ゆりかご の うた。 ゆりかご倶楽部│TOP

篠笛楽譜(無料)77「ゆりかごのうた」童謡・唱歌

ゆりかご の うた

スポンサーリンク 北原白秋は詩人としてだけではなく、学校の校歌もたくさん作詞しているみたいです。 うーん、勉強不足でスミマセン。。。 北原白秋の出身地である福岡県柳川市では、午後6時になると防災スピーカーから「ゆりかごのうた」を流している、という話です。 (今も流れているのかな?) ということで、「ゆりかごのうた」は日本の曲、童謡なので、当然篠笛の音色にも合うはず、と思い、篠笛用楽譜を作成してみました。 youtube動画「ゆりかごの唄」夏川りみ いやー、夏川りみさんの透き通った声がめちゃくちゃ曲に合いますね。 この曲「ゆりかごのうた」原曲は、1921年(大正10年)に発表されたそうです。 かなり歴史のある曲になりますね! 作詞はあの北原白秋、作曲は草川信。 先に北原白秋が詩を作り、その後に草川信が曲をつけたそうです。 スポンサーリンク 夏川りみさんのカバーは、2011年2月にリリース。 子どもを産んで母親になってから最初のシングルに「ゆりかごのうた」を選んだところに、夏川りみさんの母性を感じますね。 最近の曲にも名曲は多いですが、昔の曲にもいっぱい名曲ってあるんですねー。 篠笛用:楽譜「ゆりかごのうた」五線譜&数字譜 今回作成した篠笛用楽譜「ゆりかごのうた」です。 五線譜と数字譜の両方で楽譜におこしているので、どちらでも使用できます。 私は西洋音楽スタイルの五線譜の方が好きですが、篠笛は一応古典的?な数字譜がスタンダードみたいなので、両方の形式にしておきました。 「ゆりかご」というだけあって、篠笛で演奏するときは、ゆーっくりとした早さで、やさいく、ふんわりとした感じをイメージしながら吹くと、より良い雰囲気になるんじゃないかと思います。 歌詞「ゆりかごのうた」 (1) ゆりかごのうたを カナリヤが歌うよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (2) ゆりかごのうえに 枇杷(びわ)の実が揺れるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (3) ゆりかごのつなを 木ねずみが揺するよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (4) ゆりかごのゆめに 黄色い月がかかるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ.

次の

日本歌曲「ゆりかご」穏やかな心で歌う美しい曲

ゆりかご の うた

スポンサーリンク 北原白秋は詩人としてだけではなく、学校の校歌もたくさん作詞しているみたいです。 うーん、勉強不足でスミマセン。。。 北原白秋の出身地である福岡県柳川市では、午後6時になると防災スピーカーから「ゆりかごのうた」を流している、という話です。 (今も流れているのかな?) ということで、「ゆりかごのうた」は日本の曲、童謡なので、当然篠笛の音色にも合うはず、と思い、篠笛用楽譜を作成してみました。 youtube動画「ゆりかごの唄」夏川りみ いやー、夏川りみさんの透き通った声がめちゃくちゃ曲に合いますね。 この曲「ゆりかごのうた」原曲は、1921年(大正10年)に発表されたそうです。 かなり歴史のある曲になりますね! 作詞はあの北原白秋、作曲は草川信。 先に北原白秋が詩を作り、その後に草川信が曲をつけたそうです。 スポンサーリンク 夏川りみさんのカバーは、2011年2月にリリース。 子どもを産んで母親になってから最初のシングルに「ゆりかごのうた」を選んだところに、夏川りみさんの母性を感じますね。 最近の曲にも名曲は多いですが、昔の曲にもいっぱい名曲ってあるんですねー。 篠笛用:楽譜「ゆりかごのうた」五線譜&数字譜 今回作成した篠笛用楽譜「ゆりかごのうた」です。 五線譜と数字譜の両方で楽譜におこしているので、どちらでも使用できます。 私は西洋音楽スタイルの五線譜の方が好きですが、篠笛は一応古典的?な数字譜がスタンダードみたいなので、両方の形式にしておきました。 「ゆりかご」というだけあって、篠笛で演奏するときは、ゆーっくりとした早さで、やさいく、ふんわりとした感じをイメージしながら吹くと、より良い雰囲気になるんじゃないかと思います。 歌詞「ゆりかごのうた」 (1) ゆりかごのうたを カナリヤが歌うよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (2) ゆりかごのうえに 枇杷(びわ)の実が揺れるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (3) ゆりかごのつなを 木ねずみが揺するよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ (4) ゆりかごのゆめに 黄色い月がかかるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ.

次の

篠笛楽譜(無料)77「ゆりかごのうた」童謡・唱歌

ゆりかご の うた

2019. 11 2020. 2 2020. 19 2019. 24 2019. 7 2019. 11 2019. 24 2019. 24 2019. 18 2018. 26 2018. 20 2018. 5 2018. 25 2018. 7 2018. 19 2017. 14 2017. 9 2017. 16 2016. 1 2016. 16 2016. 8 2016. 29 2015. 30 2015. 17 2014. 25 2014. 5 2014. 1 2014. 8 2014. 19 2014. 29 2014. 8 2014. 5 2014. 5 2014. 29 2013. 09 2013.

次の