ハング アウト ミート 使い方。 【ハングアウト Meet】PCでの使い方

Googleハングアウトでネット会議/打ち合わせ。画面共有、Googleドキュメントのリアルタイム編集が超便利。

ハング アウト ミート 使い方

ハングアウトのマイクの音が出ない 本日のお悩みはハングアウトを会社で使用することになったのですが、マイクの音が入らないんです。 というお困りごと。 ハングアウトとは ハングアウトとはスカイプやズームのようなグループでビデオ通話やチャットができる。 グーグル社のアプリです。 アンドロイドのスマホには必ず入っておりPCでもスマホでも無料で使えて便利なのですが チャットはLINEでビデオ通話はズームなど用途によって分けられていて ハングアウトって意外と使われれていないですね。 ハングアウトのマイクの音のでない理由とは まずはパソコンの音量がミュートになっていないか。 サウンドのマイクのテストを行ってみる それで問題がなければ ハングアウトを立ち上げ 赤丸の所をチェックします。 ここのマイクがオフになっていることが多いです。 上の赤丸をチェックすると マイクへにアクセスをブロックしていましたので これをマイクへのアクセスを常に許可するに変更します。 そして、マイクのミュートを解除するとマイクの音が出るようになります。 試しに喋ってみると画面が震えますのでやってみてください。 まとめ デフォルト(初期設定)ではマイクがオフになっていますので、そのままでは使えません。 簡単に設定できますので、まずはいろいろなボタンを押して見ると意外に解決したりします。 ズームやスカイプも操作は似ていますので一つ覚えると応用がきくようになります。 ビデオ通話はなくてはならないツールになっていますので、どんどん活用していきましょうね お悩み解決承っております パソコン教室スタディPCネット練馬校ではワンポイントお悩み解決を行っております。 相談内容により料金が異なります。 980円(税込み)~ 相談内容をメールにてお問い合わせくださいませ。

次の

Hangouts Meetとは?料金は無料も!画面共有や録画、人数はどうなってる?

ハング アウト ミート 使い方

ビデオハングアウトを利用すると、友だち、家族、同僚とお互いの顔を見ながら会話をすることができます。 ビデオハングアウトには 25 人まで参加できます。 最初のビデオハングアウトを開始する前に• ハングアウトの。 カメラ、マイク、スピーカーがパソコンに接続されていて、それぞれのソフトウェアが最新バージョンであることをご確認ください。 パソコンのカメラやマイクの使用を許可するよう求めるメッセージが表示されたら、[ 許可] をクリックしてください。 Internet Explore または Safari のどちらかのブラウザをご利用の場合は、ハングアウト プラグインの最新バージョンをしてインストールしてください。 重要: 必要に応じて、パソコンのシステム設定でマイクとカメラの使用を許可してください。 ハングアウトにカメラとマイクの使用を許可する ビデオハングアウトを開始するには、ハングアウトにパソコンのカメラやマイクの使用を許可する必要があります。 会社や学校のアカウントなど、末尾に gmail. com が付いていないアカウントをご利用の場合は、の最新バージョンのダウンロードとインストールが必要になることがあります。 カメラとマイクへのアクセスを許可する• を開きます。 ビデオハングアウト アイコン をクリックします。 ビデオハングアウト ウィンドウの上部にメッセージが表示されます。 [ 許可] をクリックします。 この操作が必要なのは初回のみです。 次の機能へのアクセスを許可できます。 録画 : ビデオハングアウトでカメラとマイクを使用します。 ビデオカメラ : ビデオハングアウトでカメラとマイクを使用します。 設定を変更してアクセスを許可する アクセスの許可を求めるメッセージが表示されない場合や、以前にアクセスをブロックした場合でも、設定を変更するとアクセスを許可できます。 を開きます。 ビデオハングアウト アイコン をクリックします。 右上のカメラエラーのアイコン をクリックします。 google. com によるカメラとマイクへのアクセスを常に許可する] をクリックします。 [ 完了] をクリックすると、ビデオハングアウトの接続が自動的に開始されます。 ビデオハングアウトが接続しない場合は、一旦終了して再度ビデオハングアウトを開始してください。 ステップ 1: ハングアウト プラグインをインストールする• のページを開きます。 [ プラグインをダウンロード] をクリックします。 プラグインを開いてインストールします。 ステップ 2: カメラとマイクへのアクセスを許可する• を開きます。 ビデオハングアウト アイコン [ 信頼] の順にクリックします。 ビデオハングアウト ウィンドウを再読み込みします。 設定を変更して許可する [信頼] ボタンが表示されない場合や、このオプションを以前にキャンセルした場合は、設定を変更してプラグインを許可することができます。 Safari を開き、[ 環境設定] をクリックします。 [セキュリティ] [プラグイン設定] の順に開きます。 ハングアウト プラグインを見つけます。 プラグイン名は「Google Talk Plugin」や「Google Talk Plugin Video Renderer」と表示されていることがあります。 [ オン] を選択します。 ビデオハングアウトを開始する• を開くか、 のサイドバーからハングアウトを開きます。 ハングアウト リストから相手を選択するか、名前やメールアドレスで検索して、ハングアウトの相手が見つかったら、そのユーザーの名前をクリックします。 複数のユーザーのチェックボックスをオンにして、グループ ビデオハングアウトを開始することも可能です。 ビデオハングアウト アイコン をクリックします。 会話を終えたら、通話終了アイコン をクリックします。 ビデオハングアウトのその他の設定 ビデオハングアウトの設定は、ビデオハングアウト中に変更できます。 画面をクリックすると次のオプションが表示されます。 カメラやマイクをオフにする: カメラやマイクをオフにするには、それぞれのアイコンをクリックします。 設定: 上部の設定アイコン をクリックします。 カメラ、マイク、スピーカーなどのデバイスの設定を変更することができます。 画面共有: ビデオハングアウト中に他の参加者と自分の画面を共有するには、その他アイコン [ 画面を共有] の順にクリックします。 全画面表示: ビデオハングアウト ウィンドウを画面全体に広げて表示するには、その他アイコン [ 全画面表示] の順にクリックします。

次の

【Windows】ハングアウトで自分の声が相手に届かない場合の解決方法

ハング アウト ミート 使い方

Google Hangouts Meetと従来のHangoutビデオ会議との違い 従来のHangoutによるビデオ会議の方法については、下記のページでご紹介させていただいています。 こちらは、一般のGoogleアカウント(xxx gmail. com)でも無料で利用できるのですが、G Suiteユーザー向けには「Google Hangouts Meet」が用意されています。 両者の違いについては、下記のページをご参照ください。 Googleアカウント以外でも会議への参加は可能 G Suiteユーザーではない一般のGoogleアカウント「xxxxx gmail. com」では 会議の主催はできませんが、会議への参加は可能です。 同様に、Google(Gmail)のアカウントを持っていない人でも招待を受ければWebブラウザーを用いてWeb会議に参加できます。 Webブラウザーさえあれば、専用のアプリをインストールすることなく、Web会議に参加ができる点もHangouts Meetの利点です。 (ブラウザーはGoogle Chromeが推奨です。 ) 一般のGoogleアカウント「xxxxx gmail. com」を会議に招待しようとすると、「一部のユーザーはxxxxx. xxxに属していません」というアラートが表示されますが、「招待状を送信」をクリックすれば会議に招待することができます。 動画での概要紹介 以下の手順について、動画も作成してみました。 併せてごらんください。 会議の準備 Webによるリモート会議を招集する時、まずは、 にアクセス。 「+ ミーティングに参加または開始」をクリックします。 現れた画面は、空白のまま「続行」をクリックすればOKなのですが、参加者に分かりやすい会議名を入力しておくといいでしょう。 初回は、マイクとカメラの使用の許可を求められるので「許可」します。 「今すぐ参加」をクリック。 多くのノートPCにはカメラとマイクが内蔵されていますが、付属していない場合、別途カメラとマイクが必要となります。 なお、カメラが無くても、音声だけで会議に参加することは可能です。 改めて許可を求められたら改めて「許可」を。 「ミーティングを開始」で準備完了です。 「設定」を開きます。 カメラ、マイクのテストを行い、テストを行っておきましょう。 特に、ヘッドセットを使うときに、音が聞こえない場合、「スピーカー」欄で出力先をリストから切り替えます。 音声が認識されていない場合には、「マイク」欄で入力元をリストから切り替えます。 「ユーザーを追加」をクリックすると連絡先の一覧が表示されるので、メンバーを追加していき、「招待状を送信」をクリックします。 「招待状」はメールで送信されます。 受け取った人はメールの文中の「ミーティングに参加」をクリックすると会議に参加できます。 会議への招集方法としては、もう一つ、会議用に生成されたアドレス(毎回変わります)をメールで知らせる方法もあります。 「参加に必要な情報をコピー」をクリック。 メールを開いて、文面に貼り付けて、加筆修正した上で、メンバー宛にメールを送付します。 Google Meetの会議アドレスは、一度きりのものです。 スマホでも会議用のアドレスをタップすることで参加が可能です。 「スマートフォンで参加する場合は・・・」以降は、日本では馴染みが無いので削除した方が混乱が無くていいでしょう。 G Suteの「グループ」機能で、チームごと、プロジェクトごとにメーリングリストを作成しておけば、一つのアドレスでメンバー宛に一斉送信ができますね。 「参加」ボタンをタップして会議に参加します。 すでに参加中のメンバーに、参加した旨が表示されます。 会議主催者のパソコンには、iPhoneから参加した人の映像が見えます。 iij-mioのSIMでLTE通信でVAIOから参加している所です。 音声、映像ともに、移動中でなければ驚くほど安定しています。 画面右上の吹き出しアイコンをクリックすると、チャットができます。 画面下中央のボタンは次の通りです。 赤の受話器アイコン:このアイコンをクリックすると会議から退出します。 退出すると、他のメンバーにお知らせのバナーが表示されます。 他メンバーの音のミュート 突然雑音が入った時など、他人の音声を消す事が可能です。 他のメンバーの各サムネイルの右下にある「…」アイコンをクリックして現れる表示内の「ミュート」をクリックすることで雑音などを消せます。 デスクトップの共有:説明資料の表示 担当者が説明をする時、資料を用いたい時は、画面右下の「今すぐ表示」をクリックします。 「画面を共有する」というウィンドウが出るので、全画面か、アプリケーションのウィンドウか、いずれかを選択して「共有」をクリック。 他のメンバーの画面上に、説明資料が表示されます。 説明が終わったら、自分のPCの下側に表示されている「共有を停止」をクリックします。 補足:ミーティングコードについて ちなみに、なのですが、Google Meetによる会議には「ミーティング コード」の入力でも参加できます。 google. さらに便利!Googleカレンダーとの連携 GoogleカレンダーでGoogle MeetによるWeb会議のスケジューリングをするととても便利です。 スケジュールを追加するときに、「その他のオプション」をクリック。 「ビデオ会議を追加」をクリックして、「Hangouts Meet」を選びます。 あとは、日時を入力して、参加対象者のメールアドレス(メーリングリストなら簡単)を入力、会議の内容を記載して保存すると、対象者に会議への招待メールが届きます。 さらに、スケジュールが変更となった場合、その旨もGmail上であれば反映されます。 会議のスケジュールを確認し、参加の可否を「はい、いいえ、未定」のいずれかで表明できるようになっています。 google. 会議途中での再入室 お客様から電話がかかってきた時など、いったん会議から退出したあとに、再び会議に戻る場合は、改めて事前に知らされているGoogle MeetのアドレスにアクセスすればOKです。 続きとして、どのようなトラブルが発生するのか、その場合、そのように対応していけばいいのかを見ていければと思います。 Skypeのトラブルでお悩みならば、一度Google Meetをお試しを! 弊社及び関連するプロジェクトがSkypeからハングアウトに全面移行したいきさつは、下記にも書いております。

次の