スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン。 遊戯王カード考察:≪スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン≫スカーレッドノヴァの正統進化!星野貴紀さんがオリジナルの召喚口上も!

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン (すかーれっどのゔぁどらごん)とは【ピクシブ百科事典】

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

ダブルチューニングの開祖(その前は一応ガトムズができました。 ) 効果破壊耐性に自身を除外することで攻撃無効と破壊にはひたすら強い。 更に墓地のチューナーの数だけ強化されただでさえ高い打点を更に伸ばすことができる。 パワーに関してはレッドデーモン系随一といってもいい。 ただ現在は破壊以外の除去手段も豊富になった影響で、サポートなしに場持ちはほとんど期待できなくなってしまっている。 重めの割りにあっさり退場ではシャレにならない。 このカードが出せる状況は大抵アビスも出せ、あちらは破壊以外にも対応し妨害力も持つ。 打点も3200と充分。 同じ素材ならカラミティも存在しており打点は4000固定ですが、召喚ターンでの場持ちや火力は上回られることが多い。 召喚パターンもどうしてもカラミティに比べると限られがち。 色々と逆風が吹いており、正直重さに見合った性能とは言えなくなってきている。 それでも4000以上の耐性持ちを上から倒せるこのパワーは魅力的で便利。 環境に応じてカラミティなんかと使い分けていきたいところ。

次の

マハー・ヴァイロ速報 : 【遊戯王】スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン 買取価格まとめ【Twitterまとめ】

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

悪魔神官です。 おブログ触るのは久しぶりですね… あまり書くことがなかったと言うか、た書きたい内容 制限改訂や興味深い新規など が話題に挙げられても時間がなく、書き終える頃には既に風化していたりと色々ありましてですね。 気付いたら最後のカキコは5月ということになっておりました。 今回の件を聞いては流石に黙ってはいられんので、重い腰を上げて書き始めた訳です。 〜ジャックの新エース!〜 2019年12月12日に上記URLの. jpにて他5枚の新規と6枚の再録カードと共に公開された新規モンスターです。 「スカーレッド・・ドラゴン」 レベル、名前、容姿共にリメイク元のスカーレッドノヴァドラゴンとよく似ていますね。 攻撃力は元のノヴァに500加算した数値であり、ノヴァを意識していることを感じられます。 〜の決闘者は大興奮〜 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このスカーレッドドラゴンの発表当日に「」「チューナー3体」といった彼に関係している単語がのトレンドに入り込むという出来事がありました。 jpの当該ツイートを引用し、新規の発表に喜びを見せていました。 それに留まらずグの時よろしく、星野さん自信での召喚口上を制作しツイートする様子も見られました。 貴方が口上作るともうそれ公式なるんでリンクス登場時にはよろしくお願いしますね! 〜リンクスじゃ出ねえよハゲ〜 何言ってんだこのハゲ言ってる人は大正解です。 リンクスでは出せません。 絶対とは言いませんが少なくとも正規召喚は出来ません。 なので早速そのカードの性能を見ていきましょう。 このカードと相手フィールドの全てのカードをゲームから除外する。 自身をする。 んだよ……クソ強いじゃん…… 解説しろ ・レベル12シンクロ! マックスもビックリのレベル12シンクロ。 今となってはその数も増やしてマックスほどは驚かないものの、それでもシンクロの最終地点みたいなものですし、トも相応でしょう。 ・要求チューナーモンスター3体! リンクスで正規召喚出来ない理由です。 それにしても…超えてきましたね。 さしずめトリプルチューニングと言ったところでしょうか?数も多いので専用構築を求められるでしょうが果たして?非チューナー枠もを要求してますし総じて難易度は高いです。 召喚ルートなどは後ほど考えていきます。 昨今では破壊以外の除去も増えているんで一概に安心とは言えませんが、まあそれでも対処に困ることは間違い無いはずなので信じましょう。 ・相手の攻撃宣言時かモンスター効果発動時に相手の盤面を全て除外する!&帰ってくる! どえらい効果貰いましたね! 破壊じゃないですよ?除外です!どんなに進んだ世界でも除外耐性というものは殆ど無いので、立っていれば効果発動や攻撃宣言の牽制になりますね。 相手の盤面を全除外して、自分は次の自分エンドフェイズに帰ってくる。 コストに見合った暴れ除去能力と考えられます。 「アビス」同様に先行でぶっ立てたい性能なので積極的に召喚を狙いたいですね。 〜テキスト外で感じること〜 ・ 強え… 同じ12のスカーレッドノヴァドラゴンも非常に強力なモンスターではあるのですが、やはり要求素材の関係上恐ろしく強く見えますね。 ようやく機皇帝に吸われないスカーレッドノヴァが誕生した気分にあります。 先述のように先行で立てる意義のある大型モンスターです。 いつぞやの先行と似たものを感じますね… ・やはり無敵ではない 一見無敵の戦艦のようにも見えるのですが、スカーレッドノヴァを知ってるからこそ見えてくる弱点もあります。 除外起動はモンスター効果か攻撃宣言であり且つ耐性は破壊のみなので、魔法罠による除外バウンス効果無効なんかで充分対応されます。 ウィドウアンカーや大捕物や無限泡影辺りのカードに注意です。 加えて往年のライバル「クリスタルウィング」にはやはり戦闘で勝てません。 しょうがないね…。 でも良い部分もやはり増えました。 スカノヴァからそうでしたが「ライトニング」にはとりあえず負けません。 攻撃回避に以前は対象を取っていた為に攻撃を止められなかったヴァレルロードや2発目は顔で受けなければならないヴァレルソードなど、主流な突破力である「ヴァレル」系統にも勝てるようになっています。 当然アストラムやなんかにもしっかり構えられるので、前向きに考えましょう。 ・蘇生は出来る 召喚制限はEXからのみのS召喚ですので、スカノヴァよろしくスパノヴァも墓地からの蘇生が出来ます。 他の効果発動にS召喚したこのカードは…といった文言も書いていないので、リビデやらで蘇生して除外出来れば完全蘇生が可能なのです。 蘇生札の採用も検討出来るかもしれませんね。 ・帰還が次の自分のエンドフェイズ この部分は使用者側はしっかり把握する必要があると考えます。 チラッと先述した先行気分で手札全消費なんてして立てるのは危険な気がしますね…。 このカードに限る事ではないですが大型モンスターはやはり、なるべく少ない手札消費で登壇出来るのが好ましいです。 逆に起動後は盤面に残らないというふうに考えればレッドスプリンターの召喚時効果を使用出来ると考える事も出来ます。 EXモンスターゾーンも空きますので、それぞれ展開も出来るのですよ。 起動後の動きは予め予測しておく必要はありそうです。 〜出してみよう!〜 さて、チューナー3体とを要求するくんですが、その破壊的な性能を出すにはS召喚する必要がありますよね。 インチキ召喚を許さない制約を持っているので、1ターンで出すには普通に考えると1体の非チューナーと4体のチューナーをまとめて展開しなければならないですね。 現代の暴れ展開の顔たる「ドラゴンリンク」も、チューナーは呼べてもそれらをリンク素材やらに使用して盤面を広げるデッキである為、最終的に場にチューナーを3体並べなければ出せないを登場させるのには頭を悩ませることでしょう。 巷では「ジャンクスピーダー」を利用して出そうとする輩が多いですね。 しかしそれを見たキングさんは首を傾げておりました。 「やはりリゾネーターで出したい」と! 「じゃあ俺が立たせてやるか!しょうがねえなあ!」 自称「レリゾの魔術師」 非公認 世界が鼻で笑った 自惚れも大概にせえよ こと私がリゾネーター界の星「レッド・リゾネーター」を使用して、安定且つケアもだいぶ効く動きを一つ御教授したいと思います。 使用する手札は2枚です。 流石に2枚で1ターンで立つのはジャンクスピーダーでないといけませんが、1ターン目を固めて返し、2ターン目で着実に登場させることはジャンクスピーダー抜きでも出来るので充分実用範囲内と考えます。 お気付き無い方へ説明しますが、今回の展開はあくまでも"レッドデーモンで戦うデッキ"での召喚方法の1つです。 自分は聖刻でも1度考えましたが、聖刻も言ってみればドラゴンリンクみたいなものでして、上手いことまとまりませんでした。 許容3枚ならいくらでも出せますが、今回の2枚でデッキに腐るカードを入れずにちゃんとルートが見えたのは良い事だと思いますよ。 簡潔にまとめると「1ターン目にクリスタルやらで蓋をして、2ターン目にを降臨させる」動きです。 採用してるカードもグ軸の24レモンなら全く腐ることもありません。 ミセラサウルスもレッドリゾネーターと一緒にアビスまで通せる相性の良さもあるので、どんどん採用していけますね。 賢い人ならもう予想ついてると思いますが、まあとりあえず展開の方を見ていって下さいね。 〜オラッ 場に出すぞ!〜 同色の〇は同チェーンの処理です。 妨害を踏む可能性は勿論ありますし、そこはまあ他の札でなんとか切り抜けて下さいって感じです。 手札に他の非チューナーが居て、レリゾを切りたくない場合の為にデッキにチェーンリゾネーターを差して置くのは悪くない判断だと思います。 あまり余計なカードを詰めることなくこうして少ないコストで綺麗に通せるルートを見つけられて自分は満足ですよ!先行で置きたい方はもっと賢い人を頼って下さいね…。 クト後の呼符とか聖晶粉召喚してないだけまだ救いがありますが、ジャックは穏やかな顔をしませんよ… マジシャンは確定高騰ですが、ジャンクスピーダーの売れ行きから、もしかしたらくんも大変な事になってしまうかもしれないですね… 怖い怖い… 話は変わって、なんか「金のレアコレ」みたいなのも情報が一部公開されましたね!話によるとレッドデーモンアビスのコレクターズレアとシークレットレアが登場するそうですよ。 は? はあ…勘弁して欲しいです… ところでレッドデーモンアビスってドラゴンリンクがアガーペインで出してたんじゃないですか?禁止されたからもう使ってないんじゃないんですか?お世辞でもレッドデーモンデッキが流行っているとは考えられませんし、お値段落ち着いてるんじゃないんですか?1枚280円で買えたあの頃に戻って欲しいですね… レアコレみたいな箱を買えないのは流石に辛いんで、そこは事前にお金を工面しておこうと思います。 皆様もお忘れなく!予約ももしかしたら早く切られてしまうかも知れませんのでね! オタクくんなので同人誌の話もしちゃお。 夏コミの話になるんですが、人生で初めて自分で新刊購入しましたよ。 通販ですけど。 訳あって全部成人指定でキモキモともドン引きの選択なんですが、ホント皆さん絵上手すぎませんかねえ?感想を漫画にして無理矢理押し付けたのですが、描いてる時が一番実力差を感じましたね。 自分も絵を描くの好きなんで、いずれそういった界隈の"提供者"側に立ってみたいなとも思ってます。 まあ、まだ先の話ですけどね〜 因みにアニメやのの鳴き方はキャモキャモです。 pixivURL貼っとくんで見たい人はどうぞ〜 今年も色々ありましたね。 思い返せばなんとか楽しかったと締めくくれそうですね。 来年はもっと絵が描きたいです。 あとも出来ればますます発展していきたいなと。 大会とかももっと出場して、なんというかネット上の交流ももう少し盛んになりたいですかね〜。 まあ不要なは避けますけども。 〜人生で会えた全てに感謝〜.

次の

マハー・ヴァイロ速報 : 【遊戯王】スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン 買取価格まとめ【Twitterまとめ】

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 攻撃力5500!見た目よりもずっとデカイぞ! スカノヴァを踏襲したチューナー参照の打点上昇効果を備えており、素材指定の関係で最低打点保証ラインは5500という高さです。 12シンクロかつトリプルチューニング指定と考えれば妥当ではありますが、並大抵のモンスターには競り負ける事が無い打点なのは大きな強みです。 まぁでも、ここに更に対象にとれないとか効果を受けないとか付けちゃうと流石にやり過ぎだと思うので、この隙は妥当なラインだと思います。 非チューナー側に指定が無いのが地味にデカイ スカノヴァ(レモン指定)、カラミティ(闇ドラゴン族シンクロ指定)と比べ、非チューナー側の指定が格段に緩いのがポイントです。 まぁ、チューナー側で3体要求されているのに更に非チューナー側でまで指定されてたらトンデモナイ話ですけどね(笑)。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果を発動するターン、自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスター2体を特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 ただし、意外とレベル1「リゾネーター」を2体墓地に用意するのって難しいので、それは事前に意識しておいた方が良いです。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。 この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 2 :このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。 スーパーノヴァを一番簡単に出せると話題なのがコチラ。 《ジャンク・スピーダー》の効果で合計12になる組み合わせで「シンクロン」チューナーをリクルートするだけでOK!組み合わせ的には5. 1になるので、レベル4. 1の「シンクロン」チューナーをリクルートすると成立します。 ジャックデッキに 《ジャンク・スピーダー》を出張させるのは少し難しいので、これは【シンクロン】での運用方法って所だと思います。 ただ、一番出しやすい方法である事は間違いなさそうです。 追記:《サイバース・シンクロン》経由・《ジェット・シンクロン》経由等、ルート的にもっともっと得できる物がありそうです。 特にレベル4込みだと色々不都合が出てくるので、そこを回避するルートを模索した方が良さそうですね。 他のレベル12レモンと比較してみよう 素材指定が全然違うので比較すること自体に大した意味が無いとは思いますが、せっかくなので比較してみました。 レベルは同じだけどそれぞれ良さがあるよね。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :このカードの 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 性能自体はスーパーノヴァの方が上ですが、素材の軽さで十分に差別化出来ているとは思います。 あっちは文字通りスーパーノヴァって感じの効果ですよね(こっちの方が小回りは利く)。 このターン相手はフィールドで発動する効果を発動できない。 この発動に対して、相手はカードの効果を発動できない。 2 :このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 3 :このカードが相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル8以下のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 制圧盤面に叩きつけて押し込んでいくなら断然こっちの方が上ですが、そもそも用途が違うから比較する意味は薄いですよね。 逆にこっちは先攻で立てても…って感じのカードです。 …この絶妙かつ独特な隙が実にジャックらしいですよね(笑)。 しかし、処理方法がある程度限られているというのは事実であり、展開ルートさえきちっと確保できれば強力な武器になる事は間違いないはずです。 ……スピーダーを使う使わないは個々で判断するとして、超新星なるスカノヴァの力を早く体験したいものです。

次の