簡単トンテキ。 【 調理法公開 】トンテキ〜柔らかく仕上げる焼き方〜|孤独のおつまみ

トンテキ献立のおすすめ3案|サラダ・スープ・副菜など簡単レシピをご紹介!

簡単トンテキ

三重県四日市名物トンテキ 三重県四日市市の名物料理である「豚肉ステーキ」=トンテキを今回は作りましたので、ご紹介します。 本来は「グローブ焼」と呼ばれる、豚ロース肉を手のひらの形に切れ込みを入れて作られている事が多いです。 しかし、今回は、ご家庭の食卓で全員が器に取って、食べやすくする為に、適度な大きさに切っています。 また、三重県には「四日市とんてき協会」が発行している、「四日市のとんてき定義」も存在します。 このレシピでは、定義に従って料理はしていませんが、定義まであるトンテキを知っていて損はないかと思います。 豚ロース肉に下記の写真の様に、筋の所を中心に切れ目を入れていき、食べやすい大きさに切ります。 縦の切れ目を入れる 切り過ぎない様に注意 適量な大きさに切る 2. 両面に塩こしょうを振り、10分位ほど置きます。 両面に塩こしょう 3. にんにくを輪切り(チューブでも可) 調味料を合わせる 4. フライパンにサラダ油をしき、切ったにんにくを弱火で炒め、きつね色になるまで、香りを出してあげます。 弱火でじっくりと きつね色になるまで 5. 2の豚ロースに薄力粉をまぶし、両面に焼き色がつくまで焼いていきます。 薄力粉をまぶして 両面焼き色がつくまで 6. 器に盛り、お好みでを乗せ、完成です。 ポイント コツ1 筋を入れる 筋を入れる事によって、肉が縮んで、小さくなるのを防いで、柔らかく仕上がります。 コツ2 本来のトンテキ 今回は、食べやすくする為にカットして調理していますが、本来のトンテキはステーキです。 ステーキが良い場合は、下記の写真の様に脂肪の部分に切れ目を入れて、調理して頂けたらと思います。 脂肪の部分を切る コツ3 薄力粉 薄力粉をまぶして焼くと、カリッと仕上げる事が出来ます。 今回は調味料で煮ていくので、薄力粉が調味料に溶け出し、しっとりした仕上がりにする事が出来ます。 薄力粉を食材にまぶす事によって、タレがとろみ状になり、食材に絡まりやすくなります。 コツ4 キャベツ 今回は、見た目を良くする為に、白髪ネギを乗せていますが、キャベツの線切りやサラダなど、用途に合わせて添える食材を変えても良いです。 また、用意出来ない場合は、無くても大丈夫です。

次の

トンテキ 簡単レシピ

簡単トンテキ

こんにちは~、筋肉料理人です! 今日は ガッツリおいしくスタミナ補給できる「厚切りトンテキ」の作り方を紹介させていただきます。 トンテキは厚切りの豚ロース、もしくは豚肩ロースを頃合いに焼き、ウスターソースベースのタレに絡めてつくります。 濃厚なソースが絡んだ厚切り豚肉のおいしさは格別。 それに、少し手間ひまをかけてやればぶ厚いといっても豚肉ならそう高くもなく、お得感もたっぷりです! 今回は厚切りの豚肉をステーキにするので、中までしっかり熱を入れないといけません。 ですがこの厚み、火を通そうとしっかり焼くと肉が縮んじゃう……。 大丈夫です、今から紹介する 「筋切り」をすれば、肉の縮みを最小限に抑えてジューシーなトンテキが作れます! 筋肉料理人の「厚切りトンテキ」 【材料】(2人分)• 豚ロース肉厚切 2枚(1枚250g• にんにく 2かけ• キャベツ 葉を2~3枚• ミニトマト 2個• マヨネーズ、刻みねぎ 適宜• オリーブ油 大さじ1• 黒こしょう 適宜 (A)• ウスターソース 大さじ3• しょう油、ケチャップ、砂糖 各大さじ1• 日本酒 大さじ2• カレーパウダー、一味唐辛子 少々 作り方 1. 豚ロース肉の筋切りをします。 2cm間隔に切り込み、裏返して反対側も同じように切り込み、互い違いになるようにします。 こうすることで焼いた時に筋が縮んでも、切れ込みを入れているので肉を引っ張らず、肉全体が縮みにくくなります。 筋は赤味と脂の境にあるので、肉の中程の部分は包丁の先で刺して切ります。 肉は焼くと縮みますが、大きく縮む原因の一つが「筋」の存在です。 筋は肉の境目、赤い部分と白い脂の境目にあり、 加熱すると筋は赤味の部分より縮んで、肉の内部にある水分、うま味を絞り出してしまうのです。 それを防ぐために「筋切り」をします。 店先になければお店の人に「1枚 250g位」と相談して厚めに切ってもらいましょう。 豚肉の筋切りをしたら金属製のバットにのせ、 30分ほど置いて室温に戻します。 これが大事です! 肉の内部まで室温に戻すことで熱が入りやすくなります。 ということは加熱時間が短くなるので、さらに縮みにくくなるということです。 その間にキャベツを千切りにし、(A)を混ぜ合わせておきます。 フライパンに薄切りにしたにんにくとオリーブ油を入れて、弱火にかけます。 フライパンを傾けて端に寄せ、時間をかけてフライにします。 にんにくがきつね色になったら取り出します。 残ったオリーブ油はガーリックオイルになっています。 豚肉が室温に戻ったら塩と黒こしょうをふって焼きます。 肉の脂身が同じ方向をむくよう2枚重ね、トングでつかみます。 3のフライパンを強めの中火にかけ、脂を下にして入れて2分焼きます。 豚ロース肉は片方にたっぷり脂がついているので、最初に焼いて余分な脂を落とします。 脂をしっかり焼いたら側面を焼きます。 しっかり焼き目がついたら返して弱火にします。 キッチンペーパーで余分な脂を吸い取りながら焼きます。 キッチンペーパー5~6枚を使って油を吸い取ったら混ぜ合わせた(A)をかけ、中火でタレを煮詰めながら豚ロース肉となじませます。 タレに軽くとろみが付いたら火を消し、フライパンの上で5分ほど休ませましょう。 そして肉の温度を下げることで切った時、肉汁が流れ出るのを防ぎます。 焼いたトンテキを一口大に切って皿に盛ります。 キャベツの千切り、ミニトマト、マヨネーズを添えます。 トンテキにタレをかけ、取り出しておいたフライドガーリック、刻みねぎをちらして完成です。 筋切りで厚切りの肉をおいしく! 厚切りトンテキの完成です! 表面をよく焼いたトンテキは、しっかりとした食感がありながら中はジューシーで柔らかく、ジューシーな肉のうま味を感じることができてもう最高です! 今回は国産の生(冷凍ものではなく)を使ったので1枚 500円位でしたが、輸入ものを使えばもっと安く手に入ると思います。 焼きあがった肉は、トングでつかんだ生肉の状態と比べてもそれ程縮んでいないのがわかると思います。 これこそしっかり筋切りをした効果。 筋切りで厚切りの肉をおいしく料理しましょう! ちなみにこの筋切りですが…… 互い違いに切り込みを入れた紙を引っ張ると長く伸びる、あれと同じ原理です!.

次の

豚こまde節約!濃厚ソースがめちゃ旨の『簡単トンテキ丼』の作り方

簡単トンテキ

がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 02:06• がおいしい! ゲストさん 02:03• がおいしい! ゲストさん 02:02• がおいしい! ゲストさん 01:35• がおいしい! ゲストさん 01:19• がおいしい! ゲストさん 00:58• がおいしい! ゲストさん 00:45• がおいしい! ゲストさん 00:18• がおいしい! ゲストさん 00:18•

次の