あさ いち マスク 作り方。 かわいい手縫い「布マスク」の作り方 簡単、型紙いらず

【あさイチ】水っぽくない野菜炒めの作り方:野菜の切り方・炒め方を工夫する : 19860707 Powered by ライブドアブログ

あさ いち マスク 作り方

たては鼻と口が完全に隠れる長さにウ横幅は頬にかかる長さにする。 ご自分のサイズに合わせて決めて下さい。 外側の布は、ガーゼより横幅を4cm大きく裁断する。 縫う部分の線を引く。 ガーゼを縦に半分に折り、さらに横にも半分に折り、布の中心となる部分にしるしをつける。 しるしをつけた部分から、0. 5cmほどあけて、上下ともに左端から3cmのところへ向かって線を引く。 顔にフィットするように、線の上から1cmほど下げて、定規を直角にあてて斜めに線をひく。 線をひいたところを縫う。 (直角にあてたところはまだ縫わない。 縫い目から1cmのところでカットする。 ガーゼ、表の布ともにここまで同様にする。 ガーゼと布の表面同士を重ね、線に沿ってガーゼと外側の布を縫い合わせる。 あごの部分、布の端から1cmのところをまっすぐ縫う。 ゴムを通す部分を縫う。 生地の横から手を入れて裏表をひっくり返し、筒状にする。 両端を2回折りしてなみ縫いする。 あとはゴムを通せば完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。 ぜひ併せてご覧ください。

次の

あさイチ焼き味噌玉のレシピ。朝食の味噌汁におすすめの武士メニュー。

あさ いち マスク 作り方

2020年3月5日のNHK『あさイチ』で放送された「簡単手作りマスク」の作り方を再現しました。 コロナウイルス関連で品薄となっているマスクですが、花粉症の季節にないと困る!という方必見。 たった25分、ミシンがあれば10分程度で作れる自家製マスクです。 This video will show you how to make masks for hay fever and so on. [CAUTION] This mask is not effective in preventing covid19. 【手順】 1.ガーゼの目の間を光が通らない厚さにするため、2枚重ねる。 2.ガーゼのサイズを決める。 大きめに裁断し、顔に合わせて調整する。 3.たては鼻と口が完全に隠れる長さにウ横幅は頬にかかる長さにする。 ご自分のサイズに合わせて決めて下さい。 ガーゼを縦に半分に折り、さらに横にも半分に折り、布の中心となる部分にしるしをつける。 5cmほどあけて、上下ともに左端から3cmのところへ向かって線を引く。 (直角にあてたところはまだ縫わない。 ガーゼ、表の布ともにここまで同様にする。 あとはゴムを通せば完成です。 他にも簡単おいしいレシピなどをたくさん紹介しています。

次の

【シューイチ】ハンカチとヘアゴムで手作り「ハンカチマスク」の作り方!ネット動画が10万回以上再生、人気のハンカチマスク!(2020年花粉対策)

あさ いち マスク 作り方

折り目の細かいものを選びます。 目の間を光がとおらない厚みが目安です。 着用したときにガーゼは顔に当たる部分、布が外側にきます。 私は洗うと消えるチャコペンのサインペンタイプで線を引いて作りました。 白の布で作ると普通のサインペンで線を書くと残る可能性があります。 気になる方はチャコペンがおすすめですが、ない場合はシャープペンなど薄いもので書くか 折り目をしっかりつけて線の代わりにするなどの方法があります。 あとで消せるチャコペンマーカーはこういったタイプですね。 色の濃い布で作る場合はよっぽど目立たないと思うので、それほど気にする必要はありません。 作り方動画 作り方を動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 ハンドメイド初心者の方でもわかりやすいようにご紹介しています。 続いて画像とテキストでもご説明しますね。 作り方 1、鼻の中心に折り目が来るように布を置いて縦幅は鼻と口が完全に隠れる長さを取る。 2、横幅は頬にかかる長さを取る。 外側の布はさらに横幅を4㎝長くとります。 だいたいですが、上の画像くらいの感じをイメージしてもらえたらと思います。 3、縫う部分の線を引く。 ガーゼを半分に2回折り、真ん中に印を打つ。 これがマスクの鼻の先端の部分になります。 1回開いて、(横半分に折った城多にして)わになっている端から左端3㎝の部分に上下とも印を打つ。 鼻の先端から少し話した位置と結ぶ。 これが鼻筋の縦のラインになります。 4、結んだ線に、上の部分はさらに1㎝下がった位置に印を打って、直角に耳側に向かって線を引く。 反対の面も同様に線を引いておくと後で縫いやすかったです。 外側の布も同様に線を引きます。 5、鼻筋のラインを線の上をなみ縫いで縫う。 同じ幅で出来る限り縫います。 手縫いで大丈夫です。 縫い終わったら縫い目から1㎝のところを切ります。 外側の布も同様に作ってください。 6、ガーゼと表面の布を広げて、表面を重ねる。 (中表にします) 鼻筋のライン(中央の縫い目)がきちんとそろうように重ねるのがポイントです。 縫い代はそれぞれ重ならないように反対方向に倒して縫いました。 7、ガーゼと外側の布を一緒に、上のラインの線の上をなみ縫いして縫い合わせる。 8、下のライン(顎の部分)は下から1㎝のところに線を引き、まっすぐ縫う。 ここも先ほどと同様に中央のラインをしっかり重ねてずれないように注意して縫います。 縫い代の倒す方向は、先ほどと同じ方向に倒しておきます。 上側の縫い代を1㎝残して切り落とす。 横のあいている部分からひっくり返す。 この時、ただひっくり返すだけでもいいのですが少し端がきれいに整わなかったのでアイロンをかけてからひっくり返しました。 縫い代を内側にまとめて倒すようにして縫い目の位置でアイロンをかければ大丈夫です。 9、横側の端の布を2回折り、なみ縫いして紐を通す部分を作る。 ゴムを2本切り、ゴム通しやヘアピンなどに通す。 今回はヘアピンでやってみましたがうまくいきました。 端に結び付けます。 ゴムひもを通し、長さを調節して結ぶ。 結び目は布の中に隠すようにしてしまい、完成です。 紐の長さはマスクと顔の間に隙間ができないように調節してください。 裏はこんな感じです。 半分にたたむと平面になるので収納しやすいです。 実際に作ってみて 今回はわかりやすいように表と裏で違う柄の布を使って作りました。 ガーゼはしわになりにくいですが、表側の布もあまりしわにならない布で作ったほうが使い勝手がいいかな?と思います。 もう1つ、型紙つきのプリーツマスクの作り方もご紹介しています。 型紙は子供サイズも掲載、無料でダウンロードして使っていただけます。 作り方動画・型紙つき 今回文章だけでは少しわかりにくい部分があると思うので、画像も掲載しました。 私はもともと服飾系の出身なので裁縫は慣れているため簡単に作れましたが、実際に作ってみてミシンがなくても手縫いだけパターン(型紙)なしで作れるのでハンドメイドになれていない方でも簡単に挑戦できると思いました。 アイロンもかけなくてもちゃんとできるので、布とゴム、針と糸さえあれば作れます。 サイズも自分に合ったサイズで作れるため、大人から子供用まで作れる点もいいですよね。 以上『 手作りマスクの作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にも使い捨てタイプの縫わないプリーツマスクの作り方もご紹介しています。 作り方動画つき.

次の