くるぶし 腫れ 痛み。 痛風の痛みについて

くるぶしが腫れている…原因は?外側・全体に分けて解説!何科へ行く?

くるぶし 腫れ 痛み

足首捻挫で外側が腫れた時の対処法とは 「また足首を捻挫しちゃいました。。 」 「けど、大したことないから大丈夫!」 そう言って、何事も無かったようにプレーを続ける選手達。 よっぽどひどい捻挫でなければ病院に行こうともしません。 周りとのレギュラー争いが激しければ激しいほど、シーズン中に大事な試合が近ければ近いほど、周りの目も気にしてか選手は病院から遠ざかります。 確かに、スポーツにあまり関心のない医者にとっては足首捻挫は軽症の怪我なので、「 骨は問題ないよ。 ただの捻挫だね。 」というくらいの説明で終わってしまう事も多々あります。 そういう事を経験すると、どうせ病院に行っても同じことを言われるだけと、足が遠のくのも分かります。 しかし、軽い捻挫なら病院に行かなくても何とかなるでしょうが、何とかなるというのにも色々なレベルがあると思うのです。 どうせなら、高いレベルで何とかしてしまいたいのですが、そのためには少しだけ足首について学んでいく必要があります。 この記事の内容だけで十分なので、分厚い教科書なんかを読まなくても大丈夫です。 この記事は、捻挫の対応をより深く理解したい方に向けて書いています。 今回は、足関節の中でたった1つの靭帯にフォーカスしてお話しします。 この1つの靭帯について理解する事で色々な事が分かってくる筈です。 今後の記事で分からなくなったら何回でも読み直してもらえるような、辞書的な役割も持たせているので、丁寧に解説していきます。 参考記事 足首の外側にある靭帯 足首の外側には主に3つの靭帯があります。 そのうち、今回は1つの靭帯についてお話しします。 足首の関節を構成する3つの骨 脛骨と腓骨と距骨 前距腓靭帯という名前を分解してみると、「距骨(きょこつ)と腓骨(ひこつ)の前の方をつなぐ靭帯」という意味である事が分かります。 そして、たいていは心臓から遠い方の骨の名前が最初につきます。 参考記事 前距腓靭帯の働き さて、靭帯が関節の動きを制限していると言いましたが、この前距腓靭帯は足首のどのような動きを制限しているのでしょうか。 それは自分の体で簡単に感じる事ができます。 まずは足首を内反(内返し)にしてみて下さい。 そうすると、足首の外側が突っ張る感じがすると思います。 これが、外側の3つの靭帯にテンションがかかった状態です。 足首の動き 底屈と背屈の図説 ですから、このようは形でグリッと捻挫した時に前距腓靭帯を損傷するのです。 ちなみに、このような捻挫を「内反捻挫」と呼びます。 参考記事 医者に一目置かれる言葉 軽い捻挫で病院に来る人はあまりいませんが、もしかしたら骨折してるかもと心配な時には病院でレントゲンを撮ってもらいます。 その診察室で医者に言ってみて下さい。 「試合中に足首を 内反してしまって、多分捻挫だと思いますが、骨折が無いか心配できました。 ここで、「内反」という言葉を使っているのがポイントです。 「お、この人は良く知ってるな。 」と思われて親切にアドバイスしてもらえるかもしれません。 医者も話をよく理解できそうな選手には沢山アドバイスしたいものなのです。 参考記事 まとめ 今回は前距腓靭帯についてお話ししました。 足首を• 底屈 の方向に捻挫すると損傷するのでした。 病院ではここで覚えた単語をたまに混ぜて使うと医者に一目置かれるかもしれませんよ。 それでは今回はこの辺で失礼します。 ありがとうございました。

次の

くるぶしに痛みを感じる原因とは?腫れている場合は要注意!

くるぶし 腫れ 痛み

歩いているときやスポーツのときなどに足をくじくなどして、くるぶしが痛くなることはよくあるものです。 しかし心当たりがないのに痛みを感じた場合、注意が必要なこともあります。 足をくじいたわけでもないのに、急にくるぶしが痛くなった• くるぶしが痛むようになってから、土踏まずがなくなってきたような気がする• くるぶしの痛みとともに骨が外に出っ張ってきた このような場合、何が原因で痛みが起こっているのでしょうか。 くるぶしに痛みと腫れが生じる病気・ケガ くるぶしの痛み以外に腫れが生じることがあります。 痛みと腫れが生じる原因としては、関節や骨などの病気・ケガが考えられます。 足関節炎 関節への負荷や細菌感染などによって、関節に炎症が起こる病気をといいます。 は、体のあらゆる関節に起こるもので、足首の関節にも発症することがあります。 の症状は、主に関節の痛みと腫れですが、関節の熱感や発赤(皮膚が赤くなる)がみられることも少なくありません。 また、細菌感染によるものなら、発熱や体のだるさなど全身症状が伴う場合もあります。 変形性足関節症 は、関節の軟骨がすり減って変形する病気です。 くるぶしに痛みが生じ、多くの場合、歩くときに痛みが強くなります。 進行すると、くるぶしの外側や内側が腫れることもあります。 後脛骨筋腱機能不全 こうけいこつきんけんきのうふぜん 後脛骨筋腱機能不全とは、くるぶしの内側にある後脛骨筋腱が炎症や断裂などによって、機能しなくなる状態のことをいいます。 後脛骨筋腱機能不全になると主に痛みと腫れが後足部内側に現れ、次第に土踏まずがなくなって足の裏が平になる へんぺいそく が生じます。 足関節捻挫・骨折 足をくじいてしたりしたりした場合にも、くるぶしに痛みや腫れが生じます。 においては、皮下出血が生じたり、くるぶしの外側・内側の骨が変形したりすることもあります。 また、強い痛みから足を着いて歩くのが困難になります。 また、ただのだと思っていても「」という種類のを起こしている場合もあるため注意が必要です。 外脛骨障害(有痛性外脛骨) 体にはある一定数の骨が存在しますが、過剰な骨を持つ人がいます。 過剰な骨のひとつで、くるぶしの内側にある 舟状骨 しゅうじょうこつ に存在するものが外脛骨で、前述した後脛骨筋腱が付着しています。 このため、運動による負荷やなどによって、後脛骨筋が付着している外脛骨に力が加わると痛みがでることがあります。 これが外脛骨障害です。 特に思春期頃の女児に多いとされ、症状として痛みのほかに腫れが生じることもあります。 痛風発作 発作とは、尿酸が関節の中で結晶化することで突然起こる急性のことです。 足の親指の付け根に起こることが多いものの、足首の関節にも起こります。 発症すると激しい痛みが現れることに加えて、痛みのある部位が赤く腫れあがります。 激しい痛みは2~3日間続き、1~2週間で治まることが多いとされています。 受診の目安とポイント 痛みが強い場合や軽い痛みでも長く続いている場合、腫れがみられる場合には病院への受診を考えましょう。 また、痛みのきっかけとなった出来事に心当たりがあるような場合には、早めの受診がよいでしょう。 などでは専門の診療科が分かれる場合もありますが、くるぶしの痛みを主として受診する場合にはまずは整形外科への受診が適しています。 症状や経緯を医師に詳しく伝えると病気の診断に役立ちます。 痛みはどのくらい続いているのか、何をして痛み出したのか、痛みのほかに症状があるかなど、できるだけ詳しく伝えましょう。 受診の前にまとめておくとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 病気やケガ以外では、むくみによって痛みが生じている可能性も考えられます。 むくみ 足の静脈の血液は、重力に逆らうように心臓に向かって流れていますが、主にふくらはぎの筋肉の収縮によるポンプ作用で、心臓へ戻ります。 筋力が低下すると、血の戻りが悪くなり、むくみの原因となります。 また血管炎では、静脈内の圧力が上昇して血管に炎症が起こり、血液の血漿成分(水分)が血管の外へ漏れて細胞の外に水分が溜まります。 この水分がむくみの原因のひとつで、むくみが強いと圧迫感や痛みが生じることもあります。 むくみを解消するには 冷えによるむくみであれば、血流をよくすることが根本的な解消法です。 足首を回す、マッサージをする、適度に軽い運動をするなどして血流をよくしてあげましょう。 普段からむくみがちな人の場合には、着圧ソックスなどの使用もよいでしょう。 また、体を温める食べ物を摂取する、お風呂に浸かって体を温めるなども血流の促進に効果があります。 いつまでもよくならない場合には原因を調べることが必要な場合もあります。 そのようなときには病院で相談しましょう。 良くならない時には くるぶしの痛みが長く続く場合には、何かしらの病気や思いもよらない原因によるものかもしれません。 いつまでもよくならないときには、一度整形外科を受診することを考えましょう。

次の

くるぶしに痛みを感じる原因とは?腫れている場合は要注意!

くるぶし 腫れ 痛み

足首捻挫で外側が腫れた時の対処法とは 「また足首を捻挫しちゃいました。。 」 「けど、大したことないから大丈夫!」 そう言って、何事も無かったようにプレーを続ける選手達。 よっぽどひどい捻挫でなければ病院に行こうともしません。 周りとのレギュラー争いが激しければ激しいほど、シーズン中に大事な試合が近ければ近いほど、周りの目も気にしてか選手は病院から遠ざかります。 確かに、スポーツにあまり関心のない医者にとっては足首捻挫は軽症の怪我なので、「 骨は問題ないよ。 ただの捻挫だね。 」というくらいの説明で終わってしまう事も多々あります。 そういう事を経験すると、どうせ病院に行っても同じことを言われるだけと、足が遠のくのも分かります。 しかし、軽い捻挫なら病院に行かなくても何とかなるでしょうが、何とかなるというのにも色々なレベルがあると思うのです。 どうせなら、高いレベルで何とかしてしまいたいのですが、そのためには少しだけ足首について学んでいく必要があります。 この記事の内容だけで十分なので、分厚い教科書なんかを読まなくても大丈夫です。 この記事は、捻挫の対応をより深く理解したい方に向けて書いています。 今回は、足関節の中でたった1つの靭帯にフォーカスしてお話しします。 この1つの靭帯について理解する事で色々な事が分かってくる筈です。 今後の記事で分からなくなったら何回でも読み直してもらえるような、辞書的な役割も持たせているので、丁寧に解説していきます。 参考記事 足首の外側にある靭帯 足首の外側には主に3つの靭帯があります。 そのうち、今回は1つの靭帯についてお話しします。 足首の関節を構成する3つの骨 脛骨と腓骨と距骨 前距腓靭帯という名前を分解してみると、「距骨(きょこつ)と腓骨(ひこつ)の前の方をつなぐ靭帯」という意味である事が分かります。 そして、たいていは心臓から遠い方の骨の名前が最初につきます。 参考記事 前距腓靭帯の働き さて、靭帯が関節の動きを制限していると言いましたが、この前距腓靭帯は足首のどのような動きを制限しているのでしょうか。 それは自分の体で簡単に感じる事ができます。 まずは足首を内反(内返し)にしてみて下さい。 そうすると、足首の外側が突っ張る感じがすると思います。 これが、外側の3つの靭帯にテンションがかかった状態です。 足首の動き 底屈と背屈の図説 ですから、このようは形でグリッと捻挫した時に前距腓靭帯を損傷するのです。 ちなみに、このような捻挫を「内反捻挫」と呼びます。 参考記事 医者に一目置かれる言葉 軽い捻挫で病院に来る人はあまりいませんが、もしかしたら骨折してるかもと心配な時には病院でレントゲンを撮ってもらいます。 その診察室で医者に言ってみて下さい。 「試合中に足首を 内反してしまって、多分捻挫だと思いますが、骨折が無いか心配できました。 ここで、「内反」という言葉を使っているのがポイントです。 「お、この人は良く知ってるな。 」と思われて親切にアドバイスしてもらえるかもしれません。 医者も話をよく理解できそうな選手には沢山アドバイスしたいものなのです。 参考記事 まとめ 今回は前距腓靭帯についてお話ししました。 足首を• 底屈 の方向に捻挫すると損傷するのでした。 病院ではここで覚えた単語をたまに混ぜて使うと医者に一目置かれるかもしれませんよ。 それでは今回はこの辺で失礼します。 ありがとうございました。

次の