生田 絵梨花 フィンランド。 生田絵梨花の巻き舌フィンランド民謡の衝撃~大使館RTとチロリアン衣装

生田絵梨花

生田 絵梨花 フィンランド

barks. 2018年ロシアワールドカップのベルギー戦で先制点を決めた原口元気選手が所属していたチームがある場所で、港湾が綺麗な町で、日本人が多く住む町です。 また、作曲家のノルベルト・ブルクミューラーやロックバンドスコーピオンズの元メンバーであるウリ・ジョン・ロート、バイオリニストの宮本笑里さんなどの数多くの芸術家を輩出した町です。 ちなみに、元フジテレビアナウンサーの内田恭子さんも出身なんだそうです。 travelbook. でも東京は、車の音、救急車の音、酔っ払いの声、そんな雑音がばかりがひしめく大都会で、生田絵梨花さんは音が怖いと言ったそうです。 また、生田絵梨花さんは3歳の時からピアノを始めました。 でも始めは苦痛でしかなかったそうです。 窓の外から聞こえる同い年ぐらいの子が遊ぶ音、でも私はピアノを練習しないといけない、同じ音ばかりを鳴らしながら。 小学生の時、生田絵梨花さんはミュージカル『アニー』を鑑賞し、舞台女優を目指すことを心に決めるのです。 そんな生田絵梨花さんは中学受験を失敗したそうです。 こんな紙切れで人生を決められるのがいやだぁ! 私は音楽で、自分のやりたい事で生きていく! 小学生の子が、そう言い放ったのです。 その時、音楽で食べていくと親に宣言し、グランドピアノを買ってもらい、ピアノのコンクールも受けていたそうです。 アイドルとピアノ、そして学業と、たくさんの事を同時進行でこなしていきました。 そして乃木坂46に受かった年である2011年はピアノコンクールでも賞をとっていました。 この年に生田絵梨花さんの人生が決まったのかもしれませんね。 アイドルとしても舞台女優としても輝く生田絵梨花さん。 20歳という今、生田絵梨花さんは音楽で、自分の好きな事で生きていく事を実現させています。 でも生田絵梨花さんはまだ夢の途中。 これからの輝かしい栄光が楽しみです。 facefrog. だし巻き卵を作ろうとIH調理器にそのまま卵を割り、昆布を置いたのです。 これは誰もが目を疑いました。 を書きたかったようですが、この愁いを帯びた目、天才としか言いようがありません。 フィンランド民謡を耳コピで歌ったり、また沖縄民謡を三線の弾き語りで歌うこともできます。 naver. 人を感動させられる歌を歌う一方で、みんなを笑いの渦に包み込む歌を歌えるのも生田絵梨花さんの特徴です。 そう、嘘も真実も駆け引きさえもいらないのです。 そのありのままの生田絵梨花さんだからこそ、みんなの和の中心にいるのでしょうね。 officeblog. ですので、仲がよく、プライベートで付き合いのあるメンバーで構成されています。 メンバーは、生田絵梨花さん、和田まあやさん、高山一実さん、能條愛未さん、川後陽菜さん、斎藤ちはるさんで、後、バナナマンの日村さん?からなるユニット軍団です。 gekko-netshopping. また、活動内容としてはディズニーに行ったり、お泊まり会をしたり、人狼をすることだそうです。 ever. それは一緒にお風呂に入る裸の付き合いができる事だそうです。 でも、僕は男だから入れないやぁ~と思ったかもしれませんが、そんな事はありません・・・・いやらしい目で見なければOKなんです(笑) だって、いやらしい目で見ない日村さんはメンバーなのですから(笑) まーそれは 冗談(嘘)ですけど! それぐらい結束力がある仲なのです。 一緒に食事を食べている間も全員ハイテンションで会話が止まりません。 生田絵梨花さんも荒れだすし、オーバーリアクションでした。 その度にみんなが大爆笑していました。 本当に仲良くなければそうはならないですよね。 まさに心まで裸の付き合いをしているチューリップだと感じられました。 html」 乃木坂46結成当初、中学3年だった、生田絵梨花さん、斎藤ちはるさん、中元日芽香さんの仲良し同級生トリオです。 プライベートでもよく遊ぶという3人。 3人のノリは、生田絵梨花さんが騒ぐと、それに斎藤ちはるさんがノリ。 そして中元日芽香さんは距離を置くという感じです。 これがいつもの3人の空気感のようです。 そして生田絵梨花さんの声に中元日芽香さんがハモって、斎藤ちはるさんが踊るという日頃の3人が見てとれます。 facefrog. だから自信もって大丈夫。 見ている人はちゃんといるから。 味方は全国民。 だからそのまま歩いて行きなさい」 これは卒業する中元日芽香さんに生田絵梨花さんが贈った言葉です。 中元日芽香さんは乃木坂46を卒業して芸能界を引退して、新しい世界へと踏み出しました。 そんな決断も、生田絵梨花さんが背中を押してくれたからなのではないでしょうか。 戦後73年、広島の世界最大の悲劇から73年、日本は世界1位の生活水準を手に入れました。 自分が苦しんで悩んだ負の遺産と平和のハトが飛び立つ青空は、中元日芽香さんの未来が輝いている証拠なのでしょうか。 そして、2018年7月16日。 この日を持って、斎藤ちはるさんが乃木坂46を卒業致しました。 生田絵梨花さんは切磋琢磨できたいい仲だと公式ブログの中で話していました。 中3組は別々になってしまいますが、どんなに離れていても空は繋がっている。 きっといつも3人は同じ時を瞬間を生きているのでしょう。 生田絵梨花さんと過ごせる、その瞬間やその時間は、一緒にいる人、すべてを楽しくさせていると思います。 生田絵梨花さんがいるから空は青い。 生田絵梨花さんといると空を見上げる事ができる。 今を生きるんだと。

次の

しゃべくり007 フィンランド民謡が面白すぎ!乃木坂46生田絵梨花が話題!2018年4月30日

生田 絵梨花 フィンランド

生田絵梨花さんといえば、今やトップアイドルグループとなった乃木坂46の中心メンバーとしてはもちろん、近年では ミュージカル、舞台女優としてもめざましい活躍をしています。 最近では音楽番組「ミュージックステーション」で、山崎育三郎さんと共にMステ史上初となるミュージカル曲を披露して話題になりましたね。 乃木坂46について詳しくない方には、テレビやミュージカルに新星のように現れた印象があるかもしれません。 しかし「人気のアイドルだから」というだけの理由で、彼女が表舞台に立ち始めたわけではありません。 本記事では、生田さんの出演ミュージカル一の紹介と舞台女優としての評判、そして舞台で活躍し始めるまでの影の努力をプロフィールと共にまとめています。 スポンサーリンク 生田絵梨花さん出演ミュージカルまとめ 「虹のプレリュード」 原作:手塚治虫 演出:上島雪夫 主催・製作:ネルケプランニング 2014年10月から天王洲銀河劇場で開催された「虹のプレリュード」でミュージカル初主演を務めます。 「虹のプレリュード」は手塚治虫原作のマンガを舞台化し、ロシアに侵略されつつある19世紀ポーランドが舞台。 恋に音楽に、祖国への愛に命を燃やす芸術家たちの姿が描かれ、生田さんはヒロインのルイズ役を熱演しました。 本格的なミュージカルは初主演ということで 「当時の私は、歌い方も分からないし、せりふの抑揚とか、立ち姿とか、一から教わりました。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 当時まだ若干17歳。 まだ少女っぽさの残る生田さんの男装姿がハマっていました。 歌、演技に加えて、得意のピアノ演奏も行いました。 「リボンの騎士」 原作:手塚治虫 演出:上島雪夫 主催・製作:ネルケプランニング 2015年11月、手塚治虫原作によるミュージカル「リボンの騎士」に出演。 男と女の両方の心を持つ女の子でありながら、王子として育てられた主人公サファイヤ役を演じました。 (同じ乃木坂46のキャプテン・桜井玲香さんも魔女の娘・へケート役で出演) 透明感溢れる気高い役どころは、 生田さん自身が持っているキャラクターとも合っていて魅力的でした。 アイドル・生田絵梨花だから掴んだ仕事とはいえ、乃木坂46はこの年結成から5年目にして初の紅白出場を果たしたばかり、まだまだ知名度が無い中での舞台でした。 「ロミオ&ジュリエット」 原作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:小池修一郎 主催・製作:東宝 他 2017年1月から上演された「ロミオ&ジュリエット」では、ジュリエット役にWキャストで抜擢。 人気もありスタンダードな演目に出演するということで、メディアでも注目が集まりました。 演技と歌唱力について、Wキャストの木下晴香さんの評判も高かったようですが、生田さんも可愛らしいビジュアルと雰囲気がマッチしていました。 ミュージカルファンも観劇する演目ゆえに、「アイドルが・・・」というプレッシャーもあったはずです。 ミュージカルファンからは期待半分・不安半分で見られたはずですが、 初々しさやキラキラ感、伸びのある高音がヒロインの役柄とあっていて好印象を残していました。 【追記】 2019年2月から公演される「ロミオ&ジュリエット」に生田絵梨花さんの再演が決定。 前回と同じジュリエット役での出演となります。 成長した姿が楽しみですね。 「レ・ミゼラブル」 原作:ヴィクトル・ユゴー 演出:ローレンス・コナー、ジェームズ・パウエル 主催・製作:東宝 日本初演30周年として2017年5月から公演された「レ・ミゼラブル」。 この歴史あるミュージカルの代名詞とも言われる作品に、生田さんはコゼット役でトリプルキャストの一人として出演しました。 (コゼット役は生田さんの他、小南満佑子さん、清水彩花さん) コゼットは、不遇な少女時代はあるものの、主人公ジャン・バルジャンにたっぷりの愛情で裕福に育てられたお嬢様という役どころで、前作のジュリエット役に続いて生田さん自身にぴったりの配役。 ミュージカルデビュー3年目にして、聖地「帝国劇場」に立つことになりました。 生田さんにとってレ・ミゼラブルは小学4年生の時に観劇してからずっと、いつかコゼット役を演じたいと声楽を学び始めたほどの夢にまで見た作品。 「アイドル活動も『ミュージカルやステージが好き』という気持ちの延長線上にあって。 乃木坂46のメンバーとして活動する中でも、『レミゼ』に出たいという気持ちは無くなるどころかますます強くなって消えませんでした」 共演した森公美子さんは、生田さんにこんな期待を寄せています。 「「堂々としてさすがですよね。 歌いながら踊ってるのをいつもやってらっしゃるから、本当にミュージカルに向いているんですよ」と称賛。 「音大出てらっしゃるからすごくいいピッチで音程がよく、きっと性格もいいんでらっしゃるから。 本当にすばらしいと思いました」と感想を述べた。 」 【追記】 2019年公演もコゼット役での続投・再演が決定しています。 「モーツァルト!」 原作:ミヒャエル・クンツェ 演出:小池修一郎 主催・製作:東宝 2018年5月に帝国劇場で初日を迎えた「モーツァルト!」。 生田さんは、主人公ヴォルフガング(アマデウス・モーツァルト)の妻・コンスタンツェを演じました。 (平野綾さん、木下晴香さんとのトリプルキャスト。 過去には女優の松たか子さんやソニンさんも演じた役柄) 過去に出演した作品では清廉なヒロイン役が多かった生田さんですが、本作では自由奔放で気性の激しい悪妻とも言われるコンスタンツェ役。 生田さんのイメージとは違う役柄ということで、 彼女にとっても大きな挑戦だったのではないでしょうか。 実際、公演前の取材ではこう語っています。 「オーディションのときも自分とはタイプが違うのではないかと思って、それでもできる限り、精一杯やらせていただいたんですけど、それくらい自分でも、お客様にとっても、今まで演じてきた役だったり、自分の普段の感じからは想像ができないんじゃないかなと思います」 そして公演後の記事においても「自身の課題は?」という質問に対して、驕ることなくこう語っています。 「声の幅ですね。 〜中略〜 レジェンドの方々は役の年齢や感情によって使い分けていますね。 私はもともと声質が高めで張っているので、その声のままいくら感情を込めて悲しく歌っても伝わらないんです。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 生田さんも堂々と演じられていたと思いますが、同じコンス役(ベテランの平野綾さんや同じ若手枠の木下晴香さん)と比べられることもあったのでしょうね。 特に木下さんとは、今後も良きライバルとしてミュージカル界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。 「グレート・コメット」 2019年1月5日(土)~27日(日) 東京都 東京芸術劇場 プレイハウス 2019年1月から上演されるミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」にナターシャ役で出演することが決定。 グレート・コメットは、2017年トニー賞最多12部門ノミネート。 ブロードウェイを席捲した革新的ミュージカルの日本初演ということで、生田さんへの期待の高さが伺えます。 「ロミオ&ジュリエット」 2019年2月23日(土)〜3月10日(日) 東京公演・東京国際フォーラム 2019年2月から上演される「ロミオ&ジュリエット」への出演が決定。 2017年公演に続いてジュリエット役を演じます。 生田さんが出演するのは、東京公演、大阪公演となります(愛知公演は出演しないとのこと)。 「レ・ミゼラブル」 2019年4月19日(金)〜5月28日(火) 帝国劇場 2019年4月から上演される「レ・ミゼラブル」全国5大都市ツアー公演にコゼット役で出演することが決定しています。 2017年の30周年公演に続いての再演。 帝国劇場を皮切りに、名古屋(6月)、大阪(7月)、福岡(8月)、北海道(9月)での公演が予定されています。 生田絵梨花さん舞台女優としての評判、歌唱力とその魅力 乃木坂46のグループ内やファンの間では、高い歌唱力と音楽センスで評判の生田さん。 しかしミュージカルというプロの舞台ではまだ新人です。 この点については、本人もこう話しています。 「本当に実力がある人はごまんといるし…。 その人たちは十数年かけてその道を究めているわけで、私はミュージカルを始めてからまだ3年とか…。 歌をちゃんと習い始めて2年弱。 まだこれからだ、っていう希望を持って、とにかく継続するしかないんです。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) と謙虚に自己評価をしています。 (乃木坂46のメンバーはこういう所が本当にみんないい子なんですよね。。。 そして彼女のすごいところは、ただ謙虚なことだけではありません。 アイドルであることを言い訳にするわけでもなく、逆にアイドルとして参加しているからこそ求められる役割も自覚的にちゃんと受け入れている節もあります。 (ミュージカルが好きだからこそ、ミュージカル界にも貢献したいという気持ちがあるのでしょうね そして注目度の高いアイドルが本気で舞台に挑戦しているということで、ミュージカル界の期待も高いようです。 2017年6月には、音楽・演劇界の明日を担う人材や、その向上・発展に功労のあった人物に授与される「岩谷時子賞」を受賞しました。 「こんな素敵な賞をいただいてしまって 恐れ多さと光栄な気持ちでいっぱいです。 どこの現場に行っても自分はまだまだ実力は一番下で 周りは私にとって先生みたいな方ばかりです。 そんな中で私が賞を頂くなんて震える思いですが 私が出演することで 知らない世界だけど覗いてみようと興味を持ったり 実際に観に来てくださった皆さんのパワーのおかげだと 思っています。 」 出典: そして「ロミオ&ジュリエット」「モーツァルト! 」で演出を手がける小池修一郎さんも生田さんをこう評しています。 「平成も終わろうとしている今に、こんなに「穢れない純粋さ」と「おごらない美しさ」を持っていることは大変な衝撃でした。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 一方、生田さんの女優としての特長として 「最初はかたくなな感じで、稽古での演技でも生硬(せいこう)なんです。 」 「今の若さゆえの硬さというのは最大の魅力であり武器になっていると思います。 これがこなれていった時、初々しさではもう通用しなくなった時にどういう方向にいくのか? というのが分かれ目になると思う」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) かつてインタビューで、学生時代に 「この子は真面目でしっかりしている」と見られがちな点をコンプレックスとしてあげていた生田さん。 自身でも表現力を課題にあげています。 バラエティ番組などでの活躍を見ると笑いへの対応力はむしろ高く、決して真面目一辺倒ではないのですが、根っこの部分が真面目で負けず嫌いなんでしょうね。 乃木坂46の活動でも初期の頃は笑顔が苦手で、口は笑ってるけど目が笑っていないと言われることの多かった生田さんですが、 最近はすっかり表情も柔らかくとても魅力的になっています。 今後さらに経験を積んでどのように変化し成長していくのか、すごく楽しみですね。 いつも課題を克服してきた生田さんなので、必ず成長してくれるのではないかと思います。 その理由は ・生田さんが今後も舞台を続けていくことに本気なこと ・音楽の道で生きてく覚悟を決めていること です 「まだミュージカルの世界に足を踏み入れたばかりなので、これを何十年も積み重ねられる人間になりたいです。 ずっと続けていきたい。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 何十年! 小学2年生の頃から夢見ていた世界。 舞台への愛と覚悟の本気度が伺えますね。 次になぜ生田さんが、ミュージカルの世界を目指すことになったのか? 生い立ちから舞台女優を目指すきっかけになった出来事、そして乃木坂46に入りミュージカルの仕事を掴むにいたるまでを紹介します。 スポンサーリンク 生田絵梨花さんプロフィール~舞台女優への道のり~ 愛称:生ちゃん 生年月日:1997年1月22日 血液型:A型 身長:160cm 出身地:ドイツ(デュッセルドルフ) 特技:ピアノ 生田さんはドイツ(デュッセルドルフ)で生まれます。 4歳からピアノを習い始め、5歳の時に東京に戻ってきます。 ピアノは日本クラシック音楽コンクールに入選するなど本格的な腕前で、乃木坂46のライブでも披露するなどグループの特長の一つにもなっています。 そして 音楽やステージへの憧れのきっかけとなったのが、小学2年生の頃に母親と一緒に青山劇場で鑑賞したミュージカル「アニー」。 それが舞台の世界を目指す原体験となります。 また小中の頃は、ピアノ以外にもクラシックバレエ・英語・数学など、毎日習い事に通う日々を送り、中学校では学級委員もつとめるなど、絵に描いたような優等生。 そして中学2年生の時に、乃木坂46の1期生オーディションに応募して、見事に合格します。 グループでは「天才少女」と呼ばれ、1stシングル「ぐるぐるカーテン」からフロントメンバーをつとめ、10thシングル「何度目の青空か?」ではセンターも経験、その後も中心メンバーとして活躍しています。 これだけ見ると順風満帆すぎる道のりですが、決してそんなことはありませんでした。 …夢見る少女の挫折 小2の頃にミュージカルを見て舞台上の世界に魅了された生田さん。 ステージに立ちたいという憧れは夢になり、実際に舞台のオーディションを受け始めます。 しかし結果は惨敗・・・ 「少5でジュニアミュージカルに初めて立って、その後もいろいろ舞台のオーディションとか受けてました。 でも、落ち続けてましたね。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 芸能はいわばスポーツと同じでプロの世界。 才能のある子が人一倍の努力と運に恵まれて、それでも表舞台に立てるかという厳しい世界です。 夢見る幼い少女は、厳しい現実を目の当たりします。 「私はほとんど経歴もないし、相手の反応も薄くて、「はい、ありがとうございました」って。 全く必要とされたないんだな、って思いました。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) オーディションを受けては落ちるという挫折を味わっていた生田さんですが、 当初アイドルになるという考えはなかったそうです。 しかし、たまたま見ていたテレビで乃木坂46の募集を知り「歌、ダンス、ステージ」という共通点を見出し、母親に知らせた上で自らオーディションに応募します。 これは推測ですが、アイドルグループという道はおそらく彼女の本意ではなかったと思うんですよね。 なぜなら彼女のやりたかったミュージカル女優とアイドルグループとでは、明らかに道が違うわけです。 生田さんが 乃木坂46に「共通点を見出し、応募した」のも、「このままストレートに舞台を目指していても叶わない」という、少女なりの苦渋の思い(?)があったのではないでしょうか。 彼女は乃木坂46に応募した理由として、こんなことも言っています。 みんな一緒に始められるんだって。 だったらここでチャレンジしてみようって」 出典: この言葉は小学生時代、すでに子役として活躍し経歴があった子たちにオーディションで負け続けた過去があったからかもしれません。 横一線で始められるところに希望を感じたのではないでしょうか。 そして小学2年生の時に夢見た舞台とは違うけれど、 ステージ立つという夢を諦めず「回り道」ではあるけれどチャンスを掴みます。 …音楽の道とアイドルの狭間での葛藤 乃木坂46に入ると生田さんはすぐに中心メンバーとなりました。 のちに音楽大学へ進学できるほどのピアノの技術、そして歌唱力や演技力もファンの間で高く評価されます。 ミュージカルを目指していた生田さんにとっては、 幸運にも乃木坂46は舞台や演劇要素をコンセプトに加えたグループとして活動を始めます。 (偶然か必然かわかりませんが、もしかしたらオーディションに合格した生田さんを含むメンバーを見て、秋元康さんや運営が舞台もできると思ったのかもしれませんね そして乃木坂46がデビュー直後から行なっていた「観客が審査して舞台に出演するメンバーを選ぶ」という、オーディション型のミュージカル「16人のプリンシパル」では、生田さんは絶対的な支持を受け常にトップに立つ活躍を見せます。 しかし乃木坂46に加入してから3年、 生田さんはグループを辞めようか迷っていたそうです。 アイドルに向いてないかもしれない、という思いもあり 「高校3年で受験だったんです。 やっぱり音大に入りたくて・・・。 『両立はもう限界だ』と思っていました。 」 出典: もともと生田さんは音楽大学を目指していました。 夢を叶えるための音楽の勉強と、夢への一歩目であるアイドルの活動、その狭間での葛藤もあったのでしょうね。 しかし音大に入るには、毎日5時間以上練習を続けていなければ難しいと言われています。 そして彼女は 「活動の一時休業」という選択をします。 しかしこの時、生田さんの夢であったミュージカルの仕事のオファーが舞い込んできます。 「驚きました。 ミュージカルは、私が乃木坂46に入る前からの目標だったので。 受けるかどうか本当に迷いました。 」 出典: タイミングが良いのか悪いのか、オファーを受ければ受験のために一日数時間のレッスンがある中で舞台の稽古もしなければなりません。 しかし、彼女は受験と同時にミュージカルのオファーも受けることを決めます。 当然、 レッスンと舞台の両立は困難を極め、睡眠時間が1日平均3時間という日々が毎日続いたそうです。 そして見事、音楽大学の合格とミュージカル初主演という夢を掴み取ります。 そこからはご存知の通り、ほぼ毎年のようにミュージカルの舞台に立つようになります。 最初は乃木坂46というアイドルだからこそ掴めた舞台の仕事かもしれません。 それでも 幼い頃から目指していたステージに「回り道」をしながらも辿りついた生田さん。 まだまだ若いですし、これからの活躍にますます期待したいですね! (ちなみに大学は、俳優の山崎育三郎さんや松下奈緒さんと同じ学校とのことです。

次の

しゃべくり007 フィンランド民謡が面白すぎ!乃木坂46生田絵梨花が話題!2018年4月30日

生田 絵梨花 フィンランド

[目次]• 高スペックな天才出現! 生田絵梨花は海外生まれという事もあるので、日本語はもちろん、英語も話せるそうです。 また、音楽センスも抜群な点は、某番組に出演した際のピアノも専門家から素晴らしい評価からも伺える所です。 生田絵梨花は親戚に音楽プロデューサーとして有名な故・佐久間正英氏がいる事も理由の一つなのでしょうけれども、生まれ持った才能と努力の成果が今の生田絵梨花の姿に表れているのでしょう。 アイドル要素が十分なルックスはもとより、広いジャンルの才能をまだ隠し持ってるかもしれません。 天才の域に達してるとも言える生田絵梨花ですが、実は意外な一面をお持ちでした。 それは、絵心です。 感性と表現した方が正しいかもしれません。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 生田絵梨花が笑いを取りに行ってるのかもしれないですが、生田絵梨花のイメージとは違った一面も魅力の一つでしょう。 ルックス、スキル、意外性とこれだけの高スペック持ちのアイドルは中々いません。 blog. html 普段、天使のようなアイドル生田絵梨花ですが、時には油断した素の表情も見せてくれるんです。 そう、こんな時ですよね 笑 すごい表情です。 この表情は演技でも中々出来ないのではないでしょうか?これはラーメンを食べてるだけだと思うのですが、実際に何が起こっているのでしょう?事実は本人しかわからない所ですが、普段の生田絵梨花からは想像もつかない一面を見せてくれてますね。 生田絵梨花の長所と言えば、良い所、苦手な所も合わせて素直にさらけ出せる事だと私は思います。 自分の魅力を理解しての行動と思える様な姿から、自信の現れとも取れるでしょう。 普通、短所は隠したがるものですが、生田絵梨花は苦手な事などを私達に見せてくれるので、ファンにとっても非常にありがたいです。 一方、自然な表情やしぐさ、行動をそのまま見せている分、生田絵梨花をあまり知らずに見ている方にとっては天然に見える姿が演技と思わされるのかもしれませんね。 naver. 以前行われたFNS歌謡祭に生田絵梨花が出演した時、朱のドレスに身を包んでピアノを弾く姿をみて『天使すぎる!』『さわやか!』『笑顔が最高!』等、ネットでも凄く反響がありました。 確かに堂々として素晴らしい演奏でした。 ルックスだけでなくピアノ演奏でも素晴らしい技術を披露してくれたので、視聴者がそう表現するのも当然の事でしょう。 足を止めて見とれちゃいますね。 どこかで生田絵梨花を見かけてしまった時は、くれぐれもよそ見運転、よそ見歩きなどはしないよう気を付けて下さい。 さて、天才的なスペックを持っている、天然でもあり天使すぎるアイドル『生田絵梨花』についてお話ししてきましたが如何でしょうか? 結論としては天然でもあり、天使でもあるという事ですね 笑 上手く伝えられてたら嬉しいです。 今後、生田絵梨花がアイドルとしてどう成長していくのか、見守っていこうと思います!.

次の