初めてのサックス。 【楽天市場】Soleil アルトサックス 初心者 入門セット SAL【ソレイユ SAL

初心者の為のサックス選びのすすめ 管楽器専門サイト WINDPAL(ウインドパル) WEBSHOP

初めてのサックス

まずサックスの音が鳴る原理を知りましょう! 早速実践!と行きたいところではありますが、正しい吹き方を身につけるためにはまずサックスがどのような原理で音を鳴らしているかを知ることが重要です。 イメージがつかめれば、この後ご紹介するポイントがどのように重要なのかが分かるかと思います。 サックスは上図のようにリガチャと口で固定したリードとマウスピースの狭い隙間に息を吹き込むことで、高速振動を起こして音を産み出しています。 それをネック・管体を通して響きを増幅・共鳴させることであの音色を出してます。 そのためサックスの演奏においてマウスピースの組み立て方はもちろんマウスピースにのくわえ方、通称 アンブシュアが非常に大事であるといえます。 音の始まりでもあるこの部分に誤りがあると、演奏にも支障が出てしまいます。 続いてマウスピースの組み立て方について確認していきましょう! マウスピース組み立てのポイント リガチャの位置 マウスピースの組み立ての順序は、リガチャのネジを緩めてマウスピースに通し、そのあとリードを通して固定するのが一般的な順番です。 その際は上図のようにリガチャを固定する位置としては右側のようにマウスピースに入っている線に上端を合わせるようにしましょう。 またリガチャのネジですが 強く締めすぎないようにしましょう。 リードが簡単にはずれない程度に固定できていれば大丈夫です。 ちなみにリードよりリガチャを先にセットする理由は、順番が逆だとリガチャをつける時にリードがズレてしまうからです。 リードの位置 こちらは練習を進めていく中で吹きやすい位置に微調整していただいて大丈夫ですが、上図のようにリードの上に 髪の毛一本分くらいマウスピースが見える位置にリードをセットするのが一般的です。 マウスピースの組み立てに誤りがあると音を外してしまったり、無駄な肺活量を使ってしまう要因にもなりますのでしっかりこの2つのポイントをおさえて練習に臨みましょう! 正しい吹き方 それでは本題でもありますマウスピースのくわえ方 アンブシュア についてですが、こちらも演奏する人の歯並び・口の形などによって最適なものは様々です。 しかしその中でも共通して意識するべき大事なポイントはいくつかありますのでそちらを確認していきましょう! 下唇は巻き込む マウスピースの咥え方ですが上前歯はマウスピースにそのまま当てて固定、上唇はマウスピースに添えるように咥えます。 下前歯はそのまま当てず、 下唇が下前歯の上にくるように巻き込んだ状態で下から咥えてください。 下唇はあまり巻き込みすぎないように下唇と顎の皮膚の境目が下前歯の上に来るように巻き込むようにするのがポイント。 また咥える位置はマウスピースの先端1cmくらいが目安で、あまり力みすぎないように注意しましょう。 こうすることで下唇がクッションになってくれるという点もありますが、この咥え方をすると自然と口角が上がり口元が締まり 息漏れを防ぐことが出来、少ない肺活量で長く演奏ですきます。 口の両端はしっかり締める 先程の咥え方をすれば口角が上がり一定の息漏れ防止効果がありますが、よりその効果を上げるためには口の両端をキュッと締める必要があります。 例えるなら スイカの種を飛ばすように。 マウスピースを 上下左右全方向からしっかり固定するのが理想的なアンブシュアですので、口の両端を締めることで左右からもしっかり固定してあげましょう。 ほっぺが膨らまないように注意! プロの管楽器奏者で演奏中ほっぺがふくらんでいる人もいますが、初心者のうちは出来れば気をつけたいポイントです。 理由としてはほっぺが膨らんでいる状態で上下左右まんべんなく口の締めるのは難しく、またほっぺを膨らませている分の息が無駄になってしまうという点からです。 また実際にやってみるとわかりますがほっぺをふくらませると喉が少し締まります。 もちろんその影響を受けないという人もいますが、肺活量が少ない人にとってはデメリットのある部分ですので可能であれば最初はほっぺが膨らまないように気をつけましょう。 今までのポイント意識して実践! ある程度アンブシュアの形成の練習が出来たら、マウスピースとネックを繋いで息を吹き込んでみましょう。 サックス本体に繋ぐよりも吹きやすいので練習としてはこっちのほうがやりやすいはずです。 この状態で 10~20秒くらいを目安に音量・音程を一定に保つ練習をしましょう。 アンブシュアが正しくないと音程がブレてしまったり、音量にもむらが出てきてしまいます、鏡を見ながらアンブシュアをチェックしていきましょう! これで安定するようになったらサックス本体に繋いで練習開始です! サックスの構え方 最後に一般的なサックスの構え方をご紹介させていただければと思います。 重いサックスを構えながらも出来るだけ力まずリラックスするために重要なポイントです。 立ち演奏での構え方 立って演奏する時は左図のようにサックスの底部を右足よりに傾けて構えるのが一般的です。 真正面に構えても大丈夫ですがサックスの構造上はやや傾けた方がリラックスできる可能性が高いです。 リラックスするために次の大事なポイントは、サックスの重みを支えるのは ストラップに任せるということ。 口・両手はあくまでサックス本体がブレないように固定する役割です。 右図のようにストラップでサックスの重さを支え、両手の親指と口でサックスを固定してます。 ついサックス背面にあるフックにかけた右手の親指でサックスを持ち上げてしましますが、あくまで少し押し出す感じで固定するイメージで持ちましょう。 座り演奏での構え方 両足の間に挟む構え方と右足の脇に構える方法の2種類がありますが、構えやすければどちらでも大丈夫です。 やや男らしい構え方ですが正面に構えるほうが身体がねじれないので呼吸しやすいという面があります。 ちなみにテナーサックス・バリトンサックスの場合は右足の脇で構えるのに限定されます。

次の

【初めてSax Hackに来た方へ】最も効率よくサックスが上達するために必要なこととは?|SaxHack

初めてのサックス

サイズはアルトリコーダーくらいの大きさになります。 非常にコンパクトな見た目ですね。 リードがあるとちょっとサックスっぽくなりますね。 もともとザフーンはハワイのマウイ島で生まれた、竹に穴を開けたシンプルな構造の楽器が原点になっています。 その竹でできたポケットサックスをABS樹脂で作ったものが今回紹介しているザフーン【Xaphoon】というわけです。 ザフーン【Xaphoon】の音色とは ザフーンのがありましたのでご紹介します。 この小さい見た目からは想像つかないくらいふくよかで味のある音色ですよね!目を瞑って聞くと本当にサックスを聴いているような感覚がします。 音量もしっかり出ているのがポイントですね。 ザフーン【Xaphoon】のメリット・デメリット ザフーンも自分で吹いて使っているうちにメリットとデメリットが見えてきました。 まずはデメリットからいきましょうか。 ザフーンのデメリット• 音量が大きいので住宅事情によっては自宅で練習できない。 マイナーな楽器なので教則本や練習教室はほぼない。 ある程度、独学での練習が必須です。 音程が不安定で音域も狭い。 本物のサックスと運指はまるで違う。 デメリットとして感じているのはこんなところでしょうか。 音程が不安定という部分は慣れると動画の演奏者のように安定したピッチで音を出す事ができますよ。 音域が狭いのは構造上あきらめるしかないですね。 しかし、演奏者の腕次第ではしっかり聴ける音楽になります。 まぁ、この辺はセンスの問題もあると思いますが…。 ちなみに上で触れてるように、ザフーンてサックスとは似て非なるものです。 音階、穴を抑える方法、息の入れ方、楽器のくわえ方もサックスとは大きく異なります。 サックスが吹けるのでザフーンも吹けるぜーって思うのは間違いなので注意して下さい。 でも管楽器吹ける人はそもそも楽器を吹くセンスがあると思うので慣れればすぐ吹けるようになると思います。 ザフーンのメリット• 1万円以下で本格的なサックスの音色が楽しめる。 軽いので持ち運びが便利すぎる。 指使いはリコーダーと似ています。 楽器が丈夫で手入れが簡単。 吹けるようになるとほとんどの音楽ジャンルで使用可能。 気軽に何か楽器を初めてみたいなーという方にはザフーンてとってもオススメだなーと感じます。 楽器自体も言ってしまえばプラスチックの筒に穴を開けたものなので、 手入れもめっちゃラクです。 丸洗いもできちゃいます。 このサイトからもザフーンの運指など確認する事ができますよ。 ポケットサックス初心者の私がザフーンを吹いた感想 私はギターはやっていますが、サックスなんて吹いたこともありません。 もちろんポケットサックスも初めてです! ザフーンを吹いた感想としては、 やはり難しいというのが正直なところです。 音はリードの感触になれないと音を出すのも難しいんですが、 2時間も練習すればそれなりに出せるようになりました。 あとは運指ですねー。 こればっかりは何度も練習して慣れるしかないなと思いました。 リードは最初から付属しているものはかなり硬いので初心者は吹きにくいです。 すぐに柔らかいリードに変えたほうが良いです。 めっちゃ楽に音出せます。 サックスのリードを使用する事ができますよ。 あとは、ちゃんとした音楽として人前で演奏するには かなりの練習が必要だと感じました。 やっぱり一朝一夕で演奏できるものじゃないですね。 ただどこに行くにも手軽に持っていけるので、公園で練習したり旅行先で吹いてみたりとザフーンが吹けるようになったら 人生楽しくなるだろうなーと。

次の

あなたにも出来る!初めてのサックス体験レポート

初めてのサックス

SaxHackへようこそ! このページを訪れてくださったと言うことは、あなたが少なからずSaxHackに興味を持ってくださり、また「もっと上達したい!」という強い気持ちがあるということなのかな、と思います。 「上達するために必要なこと」をお伝えする前に、少しだけSaxHackの紹介をさせてください。 SaxHackとは このサイト「SaxHack」は文字通り、「サックス」を「ハック」するために活動しています。 そもそも「ライフハック」はどんな意味かというと、こんな意味です。 Life Hack ライフハック 効率良く仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生のクオリティを高めるための工夫。 つまり、「サックス」「ハック」は、 効率良く練習をこなし、早い速度で上達し、サックス人生のクオリティを高めるための工夫。 ということになります。 SaxHackはどんな活動を行っているのか? SaxHackは主に3つの活動を行っています。 あらゆる方向からサックスを 研究する• サックスの情報を求める方に 発信する• 興味をもってくださった方に 伝授する このサイトに訪れてくださった方のほとんどは、 「2. サックスの情報を求める方に 発信する」 「3. 興味をもってくださった方に 伝授する」 が当てはまると思います。 つまり簡単に言うと、 SaxHackを便利に使って今までに無い速度でサックスが上達して欲しい!と考えています。 サックスが上達するために必要な一番大切なこと 前置きが長くなりましたが、サックスが上達するために必要なことは何でしょうか? 練習? センス? 時間? 音感? 良い音楽を聴くこと? どれも間違っていないと思います。 SaxHackが考えているサックスが上達するために一番大切なことは、 「現状を把握し、目標を立て、ギャップを埋めること」です。 言われてみれば「それはそうだ」と思うかもしれませんが、音楽になると急に「センス」とか「音感」とか「とにかく頑張る」ということが重要だと、自分で思い込んでいたり周りから刷り込まれているのでは無いでしょうか? 実態の無い噂話に惑わされている時間はもったいない! SaxHackの講師の中にも、「センス」や「音感」が無いから上達しない、「とにかく頑張って基礎練習をしていれば、いつかかっこよく吹けるようになるはずだ!」と思い込み、多くの時間を浪費してしまった人が何人もいます。 講師の一人は、ちょっとくらい辛くても集中して頑張れてしまうタイプだったので、「とにかく基礎練習を頑張って、他の人よりうまくなってやる!」というモチベーションでずっと練習していました。 時間をかければ、指はある程度速く動かせるようになりましたが、音も太くならず、高音もうまく当たらないなど、 全く上達している気がしないまま、年月だけが過ぎていく期間がありました。 ある楽器を練習し続けているとわかるのですが、「現状を把握し、目標を立て、ギャップを埋める」というサイクルが回っていないと必ず「壁」にぶつかり、有るときから急に上達しなくなってしまうのです。 世の中に既にたくさんのサックスに関わる情報サイトや雑誌、ブログが有る中で、SaxHackを立ち上げ活動するようになったのも、 他の人が迷って時間を無駄にせず、1日でも早く楽しく楽器を吹けるようになってもらうためなのです。 楽器は「問題解決」によって上達する 実は「目標と現状を把握し、ギャップを埋める」という考え方は、ビジネスの世界では当たり前の「問題解決」の考え方です。 問題解決には以下の3つのステップが必要です。 現状の把握• 目標の設定• ギャップを埋める つまり楽器の上達に当てはめるとこうなります。 「現状の把握」を間違えると、目標の設定やギャップの埋め方はすべて間違った物になってしまいます。 楽器の上達では「現状の把握」が一番難しい 楽器の上達で「目標と現状を把握し、ギャップを埋めること」を実践しようとしたときに一番困るのは、 「現状の把握」が出来ないことです。 なぜなら楽器はビジネスとは違い、現状を数値化することが非常に困難だからです。 最近は歌唱力を採点できるカラオケなども出てきていますが、楽器のうまさを数値化できるのは、まだまだずっと未来の話です。 つまり、楽器は数値による「現状の把握」が出来ないため、 自分自身がある程度上達するまでは現状を把握できないため、すでに上達した人 上手い人 に把握してもらうことになります。 特にサックスなどの吹奏楽器の場合は、呼吸法や口の中の状態など身体の内面の変化を正確に把握する必要がありますが、 慣れないうちは自分の身体が今どうなっているのかを正しく把握するのは非常に難しく、上手い人に現状を把握してもらうしかないのです。 SaxHackで自分が確実に上達する先生に習ってみませんか? 繰り返しになりますが僕たちは、 SaxHackを便利に使って今までに無い速度でサックスが上達して欲しい!と考えています。 そのために重要なのは「上達のための知識を得ること」だけではなく「現状を把握すること」です。 自分が「何が出来て、何が出来ないのか」を、客観的な視点から正確に判断することが上達の第一歩です。 SaxHackでは自分の現状を把握してもらうハードルを下げるために、 レッスンを含む全てのプランを初回無料にしています。 どんなプランを提供しているのか、ぜひ一度覗いてみてください。 今の現状に合うプランが必ずあるはずです。

次の