アンティル ドーン ジェス。 PS4「Until Dawn

Until Dawn(アンティル ドーン) オマケ6 『全員生存エンド』

アンティル ドーン ジェス

廉価版 海外版トロフィー オンライントロフィー 備考 無 コンプ時間:• 1周クリア後にエピソード選択が開放され、各チャプターの冒頭からゲームを開始出来るようになる。 エピソード選択をすると「初回プレイの各チャプター開始時の状態」で開始される。 (違う選択をしたい場合、該当の選択肢から続けてゲームを進める必要がある)• 手がかりやトーテムの取得状況は2周目以降も保持される。 一部を除きトロフィーの取得タイミングはチャプター終了時となる。 アシュリーの怒り• アシュリーがクリスを見捨てるイベントまで エミリーが生きている必要がある?• 上記の条件はバグ?• 明かされた真実• 最後(一番右下)の手がかりは入手しなくてもトロフィー取得可能。 各種手がかり、トーテム• 選択した行動によっては取得不可となるため、エピソード選択で取得する場合 1周目の行動によってはいくつか前のチャプターから開始する必要が出てくるので注意。 製品情報• Developed by Supermassive Games. 過去のコメント•

次の

[ネタバレ]Until Dawn(アンティル ドーン)の元ネタ映画を考えてみた

アンティル ドーン ジェス

ご了承ください。 1920年代、当初はスーダンの綿が使われたことから 近くのタナ湖にちなんでタナローンと名づけられたと言われます。 やわらかな肌触りと、軽さ、豊かなドレーブ性が特徴。 婦人服、子供服にとってもいいです!! 化粧品売り場にある良質なコスメティックを使い描かれています。 税込6600円以上送料無料!! カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ただし、生地・レース・ブレード等のカットした商品につきましては、未開封・未使用であっても、配送中の破損(ネコポス・定型外郵便は除く)や、不良品以外の返品(交換)はお受けできません。 その場合の色味・イメージ違いが理由の返品・交換はお断りさせていただきます。 また、届いた商品のイメージが違った、注文内容(柄・素材・長さ)を間違えたなど、お客様のご都合による返品・交換もお断りさせていただきます。 予めご了承ください。 当店では、ご注文数量分を確保できる長さに数センチの余裕を持ってカットしておりますが、 お届け後のお客様による水通しや地直し等の製作工程における縮み・歪みは予測できませんので、ご注文いただく際は、縫い代を含めて余裕を持たせた数量にてご注文いただけますようお願い申し上げます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信・ご注文の処理・商品の発送等は翌営業日以降順次行いますので、お時間をいただく場合がございます。 予めご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

【楽天市場】リバティプリント タナローン生地(Jess and Jean ジェス・アンド・ジーン)グレー&パープル【サンドウ限定復刻色/3634183】:HOBBY SHOP SANDO

アンティル ドーン ジェス

本作は、雪深い山荘に集まった8人の若者たちの身に巻き起こる惨劇の一夜を描いたホラーアドベンチャーゲームとして、多くのホラーファンから注目されている話題のタイトルである。 この作品を端的に言い表すと、インタラクティブシネマ(=体験できる映画)と言うのが、もっとも適切な表現になるのではなかろうか。 ただ、体験できる映画と言うと、ゲームの世界ではある種使い古された表現になってしまうが、本作においては映画やドラマで活躍するプロの俳優による迫真の演技、脚本家の演出による練り込まれたシナリオ等によって正真正銘、映画的なストーリーを追体験できるのだ。 また、本作全体が海外TVドラマのように構成されていることで、物語に山場がいくつも用意されている。 そのため、一度プレイし始めると、止め時を見失ってしまうほど。 毎話終わるたびに続きが気になるといった話の引っ張り方は、海外TVドラマを好んで見ている御仁には周知のことだろう。 場面ごとに違う人物の視点で物語が展開することで、単一のキャラクター視点で物語に没入せず、全体の構成をドラマのように楽しめる点も、本作の雰囲気作りにひと役買っているはずだ。 これは、プレイヤーの選択によって、次に起きる事象やキャラクターの性格、対人関係が変化していき、結果的に導き出される答えが変わってくるというわけである。 そのため、本作にはゲームオーバーという概念がない。 さらに言うとバッドエンドもグッドエンドというものも存在しない。 プレイヤーの受け取り方によってバッドエンドやグッドエンドに思える終わり方をするかもしれないが、それは一連の行動によって伴った結果を見ているだけに過ぎないのだ。 友情、恋愛、そして嫌悪…… 山荘で一夜をともにする若者たち 本作にはホラー作品に欠かせぬ感のある元カレ・元カノなどの複雑な人間模様も用意されている。 助け合うのか、それとも足を引っ張るのか……。 本当に怖いのは仲間の存在ということにもなりそうだ。 誰が死に、誰が生き残るのか? すべてはプレイヤーの決断に委ねられている。 ブロンドのポニーテールがトレードマーク。 彼女たちを弔うため、山荘に再びほかの7人を呼び集めた人物でもある。 ジョッシュとは親友で、双子の妹ベスとハンナを失ってしまった彼を気にかけている。 奥手なクリスの気持ちに気付いているが、なかなか告白してこない彼の態度に、やきもきしている。 マイクがいまだにエミリーと親しく接することを、よく思っていない。 ジェスにマイクを奪われ、いまはマットと付き合っている。 エミリーと別れて、ジェスと付き合うようになった。 マットとは頻繁に衝突しているようだ。 1年前、山荘での休暇中に起こった、とある出来事により雪山で行方不明になってしまう。 プレイヤーの選択肢によって異なる展開を迎えるとは言え、ストーリー部分に関してあまり深く書き込んでしまうとネタバレの要素も含みかねないため、おもにプレイ感や、遊んでいて感じたことを中心に伝えていこう。 本作のストーリーのベースは、若者たちが得体の知れない殺人鬼に追いかけ回され、ひとり、またひとりと犠牲になっていくスプラッターホラーに分類することができる。 ゲームが始まると、山荘に集まった10人の若者による、チュートリアル的な意味合いも含めたプロローグが始まるのだが、この導入部分はまさにティーンエイジャーが登場する定番ホラー映画そのものと言えるだろう。 登場する8人の主要キャラクターも、お調子者に体育会系のスポーツマン、勉強熱心な優等生からお色気担当まで、まさにスプラッター作品の伝統手法に則ったものとなっている。 これらの用意周到なシチュエーションの数々に、ホラー映画ファンの筆者は遊び初めてすぐの時点で、どっぷりと引き込まれてしまった。 ゲームの基本システムは、マップ上の特定のポイントを探しだし、そこを調べていくと物語が進んでいくアドベンチャー作品だが、謎が解けないために先に進めなかったりすることはない。 また、映画的作品とはいえ、プレイヤーが介入する=インタラクティブな部分が思いのほか多く、飽きずに物語を楽しめるだろう。 マップ上で調べるべきポイントも明るい光点となって表示されているので、とくに気をつけて見回さなくても、すぐに見つけ出すことができるはずだ。 操作や進行で戸惑うことなくプレイできるため、物語に没入しやすい点は非常に好感が持てる。 引き続きプレイを進めていると、これでもかと言うくらいの伏線的要素がそこかしこに登場してくる。 この展開は、ホラー映画ファンでもなかなか先読みができないのではないだろうか。 このホラー映画のエッセンスてんこ盛り状態に筆者はプレイ中、終始にやけっぱなしになってしまった。 さまざまな展開が繰り広げられるため、冗長になりがちな本作を締めるいいアクセントにもなっている。 それから、この診療所に登場する謎の医師として数々の映画やドラマに出演しているピーター・ストーメアが登場しているのには、個人的に驚かされてしまった。 ピーター・ストーメアといえば、個性的な悪役を演じることの多い役者さんだが、とくに『プリズン・ブレイク』の個性的な囚人ジョン・アブルッチ役は有名処だろう。 それだけに、あの雰囲気のまま、小川真司さんに吹き替えをしてもらいたいと思ったのは、贅沢すぎる悩みかもしれない。 このように、実際の映画、ドラマで見ている役者が登場すると、自然とテンションが高まってくる。 ほかにも、TVドラマ『ヒーローズ』のクレア役で人気を博したヘイデン・パネッティーア(=サム)や、映画『ナイトミュージアム』での古代エジプトの王子アクメンラー役も記憶に新しいラミ・マレック(=ジョシュ)、『エージェント・オブ・シールド』でエージェント、グラント・ウォード役を演じるブレット・ダルトン(=マイク)など、映画やTVで顔を見たことのある有名俳優が出演しているのも注目ポイント。 ゲーム中の要所にキャラクターの顔のアップが入るのだが、実に表情豊かで、自然と映画を見ているかのような気分で物語に没入できるはずだ。 ひと目でこの人とわかる役者たちを自らの手で操り、生き死にを決めるというのはなかなかの楽しさ。 先ほどのホラー映画のエッセンスとあわせて、この作品の作り手がホラー作品を愛しており、また多大なリスペクトを捧げていることが伺い知れる。 そんなことをひとり思いながら黙々とプレイするのももちろん楽しいが、週末に仲間たちとホラー映画を楽しむようにコーラとポップコーンを手にし、みんなでワイワイと遊ぶのもきっと違った楽しさを味わえるのではないだろうか。 彼らがこのあとどうなるかは、プレイヤーの選択次第というわけだ。 こういったショッキングな演出も、ホラー作品ならではといったところ。 と、ここまで手放しで絶賛するほど本作にのめり込んで楽しんでいる筆者だが、唯一残念な点として、一部の残虐表現が場面暗転で処理されている部分をあげておきたい。 確かに登場人物の描写など、これだけ秀逸なグラフィックで描かれているので、ゴアシーンなどは相当なものであろうと予測はできる。 そのまま直接的な描写は難しかったとして、カメラアングルの変更などでうまく対処できなかったものか。 システム、ストーリー、キャラクター、設定、展開と、すべてが琴線にドンピシャに触れる秀作なだけに、その点だけが唯々悔やまれてならない。 『13日の金曜日』、『スクリーム』、『ラストサマー』、『キャビンフィーバー』、『SAW』、『ファイナル・デスティネーション』、『マインドハンター』、『ディセント』、『地獄の変異』といった映画タイトルに聞き覚えがある人には、本作はうってつけの作品だと言える。 また、『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』というTVドラマも、過去に惨殺事件のあった島で、ふたたび凄惨な事件が起こるという、ドラマ的な雰囲気がどことなく似ていると思えるのだが、もし、これらの作品を知らずに本作を遊んで気に入ったのなら、いま挙げたどの作品もオススメできる映画なので、機会があれば鑑賞してもらいたい。 一通りのプレイをし終えた実感だが、一本の良質なホラー映画を見終わったときと同じような余韻に浸ることができた。 エンディング後にメイキング映像や、作中に登場するキャストたちによるコメントといった特典映像が見られるのだが、この手法も市販されている映画のDVDやBlu-Rayパッケージの特典内容そのもので、映画好きにはたまらないサービスと言えるだろう。 本作は映画的作品とは言え、あくまでもゲームではあるので、すべての要素を出すまで遊び尽くす、といった遊び方もできなくはないが、そんなに肩肘張らずに気に入った映画を時折鑑賞するような気分で、ポップコーンとコーラを片手に遊んでほしいところだ。 また、ホラーが苦手な人にも、本作をぜひとも挑戦してもらいたい。 いつ、誰が犠牲になるかわからない緊張感に、徐々に謎が解き明かされるストーリーテリングと、一度足を踏み入れたら引き込まれること請け合いだ。 ひとりでのプレイはなかなかハードルが高いが、友だちといっしょに選択肢を議論しながらプレイすれば、お化け屋敷に行ったような一時の怖い体験ができるに違いない。 ほかにもプレイステーション4の特性を活かして、プレイを配信しながら視聴者に選択を委ねるといった遊び方も、プレイヤーと閲覧者の双方が同じ怖さを共有して楽しめる、新しいプレイスタイルになりそうだ。 本作はマルチプレイタイトルではないが、皆でいっしょに楽しむにもうってつけの作品と言えるだろう。 Developed by Supermassive Games.

次の