慢性 蕁 麻疹 原因。 蕁麻疹(じんましん) Q8

蕁麻疹治療痊癒方法(上)轉發可以救人一命!

慢性 蕁 麻疹 原因

蕁麻疹の 仕組み 蕁麻疹が起こるメカニズムについて説明していきましょう。 蕁麻疹には血液、血管、皮膚、ヒスタミンが関わっています。 ヒスタミンとは、炭素、水素、窒素でできている「活性アミン」と呼ばれる物質です。 このヒスタミンは脳の中にも存在し、目を覚ましている状態を維持することや記憶力に関わる神経伝達を担っており、食欲を抑制する働きもあります。 したがって、抗ヒスタミン薬を飲むと眠くなって注意散漫になったり、食欲が増加したりすることが知られています。 身体をめぐる血管には血液が流れていますが、この血液は酵素を運ぶ赤血球と免疫・アレルギーに関わる白血球、そして血漿という液体からできています。 蕁麻疹を発症した場合、白血球の一種である「マストセル(mastcell)」と呼ばれる肥満細胞が注目されます。 肥満といっても太ることの肥満とは無関係で、アレルギーを起こすヒスタミンやロイコトリエンなどの原因物質を細胞が抱え込んでいる様子からそう呼ばれています。 このマストセルが、体温が変動したり、ひっかいたりする刺激を受けて、抱え込んでいる物質を血液中に放出することで、かゆみや腫れが起こります。 その部位の血管は、管状の一部が、風船のように膨らんでしまいます。 膨らんだことにより血管の壁のすき間から血漿が漏出し皮膚を押し上げるために、盛り上がった状態になります。 また、拡がった分だけ血流量が増えるため、皮膚が赤くなるのです。 病院は何科にいけばよいですか? 基本的には皮膚科ですが、膠原病(こうげんびょう)などの病気で蕁麻疹がでていることがありますので、大人なら内科、子どもなら小児科でもよいでしょう。 蕁麻疹はうつりますか? 感染によるものではないため、蕁麻疹自体に感染源はなく、うつることはありません。 ただし、感染性蕁麻疹というウィルスや細菌に感染することで発症する蕁麻疹もあります。 お風呂に入った後にできるぶつぶつは蕁麻疹ですか? 蕁麻疹の場合もありますが、一概には言えません。 その形やかゆみの強さ、範囲、経過で区別することになります。 蕁麻疹でもお風呂上がりに悪化することもあります。 蕁麻疹は顔にもでますか? 全身にでます。 顔にもでますし、身体のどこにでもでる可能性があります。 光蕁麻疹の場合は、光が当たりやすい顔にでていることもあります。 蕁麻疹体質は治りますか? 蕁麻疹の原因によります。 アレルギー体質についてはよくなる場合、変わらない場合とさまざまです。 食物が原因になっている場合、卵などはよくなることがありますが、甲殻類、ソバなどは治りにくいことがあります。 特発性蕁麻疹は原因不明ですので、再発を繰り返すことがあります。 遺伝性の蕁麻疹もありますので、治るかどうかは原因にもよります。 蕁麻疹のおさまる時間はどれくらいですか? 数分から数時間で症状がおさまり、多くは24時間以内に治ります。 反対にいうと、24時間以上症状が続けば、蕁麻疹でない可能性があります。 ただ、ある個所にでてから別の個所にもでてきて、24時間で移動したように見える蕁麻疹がでることがありますが、その個所での症状は24時間以内に消失します。 蕁麻疹と肝臓の関係はありますか? 2つの意味があるかもしれません。 肝臓の病気によって起こる蕁麻疹と肝臓での代謝に影響するアルコールなどによる蕁麻疹です。 膠原病や感染症によって起こる蕁麻疹では肝臓に含まれる酵素AST、ALTが上昇します。 肝臓に負担がかかった結果、蕁麻疹になるのか、その因果関係の証明は難しいといえますが、一部に肝炎という感染症にともない起こる蕁麻疹があります。 蕁麻疹のかゆみにはどう対処すればよいですか? とにかくかゆい、という場合は、かゆみを軽減するために患部を冷やす方法があります。 ただし、寒冷蕁麻疹では禁忌です。 そのため、外用薬を冷やして使うようなことも控えましょう。 腫れている場合も同じです。 この場合、症状を鎮めるためには一般的に抗ヒスタミン薬を内服します。 また、原因不明の蕁麻疹を繰り返す場合は、継続的な内服薬を含めた治療が必要になります。 蕁麻疹の原因になるものは今後、食べられないのですか? 食べたいものが食べることができなくて辛い、という声もよく耳にします。 蕁麻疹の原因になる食材については、基本は遠ざけることです。 ただし、食材によっては、経口免疫療法という継続的に経口摂取することで、食べられるようになる場合もあります。 食材がアレルゲンとなった場合の対策についてはを参考にしてください。 参照元:『じんましんの「真」常識』清益 功浩(医薬経済社).

次の

急性蕁麻疹大都是吃出來的!除了食物,原來●●也是兇手

慢性 蕁 麻疹 原因

photo credit: via 在孩子剛出生,我就遇到這種症狀,心裡真的非常低落,不敢去看醫生,因為深怕自己是患了不治之症。 You know,人在心情谷底時,負面的想法總是很容易佔據人的每處細胞。 就這樣脖子的症狀越來越嚴重,頭皮也跟著癢了起來,老婆說我睡覺時,抓頭髮總是抓得很用力,感覺快要把頭皮扯下來了似的。 我懦弱了兩個多禮拜,想到襁褓中的孩子與我愛的家人,才終於勇敢下定決心要面對疾病,接受治療。 皮膚的問題,直覺當然就是要看皮膚科。 於是又回去找當初治療異位性皮膚炎,在高雄頗負盛名的皮膚科診所,向醫生敘述了我的症狀,醫生判定我是得了蕁麻疹,並且告訴我說這一般吃完藥後就會痊癒了,於是拿了幾天的藥就離開了。 服藥期間,的確紅癢就沒有在出現了。 當藥吃完時,我自以為應該就痊癒了吧!隔天的確也沒有症狀出現。 到了第三天我又陷入低潮,因為脖子紅疹又跟之前一樣的嚴重。 再之後幾天,手臂也開始出現蚊子叮咬般的腫塊,而且奇癢無比,不抓真的如法忍受,抓了雖然有短暫的痛快,不過腫塊會更加明顯,而且範圍更加擴大。 不過每當早上醒來,昨天在身上與四肢的腫包又會消失不見了。 我也提出有關於藥的問題,醫生說:抗組織胺藥物是很安全而且很普遍的藥,懷孕的人也可以服用,而且全世界患有慢性蕁麻疹的人很多,也有治癒案例。 醫生說的與我在網路查到的資訊完全一樣。 接受了將近兩個月的治療後,只要一停藥,症狀沒幾天依然會再度復發。 在治療期間,也在網路上遍尋任何蕁麻疹治療的方法,不過所得到的資訊都是一樣。 蕁麻疹乃自體免疫性疾病,想說運動可以增加免疫力,狂跑步結果還是沒用。 就在有心理準備:三十歲就要一輩子服用抗組織胺藥物時,岳母拿了一個自由時報的剪報給我,內容是寫天氣轉變,蕁麻疹病例增加,教導民眾認識蕁麻疹與治療方法…不過整個簡報對我唯一的重點在最後一句,可以到免疫風濕科安排抽血驗過敏原。

次の

造成「蕁麻疹」的原因有什麼?

慢性 蕁 麻疹 原因

蕁麻疹 皮膚病灶成因 蕁麻疹是一種常見的過敏性皮膚病,因身體接觸到過敏原,引起皮膚內小血管急速擴張,而在皮膚表面形成膨疹。 膨疹在24小時內會自動消除,但在過敏原未完全離開身體或是不斷再接觸到過敏原時,膨疹將反覆的發作。 大多數蕁麻疹為急性發作,在數天後會自動康復;但若反復發作超過6星期以上,則稱為慢性蕁麻疹。 原因:• 食物:海鮮、發酵食品、堅果類、蛋、牛奶、含人工添加物製品、含咖啡因食品、芒果、草莓、竹筍、葡萄柚、糯米、香菇及酒精類飲料等。 藥物:抗生素、止痛劑、鎮定劑、安眠藥、利尿劑、維他命等。 感染:慢性蛀牙、牙周病、鼻竇炎、尿路感染、念珠菌感染、B型C型肝炎、病毒性上呼吸道感染、滴蟲、腸道寄生蟲感染。 吸入物:花粉、孢子、粉塵、化學溶劑。 內分泌:甲狀腺異常、自體免疫疾病。 物理性:陽光、溫度、騷抓、壓力、運動、水。 常用的治療方式 【口服. 外用】 最佳的方法是找出並去除導致蕁麻疹的原因。 口服抗組織胺類及止癢擦劑的藥物為主。 嚴重者:注射腎上腺素或短期的類固醇藥物使用。 治療流程 治療時間/次數 輔助性的醫學美容 治療注意事項 1. 洗澡可以使用肥皂或沐浴乳,但水溫不要太高。 依醫師指示,按時服藥,局部冰敷以降低癢的感覺。 不要使用酒精擦拭,有時反而會越擦越癢。 剪短指甲,避免對局部搔抓,而造成皮膚損傷。 應穿著寬鬆、質輕、可透氣的服飾。 常見問題Q&A Q1:有什麼情況時一定要就醫? A1:1. 如果自我照護無效時。 感覺喉嚨緊縮。 呼吸困難、會喘或有哮喘聲。 感覺暈眩。 舌頭或臉部腫脹起來。

次の