商品取引所。 商品取引所(しょうひんとりひきしょ)とは

総合取引所への移行による商品先物取引ルール等の変更について【1】 [20/06/02]

商品取引所

概要 [ ]• 所在地:1-10-7• 代表権者:濵田隆道(代表取締役社長 )ならびに 山道裕己(代表取締役会長。 代表取締役社長 兼務)• 設立:2月(旧・東京繊維取引所の設立日。 東京工業品取引所としての設立は)• 主な子会社:株式会社日本商品清算機構(商品先物取引法に基づき及びから許可を受けて商品取引債務引受業を営む商品取引清算機関)• 商品市場:上場商品・上場商品指数(上場商品構成物品・上場商品指数対象物品) 取引の種類• ゴム市場 - ( 略称RSS 、(略称TSR)):現物先物取引• 貴金属市場 - (、、および):現物先物取引・貴金属のミニ取引については現金決済先物取引・金(標準)のオプション取引・金限日取引については限日現金決済先物取引• 石油市場 - (、、および):製品については現物先物取引・原油については現金決済先物取引• 中京石油市場 - 中京石油(ガソリンおよび灯油):現物先物取引• アルミニウム市場 - (アルミニウム):現物先物取引• 農産物・砂糖市場 - 農産物・(一般、、および):現物先物取引• 市場(2019年10月現在、試験上場扱い) - 東エリアベースロード電力、東エリア日中ロード電力 等 : 現金決済先物取引 沿革 [ ]• 2月23日 - 東京繊維商品取引所開所• 12月12日 - 東京ゴム取引所開所、同取引所で 11:30初立会を開始• 3月23日 - 東京金取引所開所• 11月1日 - 東京繊維商品取引所、東京ゴム取引所、東京金取引所の3取引所統合により設立。 4月1日 - 製の初期システムを稼動(貴金属市場のみシステム売買による板合せ・ザラバ仕法導入)• 8月3日 - パラジウム取引開始(試験上場)(1994年8月22日 本上場)• 4月7日 - アルミニウム取引開始(試験上場)(2000年4月3日 本上場)• 7月5日 - ガソリン・灯油取引開始(試験上場)(2004年7月1日 本上場)• 9月10日 - 原油取引開始(試験上場)(2004年7月1日 本上場)• 1月6日 - NTTデータ製のシステム更改 新取引システムへ移行• 2003年6月6日 - インハウス型クリアリングハウス制度を導入、違約対策保険の導入• 2003年9月8日 - 軽油取引開始(試験上場)(2004年7月1日 本上場)• 5月17日 - 金先物オプション取引開始• 1月4日 - ゴム取引が手振り板寄せ取引から、システム売買による板合せ・ザラバ取引に移行し、全ての取引がシステム売買による板合せ・ザラバ取引となった。 7月17日 - 金先物ミニ取引開始• 1月7日 - 取引時間について従来【前場】9:00〜11:00【後場】12:30〜15:30であったものを、【前場】9:00〜11:00【後場】12:30〜17:30となった。 2008年11月10日 - 白金先物ミニ取引開始• 2008年12月1日 - 株式会社化• 5月7日 - NTTデータがシステム・インテグレータとして導入されたNASDAQ OMXの取引・清算パッケージソフトを用いた取引システムを稼働開始。 それに伴って取引時間が日中立会が9:00〜15:30、夜間立会が17:00〜23:00となった。 (ただし、ゴム市場の夜間立会については17:00〜19:00)• 3月23日 - 日経・東工取商品指数先物取引(TOCOM NEXT)開始 限日取引 (試験上場)• 2010年5月6日 - 2月24日に立ち会いを休止されていた軽油を取引再開• 2010年9月21日 - 夜間立会 2010年9月22日計算分以降 については、17:00〜23:00であったものを17:00〜04:00と変更になった。 (ただし、ゴム市場の夜間立会については17:00〜19:00)• 5月2日 - 日経・東工取商品指数先物取引(TOCOM NEXT)開始 限月取引 (試験上場)• 2月12日 - 商号が「株式会社東京工業品取引所」から「株式会社東京商品取引所」に変更され、又、株式会社東京穀物商品取引所から一般大豆、小豆、とうもろこし及び粗糖の各銘柄が移管される。 7月22日 - 立会時間が変更され、日中立会時間を09:00〜15:15と、従来よりも終了時刻を15分前倒しするとともに、夜間立会時間を16:30〜04:00と従来よりも開始時刻30分前倒しし、取引時間を15分拡大。 (ただし、ゴム市場の夜間立会については16:30〜19:00)• 7月25日 - この日以降に新甫発会する限月について、新甫発会を納会日の日中立会終了後の夜間立会からと変更される。 (従来は、新甫発会を納会日の日中立会終了後の日中立会からとしていた)• 5月7日 - 日中立会から金限日取引(愛称:東京ゴールドスポット100、ゴールド100)開始• 2016年9月20日 - のデリバティブ取引システム(J-GATE)及び清算システムの利用開始• 2019年3月28日 - 東京商品取引所と日本取引所グループ間での経営統合についての基本合意書の締結。 (本件経営統合の見通しに関する詳細は別記事を参照)• 2019年9月25日 - 日本取引所グループが同年8月より開始したが成立したと発表。 2019年10月1日 - 日本取引所グループが東京商品取引所の株式を議決権ベースで97. 2019年11月1日 - 日本取引所グループが東京商品取引所の残りの株式を株式売渡請求により取得し、同社の完全子会社となる。 2020年7月(「目処」 ) - 当社(TOCOM)の貴金属市場(金現物は除く)、ゴム市場及び農産物・砂糖市場(休止中の粗糖は除く)の各商品が へ移管される。 立会時間 [ ]• 日中立会時間 09:00 - 15:30• 夜間立会時間 17:00 - 04:00(ゴム市場に限り、17:00 - 19:00) 1日の取引としては、17:00に開始し翌営業日の15:30に終了する。 さらに取引は24時間取引化される見込みである。 2014年7月22日より取引時間の変更を実施すると発表した。 変更後の立会時間は以下の通り。 日中立会時間 09:00 - 15:15• 夜間立会時間 16:30 - 04:00(ゴム市場に限り、16:30 - 19:00) 1日の取引としては、16:30に開始し翌営業日の15:15に終了する。 2016年9月より取引時間の変更を実施すると発表した。 変更後の立会時間は以下の通り。 日中立会時間 08:45 - 15:15• 夜間立会時間 16:30 - 05:30(ゴム市場に限り、16:30 - 19:00) 1日の取引としては、16:30に開始し翌営業日の15:15に終了する。 寄板合わせ、立会開始時(8:45及び16:30)に寄板合わせを実施 引板合わせ、5分間の注文受付時間を設け、立会終了時(15:15及び翌5:30)に引板合わせを実施。 ゴムの夜間立会の引板合わせは19:00。 訂正・取消不可時間帯、寄板合わせ前及び引板合わせ前に、訂正・取消注文を受付けない時間帯(1分間)を設定。 ただし、日中立会終了時の引板合わせを除く。 かつてのは廃止され、2019年現在はが採用されている。 システム [ ] 9月20日より、のデリバティブ取引システム(J-GATE)及び清算システムを利用している。 テレビCM [ ] CMは常に、石油バージョンと金取引バージョンの2種類が製作される。 1ヶ月(長い場合は2ヶ月)間は片方のCMしか放映しない。 切り替えは基本的に月初め。 組合組織時代はCM中に会員各社が日替わりで表示されていたが(では加盟社を表示しない形に差し替え)、株式会社化されたため加盟社表示は廃止された。 スポンサー番組 [ ]• () 過去のスポンサー番組• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京) 歴代のCM出演者 [ ]• (〜2003年4月末)• (2003年5月〜2005年4月末)• (2005年5月〜2009年4月末) 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 2019年9月26日時点のよりアーカイブ。 2019年9月26日閲覧。 東京商品取引所. 2018年8月11日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 2019年9月26日時点のよりアーカイブ。 2019年9月26日閲覧。 東京商品取引所. 2017年8月23日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 日本取引所グループ. 2019年4月2日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 東京商品取引所. 2019年10月1日時点のよりアーカイブ。 2019年10月1日閲覧。 日本取引所グループ. 2019年10月1日時点のよりアーカイブ。 2019年10月1日閲覧。 日本経済新聞社. 2019年9月26日時点のよりアーカイブ。 2019年10月1日閲覧。 株式会社東京商品取引所. 2019年10月22日時点のよりアーカイブ。 2019年10月22日閲覧。 株式会社日本証券クリアリング機構. 2019年9月28日時点のよりアーカイブ。 2019年10月22日閲覧。 「目処」は、 ならびに における表現• 東京商品取引所から見ると、大阪取引所は兄弟会社にあたる• 外部リンク [ ]•

次の

大阪取引所・山道社長:商品先物、3年で倍に(時事通信)

商品取引所

Visit the buildings to see an outstanding example of late-Gothic architecture and intricate Renaissance decorations. Built between 1482 and 1533, La Lonja is now recognized as a World Heritage Site. It serves as a reminder of the affluence and authority of Valencia as one of the great Mediterranean mercantile cities. Step inside the Sala de Contraction, the main hall where merchants would meet, trade and sign contracts. Walk along five rows of spiral columns that divide the hall into three aisles, all with patterned marble floors. A Latin inscription adorning the walls proclaims the honesty of the former traders. Off the main hall, access the tower, a multistoried building that includes a small chapel. The first floor once served as a prison for bankrupt merchants. Today it is home to the Cultural Academy of Valencia, which puts on exhibitions and cultural activities. Ask at the main entrance for information. Cross the street to the Church of Santos Juanes San Juan del Mercado for the best view and good photo opportunities. Parking is available at Central Market. Alternatively, public buses stop close to the La Lonja's entrance. La Lonja is open from Tuesday to Sunday. The small admission fee includes a map and explanations in English. 0 out of 5. 0 Stars Located in Valencia City Centre, this hotel is within 1 mi 2 km of Central Market, Valencia Cathedral, and Plaza de la Reina. University of Valencia and Bioparc Valencia Zoo are also within 2 mi 3 km. Turia Station is only a 2-minute walk and Campanar-La Fe Station is 8 minutes.

次の

総合取引所への移行による商品先物取引ルール等の変更について【1】 [20/06/02]

商品取引所

金融商品取引法(2007年改正)に基づき、内閣総理大臣の免許を受けて開設される、金融商品会員制法人または株式会社の組織をとった取引所。 金融商品とは、株式、社債、国債、投資信託受益証券、外貨預金、抵当証券、変額年金保険等をいう。 これらに関する取引については、従来、証券取引法、銀行法、保険業法、金融先物 さきもの 取引法のような複数の法律で定められていたが、それらを整理・統合して横断的に規定するようにしたのが金融商品取引法である。 金融商品取引所の事業内容は、金融商品の売買やデリバティブ取引を行う現物・先物市場の開設と運営、成立した取引の清算業務である。 金融商品取引法制定以前は、会員制組織の取引所のみであったが、この法律により新たに株式会社組織の取引所が可能になった。 ただし株式会社組織の場合には株主規制があり、原則として総株主の議決権の20%以上を特定者が保有することはできない。 金融商品取引所の実際の名称は、従来どおり「証券取引所」または「金融先物取引所」を使用することができる。 証券取引所は、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の5か所であるが、これらのうち前三者は株式会社、そのほかは証券会員制法人である。 先物取引専門の東京金融先物取引所は、2007年(平成19)9月に株式会社東京金融取引所に商号を変更した。 金融商品取引所は、公正な金融取引市場を維持し、投資家を保護するために、自主規制業務を行わなければならないとされている(金融商品取引法84条)。 そのため、たとえば東京証券取引所では、「株式会社東京証券取引所グループ」の下に、取引所を経営する「株式会社東京証券取引所」と、自主規制を行う「東京証券取引所自主規制法人」を並置している。 [森本三男].

次の