ハイキュー 漫画 最新。 【ハイキュー!!】最新刊は無料で読める?発売日は?

漫画「ハイキュー!!」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

ハイキュー 漫画 最新

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。 完全無料で読む手順(簡易版)• 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録• 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ハイキュー!! 」単行本は410円〜)• 漫画「ハイキュー!! 」の過去話ネタバレ 子供の時にテレビで見た小さな巨人に憧れバレーボールを始めた日向翔陽が主人公です。 憧れの烏野高校に入学します。 そこでセッター影山飛雄と出会い最強の相棒とともに日々練習に、試合に全力で頑張る姿がとてもまぶしく爽やかです。 部活の人数としては決して多くない烏野高校ですが、切磋琢磨しあい、お互いがお互いを引っ張りあげていくのが目にみえるので、毎話とても面白いです。 対戦する各高校の名前にも動物の名前が入っているところが1つ隠されたポイントではないかと思っています。 主人公の日向の頑張りはもちろんですが、同じポジションの月島が徐々にプレーに熱を帯びてきているのが見所だなと思っています。 「ハイキュー!! で私が好きなエピソードは、黒尾鉄朗率いる音駒高校と主人公の所属するチームである烏野高校が全国大会で対戦した時のものです。 この2校は以前から「ゴミ捨て場の決戦」と呼ばれる因縁を持っており、互いのチームの監督にとっても重要な一戦でした。 また、大会前の早い段階から音駒高校と烏野高校は合宿で顔を合わせており、今の選手たちもそれぞれ、お互いをライバル校として意識していました。 合宿を通じて、敵でありながら共に高めあう彼らの熱さに、一読者である私も彼らの公式戦を心待ちにしていました。 この対戦は漫画の中でも特に丁寧に書かれており、彼らの心理的な描写や今までの努力、仲間との日々が想像できて涙なしには見られないものでした。 結果的に烏野高校が勝ちますが、その時に喜びながらも終わってしまったことに寂しさを感じる烏野高校の面々、悔しいながらも烏野高校をしっかりとたたえ、楽しかったと胸を張って言える音駒高校の面々に、感動しました。 私は作中で音駒高校の主将である黒尾鉄朗が好きです。 彼の、飄々とした態度の裏に隠れた努力や葛藤があの強さの源なのだと思います。

次の

漫画『ハイキュー!!』最新刊や全巻無料で読めるか調べた結果…アニメが激熱!!

ハイキュー 漫画 最新

ハイキューのアニメ TO THE TOPの2クール目が7月に控えていましたが、なんと放送延期となり、1クールの再放送が行われることになりました。 詳細は以下に掲載しましたのでぜひご確認ください。 また、2020年7月6日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のハイキュー本誌400話のネタバレ最新確定速報もお届けします。 ハイキューのでは、影山がスーパープレイを連発して、ブラックジャッカルとの差を埋めました。 影山はロングプッシュでブラックジャッカルを出し抜い後、サービスエース、ネットを越えたボールを追ってトスするなど、バレーの化身のような執念を見せつけます。 そして再びサーブの位置に入り、日向の目が影山がサーブしたボールを捉えます。 流れを取り戻したアドラーズがこのまま逆転となるのでしょうか。 日向は影山のサーブを取ることができるのか、倒すヒントはどこにあるのか考察しました。 今回は「【ハイキューネタバレ400話最新話速報】影山を倒すヒントは及川が持っていた?」と題し紹介していきます。 これまでのハイキューの話を読み返したいと思われる場合は、ハイキュー単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐにハイキュー無料で読むことができます。 今すぐハイキューを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハイキューネタバレ400話考察 見つけてしまった〜〜〜ADvsBJで飛雄がサーブする前に言ってたやつ2話で似たようなこと言ってたの見つけてしまった〜〜〜〜繋がっている〜〜〜!!!!! — すぬとら sunutorapon ハイキューの前話では影山がスーパープレイを連発して同点となりました。 今後の考えられるハイキューの展開を紹介していきたいと思います。 影山のサーブを取れる? マジでそれな。 ランキング1位の影山のサーブ、日向は取れるのでしょうか。 影山のサーブはここまで失敗もありました。 狙いすぎたり力み過ぎたりした可能性もありますが、実は宮のように新しいサーブを会得していて、それを試そうとしていたのかもしれません。 日向は影山のサーブを捕捉している描写はありましたが、新しいサーブだとすると反応しきれないという展開もあるのではないでしょうか。 獲っても獲らなくても、田中の姉はアガってくれそうですね。 影山を倒す方法 第四セットも終盤となり、日向と影山が火花を散らしています。 お互いのことはよく知っているし、チームメイトでなくなって数年たちますが、もう第四セットなのである程度の手の内は晒しています。 少なくとも影山は直近でも読み合いを読むということをやっているので、日向の行動もある程度予測できるでしょう。 しかし日向にも読まれているかもと考えることで、多少動きづらくなるかもしれません。 宮との打ち合わせ 日向と影山の勝負は役割的に、日向アタックで影山がブロックとなるでしょう。 となると宮との連携が重要なわけですが、直前に三回目のタイムアウトを取っています。 ここで宮と日向が影山を出し抜くための作戦の打ち合わせをしていた、という展開はありそうです。 影山の読みがすごいということは嫌というほどわかっているので、読まれることを前提として動いた方がよいでしょう。 例えばブロックと時間差になるようトスを調整するというベーシックなものや、今までにない超スピードによる速攻、実は温存していた超ハイジャンプなど必殺技的なものを披露したりしそうです。 期待しちゃう。 — solanine🌱 mataaeruyoQ3 影山を超えるためにどうしたらいいのか、日向はブラジル修行中も考えていたことでしょう。 そんな中、影山のセッターの師匠である大魔王こと及川とビーチバレーで組む機会がありました。 この試合のことは373話と374話で描かれ、日向は次を最大限考えている及川に学ぶところが多かったようです。 その後及川のことも、その試合でのことも描かれていません。 このビーチバレーで打倒影山のヒントを得ていて、その回想とともに勝負に入ると予想します。 その時にはぜひ現在の及川の姿も見せて欲しいですね。 何とこのショーセツバン、卒業後の各校の様子が描かれているとそうです。 本編でも試合の合間や回想シーンなどで、少しずつ明らかになっている登場人物たちの進路ですが、何しろ登場人物が多いので紹介しきれなさそうです。 烏野OBやBJやADメンバーの高校時代チームメイトだった人たちの進路は比較的明らかになっています。 しかし黒尾や夜久といった音駒高校メンバーの進路は少ないです。 本編で紹介されたでは、及川のアルゼンチンリーグ入団や宮治のおにぎり屋開業、西谷の世界放浪などに驚かされました。 まだまだ驚かせてくれそうですね! 感想・予想ネタバレツイートは? 烏野が最も不遇だった時代の現状を目の当たりにした際も、一年の控えに回された可哀想な三年だと哀れまれても、最後の春が終わった瞬間にさえも涙を見せなかった菅原。 誰よりも辛酸を舐めてきた彼の表情が崩れる場面が、後輩の成長を目にした随所での嬉し涙だって所が胸に響く。 — 🌙. 影山が吹っ飛ばされたボールをネットをくぐって追いかけたシーン なんか既視感あるなーって思って調べたら260話稲荷崎戦のとこでも同じ感じのシーンがあったわ〜 影山のスパイクモーションに筆ペン?でオーラみたいなのが表現されてるの好きぃい! — Sea Seamanga25 ああああああーーーーーーいつだってどこからあげる時も真摯にトスする影山にウルウルしてる菅さんにこっちもグッときちゃうよね。 一生終わらないでほしい、この試合。 今週も最高のジャンプをありがとう — ヨシオカ kotatsudegoron5 ハイキューさ、手の描写が印象的なシーン多いよね。 つっきのガッツポーズとかじじい達の握手とかこの間の武ちゃんのとか今回の一与さんととびおも。 他にもたぶん沢山あるよねきっと。 手だけで泣かせてくる。 — まつこ matsuko209 まずヤバいなって思ったのは冒頭で、あれっ前回こんな終わりだったっけ?と思って見に行ったら、やっぱりアオリで「0歩目の助走」つって日向がレシーブからスパイクに行くフリ出してるのに、トマスが打ってて日向の小さい「ゲーン」でその一連の流れが略され、違和感がない所。 4~6の発売も延期させて頂くこととなりました。 発売日は決定次第改めて公式HP等でご案内致します。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。 — アニメ「ハイキュー!! コロナの影響を受け、放送開始日が延期となりました。 いつ放送となるかは未定ですが、またお知らせがあり次第続報をお届けいたします。 再放送日の日程は次の通りです。 詳しくはハイキュー公式ツイートもご確認ください。 「ハイキュー!! 【MBS】 7月3日より毎週金曜 26:25~ 【TBS】 7月3日より毎週金曜 26:25~ 【BS-TBS】 7月3日より毎週金曜 27:00~ — アニメ「ハイキュー!! 日向は絶好調のままですが、影山もまた調子を上げ続け、ロングプッシュしてサーブ権を奪い返すと、サービスエースを決めました。 そして執念のバックトスのあと、サーブ位置に入り、日向を挑発しました。 日向の目は影山のサーブを捉えていましたが、取れるかどうかは微妙なところだと考え、日向アタックで影山がブロックに入るという展開があると予想しました。 さらに影山への対抗策として、日向は及川とのビーチバレーからヒントを見出すと考えました。 次は誰のスーパープレイが見られるのでしょうか。 ハイキューの次話も楽しみですね! 日亜キュー400話の内容がわかり次第確定速報としてネタバレを追記していきますので、ご確認ください。 以上「ハイキューネタバレ400話速報!影山を倒すヒントは及川が持っていた?」と題しお届けしました。

次の

ハイキュー!! 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

ハイキュー 漫画 最新

スポンサーリンク 第2セットはADが奪取 古舘春一「ハイキュー」390話より引用 星海の真骨頂ともいうべきワンタッチ攻撃がレフトから決まりました。 ADは影山の連続サーブによる得点からBJに試合の主導権を渡すことなく、このセットを取り返しました。 解説席では今日の影山の出来が一段とキレがある様に見え、その原因をベテランのロメロだけでなく、元相棒の日向にも引っ張られているようだと分析します。 ネットを挟んで満足そうな表情をする影山。 王様の残像を残しながらコートチェンジすべく移動する影山でしたが、その一瞬表情が厳しくなります。 日向の後方を横切る宮侑が視界に入ったからです。 第3セットが始まりますが、やはり影山のサーブが走られると苦しいBJ。 その影山からのオープニングサーブを今度は日向が後衛でナイスレシーブ。 古舘春一「ハイキュー」390話より引用 しかし、宮侑のセットは昼神に読まれて明暗の速攻がシャットアウトされてしまいます。 先制点はAD。 今のブロックは「コミット・ブロック」のようです。 ハイレベルなセッターである宮侑はどこからでも速攻を使い、日向と佐久早によるレシーブ率が高いことから、BJのベンチの指示で狙われました。 はしゃぎ過ぎて頭を抱える宮侑と売店側で見て笑う宮治。 古舘春一「ハイキュー」390話より引用 すると影山がまたしてもノータッチエースを決めてきます。 今度は逆サイドと勢いが止まりそうもありません。 今日のBJの攻撃がレフト側から多いことから、レフト寄りの守備陣形の薄いところを突いたのです。 これにはブラジルのエイトールたちも何者だと驚くばかりです。 続く影山のサーブは3回目。 今度は犬鳴が拾います。 宮侑は速攻が読まれているから何だと言わんばかりに、再び真ん中から明暗を使い速攻で攻めるなど怯むつもりは全くありません。 ド真ん中速攻をやられたらやられた分だけイヤだろうと、セットを決めた宮侑が今度はサーブに向かいます。 スポンサーリンク はしゃぐ侑 今日の試合はまだサービスエースが2本と少ない宮侑。 高校時代のルーティンワークからエンドラインを起点として歩いて6歩はスパイクサーブの証拠です。 強烈なサーブにロメロのレシーブは乱れます。 ようやくエンジンが暖まったのを実感しながら、宮侑は全然はしゃぎたりないようです。 すると今度は中央ではなくレフトの木兎へトス。 ADのブロックは反応が遅れてサイドに振った攻撃が決まります。 今度は星海の前でボールが超変化を起こします。 サービスエースにご機嫌の宮侑。 さらに三度目も4歩とジャンフロのよう…違いました! 強打で前に出すぎたロメロ目がけてジャンプサーブが炸裂します。 強打を繰り出してきた宮侑の活躍で、連続4得点と一気に逆転をするBJ。 純粋な威力ならばジャンプサーブが一番ですが、ハイブリッドサーブは打ち出す直前までの動きがジャンフロと同じため、強打か無回転か分かった瞬間にはボールはレシーバーの目の前です。 4回目のサーブを打つため、きゅっと踵を返す宮侑。 宮治が見守る中、今日のこの試合で何をしようか前を見据えています。 スポンサーリンク 『ハイキュー!!』 390-391 話のネタバレのまとめ 最後のト書きにあるように、6年前、つまり春高時代の選手と同じレベルの選手は確かに一人もいません。 タイトルの挑戦者は、影山に挑みつつ、また新しいことに挑戦し続ける宮侑のことを指しているようでした。 古舘春一「ハイキュー」390話より引用 それにしても3種類のサーブを使い分ける宮侑の三刀流は厄介ですね。 ADでもレシーブの上手である星海とロメロの両名がしくじるほどですから。 月島たち現役選手はもちろん、すでにバレーを離れた沢村ですら3種類のサーブ対応力の難しさを実感しています。 三刀流は今シーズンから取り入れたそうですが、この勢いだといずれ「6歩でジャンフロ」の四刀流までマスターしてしまいそうな気がします。 コートを離れてみる宮治も、やはり兄弟の活躍は嬉しいでしょう。 試合は第2セットからのADの流れを断ち切り、序盤の劣勢をひっくり返したBJ。 果たしてこのまま一気に試合が進むのか、次回、ではなく再来週まであれこれ想像しながら「ジャンプ」無事発刊されることを祈りましょう。

次の