決済代行btob。 決済代行とは?仕組みやメリットを解説

決済代行サービス徹底比較!導入に失敗しないポイントは?|ferret

決済代行btob

1) 「」「」「」「」の決済手段を一括提供 BtoB EC決済に最適な「」「」「」「」の4つの決済手段を一括で提供するので、事業者は、GMO-PGと契約するだけでこれらの決済手段の利用が可能となります。 また、請求処理・管理、請求フォーマットの統一など、各決済手段でそれぞれ生じる煩雑な業務を一つの管理画面で行えるため、業務負荷の軽減が図れます。 通常のクレジットカード決済に加え、1つの取引ごとに「決済画面」のURLを発行し、そのURLをメール等で送付することで、カード情報の非保持化を実現する「メールリンク機能」のオプションも利用可能です。 1つの取引ごとに仮想的な振込専用口座 バーチャル口座 を割り当て、購入者をその口座番号と紐づけて管理できる銀行振込サービスです。 振込人の特定をスムーズに行うことができ、入金照合作業を軽減することが可能です。 口座からの代金引き落とし日を5日・6日・23日・27日の4種類から選ぶことのできる口座振替サービスです。 EC事業者のニーズに合わせたサイクルの設定が可能です。 取引先の与信管理から、請求業務、代金の回収までを一括で代行する、BtoB EC取引に特化した掛売り決済サービスです。 売上代金が必ず入金されるため、未回収リスクを負うこともありません。 カテゴリー 商品・サービス例 違法商材、犯罪誘発物 ワシントン条約指定品(象牙、パイソン、オーストリッチ、クロコダイル等)、犯罪を誘発する物(催涙スプレー、モデルガン、スタンガン、銃、刀類、手錠、盗聴・盗撮用品等)、業法違反・無免許販売に該当する商品・サービス 知的財産権侵害商材 違法コピー商品、海賊版、違法コピー商品を助長させる機器または関連商品 ファイル共有サービス ファイル共有用ソフト・サービス 偽ブランド 偽ブランド品 アダルト商材 ポルノ、ブルセラショップ、アダルトコンテンツ 風俗、出会い系 性風俗、出会い系サイト、結婚情報サイト 違法医薬品、麻薬 薬事法・健康増進法・麻薬取締法に抵触する薬品 タバコ、電子タバコ タバコ、電子タバコ 金券類、現金化、銀行口座、RMT、有価証券 商品券、プリペイドカード、印紙、切手、回数券、ディスカウント航空券、現金化、RMT(リアルマネートレード)、株式、有価証券 カジノ、ギャンブル 違法なオンラインカジノ、賭博、海外宝くじ、ペニーオークション 財テク、情報商材 財テク情報、馬券予想、情報商材 霊感商法、占い パワーストーン、お守り、効果を強調する印鑑、占い 無限連鎖講、マルチ商法 無限連鎖講、マルチ商法 スパム スパム、フィッシングサイト 誇大広告、景表法違反 誇大広告、景表法違反 カード手数料徴求 クレジットカード支払いの決済手数料を別途徴収するもの.

次の

決済代行会社とは?クレジットカード決済のしくみやメリットを紹介

決済代行btob

決済代行サービスを導入するメリット 決済代行サービスには、導入することで得られる以下のようなメリットがあります。 一方で、導入によるデメリットもあるため、決済代行サービスのメリットとデメリット両方を把握・理解して比較することが重要です。 【メリット1】複数の決済方法が一括で契約でき、購入機会損失を防げる 決済代行サービスを導入する大きなメリットは、複数の決済方法を一括で契約できることです。 例えば、クレジットカード決済とキャリア決済を導入したい場合、VisaやMasterCard、JCBカードなどのカード会社、NTTドコモやau、ソフトバンクといった携帯会社で個別に審査を受けて契約する必要があります。 その他の決済に関しても同様のことが言え、導入する決済方法の数や種類が多いほど契約までに手間や時間がかかってしまうのです。 ですが、決済代行サービスを導入すれば、各決済会社との審査や契約手続きをまとめて代行してくれるため、導入時の負担が大幅に軽減できます。 そして、一括の契約で決済方法を増やすことは消費者が「希望の決済方法がない」という理由で購入を離脱することを防げます。 銀行振込のみのサイトとクレジットカード決済、キャリア決済が可能なサイトどちらが使用しやすいか、消費者目線に立つと一目瞭然です。 この点は、決済システム導入の大きなメリットです。 【メリット2】入金処理や管理の手間が省ける 入金処理や管理の手間が省けるという点も、決済代行サービスを導入するメリットの一つです。 決済会社によって締め日や入金日、管理システムが異なるため、各決済会社に合わせた入金処理や管理をミスなくこなすには時間も人手も必要になりますが、業務を兼任していることが多い中小企業や個人事業主にとっては大きな負担がかかってしまいます。 決済代行サービスを導入することで入金日や管理システムを一本化できるため、入金処理や管理業務に時間をかけることなく、効率良く進めることができるのです。 【メリット3】社内でのシステム開発やメンテナンスなどが不要 決済代行サービスを導入するメリットには、社内でのシステム開発やメンテナンスなどが不要という点も挙げられます。 決済会社から提供されるシステムと個別に接続するため、それぞれのデータ形式やルールに対応できる社内システムを開発する必要があり、システムのアップデートも随時社内で対応しなければいけないことから、開発・運用コストがかかってしまいがちです。 決済代行サービスを導入する場合は一つのシステムで複数の決済システムを利用することができ、システムのアップデートも決済代行サービスが対応してくれるため、導入や運用が手軽だと言えます。

次の

決済代行サービス比較30選|各サービスの対応決済手段や特徴まとめ

決済代行btob

BtoB取引における、掛売り決済の煩雑さを解消するために「請求代行サービス」と「決済代行サービス」がある そもそも掛売り決済とは「先に商品やサービスを提供して、その後代金を支払う」形式です。 具体的にはコンビニや銀行振り込み、クレジットカードによる後払いが挙げられます。 購入の意志があっても、希望の決済方法がない場合は離脱してしまうほど、希望の決済方法があるかどうかというのは利用者にとって重要です。 掛売り決済は買い手から需要が大きいですが、売り手からすると与信審査や入金確認、代金督促など煩雑な業務が発生してしまうという大きなデメリットが存在します。 この売り手側のデメリットを解消するものとして「請求代行」や「決済代行」というサービスがあります。 請求代行サービスは貴社と取引顧客の間に立ち、従来は自社内で行っていた請求業務を全て代行するサービスです。 決済代行サービスはクレジットカード決済のみを代行するサービスです。 次の章から、この2つのサービスについて詳しく解説していきます。 掛売り取引における請求業務そのものをアウトソースする「請求代行サービス」 請求代行サービスの仕組みを分かりやすく図式化したものが上記です。 貴社と取引顧客の間に立ち、自社でおこなっていた請求業務を全て代行してくれるサービスです。 ECや継続課金サービス、対面営業まで幅広い販売形態で利用されています。 具体的なサービス内容に関しては次のようなものが挙げられます。 ・自社のフォーマットに合わせて、請求書の作成・発行 ・代金の催促や口座への振り込み ・顧客ごとの請求状況の管理 このように請求に関わる業務を代行してくれるサービスです。 請求代行サービスのメリット:請求業務から解放され、未払い時にも支払いを保証 請求代行サービスのメリットは2つあります。 参考: それでは実際にどのような企業がこの請求代行サービスを利用しているのかをご紹介します。 請求代行サービスの導入例 ・ITベンダー ・美容室向けのサロン ・美容商材の卸企業 ・包装資材、物流機器等の卸企業 ・法人向けのシェアオフィス事業者 請求代行サービス3選 特徴 ・料金は月額固定の12,000円+保証料が1. ・保証料は取引金額の1. 9%~3. ・与信審査のタイミングは取引開始前に事前審査を行うため、継続取引顧客を抱えている企業には適切 特徴 ・決済のみならず、販促やコールセンター、在庫管理等のフルフィルメントでサービス展開 ・初期・月額費用10,000円 ・42,000社が利用している クレジットカード決済導入・運用の不便を解決する「決済代行サービス」 決済代行サービスとは、企業がクレジットカード決済を導入する際に、不便となる手続きや売上金の管理に関することを解決するサービスです。 ECのみならず、対面営業で販売する商材の決済としても幅広く利用されています。 請求代行サービスと似通った部分がありますが、請求代行はクレジットカード決済以外の銀行振込や口座振替の決済方法を主流としている企業に最適なサービスで、決済代行サービスはクレジットカード決済のみの決済代行です。 クレジットカード決済導入のデメリットは以下のことがあります。 このデメリットを解決するのがまさに「決済代行サービス」です。 基本的に決済代行サービスは企業とユーザの間に入り、決済を一括の契約とシステムで導入できるサービスであるため、クレジットカード決済のみを代行するものです。 銀行振り込み等は当然ながら対象外ですのでご注意ください。 決済代行サービスのメリット:経理業務が簡略化され、未払いのリスクも回避できる 決済代行サービスの具体的なメリットは主に4つあります。 また未払いのリスクも決済代行会社が請け負ってくれるため、回避できます。 決済代行サービスの導入例 ここで決済代行サービスを利用している導入例を紹介します。 基本的には販売形態がECのみならず、対面営業の商材の決済としても幅広く利用されています。 そのため、決済代行サービスは主に上記のようなBtoBの卸サイトを運営している企業や法人向けサービスで数多く導入されています。 しかしながら企業によってはクレジットカード決済を拒む企業もあるのも現状です。 それはクレジットカード自体が以下のようなデメリットの側面を持っているからです。 ・カード紛失や番号流出のリスク ・クレジットカード決済のために社内稟議が必要 ・クレジットカード登録や仮払い決済等の煩雑な社内手続きが発生する そのため、企業によっては決済方法としてクレジットカード決済ではなく、請求書による後払いで銀行振り込みを対応するケースも少なくないでしょう。 それに対応するのがクレジットカード以外の決済方法で銀行振込や口座振替による後払い(掛売り)のリスクや業務負担を減らすサービスが請求代行です。 決済代行サービス3選 特徴 ・24時間365日安定が必要な、NHK様・東京都水道局様・日本郵便事業会社様・社会保険庁様・各自治体様などの公的機関が利用している。 ・売上代金の早期入金サービス(最短2営業日入金)を用意しており、キャッシュフローの改善が図れる。 特徴 ・取引先毎に固有の口座番号を割り当てることで入金照合で大幅な工数削減が期待できる。 ・請求書でもオンライン決済でも対応可能 ・毎月の継続課金の形状も簡単。 手続が面倒な口座振替からの切り替え需要も多い 特徴 ・毎月の決済作業が発生しない完全自動の継続課金サービス ・審査スピードが最短3営業日 ・すべての決済手段をエンドユーザー様のご利用デバイス環境に合わせた最適な決済画面デザインをご利用可能 決済代行サービスを選ぶ際に着目すべき4つのポイントとは? クレジットカードによる決済代行を検討する際、サービスの種類が多くてどれにすればよいか分からず悩む人も多いのではないでしょうか? 下記の記事では、クレジットカードで決済ができるサービスを選ぶときのポイントをそれぞれのサービスの特徴と合わせて紹介しています。 詳細を知りたい方は、参考にしてみてください。 参考: 「請求代行サービス」・「決済代行サービス」のデメリットは取引金額に上限があること 「請求代行サービス」・「決済代行サービス」もほとんどリスクはないですが、強いて言うなら取引額に上限があることです。 決済代行サービスならカード会社の与信取引額上限が、請求代行サービスなら請求代行会社の与信取引額上限内でしか取引できません。 そのため、与信取引額上限を上回る大口取引の新規顧客の場合だと取引できず機会損失になる可能性も少なからずあるでしょう。 ただし与信取引額上限は請求代行会社や決済代行会社に相談することも可能なので、その場合は一度お問い合わせいただくのが良いです。 まとめ いかがでしたか。 請求代行や決済代行サービスのことを理解していただけたと思います。 請求代行や決済代行は業務の負担を増やさずに、利用者のニーズにこたえることができるサービスなので、ぜひ自社に合ったサービスを検討してみてください。

次の