加工 を 消す アプリ。 整形級!肌のシミそばかすホクロを消す画像編集アプリ・加工方法

SNOWの加工写真を元に戻すアプリ「逆SNOW」について解説

加工 を 消す アプリ

せっかくキレイな景色を撮ったのに、余計なものが写りこんでしまった!そんな経験はありませんか? 通行人や電線、撮影するときに写りこんだ自分の指……。 そんな風景のジャマ者を消したい!でも、フォトショップなどの難しいソフトは使えないし…。 そんなときは「TouchRetouch」がおすすめです。 余計なものをスマホアプリでかんたんに消せるんです。 「TouchRetouch」は写りこんでしまったものを消せるアプリ! 「TouchRetouch」は、写真に写りこんでしまった不要なものを消すアプリです。 たとえば、風景に通行人が写りこんでしまうことってよくありますよね。 通行人というか私なんですが(笑) 「ちょっと風景のジャマだなぁ」なんてときは…… この通り! 写真加工アプリ初心者の私でも、かんたんに消すことができました。 あらゆるものを消してみた!キレイに消えるか検証 では、「TouchRetouch」はどんなものでもキレイに消せるのでしょうか?また、操作の難易度は? 実際にいろいろなものを消して検証してみました! 手順とともに紹介していきます。 レベル1・小さく写りこんだ人や物を消してみよう! まずは、 小さく写りこんだ人や物を消してみましょう。 加工したい写真を選択します。 「オブジェクト除去」をタップします。 「ブラシ」か「投げ縄」を選び、消したい対象を指で塗り潰します。 このように、指で触れた部分が緑色になります。 消したいものを拡大すると塗りやすいですよ。 塗る面積が大きいときは「投げ縄」がおすすめです。 塗りすぎてしまった場合は、「消しゴム」で緑色の部分を消せます。 だけど、緑の部分が多少はみ出ていてもキレイに消えました。 あまりキッチリ塗ろうとしなくても大丈夫です。 この状態で「GO」ボタンをタップすると…… こんなふうに、塗り潰した部分が消えます。 ちなみに、「クイックリペア」機能の「クイックブラシ」を使っても同様のことができます。 拡大しているので少し不自然ですが、引きの画面に戻すと…… 自然に仕上がっています。 しかし!この画像をよく見てください。 アスファルトに影が残ってしまっています!これではまるで心霊写真。 影も消し忘れのないようご注意くださいね。 影も消したのがこちらです。 人がいたなんてまったくわかりません。 操作はとてもかんたんで、1~2分ほどでできました。 人間だけではなく、車やゴミ箱、看板などもこの方法で消すことができます。 ただし、この方法で消せるのは 小さく写りこんだものだけです。 大きく写りこんでしまったものを消す方法はのちほど紹介します。 レベル2・電線など、ライン状のものを消してみよう! 電線や有刺鉄線など、 ライン状のものを消してみます。 「ライン除去」をタップし、「ラインリムーバー」を選択。 「設定」から線の太さを選べます。 あとは指で消したいラインをなぞるだけ。 きっちりなぞれなくても、 アプリが消したいラインを見つけ出してくれるので安心です。 あっという間に消えます!こちらも、操作はとてもかんたんでした。 ちなみに、直線だけではなく、コードなどの曲線も消すことができます。 直線はだいたい一発で消せますが、曲線はアプリが線を見つけにくいのか、消し残りがありました。 でも、同じ操作を何度か繰り返すとキレイに消えました。 レベル3・写りこんだ自分の指を消してみよう! 撮影するときについ写りこんでしまった自分の指。 キレイに消せるのでしょうか? 指の影ってぼんやりしているからか、人物や車を消す方法ではキレイに消えませんでした……。 そこで、「コピースタンプ」を使用しました。 指を消すというよりも、 木の緑をコピーして、指の上に塗って隠すような感覚です。 まず、「コピースタンプ」を選択します。 すると、こんなふうにポインターが出てきます。 「設定」でサイズや鮮明度を調節します。 サイズはなるべく小さくしたほうが操作しやすいです。 そして、ポインターをコピーしたい色(この場合は木の緑)に置き、写りこんだ指の上から色を重ねていきます。 こんな感じです。 このままだと不自然なので、「クイックリペア」の「ブレミュシュリムーバー」を使います。 指と木の境界をぽんぽんとタップして、馴染ませていきます。 完成です! だいぶ自然になったと思うのですが、やっぱりまだ少し肌色が残っています。 コピースタンプはただ消すよりも難しいです。 慣れればもっとキレイに消せるようになるのかもしれません……。 大きく写りこんだ建物を消してみよう! では、大きく写りこんでしまった建物も消せるのでしょうか? サグラダファミリアの写真ですが、左にマンションが写りこんでいます。 これを消してみます! まず、「オブジェクト除去」で左の建物を消します。 すると…… なんだか変な感じに! サグラダファミリアが横に伸びてしまいました……。 建物があった場所は、空にしたいですよね。 そこで、先ほど紹介した「コピースタンプ」機能を使います。 右側の雲をコピーし、左側も同じような空にしました。 やっぱりコピースタンプは難しいです。 「ブレミュシュリムーバー」で馴染ませても、やや不自然になってしまいました。 最後に、クレーンと右側の建物も消してみます。 こちらは「オブジェクト除去」でキレイに消えました! やっぱり、小さいものはかんたんに消えます。 大きなもの、背景との境界があいまいなものは、消すのが難しいですね。

次の

動画の顔加工~スタンプで顔を隠すアプリ・ソフトオススメ

加工 を 消す アプリ

YouTubeやInstagramなどのSNSに動画を投稿する時、自分や親戚、友達の顔が写されているままでインタネットに動画をアップロードしますか?情報が漏れたり、不正利用されたりするなど、心配することがいっぱいです。 ここで、プライバシー保護のため、 スタンプやモザイクで動画を隠すアプリをみなさんに紹介します。 楽しいビデオをSNSにシェアする前に、かわいいスタンプで顔をちょっと飾るだけで、顔を隠すことができますよ。 フィルタ、エフェクト、文字、コラージュなど、豊富な加工機能を網羅しています。 他の人が加工した写真を見ることもできます。 PicsArtで動画の顔隠しの方法は以下です。 PicsArtでは動画の編集は有料サービスなので、無料トライアルは3日間だけなのをご注意ください• 編集画面の下部にあるツールバーを左へスライドして、「ステッカー」をタップします。 好きなスッテカーをタップして、動画に追加します。 指でステッカーをタップするままで顔の部分に移動して隠します。 色や透過度を設定することもできます。 後は動画を保存すれば、動画の顔隠しが完了です。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — InShot 次に紹介するInshotも、写真や動画の顔を隠すことができるアプリです。 ビデオのトリミング、BGM、フィルタ、エフェクト、ステッカーやスタンプの追加など、豊富なサービースが備われています。 Inshotを利用すれば、簡単に動画の中で、ステッカーで顔隠しができます。 アプリを開いて、「ビデオ」アイコンをタップして、動画ファイルを読み込みます。 「ステッカー」をタップして、お好みのステッカーやスタンプを動画に追加します。 指でドラッグして、顔にのせて、サイズや方向を調整すれば、完璧に顔を隠すことができます。 最後に右上のシェアボタンをタップして、顔が隠されたビデオを端末に保存またはInstagramやYouTubeに投稿します。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — Snow Snowは美顔効果及びメイク機能付きの自撮りカメラアプリです。 3000種以上の顔認識スタンプ、60種以上のフィルタ、自撮り補正など、機能が豊富なARカメラとしても利用できます。 Snowを使えば、カメラを構えるだけで、顔認識スタンプを適用して、簡単に顔を美しく仕上げたり、隠したりすることができます。 アプリを起動したら、Line、Facebookのアカウントやメール認証を行って登録手続きを行います。 ビデオをタップすると、「スタンプ」アイコンが表示されます。 好きな顔認証スタンプを選んだら、撮影中の顔をリアルタイムで認識して、顔にスタンプをかけることができます。 真中の撮影ボタンをタップして、ビデオを撮影します。 完了ボタンで撮影を終了して、顔隠し加工を入れた動画を保存します。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — VivaVideo VivaVideoは万能な動画編集アプリで、スタンプで顔を隠すことも簡単にできます。 トリミング、再生速度変更、テキスト挿入など、必要な機能を豊富に持っていますが決して複雑ではなく、初心者でも楽に使えます。 下の手順に従い、VivaVideoで動画の顔隠しをします。 VivaVideoを立ち上げて、画面の下部にあるハサミのようなアイコンをタップして、カメラロールからビデオを選びます。 「続行」をタップして、動画をインポートします。 編集画面で「効果編集」画面に切り替えて、「ステッカー」をタップします。 好きなものを選んで、ビデオに追加します。 アニメーションステッカーを追加することも可能です。 サイズと位置を調整して、動画の顔を隠すことができます。 モザイク・画像で動画の顔隠しソフト — BeeCut は多機能搭載の動画編集ソフトです。 動画の切り取り、BGMとテキストの追加、など、さまざまな編集作業ができます。 もちろん、BeeCutで動画の顔隠しも簡単にできます。 BeeCutを下記のボタンからパソコンにダウンロード&インストールします。 ソフトを立ち上げて、アスペクト比 画面比率 をニーズに応じて選択します。 マウスをファイルの上に置くと、「+」マークが表示され、それをクリックして、動画ファイルをメイントラックに追加します。 方法一:モザイク・顔ぼかし機能で顔隠し• 顔のところに移動して、右の再生ウィンドウで顔ぼかしの効果をリアルタイムで確認します。 「OK」を押して、設定を保存します。 方法二:好きな画像・スタンプで顔隠し• 画像ファイルをPIPトラックに配置して、「編集」をクリックして、画像やステッカーを移動して、顔を隠します。 「マスク」機能を利用すれば、画像をより自然的に動画の中の顔を隠すことができます。 「OK」を押して、変更を保存します。 モザイク、画像で動画の顔を隠すソフト — 透かし消去ソフト 「透かし消去ソフト」は動画と画像の透かしを消したり、画像と動画に透かし画像、透かし文字を入れたりすることができます。 シンプルなインタフェースと非常に簡単な使い方のおかげで、初めて使ってもすぐに使いこなすことが可能です。 画像やスタンプ、モザイクで動画の顔隠し方は以下です。 以下のボタンを押してソフトをダウンロード&インストールします。 その後起動します。 モザイクで動画の顔を隠したい場合:• 「動画の透かしを消す」を選択します。 「クリックまたはドラッグして動画を追加」或いは「動画を選択」で動画を選んでインポートします。 プレビューウインドウで隠したい部分を指定します。 右側の「プレビュー」にチェックを入れたら顔が隠された効果をプレビューできます。 必要であれば、動画を分割して、顔隠しをしたい動画の部分だけ加工します。 そうしないと、モザイクがビデオ全体に表示されます。 画像で動画顔隠し方:• 「動画に透かしを入れる」を選択します。 「クリックまたはドラッグして動画を追加」或いは「動画を選択」で動画を選んでインポートします。 「画像を追加」をクリックして、画像を導入します。 画像の表示場所、サイズを調整して隠したい部分に置きます。 画像の透明度やサイズ、角度を自由に設定可能です。 最後に、出力先を指定して「変換」ボタンを押して動画を保存します。 自動検出で顔ぼかし・顔隠し方法 — YouTubeエディタ YouTubeエディタに新しい「ぼかし効果」機能を追加したので、アップロードした動画に直接ぼかし加工ができるようになりました。 動画をYouTubeにアップロードした後でも、簡単且つ便利に顔隠しや見せたくない部分を隠すことができます。 この最新のぼかし効果機能を使えば、個人情報が映っていてる動画をアップロードしても、楽に隠すことが可能です。 YouTube Studioのダッシュボードを開き、「エディタ」タブを選択します。 タイムラインにある「ぼかしを追加」をクリックします。 「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」の2種類ぼかし処理があります。 「顔のぼかし処理」は、自動的に顔を検出し顔隠しやぼかし加工をしてくれます。 「カスタムぼかし」は、ぼかしを入れたい範囲を指定し、その範囲に自動で「ぼかし加工」をしてくれます。 ぼかし種類を決めたら、「編集」をクリックして、動画の顔を隠したりするなどのぼかし処理が自動的に行われます。 最後に「保存」ボタンをクリックして、ぼかし処理を動画に保存します。 まとめ 以上はスタンプ・画像・モザイクで動画の顔を隠すアプリ及び方法の紹介でした。 スマホで動画の顔隠しをする場合、PicsArt、InShot、SnowとVivaVideoからお好きなアプリを選択してご利用ください。 パソコンで、動画編集ソフトを利用して、モザイク、画像やスタンプで顔隠しをする場合、BeeCutがオススメです。

次の

ペイント3Dで写真に写っている不要なものを消す方法

加工 を 消す アプリ

まとめて知りたい: 写真人物消すアプリケーション Photo Retouch- 画像加工写真人を消す iOS向けの画像加工アプリであり、物体除去、美肌やズーム、フィルタの適用、モザイク追加など、様々な加工機能が備えられています。 「物体除去機能」を利用して写真から人物を消すことができます。 アプリで背景の人を消す方法は以下です。 Photo RetouchはiPhoneにインストールして起動します。 「Default album(デフォルトアルバム)」をタップ、そして新しいページの右上隅にある「+」をタップして、カメラロールから人物を消したい写真を選んでインポートします。 「物体除去」を選択して指で消したい人物を塗ります。 その後「GO」をタップすると、削除が始まり、終わったら処理済みの写真が表示されます。 最後に右上隅の保存タブをタップして処理後の写真を保存します。 Inpaint Online Inpaint Onlineはオンライン無料で写真の通行人を消すことができるサービスです。 色んなツールが提供され、簡単且つ迅速で写真のいらないものをきれいに消すことが可能です。 日本語対応していないですが、使い方は非常に簡単なので、操作に影響しません。 写真人消しフリーソフトの公式サイトにアクセスします。 「Upload Image(画像をアップロード)」をクリックして、人を除去したい写真を追加します。 左側のツールバーで適切なツールを選択して、削除したい人物を選びます。 それから「Erase(消去)」を押すと削除を開始します。 削除が完了したら処理後の効果が表示されます。 最後に、右上の「Download(ダウンロード)」を押して写真を保存します。 Snapseed はAndroid、iOS両方に対応している、多機能の写真の人物を消す無料アプリです。 シミ除去、ブラシ、ストラクチャ、HDR、変形などの実用的な機能を持っています。 その中の「シミ除去ツール」を使って、手軽にいらない人物を消すことが可能です。 写真人消しアプリSnapseedを起動して任意の場所をタップして画像を追加します。 「ツール」>「シミ除去」の順にタップして、別の画面が表示され、消したい人物を指で複数回タッチして選択すると、その人が消されます。 その後、右下隅のチェックマークをタップし、それから「エクスポート」をタップして写真を保存します。 透かし消去ソフト は写真と動画からテキスト、ウォーターマーク、日付、字幕など、いらないものを消すことができます。 画像の不要なものの消し方はほぼ上記のアプリと一緒でとても簡単です。 動画の透かしを消す面では、透かしの位置が変わる場合、動画を分割してから、それぞれ動画クリップのウォーターマークを削除できますので、非常に便利です。 写真の背景の人を消す方法は以下です。 以下のボタンを押して透かし消去ソフトをダウンロード&インストールします。 それから立ち上げます。 左側で「画像の透かし」を選択します。 右側の「ドラッグまたはクリックして画像を追加」をクリックして、人物を消したい画像を追加します。 マーキーツール、多角形なげなわツール、またはブラシツールを利用して消したい人物を選定します。 プレビューにチェックを入れれば、人が削除された効果が見えます。 (次の操作に進む前に、プレビューをキャンセルする必要があります)• 終わったら、出力先を設定して「変換」ボタンを押して写真を保存します。 まとめ 人を消すアプリと、写真の人を消す方法を以上紹介しました。 スマホアプリはどこでも人を消す加工ができますが、PCソフトほど写真の人物を正確に選択できません。 上記のアプリケーションは全て簡単に通行人を消すアプリであり、もし写真の人物をより完璧に除去したい場合は、フォトショップを利用してください。

次の