ウド 天ぷら。 意外と知らないウドの食べ方

ウドとエビの天ぷら、レモン塩で…さっぱりおいしい春の味! : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ウド 天ぷら

ウコギ科タラノキ属の多年草です。 茎の中はスカスカで、「茎の中が空っぽのこと」を方言でウドと呼ばれることが語源だとか。 5月中旬になると雪の消え間から顔を出す。 陽あたりの良い、山の斜面、砂利の斜面に生えることが多い。 若芽の時は茎に細かく毛が生えている。 20~30cmくらいに伸びた若芽で、なるべく太いモノを土際の根元から手で折ったり、ナイフを入れて採取します。 掴まれる柴や木々・枝がない険しい斜面に生えていることもあり、採るのに苦労することもある。 毎年同じ場所から採るとウドも細くなっていくので、年々採り場所を変えながら採取したほうが良い。 てんごがいっぱいになる程採れたら、鮮度を保つためにてんごごと沢水に付けておく。 採集後にそのまま放置しておくと葉のみずみずしさがなくなってしまう。 持ち帰ったウドは旬のうちに食べるか塩漬けにして保管されます。 多少旬が過ぎたウドでも、自宅用には申し分ない。 根っこから採ってきて自宅の畑や転作田に植えて育てることもできる。 大鳥の人曰く、植えてから三年もすると根が大きくなって、いくつもウドが出てくるが、1つ1つが小さくなるので肥料をあげることもあるそう。 大鳥の人がぜんまい小屋稼業で奥山に一ヶ月も泊まり込みをしていた時代には、ぜんまい採りのついでにウドやウルイを採って山菜汁にしたりもしていた。 お盆には精進料理として仏様にお供えする料理のひとつに、ウドの天ぷらもあった。 また、ツキノワグマやカモシカもウドを食べるのだとか。 山ウドは独特の香りとエグ味がある。 天ぷらにしたり、根に近い茎の部分はけんちん汁に入れたり。 炒めもの、皮を剥いて生のままサラダにしても食べられる。 汁物にして、そこに酒粕も入れて一緒に食べる。 また、一本まるごとバーベキューで焼いても良いし、ホイル焼きにしてバターやマヨネーズ、味噌などに漬けるとホクホク柔らかでとても美味しい。

次の

ウド(ヤマウド)を採ろう!

ウド 天ぷら

うどいなり ウドの酢味噌和えが大好きです。 ウドって酢が合いますよね。 と、いうことで、ウドの茎をいなり寿司のシャリに混ぜ込んでみました。 炊き立てご飯に寿司酢をかけ、うちわであおぎながら混ぜて冷ます。 冷めた酢飯に汁気を切ったウドを混ぜ込み、8等分にする。 いなり揚げを開き、酢飯を詰めてできあがり。 少ししかないウドを楽しむためには……と思って作ってみたのですが、これが意外と美味しい。 ちょっとした料理屋さんで出てきそう。 いなり専門店では山菜ご飯が入ったものが売られていますが、ウドと寿司酢の味だけで作ると、山菜いなりともまた違った潔い味です。 いなり揚げの作り方は記載しませんでしたが、甘じょっぱい関東風よりも出汁を効かせた関西風の方が合うように思います。 上記の分量はとても少ないのですが、実際に作った時は酢飯といなり揚げを3合分用意して、ウド混ぜ酢飯以外にガリ混ぜ酢飯、ちりめん山椒酢飯など数種類用意してたくさん包みました。 ウドの下処理も難しくないので、少ししかない、みんなで楽しみたいという時はおいなりパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。 これから出てくるたけのこご飯のおいなりもおすすめ。 うどマヨスティック 採れたウドの量が本当に少なくて、ちょっとつまむ程度のものしかできませんでした。 昔、某食通漫画で「ウドとチコリのサラダ」を見てから「ウドってサラダにも合うのね~」と思ったのを思い出し、簡単にマヨネーズを付けて食べたらこりゃいける。 作り方というほどのものではありませんが、ご紹介します。 【作り方】 ウドは穂先を落とし(穂先は天ぷらなどに)、皮をむいてスティック状に切り、酢水にさっと浸ける。 酢水を切ってマヨネーズを付けて食べる。 以上です! ただのマヨネーズで十分美味しいですが、味噌マヨネーズ、スイートチリソースとマヨネーズを混ぜたものでも美味しいです。 (スイートチリソースの方はにんにく風味が強めなので、ウドの風味が弱くなりますが) 酢味噌和えだと甘くなってしまうので、甘いおかずが苦手な人におすすめです。 セロリの野菜スティックが好きな人はきっと気に入るはず。 でも、たらふく食べるためにはたくさんのウドが必要ですね。 結局穂先は天ぷら、茎は酢味噌、皮はきんぴらが一番だった 2つのレシピをご紹介しましたが、結局自分の中では定番の天ぷら、酢味噌、きんぴらが一番美味しいという結論になってしまいました……。 でも、おいなりさんは少ないウドでたくさんの人が楽しめるので、収穫量が少なかった時のレシピとして使えそうです。 あまりきれいじゃなくてすみません。 結局天ぷらが一番美味しかった……。 天ぷらをやろうとするとあれもこれもと具が増えがちになるものですが、ウド天の時は他の具を用意しても余ってしまうことが最近分かりました。 なので、ウド天の日はウド天だけを揚げて楽しむようにしています。 【今日の献立】 漬けまぐろ丼(まぐろは頂き物) ウドの天ぷら(天つゆ、塩) わかめと麩の味噌汁 あ、追記ですが、ウド採りの際には虫刺されにご用心! 私はダニに刺されて大変なことになりました!(詳しくは).

次の

うど(山ウド・独活)の時期・採り方・食べ方・レシピ・栽培方法

ウド 天ぷら

スポンサードリンク 2017-05-19 No. 180 春の十勝平野と日高山脈 [2017. 18北海道十勝 十勝平野と日高山脈 正面の山は十勝幌尻岳] 5月17日から北海道十勝は一気に気温が上がりました。 それでも空気の湿度は低く、夜は肌寒くなるので過ごしやすい気候です。 正解するウド [北海道十勝 ウド 愛される山菜ウド 根も茎も葉も全ていただける山菜 秋に根を掘り出し処置したものは漢方薬ともなる] 谷に入り探索しているとウドがありました。 ウドがある場所は、山や谷の林内や防風林の林床など色々な場所で見かけます。 探すなら山間のやや削れている斜面がポイントかと思います。 山菜としての食べごろは春の今時期(北海道十勝だと5月中旬から6月上旬)だけですが、薬草としては秋ごろにその根を掘り出して解熱剤や痛み止めとして利用できます。 根も茎も葉も食べられて、秋には薬草にもなるウドはまさに山菜の中の正しい答え、『正解するウド』といえるかと。。 [北海道十勝 掘り出したウド 一つの根から2-3本のウドがでるので、全ては採らず1本のみとることでその根は生き続けられます] ウドは一つの根から複数の茎を伸ばします。 一番上の画像には大きいウドと小さなウドの二本がでてきるのが確認できると思います。 採る時はその内の1本として、根っこが来年も生き続けられるように採っています。 山の恵みを絶やさぬ様、ウドにお願いしていただいています。 下処理 [山菜 ウド 下処理 皮むき ピーラーや包丁で表面の皮をむく] [山菜 ウド 下処理 皮むきが終わったウドの茎や根 この部分は天ぷらにしても酢味噌和えにしても良い] [山菜 ウド 葉と茎 この部分は天ぷらにすると良い] ウドはややアクや苦味があるため下処理が必要な山菜です。 天ぷらにするには下処理はしなくてもいただけますが、天ぷらにする際も下処理をした方が丁寧な仕上がりになります。 [山菜 ウド 茎や根の部分を酢水につけている このままポリポリと新鮮な山菜を楽しむのも良しです] 天ぷら [山菜 ウド 下処理をせずに葉と茎と根を天ぷらにしてみた 根の回りの表面は除去した] ウドは下処理が必要ですが、天ぷらにするなら必要ないかなと思い試してみました。 葉と茎と根の部分です。 根は土が付いていたので、洗って表面の部分を幾分除去しました。 このまま天ぷらにしました。 [ウドの天ぷら 左から根、茎、葉] ウドの天ぷらです。 あまり上手に揚げられませんでしたが、美味しくいただけました。 反省点としては、根の部分を半分に割った状態で天ぷらしたので、もう少し細分しても良いかと思います。 ごぼ天のサイズ位が望ましいかと。 根の部分は特に山菜らしい香味とかすかな苦味を感じ、特にオススメ部分です。 ご馳走様でした。 当ブログを訪問していただき、ありがとうございます。 貴方が健康でありますよう。 したっけぃ スポンサードリンク スポンサードリンク.

次の