(ステロイド)や抗不安薬が処方されることもあります。 「水をしっかり飲む」というアドバイスを受けることもあります。 しかし、それでも症状が治まらないケースが多くあります。 漢方でメニエール病の改善 なかなか治らない場合、漢方で原因を探っていくと、 胃腸で水分を消化吸収できていない「脾胃虚」、または、 腎臓の働きが弱いために水分代謝が悪い「腎虚」の体質が考えられます。 漢方には体質に合わせて「水毒」を取る処方がありますので、 胃腸を丈夫にしながら、または、腎を補いながら水毒を取っていくといいでしょう。 ところで、 めまいでお悩みの方には、冷え性でお悩みの方が少なくありません。 胃腸が弱かったり(脾胃虚)、や「腎虚」(腎陽虚)があると、「冷え性」になりやすいのです。 実際に、冷え性を改善していたら、「めまいが軽くなった」という声が少なくありません。 冷え性とめまいの関係 冷え性や低体温の人は、 体温を逃がさないように常に血管が収縮しているため、血液の流れが制限されています。 特に毛細血管の多い耳周辺は、循環機能も影響を受けやすく、結果として「水ぶくれ」になりやすいのです。 水は冷やす性質があることを忘れてはいけません。 冷え性の人が「水をしっかり飲む」ときは、 同時に冷え性を改善するべきだといえましょう。 根本からメニエール病を治す生活習慣 身体の内からしっかり温めて、冷たい飲食を控え温かい飲食にする。 また汗をしっかりかく生活を心がけることも大切です。 急がば回れ、基礎からしっかり整えていきましょう。 身体の内から温めて、気持ちのよい汗をかくことは、 実は、何よりのストレス解消にもなっているのです。 冷え性、及び冷えからくる体調不良のお悩みは、いつでもご相談ください。

次の

メニエール病と漢方治療

メニエール 病 漢方

メニエール病とは メニエール病とは、めまいや難聴などの症状を繰り返し起こす耳の病気です。 周囲がグルグル回るような回転性のめまいを発作的に繰り返すのが特徴で、難聴や耳鳴りなどの症状を伴うものをいいますが、症状の現れ方には個人差があります。 自律神経の乱れによる吐き気や嘔吐などを伴うこともあります。 メニエール病の原因 耳の奥には内耳という、聴覚や平衡感覚をつかさどる部分があり、内リンパ液で満たされています。 何らかの原因で内リンパ液が過剰になり、内リンパ水腫(内耳が水ぶくれになった状態)が起こるのがメニエール病です。 メニエール病の原因ははっきりしていませんが、ストレスや過労・睡眠不足・生活習慣などが関係すると考えられています。 メニエール病の症状 メニエール病の症状は、内リンパ水腫の程度や場所により異なります。 内耳の平衡感覚を司る部分(三半規管、自石器)の内リンパ水が過剰になることで、めまいの症状を自覚しやすくなります。 グルグルと激しく回転するような強いめまい(回転性)から、体がふわふわする感じがする(浮動性)程度のものまで個人差があります。 また聴覚に関わる部分(蝸牛)の内リンパ水が過剰になると、難聴や耳鳴り・耳が塞がるような感じなどの自覚症状が起こりますが、こちらも個人差があります。 めまいの発作は10数分~数時間続き、発作の頻度は毎日~年数回など人それぞれです。 症状を繰り返すことで難聴などが悪化することがあるので注意が必要です。 メニエール病の診断 メニエール病は診断基準があり、他の似た症状の病気と区別されます。 めまい、もしくは聴覚障害のみを繰り返す「メニエール病非定型例」と診断されるものもあります。 診断基準としては、 ・回転性(または浮動性)のめまいを発作的に繰り返す ・発作が10数分~持続するもの。 数秒・数分程度のめまいはメニエール病とは考えにくい ・めまいに難聴や耳鳴りなどの症状を伴う(自覚の有無に関わらない) ・聴力検査でメニエール病に特徴的な難聴(低音が聞こえにくい)が認められる ・他にめまいや難聴を起こす明らかな原因が見つからない などの症状があります。 問診や検査(聴力、平衡機能、眼振、等)の結果を診断基準と照らし合わせ、他の病気の可能性を除外することで診断が確定されます。 メニエール病の治療 メニエール病の根本的な治療は今のところなく、症状を軽減し発作を予防するための治療を行ないます。 薬物療法としては、過剰な内リンパ液を排出するための利尿剤、抗めまい薬、吐き気止め、内耳の循環を改善する薬、発作への不安感に用いる抗不安薬、末梢神経障害を改善するビタミン剤、聴力低下例にはステロイドホルモン、などが症状に合わせて使用されます。 薬物療法でめまいが改善されず発作が頻回に起こる場合は、手術で内リンパ液を除いたり、平衡感覚に関わる神経を切断したりすることもあります。 メニエール病にはストレスや過労が関係すると言われるため、生活習慣を見直して睡眠不足などにならないよう気を付けることも必要です。 メニエール病で使用される漢方薬治療と対策 漢方ではメニエール病は、余分な水(内リンパ液)による「水毒」や、「お血(血流の滞り)」により内耳の循環が悪いことが原因と考えます。 そのため、体内の余分な水を排出して水毒を改善したり、血液循環を良くしたりする漢方薬が中心に用いられます。 またメニエール病に良くない影響を与えるストレスが強い人には、不安感などを和らげ神経を落ち着かせる漢方薬も効果的とされます。 ・・・・体を温め、消化吸収を良くし、体内の余分な水を利尿する作用があります。 メニエール病など水毒による回転性のめまいによく用いられています。 体力があまりなく、冷えがあり、めまいやふらつき・頭痛・動悸・不安感などがある人に向いています。 ・・・・水毒に使う代表的な漢方薬です。 水分代謝のバランスを良くする作用があり、年齢・体力を問わず広く服用することができます。 体に冷えがなく、口が渇いて水分を多く摂る割に尿量が少なかったり、むくみがあるような場合に効果的です。 ・・・・胃腸の働きを整え、体内の余分な水分を排出し、めまいや頭痛・吐き気などを改善する作用があります。 体力があまりなく、日頃から胃腸虚弱や冷えがあり、めまいに吐き気や頭痛などを伴うような人に効果的です。 ・・・・全身を栄養する「血」を補い、血行を良くして体を温め、水分の代謝を良くする作用があります。 体力が弱く冷えがあり、水毒によるむくみやお血による頭痛・肩こりなどがある人のめまいに効果的です。 ・・・・自律神経に関係がある「肝」の機能を高め、ストレスによるイライラや不安感・不眠などを改善する作用があります。 比較的体力があり、水の停滞やみぞおち辺りの張った感じなどがある人に向いています。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の