ワイモバイル解約月。 【ワイモバイル】データ増量オプションを解約する方法

ワイモバイルは解約金廃止で縛りなし!スマホプランは解約金に注意

ワイモバイル解約月

正確にいうと、初月無料のオプションです。 Tポイントが最大12倍貯まるエンジョイパックなどがこれにあてはまります。 そういうオプションは、月初に申し込みするのも、月末に申し込みするのも同じ1ヶ月分の料金が取られるので、どうせなら月初に申し込みがお得ということになります。 今回は、こんなワイモバイル Ymobile の初月について、もう少し詳しく解説していきたいと思います! Contents• ワイモバイル Ymobile の初月っていつのこと? ワイモバイル Ymobile の初月は、契約開始日を含む月のことを言います。 契約開始日とは何かというと、ワイモバイル Ymobile に申し込みをした後、ワイモバイル Ymobile のSIMに切り替わった時点のことです。 オンラインでの申し込みから契約開始日までの大まかな流れは、以下のようになります。 オンラインで申し込んでから、翌日〜翌々日で審査完了• 審査完了後、最短2日で商品を受取れる• 商品を受け取ってから、2日後にワイモバイル Ymobile に自動切り替え つまり、8月20日にオンラインで申し込んだら、8月24日辺りが契約開始日となります。 この場合、8月が初月となります。 オンライン申し込みから4日前後が契約開始日、つまり初月と考えれば良いですね。 ワイモバイルの初月は日割り計算! ワイモバイル Ymobile の初月の基本料金は日割り計算になります。 ワイモバイル Ymobile 側の初期費用は、何日に契約しても使った日数分だけ支払うことになるので、特に気にする必要はないでしょう。 【解約月の月額料金は満額請求】 ワイモバイル Ymobile は初月は日割りですが、解約月の月額料金は丸々請求されます。 月初に解約しても、月末に解約しても、支払う料金は変わらないので、解約の場合は、月末に解約する方が同じ料金で沢山使えておトクということになります。 解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金を節約 むしろ、ワイモバイル Ymobile 契約のタイミングでよく考えた方がいいのは、docomo、au、ソフトバンクなど現在使っている携帯電話会社の月額料金です。 docomo、au、ソフトバンクは、締め日を過ぎると、月額料金が丸々請求されるため、スマホの場合、8,000〜9,000円余計に取られることになってしまいます。 なので、月末に解約するのがベストです。 そうすると、• 【ソフトバンクは20日締めの方も結構多い】 docomo、auは全員月末締めですが、ソフトバンクだけは、人によって締め日が違い、20日締めの方が結構います。 締め日をバラバラにすることにより、気付かない内に翌月分の月額料金も取ってしまおうという恐ろしい商売の仕組みですね。 解約はMNPの場合と違い、ショップのみで受付で、即時解約になります。 ワイモバイル Ymobile は、完全新規契約になるのでいつ申し込んでもOKです。 更新月まで待った方がいい?即MNPの場合とかかる費用を比較! 「ワイモバイル Ymobile は安いのは分かるけど、更新月がまだ来てないから、更新月が来てから考えようと思ってます」 という方がいらっしゃいますが、更新月まで待って解約しないと損というのは、docomo、au、ソフトバンクが仕掛けた罠です。 以下で、スマホ URBANO L03を使っている場合を考えてみます。 少しでも早く、docomo、au、ソフトバンクの高額な月額料金から逃れた方が安くなるので、解約違約金や端末の残債などはあまり問題ではないんです。 そのくらいdocomo、au、ソフトバンクの月額料金は高いということなんですね。 オプションは未加入がベスト、初月無料オプションに加入の場合は月末解約! ワイモバイル Ymobile のオプションには以下のようなものがあり、初月無料と書いてあるものは、月末までの利用料がかかりません。 なので、初月無料のオプションをお試しで利用する場合は、 月末に解約すれば料金がかかりません。 8月20日に申し込んで24日に回線が切り替わったら、8月31日までが初月無料期間です。 正直言って、月の下旬〜月末にdocomo、au、ソフトバンクを解約するのがおトクとなので、そうした場合、オプションが利用できるのは1日〜5日程度となり、オプションを利用している期間がほとんどありません。 沢山入ってしまって、解除し忘れというのも泣けるので、基本的には、 オプションは何も入らないでおくのが正解だと思います。 エンジョイパックは、以下の2つの特典がついて500円で初月無料なのですが、• コールセンターに確認したのですが、翌月10日頃までエンジョイパックに加入していないと、データ容量500MBはもらえないみたいなんです。 ワイモバイル Ymobile は締め日が月末で、支払いの確定が10日頃なので、10日までエンジョイパックに加入していることがデータ容量500MBはもらえないという説明をされました。 分かったような分からないような説明だったのですが、オプションの初月無料であんまり美味しい思いをさせてくれないのがちょっと残念ですね。 まとめ 1 ワイモバイル Ymobile の初月っていつのこと? ワイモバイル Ymobile の初月は、契約開始日を含む月のことです。 ワイモバイル Ymobile のオンラインショップで申し込んでからだいたい4日前後で、SIMが切り替わるので、SIMが切り替わったタイミングが初月となります。 2 ワイモバイルの初月は日割り計算! ワイモバイル Ymobile の初月の月額料金は日割りとなるので、いつ申し込んでも使った日にち分のみの支払えばいいので、申し込みのタイミングで損得がでることはありません。 3 解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金を節約 気を付けた方がいいのが、解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金です。 docomo、au、ソフトバンクの月額料金は締め日を跨ぐと翌月分を支払う羽目になるので、なるべく月末までに解約するようにしましょう。 MNPの場合は、ワイモバイル Ymobile のSIMに切り替わったタイミングがdocomo、au、ソフトバンク解約のタイミングになるので、配送日などから逆算して、20日〜25日にオンライン申し込みを完了させると、月末までに解約が処理され、docomo、au、ソフトバンクの翌月分の月額料金を支払わなくて済みます。 4 更新月を待つより、すぐにワイモバイルにMNPした方がおトク! 更新月になるまでdocomo、au、ソフトバンクで契約し続けるのは、損で、端末の残債が残っていてもなるべく早くワイモバイル Ymobile に契約した方が、節約効果は高いです。 5 オプションは未加入がベスト、初月無料オプションに加入の場合は月末解約! オプションは基本的には未加入がいいでしょう。 初月無料のオプションの場合は、月末までに解約すれば、料金はかかりません。 月を跨いでしまうと、オプションの料金が発生してしまうので注意しましょう。 ワイモバイル Ymobile の初月は日割りなので、ワイモバイル Ymobile 側の月額料金はいつ申し込んでも損得はありません。 MNPの際は、どちらかと言うと、docomo、au、ソフトバンクの月額料金を意識した方が良く月末までに解約して、翌月分の月額料金を発生しないようにするのがコツです。 そのためには、 20日〜25日にワイモバイル Ymobile のオンラインの申し込みを完了させると、ちょうど月末辺りにワイモバイル Ymobile のSIMに契約が切り替わるので、二重請求なく月額料金を最小限に抑えることが出来ます。

次の

ワイモバイルのポケットWiFi解約方法!違約金・契約期間は?

ワイモバイル解約月

正確にいうと、初月無料のオプションです。 Tポイントが最大12倍貯まるエンジョイパックなどがこれにあてはまります。 そういうオプションは、月初に申し込みするのも、月末に申し込みするのも同じ1ヶ月分の料金が取られるので、どうせなら月初に申し込みがお得ということになります。 今回は、こんなワイモバイル Ymobile の初月について、もう少し詳しく解説していきたいと思います! Contents• ワイモバイル Ymobile の初月っていつのこと? ワイモバイル Ymobile の初月は、契約開始日を含む月のことを言います。 契約開始日とは何かというと、ワイモバイル Ymobile に申し込みをした後、ワイモバイル Ymobile のSIMに切り替わった時点のことです。 オンラインでの申し込みから契約開始日までの大まかな流れは、以下のようになります。 オンラインで申し込んでから、翌日〜翌々日で審査完了• 審査完了後、最短2日で商品を受取れる• 商品を受け取ってから、2日後にワイモバイル Ymobile に自動切り替え つまり、8月20日にオンラインで申し込んだら、8月24日辺りが契約開始日となります。 この場合、8月が初月となります。 オンライン申し込みから4日前後が契約開始日、つまり初月と考えれば良いですね。 ワイモバイルの初月は日割り計算! ワイモバイル Ymobile の初月の基本料金は日割り計算になります。 ワイモバイル Ymobile 側の初期費用は、何日に契約しても使った日数分だけ支払うことになるので、特に気にする必要はないでしょう。 【解約月の月額料金は満額請求】 ワイモバイル Ymobile は初月は日割りですが、解約月の月額料金は丸々請求されます。 月初に解約しても、月末に解約しても、支払う料金は変わらないので、解約の場合は、月末に解約する方が同じ料金で沢山使えておトクということになります。 解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金を節約 むしろ、ワイモバイル Ymobile 契約のタイミングでよく考えた方がいいのは、docomo、au、ソフトバンクなど現在使っている携帯電話会社の月額料金です。 docomo、au、ソフトバンクは、締め日を過ぎると、月額料金が丸々請求されるため、スマホの場合、8,000〜9,000円余計に取られることになってしまいます。 なので、月末に解約するのがベストです。 そうすると、• 【ソフトバンクは20日締めの方も結構多い】 docomo、auは全員月末締めですが、ソフトバンクだけは、人によって締め日が違い、20日締めの方が結構います。 締め日をバラバラにすることにより、気付かない内に翌月分の月額料金も取ってしまおうという恐ろしい商売の仕組みですね。 解約はMNPの場合と違い、ショップのみで受付で、即時解約になります。 ワイモバイル Ymobile は、完全新規契約になるのでいつ申し込んでもOKです。 更新月まで待った方がいい?即MNPの場合とかかる費用を比較! 「ワイモバイル Ymobile は安いのは分かるけど、更新月がまだ来てないから、更新月が来てから考えようと思ってます」 という方がいらっしゃいますが、更新月まで待って解約しないと損というのは、docomo、au、ソフトバンクが仕掛けた罠です。 以下で、スマホ URBANO L03を使っている場合を考えてみます。 少しでも早く、docomo、au、ソフトバンクの高額な月額料金から逃れた方が安くなるので、解約違約金や端末の残債などはあまり問題ではないんです。 そのくらいdocomo、au、ソフトバンクの月額料金は高いということなんですね。 オプションは未加入がベスト、初月無料オプションに加入の場合は月末解約! ワイモバイル Ymobile のオプションには以下のようなものがあり、初月無料と書いてあるものは、月末までの利用料がかかりません。 なので、初月無料のオプションをお試しで利用する場合は、 月末に解約すれば料金がかかりません。 8月20日に申し込んで24日に回線が切り替わったら、8月31日までが初月無料期間です。 正直言って、月の下旬〜月末にdocomo、au、ソフトバンクを解約するのがおトクとなので、そうした場合、オプションが利用できるのは1日〜5日程度となり、オプションを利用している期間がほとんどありません。 沢山入ってしまって、解除し忘れというのも泣けるので、基本的には、 オプションは何も入らないでおくのが正解だと思います。 エンジョイパックは、以下の2つの特典がついて500円で初月無料なのですが、• コールセンターに確認したのですが、翌月10日頃までエンジョイパックに加入していないと、データ容量500MBはもらえないみたいなんです。 ワイモバイル Ymobile は締め日が月末で、支払いの確定が10日頃なので、10日までエンジョイパックに加入していることがデータ容量500MBはもらえないという説明をされました。 分かったような分からないような説明だったのですが、オプションの初月無料であんまり美味しい思いをさせてくれないのがちょっと残念ですね。 まとめ 1 ワイモバイル Ymobile の初月っていつのこと? ワイモバイル Ymobile の初月は、契約開始日を含む月のことです。 ワイモバイル Ymobile のオンラインショップで申し込んでからだいたい4日前後で、SIMが切り替わるので、SIMが切り替わったタイミングが初月となります。 2 ワイモバイルの初月は日割り計算! ワイモバイル Ymobile の初月の月額料金は日割りとなるので、いつ申し込んでも使った日にち分のみの支払えばいいので、申し込みのタイミングで損得がでることはありません。 3 解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金を節約 気を付けた方がいいのが、解約元のdocomo、au、ソフトバンクの月額料金です。 docomo、au、ソフトバンクの月額料金は締め日を跨ぐと翌月分を支払う羽目になるので、なるべく月末までに解約するようにしましょう。 MNPの場合は、ワイモバイル Ymobile のSIMに切り替わったタイミングがdocomo、au、ソフトバンク解約のタイミングになるので、配送日などから逆算して、20日〜25日にオンライン申し込みを完了させると、月末までに解約が処理され、docomo、au、ソフトバンクの翌月分の月額料金を支払わなくて済みます。 4 更新月を待つより、すぐにワイモバイルにMNPした方がおトク! 更新月になるまでdocomo、au、ソフトバンクで契約し続けるのは、損で、端末の残債が残っていてもなるべく早くワイモバイル Ymobile に契約した方が、節約効果は高いです。 5 オプションは未加入がベスト、初月無料オプションに加入の場合は月末解約! オプションは基本的には未加入がいいでしょう。 初月無料のオプションの場合は、月末までに解約すれば、料金はかかりません。 月を跨いでしまうと、オプションの料金が発生してしまうので注意しましょう。 ワイモバイル Ymobile の初月は日割りなので、ワイモバイル Ymobile 側の月額料金はいつ申し込んでも損得はありません。 MNPの際は、どちらかと言うと、docomo、au、ソフトバンクの月額料金を意識した方が良く月末までに解約して、翌月分の月額料金を発生しないようにするのがコツです。 そのためには、 20日〜25日にワイモバイル Ymobile のオンラインの申し込みを完了させると、ちょうど月末辺りにワイモバイル Ymobile のSIMに契約が切り替わるので、二重請求なく月額料金を最小限に抑えることが出来ます。

次の

【7月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報!【コテツの解説】|コテツくんのわかる解説 Y!mobile

ワイモバイル解約月

ワイモバイルの解約はとっても簡単!でもルールや注意事項を事前に確認しておきましょう! Ymobileの解約はとっても簡単なのですが、ちょっとしたルールの確認が必要です。 というのも、ワイモバイルでは決まった時期に解約を行わないと、契約解除料金といって違約金が発生してしまいます。 ワイモバイルはとってもお得で利用のしやすい契約先ですので解約の際に損をしないようにこれからご紹介する内容を参考にしてみてくださいね! ワイモバイルの最低利用期間 契約期間 の詳細 ワイモバイルでは、利用する機器によって契約するプランが決まっているのですが、それぞれ契約期間が異なります。 スマホやケータイといった携帯電話を利用する場合と、PocketWi-Fiやタブレットなどの通信機器を利用する場合ではプランによって違約金のかからないタイミングが違います。 ベーシックを除く ここで注意をしておきたいには、「契約開始日」から換算される「契約満了月」「契約更新月」についてです。 「契約満了月」というのは、契約からちょうど2年後の月で、 その翌月からの2ヶ月間にあたる 「契約更新月」というのは契約解除料金 違約金 がかからない期間となります。 この「契約満了月」と「契約更新月」以外の期間 3ヶ月間 に、回線の解約や、契約期間が2年間未満の料金プランへの変更の場合は、契約解除料として9,500円がかかるので注意が必要です。 実は以前は、この「契約更新月」は契約満了月の翌月の1ヶ月間、その後は2ヶ月に伸びてさらに現在は3ヶ月の延長されて解約するタイミングを逃しにくくなっています。 これは私たちユーザーにとっては朗報ですよね。 契約開始日が2017年5月8日の場合 例えば契約開始日が2017年5月8日の場合、その2年後の2019年5月が「契約満了月」となります。 「契約更新月」はその「契約満了月」の2019年5月と、その後2ヶ月間の2019年6月1日から7月31日までの合計3ヶ月間となります。 PocketWi-Fiまたはタブレットの契約期間 ワイモバイルでPocketWi-Fiやタブレットを契約をしている場合には、契約期間は3年間となります。 契約開始日が2017年5月8日の場合 例えば契約開始日が2017年5月8日の場合、その3年後の2020年5月が「契約満了月」となります。 「契約更新月」は契約満了月の2020年5月とその翌月の2020年6月1日から7月31日までの3ヶ月間となります。 契約解除料金がかからないタイミングで解約するのがベスト! ワイモバイルで損をせずに解約するためには、契約解除料金 違約金 がかからないタイミングで解約するのがベストです。 契約解除料金 違約金 がかからないタイミングとは上記で説明した、「契約更新月」の2ヶ月間となります。 ワイモバイルでは「契約更新月」の確認がいつでも気軽にすることができます。 契約更新月の確認方法 ワイモバイルでの契約更新月は次の方法で確認をすることができます。 電話 通話料無料 下記、自動音声応答サービスに発信していただくことで ご契約内容の照会ができます。 [受付時間]自動音声応答にて24時間受付 ワイモバイルの電話から 116 他社の携帯電話、固定電話などから 0120-921-156 My Y! mobile My Y! ワイモバイルの違約金 契約解除料金 の詳細 ワイモバイルを解約の際に、契約更新月以外に解約の場合にかかる料金は次のようになります。 ですので 契約更新月以外には、9,500円の契約解除料金が必要になるということは必ず念頭に入れておく必要があります。 ワイモバイルでの端末の分割金が残っている場合は?一括購入の場合は? ワイモバイルのスマートフォンを解約する際に気をつけておきたいポイントは、2年以内に解約する際には機種を購入した残金はどうなるのか?ということです。 Ymobileでの機種購入の支払い方法は、次の2種類があります。 分割支払いでの購入 一括支払いでの購入 解約時はそれぞれの支払い方法によって、ルールがことなるので注意が必要です。 分割支払いでの購入の場合の残金について ワイモバイルで機種を分割支払いで購入している場合には、もちろん残りの残金も支払う必要があります。 解約時点で分割支払金が残っていると、解約後も機種代金が請求されることになっています。 この解約時に残りの機種代金の支払い方法は、基本的には続けて分割請求されるのですが、一括払いへ変更することも可能です。 一括支払いでの購入の場合の注意点 ワイモバイルで機種を購入を一括でした場合には、「一括購入割引」というものが適用されているケースがあります。 この一括購入割引で機種を購入の場合、24ヶ月以内に解約すると購入いただいた機種に応じて、契約解除料が発生してしまいます。 これは購入のプランや購入場所によって異なるので、契約した場所での確認が必要です。 「月額割引」の適用期間中に解約する場合には、解約日が属する月の前月をもって「月額割引」が終了されてしまいます。 契約更新月を待たずに解約してしまうと、前月分と解約月の料金は「月額割引」が適用されていない料金での請求となってしまいます。 契約解除料金がかかる上に月額料金が通常よりも高くなってしまうのでとっても損をしてまうということです。 またワイモバイルでは、 解約月の日割り計算での請求はおこなわれません。 これは月初めに解約をしても月末に解約をしても、同じ料金が請求されるとこと意味しています。 つまり、できるだけ月末のいっぱいいっぱいまで利用して解約することが、ベストなタイミングとなるわけです。 ワイモバイルでの解約方法は来店のみ!MNP転出は電話で可能! ワイモバイルでは電話やオンラインでは解約は不可!ワイモバイルショップに来店しましょう! 肝心のワイモバイルでの解約の方法を説明しておくと、ワイモバイルで完全に解約する場合は、電話 ワイモバイルカスタマーセンター やオンライン My Y! yomobile での手続きはできません。 ワイモバイルショップでのみ、解約手続きの対応となっています。 解約時に必要な書類は次の準備物を持参するようにしてください。 本人確認書類 印鑑 契約中の端末 スマートフォンやWi-Fi機器 家族が解約を行う場合は、その人の本人確認書類と、委任状が必要になるので事前の確認が必要です。 以前は電話での解約手続きも行なってくれていたようですが、現在は行われておりません。 というのも電話やオンラインでのあれば本人確認の作業が難しく、偽っての解約の可能性も否定できません。 だから実際に店舗に赴き解約をする必要があるというわけですね! ワイモバイルから他社へのMNP転出は電話でも可能! ワイモバイルを完全に解約してしまう場合は、ワイモバイルショップへの来店が必要です。 しかし、ワイモバイルを完全解約せずに、今使っている 電話番号をそのまま残して他社にのりかる際には電話で行うことが可能です。 これをMNP ナンバーポータビリティ といいます。 MNPとは電話番号を変更せずに他社へ乗り換えることをいうのですが、ワイモバイルから他社へのりかえることをMNP転出といいます。 この場合、確かにワイモバイルと解約をすることにはなるのですが、ショップへの来店は必要なく解約することができます。 ワイモバイルショップの来店でも可能です。 電話の場合はワイモバイルの自動音声応答サービスを利用して、MNP予約番号を取得することになります。 このMNP予約番号を取得して、乗り換え先の携帯電話会社への申し込みを行えば、ワイモバイルとの解約が自動的に行われます。 完全解約の場合はワイモバイルショップへ来店 MNP転出の場合は電話でも可能 ショップでも可能 ワイモバイルの解約で損をしない方法のまとめ 契約更新月に月末に解約すれば全く損をしない! ワイモバイルの解約に関しては以上ですが、損をしないため次の事柄を確認して、ベストなタイミングで解約を行うようにしましょう。

次の