娘 の 友達 ネタバレ。 娘の友達2巻ネタバレと感想【不倫漫画+虐待漫画】

「娘の友達」1巻のネタバレあらすじと感想/晃介と古都の出会いと踏み入れてはいけない道

娘 の 友達 ネタバレ

スポンサードリンク 「娘の友達」2巻のネタバレあらすじ 道を踏み外した代償 美也からの電話に出ようとする晃介を阻止するかのように、強く彼を抱きしめる古都。 晃介が戸惑っていると、古都はそのまま眠りについてしまう。 翌朝、古都と爽やかな別れをし帰宅すると、 部屋は美也によって荒らされていた。 必死で弁解しようとする晃介だったが、聞き入れず。 美也はいつも家庭より仕事を優先する父親に寂しさを感じており、それがいつしか怒りに変わっていたのだ。 しかし喧嘩ではあるものの、2人はようやく本音で意見をぶつけ合えるようになった。 一方、古都は友達の家で勉強するためにお泊まり会をするのだと母親に嘘をついていた。 しかし帰宅して謝罪すると、母親からはビンタが。 古都は土下座で謝罪し、それを見た母親は「分かればいい」といい彼女を抱きしめた。 古都が寝静まった時、母親は娘のスマホのパスコードを解除しようと試みていた。 娘との仲直り 翌日、古都と再び会った晃介は、美也のおかげで理想の自分を演じているだけじゃダメであることを学んだと感謝を告げる。 その後、外に出れるようになった美也とともに晃介は母親のお墓参りに訪れていた。 美也は自分の努力が報われなくて孤独感を感じていたことを打ち明けると、晃介も自分にもそんなことがあったのだというエピソードを話す。 そして美也は自分のために頑張ってくれていた父親に感謝の気持ちを告げる。 しかし晃介は、もし美也が学校に行ったら古都との関係が終わってしまうことを心配し、そんな自分を「父親失格だ」と自己嫌悪していた。 喜びと危険 会社終わり、晃介は喫茶店に行き古都の様子を覗いていると、偶然通りかかった部下に遭遇。 泥酔した部下達の勢いに呑まれ4人で喫茶店に入店する晃介達。 晃介が席を外している間に部下達は酒か入っているのをいいことに晃介の悪口を言いたい放題。 それを聞いていた古都は、悪口を言っていた女性社員の1人に水をかける。 翌朝起きると、なんと美也が起きて家の中を歩いており、おまけに晃介の朝ごはんまで作っていた。 美也は追試を受けにいく気になったのだと言う。 心を入れ替えた美也に晃介は感激し、ひたすら美也にお礼を言うのだった。 美也が学校に行く気になったのには、学校の友達からのテスト範囲のノートを晃介が届けてくれたことも大きな理由の1つだった。 追試に向けて家で勉強していた美也は、そのノートを誰が作ってくれたものなのかと気になる。 すると、見覚えのあるシールが貼られた手紙が。 古都と幼馴染だった美也は、それを見て古都が自分のためにノートを書いてくれたのだと知り嬉しくなる。 すると偶然、ゴミ箱の中に晃介が捨てたと思われる可愛い絆創膏を発見。 晃介の帰宅後にそれは何かと問い詰めると、晃介は会社でもらったのだと嘘をつく。 晃介が内心ビクビクしながら部屋に行くと、ちょうど古都から電話が。 美也に見つかりそうになりながらもなんとかその場を凌ぐと、古都から風呂に入っている最中の写真が送られてくる。 そして月曜日から美也の面倒を見る代わりに日曜日にデートをして欲しいとお願いをされる。 一方の美也は日曜日に美容院に行きたいからお小遣いが欲しいと晃介にお願いする。 母親の恐怖 古都と約束していた晃介は、日曜日に水族館でデートすることになる。 出会っていきなり恋人繋ぎをしてくる古都。 途中までノリノリでデートを楽しんでいた古都だったが、突然古都の様子が変わり、晃介を引っ張り足早に帰ろうとする。 なんと古都に、「こんな所に誰ときているのか」と母親からの連絡が入っていた。 母親は古都の居場所をなぜか知っており、水族館まで来て古都を探していたのだ。 さらに母親は館内のアナウンスまで使って古都を呼び出す始末。 母親を気味悪く感じている古都は晃介を連れ出して外まで逃げ出し、 家には帰りたくないからと晃介をホテルに誘う。 美也の疑い ダメだと思いながらも古都が母親に怯えて震える様子を見ると放っておけず、晃介はホテルに来てしまう。 古都は晃介を後ろから抱きしめ、服を脱いで晃介を求める。 古都が震えながら必死に助けを求めているように見えた晃介は、古都を受け入れ「好きだ」と気持ちを告げた。 この日はそれ以上のボーダーラインは超えることはなく、古都が高校を卒業するまでバレなければ大丈夫だと、楽観的にさえ考えていた。 翌日、美也は久しぶりの登校。 前日の晩、父親の様子が変だと思っていた美也は晃介がシャワーを浴びている間に財布を漁り、水族館のチケットを見つけていた。 登校当日、晃介は「無理はしなくていいから」と爽やかに娘を送り出し、学校では美也は親友である古都との再会を喜んでいた。 しかしその後、美也は晃介が家で捨ててたキャラの絆創膏と水族館のチケットを取り出す。 絆創膏に書かれたキャラクターも水族館も、かつての美也と古都との思い出に関係深い物だったからだ。 そして美也は古都に、うちのお父さんと何かあったりしないかと質問をする。 スポンサードリンク 「娘の友達」2巻の感想 第2巻は大分ホラー展開になってきました。 娘の美也ちゃんはお父さんとも仲直りして学校にも行けるようになって本当に良かった! 良かったのに、、晃介と美也の関係さえなければこのまま幸せになっていたのに、、 ただ、晃介と古都の関係があったおかげでそれが皮肉にも美也が登校することに繋がったわけなので、非常に複雑なところであります。 美也は絆創膏や水族館のチケットを見つけたことで父親と親友に対する疑いが生まれてきたようですが、このまま美也に関係がバレてしまうのでしょうか? 疑いつつも元気に学校に登校し始めたのもなんだか怖い。。 あとは古都の母親がなんとも恐ろしい。。 古都をストーキングしたりと、典型的な毒親である古都の母親。 それに反発するかのように母親に隠れて悪いことをしようとする古都。 もしこの母親に関係がバレてしまったら、間違いなく晃介は訴えられてしまうでしょう。。 第3巻以降は美也や古都の母親からどこまでバレずにいられるのか、まだかろうじて楽観的に捉えられている現状がどこまで続いていけるのかというところが見どころになってくるでしょう。 「娘の友達」2巻を実際に読んでみよう! 文字でざっくりとしたネタバレを書いていきましたが、作品の本当の面白さは実際に漫画を読んでみないと伝えることはできません。 また、登場するキャラクターの魅力も実際の絵を見てこそ分かるものです。 そこで、実際に「娘の友達」2巻を読んでみることをオススメします。 「娘の友達」第2巻は の ・31日間無料お試し期間 ・無料で付与される600ポイント を使えば、通常660円を60円で読むことができます。 漫画の電子書籍だけでなく、同じプランで14万本以上の映画やドラマも見放題で見れるので、 まずは無料期間でサービスを存分に楽しんでみてください。 関連する記事• 2020. 16 「娘の友達」1巻のネタバレあらすじと感想についてまとめていきます。 この記事には内容のネタバレが含まれていますので、ネタバレを知りたくない方は絶対に記[…]• 2020. この記事には内容のネタバレが含[…].

次の

『娘の友達』4巻のネタバレ!ドン底の晃介を救うのは……?

娘 の 友達 ネタバレ

前話のあらすじはこちら ゆっくり話す時間 休日の昼前ごろ、晃介は美也の部屋の前に立っていました。 部屋のドアをノックし、『そろそろ、起きてこられるか…?』と声を掛けます。 返事はありません。 少し待って、今日はおばあちゃん達が来るので部屋から出てくるよう伝えます。 するとドアが開かれ、美也が出てきました。 『…一回呼べばわかるから』と美也は言います。 晃介は謝りました。 気を取り直してお昼はお寿司を注文したから、みんなで食べようと声を掛けます。 美也は何も答えることなく、晃介の前を素通りしました。 晃介はリビングに向かう美也の背に向かって、思い切って切り出します。 夜にゆっくり話す時間をもらえないかと、美也に聞きました。 少し動きを止めたものの、やはり何も言わずそのままリビングへ入っていってしまいました。 祖父母の訪問 13:10玄関のインターホンが鳴ります。 祖父母がやってきました。 晃介が二人を迎え入れると、祖母は祖父が電車を間違えたせいで大変だったと愚痴を溢します。 ダイニングテーブルで祖母は自分が持ってきた釜飯弁当を取り出し、みんなで食べようと言います。 晃介は驚きお昼ご飯は用意しておくと言っただろと、祖母に少し文句を言いました。 祖母は気に掛ける様子なく、美也の好物だからいいじゃないと言いながら釜飯弁当を並べます。 それから、『どうせあんたろくなもの用意してないんでしょ?』と小言を言います。 晃介は何も言い返しませんでした。 13:40過ぎ、美也も部屋から出てきて四人で食卓を囲みます。 晃介の頼んでおいたお寿司と祖母が持ってきた釜飯弁当を食べながら、祖母は高校生活は楽しいかと美也に尋ねました。 美也が何も答えないので、祖母は疑問に思ってどうしたのかと問います。 美也は『……別に…つまんないよ』と答えました。 祖父母は黙って顔を見合わせます。 美也はごちそうさまと言い、すぐに席を立って自分の部屋へ戻ろうとします。 美也の分の釜飯弁当は半分以上残っていました。 祖母はもう食べないのかと、美也に声を掛けます。 けれど美也は目を合わせる事もなく、部屋で宿題やってくると言い残して行ってしまいました。 祖母の心配、祖父の助言 祖母は美也が部屋に入ったのを確認してから、黙り込んでいる晃介に『何かあった?』と問いただします。 晃介は困って、難しい年頃だからと説明しました。 祖母は少し苛立って、晃介が美也の事をしっかり見てやれてないからではないかと叱り始めました。 晃介はやはり何も言い返しません。 『ほら、みなさい やっぱりひとりで子育てなんて無理に決まってたのよ』と祖母は、話を蒸し返します。 最初から意地を張らずに群馬に戻って来て自分達の元で生活するべきだったと、祖母は言いました。 晃介は長男なのだからいずれ実家の酒屋を継ぐ必要がある、それが早まるだけだと、祖母は群馬に帰る事を説得します。 晃介は課長になったばかりだから簡単に会社はやめられないと話して、祖母の申し出を断ります。 こっちの事は心配しなくて大丈夫と祖母に言い聞かせました。 けれど、祖母はその言葉に腹を立ててしまいます。 親だから心配するのは当たり前の事だ、料理ができないのに美也にきちんとご飯を食べさせられるのか、と矢継ぎ早に晃介を叱りました。 祖父が助け舟を出しました。 タバコはどこで吸えばいいのかと祖父が聞いてくれたので、晃介は祖父をベランダに案内し自分もタバコを吸う事にしました。 ベランダでタバコを吸いながら、祖父は晃介に助言します。 『男は…じっと耐えなきゃならねぇんだ 良い夫…良い父でいるためにはな』と言って晃介の背を二回ぽんぽんと叩きました。 晃介はじっと耐える様な生き方は息苦しくないのかと祖父に聞いてから、何でもないから忘れてくれと言って答えを求めませんでした。 晃介の謝罪・美也の為を思った提案 その日の晩、祖父母が帰った後に晃介は美也の部屋のドアをノックします。 美也はすぐにドアを開けて、晃介を部屋に入れました。 晃介は土下座して、古都との関係を美也に謝罪します。 言い訳はしない、許しも請わない、不愉快な思いをさせた事を謝りたいと伝えました。 美也はベッドに腰をかけて、しばらく黙っています。 頭を下げ続ける晃介を見ながら、美也は聞きました。 晃介は自分たちが引っ越して祖父母の家で生活する事をどう思うかと美也に尋ねます。 美也は戸惑った表情を見せますが何も言いません。 学校も行きにくいだろうし、高校1年の夏なら転校しても友達を作りやすいだろうと、晃介は言います。 美也は勝手に決めつけないで欲しいと声を荒げます。 晃介は驚きました。 美也は祖父母の家に引っ越す事なんか求めていない、晃介が人目を気にして引っ越したいだけだろうと言い放ちます。 晃介はたじろぎ美也の事を思っての相談だったと訴えますが、美也は聞く耳を持ちません。 近くにあったトートバッグに衣類を詰めて、美也は外へ飛び出してしまいました。 第31話へ続きます。 31話のあらすじはこちら.

次の

【娘の友達40話ネタバレ】古都が出張先に現れる!?本間の考えとは!?

娘 の 友達 ネタバレ

2019年11月15日 講談社の『モーニング』が公式ツイッターアカウントで掲載漫画【娘の友達】を広告動画付きでツイート。 家庭では父親として、会社では係長として、理想的な自分を演じるように生きてきた主人公・晃介。 だが、娘の友達である少女・古都との出会いにより、人生は180度変化する。 彼女の前では本物の自分でいられた。 すり減った心は癒されていった。 — モーニング公式 morningmanga こちらの漫画の内容を巡り、物議を醸しだしています。 どうやらこの作品、主人公のアラフォーおじさんと、娘の同級生(未成年)との関係を描いた内容のようで。 【犯罪教唆としか思えない】 【性的搾取を助長する】 といった内容の書き込みがあるなか 【嫌なら見なければいい】 【フィクションと現実の区別がつかないのか】 と意見が真っ向から対立。 なにやら炎上している模様です。 内容を斜め読みしていく中で、今作は娘の友達に誘われ道を外していく主人公の様子を描くホラー作品とも書かれており、 『え、なんか気になる』 という野次馬根性ですぐ本屋に行き読了しましたので内容をネタバレ込みで紹介していきます! じっくり読みたい方はご自身で読んでみてください! 【娘の友達】の1巻ネタバレ 一言でいうと冒頭で説目した通り、 アラフォーのサラリーマンと娘の友達との恋愛模様を描いた作品になっています。 主人公である、『晃介』の娘での『美也』は母親の死をきっかけに不登校になってしまいます。 晃介はいわゆる働き盛りのサラリーマンで次期、課長の昇進を目前とし、仕事に明け暮れる日々です。 仕事で精を出すも、なかなかうまくいかず、実の娘も不登校。 晃介の唯一の楽しみは誰の目からも離れられる喫茶店で一人の時間を過ごすことでしたが、 その喫茶店で運命の少女と出会います。 主人公『晃介』と恋(?)に落ちていく『如月古都』が本作のヒロイン。 喫茶店でアルバイトをしていた古都ですが、酔っ払いに絡まれているときに晃介が助けに入ります。 古都はいつか、お礼をしたいと思っていました。 時が変わり、不登校の娘の面談にやってきた晃介。 担任の先生に不登校になった原因は父親にあるとし、 責任の所在を追求されてしまいます。 仕事でもうまくいかず、家庭環境もめちゃくちゃな彼のもとにまたしても彼女が現れます。 偶然、古都と再会を果たしたましたが なんと古都は晃介の娘である美也との古くからの友人と発覚。 喫茶店で助けてもらったお礼がしたい古都は、美也の学校への復帰を含めて晃介の力になりたいと告げます。 そこで連絡先の交換をした晃介は連絡を取るようになり、徐々に親しい関係になっていきます。 会う機会も日に日に増え「ファミレス」「カラオケ」と徐々に距離も近づいていきます。 ある日、会社での居心地の悪さ。 家庭環境に問題を抱える晃介は「ここから逃げ出したい・・・」と古都に本音をさらけ出してしまいます。 いわゆる『逃避行』にくりでるのですが、晃介にも葛藤があります。 『娘の友達にどんな感情を抱いている?』 『からかわれているだけ』 『こんなこと世間に知れたらタダじゃすまない』 様々な感情を抱いたままの晃介でしたが、あてもなく乗った新幹線で ついにはキスをしてしまいます。 ふと気が付くとネットカフェで一夜を過ごす描写に変わります。 (変な意味の一夜ではありません) こうしてどんどん『後戻りできない関係』になっていきます。 【娘の友達】の2巻ネタバレ• 2巻では晃介の呼びかけに少しずつ反応した娘の美也が学校へ行くまでになります。 晃介のまわりでは物事が徐々にうまく流れていくのですが、2巻で主に描かれるのは『古都』の家庭環境。 『古都』もまた現状から逃げ出したい人間なのかもしれません。 そんな古都と晃介はデートを重ね、ついにはホテルにまで足を運んでしまうのですが・・・ 感想 現状は2巻まで販売されています。 ネタバレを見ていただいた通り、 成人男性と未成年の女性の恋愛模様を描写することが今回の炎上の原因となっているようです。 写真には記載しませんでしたが、二人が裸で抱き合うシーンなどセンシティブな内容がフェミニスト達の目に留まってしまったようですが、 僕からは言わせれば、世の中のフィクションに対しての境界線が曖昧になっていることがこれらの原因かと思っています。 中には販売や連載を中止させるような呼びかけを行っている人もいますが、反対に テレビで流れる未成年の出産までを描いたドラマ。 人を撃ち殺していくゲーム。 これらはどうなるんだ!っと声を上げている人も少なくありません。 表現の自由。 と大きな枠で物事を語るまでの裁量は僕にはありませんが、様々な犯罪がはびこっている現代社会ならではの今回の騒動ではなかったのでしょうか。 僕自身は主人公のリアルな葛藤に共感できましたし、 行く末を見ていきたいので、今後3巻がでたら読んでみたいと思える作品でした。 販売中止の可能性もありますので、未読の方はぜひ。

次の