ブルック シールズ 今。 【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ、初体験の相手は“日本人の血を引くあの俳優”だった。

ブルック・シールズの今は?【絶世の美少女の現在】

ブルック シールズ 今

少女の頃に撮影された1980年の『青い珊瑚礁』からドラマ『リップスティック・ジャングル』まで、その完璧な美しさが殆ど変わっていないと賞賛される女優のブルック・シールズ(47)。 若かりし頃はマリファナを吸っていたのであろうか。 1枚の写真が疑惑を呼んでいる。 このほどあるツイッターユーザーが、ふた昔ほど前の写真を投稿した。 そこに写っているのは、Tシャツの袖をまくりあげ、ショートパンツをはいて座っている若い女性。 左手で黒いパイプをつかみ、マリファナを吸っていることは一目瞭然である。 隣に赤いTシャツを着た男性が横たわっているが、表情を見る限りかなりハイになっている。 問題はその女性の正体。 色白の肌にカールが強い栗色の髪、そして太い眉と濃いまつ毛。 なんとも言えず女優ブルック・シールズに似ているため話題になっているが、シールズの代理人は「彼女に似た女性であり、決して本人ではありません」とその写真との関係を強く否定した。 だが『Radar Online』他いくつかの芸能情報サイトは、「絶対にブルック・シールズです」として一歩も譲らない。 もっともこの件に関し、人々の反応は「確かに彼女のように見える。 若い頃には、それなりの戯れや気晴らしの経験もあったのだろう。 すでに卒業したというのなら、それでよいのでは?」などと軽く受け流している感じだ。 実は「不倫」キス騒動の渦中にある女優のも、これを激写された一人である。 自宅を一歩出たところで、男友達とともに小さな専用パイプを用いてマリファナを吸引する姿は、堂に入っているだけになかなかショッキングなものであった。 (TechinsightJapan編集部 Joy横手) あわせて読みたい•

次の

【イタすぎるセレブ達】ブルック・シールズ、テニス界の超人気者アンドレ・アガシとの結婚を「大失敗だった」。

ブルック シールズ 今

43歳の奥様、あるいはお母様の白いビキニ姿をご想像されたことがあるだろうか。 女優ブルック・シールズが、間もなく発売となる『SHAPE』誌の表紙でビキニ姿になったが、この写真がホットな話題となっている。 13歳にして『プリティー・ベビー』で12歳の娼婦の役を演じるなど、デビュー作からしてショッキングであった女優ブルック・シールズ。 続いて、美しく青い海に生きる少年少女が、体の成長とともに惹かれあい、自然のままに愛を交し妊娠出産する姿が印象的であった、『青い珊瑚礁』とヒットが続き、世界一美しい女優の誕生と騒がれた。 ただし、顔立ちがあまりに美しすぎて、そればかりに目が行くことから、味のある優れた演技の女優と評価されるには至らず、広告モデルとして活躍してきたと言う方がふさわしいかも知れない。 31歳でテニス界のトップ・プレイヤーであったアンドレ・アガシとの結婚したが離婚。 そして再婚し、2人の子供を出産している。 彼女のりりしい眉と彫りの深い美しい青い瞳は後全く変わらないものの、妊娠出産や産後うつで精神安定剤を服用していた頃などは、ややふっくらしてしまった。 だがダンスを始めた際、「痩せたことなど今まで一度もないし、どうせ私は大柄だし(183cm)、ボディラインをあれこれ考えるなんて・・・」と、鏡に映った自分が怖くて直視できずにいる彼女に、インストラクターがしっかり自分をみつめ、自信を持ちなさいと指導を続けてくれたようである。 「本当はこんな格好でポーズとるの、自信ないのよ。 だってそのダンスが原因で出来た足の裏のマメの手術をして以来、ここ2ヶ月運動らしいことをしていないの。 だから妊娠中の頃の体重に戻ってしまうのかしら、なんて心配していたくらいよ」だそうである。 昨日は、彼女より2歳若いをご紹介したばかりだ。 40代を過ぎると老け込む女性に、ますます輝く女性、一体何が違うのであろうか。

次の

ブルック・シールズ現在劣化すごい若い頃子供時代画像すっぴん52歳の水着│ロハス美容ブログ

ブルック シールズ 今

当時は相当騒がれましたね、ところでこうなる前に 側室を持たない現皇室では皇太子のお妃選びはもっと慎重にすべきだった。 雅子さまがどうのこうのではなく、お妃候補の身体調査、多産系の体質かどうか?精神面も含め健康体なお妃を選ぶべきだったと思う。 あの当時皇太子は歌手の柏原芳恵の大ファンで部屋には彼女のポスターがあったほど好きだったらしく、妃候補を選定する際側近に彼女では無理なのか?と尋ねたそうです。 血筋・家柄はもちろん何よりも候補に挙げられない要因は、当時柏原芳恵は既に処女ではなかった。 事だと言われてます。 それでは雅子さまはどうだったのか? 雅子さまの現在の躁鬱・適応障害は皇室の重圧、とくに愛子さまに続いて第一男子を出産して欲しいという周囲の期待と姑美智子妃や秋篠宮紀子さまとの比較の目や重圧に耐えられなかった。 最近は、結婚前の雅子さまの交友関係を調査され非バージン説の噂まで飛び交うほどです。 そんな懐疑の目に晒されて公務など・・・適応障害になるのも無理はない。 そもそも妃は処女でなければならないのか? 嫁は処女でなければならないとしたら、世の中の男性の殆んどは結婚相手などいなくなる。 あの時、皇太子が大好きだった柏原芳恵と結婚させていれば夜の回数も増えるだろうし、今頃5~6人のお子は生まれているだろう。 と思ったりしました。 騒がれたというか、有名でした。 騒がれた、と言うとマスコミが寄ってたかって、という印象ですが そういうのではないです。 単に、音楽番組で「浩宮さまが、柏原芳恵さんのファンとの事で」 となり、浩宮が芳恵のグラビアを部屋に飾ったりしているというので 芳恵はコンサートにご招待したり、 LPをプレゼントしたり、 確か芳恵は皇居にも呼ばれたんじゃなかったかな。 浩宮が「好みのタイプは誰ですか?」と 誕生日会見かな?で記者団に質問された時に 「日本人なら柏原芳恵さん。 外国のかたならブルック・シールズ」 と言っていたと思います。 ブルック・シールズとはこれまた浩宮もなかなかですなぁ~、と思った。 ブルック・シールズと柏原芳恵の共通点は、やはり ビジュアル的に、健康美でありつつちょっとセクシー、 と言う所だと思う。

次の