カツ 丼 殿堂。 カツ丼

カツ丼

カツ 丼 殿堂

2019. 12に再訪させて頂きました。 渋川市の町中にあります 「ニコニコ亭」様は群馬ソースカツ丼でも屈指の人気店です。 人気の一つにカツを何枚も乗せられるシステムがあり、特に10枚カツ丼のインパクトは破壊力抜群で小惑星の様なそのビジュアルはSNSの画像栄えする事間違いなしだと思います。 ここは本当に思い出のあるお店で、お付き合いする前に彼女のウサ子ちゃん(仮名)と一緒に来た事もあり・・・自分一人で何回も来た事があるのですが今回はウサ子ちゃんも不死鳥の如く 「ニコニコ亭」様へと誘う事になるのです! 笑 2019. 9月某日。 ウサ子ちゃんからこんな連絡が着たのが新たなソースカツ10枚丼NARRATIVE 物語 の始まりでした 笑。 あんたは嘘が顔に出る。 2019. 遂にニコニコ亭完食作戦 「ソースカツ10枚狩り」に着手する日が来ました 笑。 ですが・・・この日は台風19号が接近しているので雨風が強く、まるでスペースコロニーに穴が開いたような天候で 「この日に台風かよ・・・お店はやるのか?」 と思うのですが朝の8時にウサ子ちゃんは来ました。 時間になり台風で土砂降りの雨の中、遂に出発します。 でも、俺は・・・」 とウサ子ちゃんに言いますと 「今が全部じゃない。 失敗したら何度だって、生まれ変わるの・・・そう、あの金髪の女の子もそう言ってたじゃない?だから、食べ切れなくたっていいんだから」 とリタ・ベ〇ナル見たいな事を言いながらも 笑 、自分を心配してくれました。 国道17号を左で曲がり、お店が近くなると 「ねえ、食べログに天国って本当にあると思う?」 とウサ子ちゃんは言うと 「ないよ、そんなの・・・いつかは辞めて、苦しい事も悲しい事もなくなる」 と答えますと 「そうかな?食べログは違うんじゃない?」 と最後に彼女は意味深な事を言って 笑 、開店10分前にお店に到着しました。 自分は 「ソースカツ10枚狩り」作戦実行中なので 笑 、 「ソースカツ10枚丼 大盛 」をウサ子ちゃんは 「食べちゃうんだなぁ、これが!」 と 「シ〇アの再来の失敗作」みたいな事を言いながら 笑 ラーメンセットを頼もうとしたら 「今日はご飯物しか出来ないんですよ」 とあの綺麗な奥様にそう言われてしまい、改めて 「ソースカツ1枚丼」を注文するのですが 「お前まで私を見捨てるのかよォォォ!!」 とハイテンションで感情的な強化人間みたいな事を言って、自分のウサギのキーホルダーにデコピンを喰らわすのでした 笑。 待っている間にテレビを見てますと台風関連のニュースばかりで 「亡くなった人もいるみたい・・・その魂は天国へと行くのかしら?」 とウサ子ちゃんは言いながらも 「ねえ、食べログに天国って本当にあると思う?」 と再び聞きます。 なるようにしかならないんだ」 と自分はわからないのでこう答えました。 「命が始めたことは命にしか終わらせられない・・・ウサギのミミー、行きます!!」 と自分は言いながら、遂に魂の込めた実食 「ソースカツ10枚狩り」が始まるのです 笑。 「10枚ソースカツ丼 大盛 」はとにかくソースカツの山で今回も他のお客様が 「おおっ~」 と思わず言ってしまう程の高い全長でインパクト抜群の素晴らしい一品です。 お肉は叩いてあるから薄いのですが、大変大きいカツはウサギのキーホルダーよりも大きく、今回も相当食べ応えがやはりありました。 食べてみますと・・・揚げ立てなのでソースを浸してあっても大変サクッとしており 「あの時!あの時もこう伝えたんだ・・・ニコニコ亭のソースカツは伊達じゃないないと!」 と星を動かした伝説のニュータイプみたいに唸ってしまう程で 笑 、今回も衣がやや硬めなのですがそれを感じず、むしろ適度な温もりと安心を感じる心が温まる美味しさがあるのです。 その温もりと安心を感じる大きくて美味しいソースカツが10枚も入っていますから・・・自分はこのソースカツ丼に 「ニコニコ亭」様の心の光を見てしまい 「やはり、カツの天国はある!!」 と感じてしまいます 笑。 今回の美味しいポイントはやはり絶妙な味付けのソースでウスターと醤油がベースだと思うのですが、あまりソースの味が強くなくむしろやや甘目で大きいカツの味付けにはピッタリの美味しさで自分もこのソースカツ達に同化してしまう程に夢中になって食べてしまいます 笑。 ご飯も炊き立てなので米粒が立っていまして、今回も丁寧な仕事を感じます。 味噌汁は丁度良い家庭的な味付けで箸休めの漬物もたっぷりあって、これは相変わらず嬉しい配慮です。 今回も時計も見ないでドンドン食べ進めていきます。 後はソースカツだけなのですが・・・ここのソースカツは単品で食べても美味しいのですがまだ5枚も残っており、かなりお腹が苦しくなってしまいます。 「くっう・・・ウサ子ちゃん」 と思わず唸ってしまいますがその時に自分らが持っているウサギのキーホルダー達が共振し、虹色の光を発しました 笑。 最後の一枚になり・・・自分の箸には様々な思念が宿り、食べている間に 「食べれば溶き合えるんだろ?」 と聞こえたのですが 笑 「だから何度でも生まれ変わりたい・・・それがどんな物でも出会う為に」 と最後のソースカツが言った様に聞こえましたが1時間掛けて食べ切って、自分の 「ソースカツ10枚狩り」は成功し、再び人の手に余る胃袋を取り戻すのでした 笑。 お店の中はテーブル席しかなく席数も多くないので休日やお昼時が相席は必至で台風の中でもそうでした。 電話予約でテイクアウトも出来ます・・・自分は今回も3枚ほどテイクアウトして夕飯もソースカツにしてしまい 「ニコニコ亭」様に対して純粋な事をリタ・ベ〇ナルにも見せられたと思います 笑。 食べ終わり、ウサ子ちゃんは 「少しじっとしていた方がいいよ・・・10枚は本当に食べ過ぎだから」 と言いますが待ち望んだ 「ソースカツ10枚丼」ともうお別れをしなくてはならないので寂しさのあまり 「みんな食べてしまった・・・俺、何処に・・・」 と言ってしまうのですがその時に彼女から白い一角獣が見えた気がしました 笑。 このカツのクロカンブッシュは一見と一食の価値は十分になり、丁寧な接客は温かさと安心を感じると思います。 本当に美味しかったです。 ごちそうさまでした。 2017. 3に再訪させて頂きました。 渋川市の町中にあります 「ニコニコ亭」様は群馬ソースカツ丼でも屈指の人気店です。 人気の一つにカツを何枚も乗せられるシステムがあり、特に10枚カツ丼のインパクトは破壊力抜群でそのビジュアルはSNSの画像栄えする事間違いなしだと思います 笑。 ここは本当に思い出のあるお店で何回も来た事があるのですが、お付き合いする前に彼女のウサ子ちゃん(仮名)と一緒に来た事もあります。 お付き合いする三か月程の前の秋半ば、まだ職場が一緒だった頃のウサ子ちゃんに 「ミミーさん、某県民番組でニコニコ亭のソースカツ丼を紹介していたんだけど知ってる?」 と聞かれて 「ええ、知ってますよ。 両親の実家が渋川だから何度か行きました」 と答えたら 「今度の休みに連れて行って欲しいのよ・・・私、渋川はわからないからミミーさんの運転で」 とウサ子ちゃんは言うので初めて二人でデートしました。 その時はまだ普通の食欲でしたから 笑 自分は4枚ソースカツ丼を食べて 「ウサ子さん!これ美味しいですね!」 と感激して、こう言ったのはまだ覚えていますが・・・その時から彼女は小食で食べ切れませんでした 汗。 ウサ子ちゃんと付き合ってからも何度か行ってましたが・・・初めて小惑星の様なビジュアルの 「10枚ソースカツ丼」に挑戦したのは2015年4月でしたがその時は7枚でギブアップして残りのカツを持ち帰った苦い記憶があります。 その後に口コミの投稿を始めて、すぐの2015年10月に有休を取って再訪して 「10枚ソースカツ丼」に挑戦し、その時は今までの経験が活きて8枚目も食べ終わった時には自信が確信に変わり、それほど無理なく完食してしまいました。 その時の口コミを改めて見たのですが・・・まだ口コミを始めてすぐなのであまり味の感想が無く、稚拙な内容でしたから改めて再訪して 「ニコニコ亭」様の口コミを 完全版として全国の皆様に群馬のソースカツの心の光をまた見て貰いたいのです! 笑。 2017. 本当は平日に有休を取って 「ニコニコ亭」様に行きたかったのですが・・・関西遠征で休んだばかりでしたから仕方なく土曜日に行く事にしました。 ですが・・・この日は午前中は大変忙しく、掃除、洗濯、買物と家の事をやらなければいけない上に自分の口コミのコメント返信もあったので全てが終わったのは11時半でした。 「くっ、そう簡単に行かしてはもらえないか?」 と愚直なまで人類の可能性を信じたニュータイプみたいに疑問形で呟きながらも 笑 、水着装備を持って高崎を出発します。 ですが、いつも一緒のウサギのキーホルダーが妄想内で 「デカ盛り行脚が永遠に行き続けたら拷問よ。 ここで引くわけには行かない!」 と言いながら連邦の白い悪魔みたいに奴の額にビームサーベルを突き刺せてやりました 笑。 こうして渋川に入り、いよいよ 「逆襲のミミー」が再び幕を開けるのです 笑。 お店には12時半頃に着きましたが・・・駐車場の空きが辛うじて一つ空いていただけで 「この感じ・・・やはり行列か?」 とニュータイプみたいに額にパルスが走るのですが 笑 、案の定10人近くの人が並んでいました。 ですが、自分は待ってでも美味しい物を食べたいタイプですし、行列慣れもしていますから 「ウサギの知恵はそんなもんだって乗り越えられる!」 と思う程に全然大丈夫で 笑 、スマートフォンで連絡しながら待ちます。 前回はご飯は大盛にしなかったので・・・今回は 「10枚ソースカツ丼 大盛 」の 完全版を注文。 前回の自分の口コミを読みますと・・・この時は念入りに作戦を立てたのですが成功した原因は 「マイペースで集中して食べる事が出来た、今までのデカ盛り挑戦の経験が生きた、そして何よりも美味しく楽しく食べる事が出来た」 と改めて思いました。 「10枚ソースカツ丼 大盛 」はとにかくソースカツの山で今回も他のお客様が 「おおっ~」 と思わず言ってしまう程の高い全長でインパクト抜群の素晴らしい一品です。 お肉は叩いてあるから薄いのですが、大変大きいカツはウサギのキーホルダーよりも大きく相当食べ応えがやはりありました。 食べてみますと・・・揚げ立てなのでソースを浸してあっても大変サクッとしており 「ニコニコ亭のソースカツは伊達じゃない!」 と唸ってしまう程で 笑 、衣がやや硬めなのですがそれを感じず、むしろ適度な温もりと安心を感じる美味しさがあるのです。 その温もりと安心を感じる大きくて美味しいソースカツが10枚も入っていますから・・・自分はこのソースカツ丼に 「ニコニコ亭」様の心の光を見てしまいました 笑。 今回の美味しいポイントは絶妙な味付けのソースでウスターと醤油がベースだと思うのですが、あまりソースの味が強くなくむしろやや甘目で大きいカツの味付けにはピッタリで美味しさのオーバーロードで自分も感激のあまりの熱で自爆しそうになりました 笑。 ご飯も炊き立てなので米粒が立っていまして、丁寧な仕事を感じます。 味噌汁は丁度良い家庭的な味付けで箸休めの漬物もたっぷりあって、これは嬉しい配慮です。 今回は時計も見ないでドンドン食べ進めていきます。 後はソースカツだけなので・・・ここのソースカツは単品で食べても美味しいので完食したのも当然です。 お店の中はテーブル席しかなく席数も多くないので休日やお昼時が相席は必至で自分は今回もそうでした。 今回も本当に美味しく楽しく食べれて、お会計の際に綺麗な女将さんにお礼を言ったら 「食べれましたね 笑 」 と言われて 「1年半以上ぶりの10枚でしたが、美味しくてぺろりと食べてしまいました」 と答えたら、女将さんは嬉しそうな顔をしてくれて 「是非又、寄らせて下さい」 と自分が言いましたら女将様はお辞儀をしてもらい、ご主人も忙しいにもかかわらず 「ありがとうございました」 と丁寧に接客をして頂き、今回も清々しく帰る事が出来ました。 このカツのクロカンブッシュは一見と一食の価値は十分になり、丁寧な接客は温かさと安心を感じると思います。 こうして、ソースカツの重力に縛られていた自分の魂を開放させて、充実した気持ちを感じながらカロリーを消費にプールへと向かうのでした。 量がたくさんある料理はとても幸せな気分にしてくれます。 本当に美味しかったです。 ごちそうさまでした。 2015. 14に寄らせて頂きました。 ニコニコ亭様は群馬ソースカツ丼でも屈指の人気店です。 人気の一つにカツを何枚も乗せられるシステムがあり、特に10枚カツ丼のインパクトは破壊力抜群だと思います 笑。 自分も半年ほど前に挑戦したのですが・・・7枚でギブアップして残りのカツを持ち帰った苦い記憶があります。 いつの日かはと思いながら半年の月日が過ぎ、えびすこ本場所様のメタボ丼、リオブラボー様の巨大オムライス、パンプキン様の巨大パスタ等のデカ盛りの修羅場をいくつもくぐり抜けて来て自信が付いたので満を持して再び10枚カツ丼に挑戦する事にしました。 前回は財布を拾って警察に届けてから行ったので予定が大幅に狂ってしまった上に春先の寒さ、1時間以上の待ち時間、衣が熱くて硬めの為に口の中を切ってしまった、10枚カツ丼を頼んだら他のお客様に写メを撮られて注目を浴びてしまうなど食べる事に全く集中が出来ず完全に失敗しました。 を実行する事にします。 平日に有休を取り、朝に軽めのサイクリングをして体を動かし用事を済ませていよいよ高崎を出発。 少しでもお腹を空かせる為に、いつものミミー号 自転車 で渋川まで行き開店直後にニコニコ亭様へ到着。 ですがほぼ満席で他のお客様と相席になってしまい一抹の不安を感じます。 いつもの綺麗な女将さんに10枚カツ丼を注文して、しばし待ちます。 そして小惑星アクシズみたいな10枚カツが乗ったカツ丼運ばれて来て記念撮影をしたら遂に食べ始めます。 ですが10枚カツ丼はまるで「食べ切れると思うな、小僧!」と木星帰りの男みたいな事を言ってるように見えました 笑。 ニコニコ亭様の大きいカツはお肉は叩いていて薄いのですが柔らかいです。 衣はかなり硬めでタレはソースベースなのですがあまりソースの味が強くなくむしろ甘目の味付けです。 1~2枚でも食べ応え十分ですが今回は10枚もあるので最初の5枚とご飯を20分、残りの5枚を30分の計50分かけるペースで計算します。 幸いにも他のお客様は最初に「おおっ~」と思った程度で注目されずに済んだので安心して食べれます。 時計を見ながら食べたのですが最初に1枚に4分程のペースだと遅かったので一気に食べてしまい最初の5枚とご飯を15分で食べてしまいました。 この時にお腹の状態を確認したらまだ余裕があったので「いける!」と思い、残りの5枚も食べ始めます。 前回失敗した7枚の壁を越え8枚目も食べ終わった時には自信が確信に変わりました。 9枚目を食べてる時には途中の写メを撮って彼女のウサ子ちゃん(仮名)に送ったり、自分の口コミ修正しながら食べるほど余裕があり最後の1枚は名残惜しかったのですが完食させてもらいました。 と思いました。 お店の中はテーブル席しかなく席数も多くないので休日やお昼時が行列は必至です。 電話予約でテイクアウトも出来ますので待てない人はそちらはどうでしょうか? 今回は本当に美味しく楽しく食べれて、お会計の際に綺麗な女将さんにお礼を言ったら「食べれましたね 笑 」と言われて「忙しい時間帯に居座ってしまって申し訳なかったです」と答えたら、女将さんは嫌な顔一つせず対応して頂き、更にサービスでお茶までもらってしまいました。 「美味しかったので是非とも又、寄らせて下さい」と言ったら丁寧にお辞儀をしてもらい清々しく帰る事が出来ました。 帰りも先週の桐生遠征に比べたら全然平気で、やり残したことが出来たのでこんなにも充実できたのは久しぶりでした。 量がたくさんある料理はとても幸せな気分にしてくれます。 本当に美味しかったです。 ごちそうさまでした。 22)。 以前の駐車場は駐められません。 空間・設備 落ち着いた空間、席が広い 携帯電話 docomo、au、SoftBank 特徴・関連情報 利用シーン こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン、一軒家レストラン サービス テイクアウト オープン日 1964年 初投稿者 最近の編集者• ニコニコ亭 関連ランキング:とんかつ 渋川駅.

次の

福井名物ソースカツ丼を家庭で再現してみた【8月5日は、パン粉の日】

カツ 丼 殿堂

福井のカツ丼って、どんな感じ? たべぷろでは以前にもソースカツ丼について紹介しています。 福井県にはソースカツ丼を提供している店が何軒もあり、福井県内に支店もたくさんあります。 ヨーロッパ軒、レストランふくしん、小川屋などが有名です。 石川県の人もソースカツ丼を食べるために福井県へ行くほど人気があります。 筆者はヨーロッパ軒へ食べに行ったことがあるのですが、ボリュームがありながら、おいしいソースの味であっさりと食べられると感じました。 パン粉も細かいものを使っていて、トンカツを揚げてからソースをひたしてあるので、味がしみ込んでいて、何年たっても記憶に残るおいしさです。 ご飯にもソースがかけてあり、ソースだけでもご飯が進みます! 「あの味を家庭で再現して何度も食べたい!」と考えて、今回福井のソースカツ丼を作ってみることにしました。 子どもから年配の方にまで好まれる味なので、皆さんも作ってみてくださいね。 さて、8月5日はパン粉の日です。 神奈川県横浜市に本社を置き、日本を代表するパン粉のメーカーであるフライスター株式会社がパン粉を使った料理を広くPRするために制定しました。 日付は8と5で「パン(8)粉(5)」と読む語呂合わせから決められました。 豚ヒレ肉を1~1. 5cmのやや削ぎ切りにします。 1人分が6枚くらいになるように切ります。 豚ヒレ肉の両面に塩コショウを振ります。 卵を溶き、小麦粉、卵、パン粉の順にまぶします。 パン粉は粒が細かいものの方があっさりとしたカツ丼になるのでおすすめです。 衣は薄めにつけてくださいね。 180度の温度できつね色になるまで揚げます。 どんぶりにご飯をよそい、ソースを大さじ1程度かけます。 トンカツの両面をソースにさっとつけてから、どんぶりに盛るとできあがりです。 福井のソースカツ丼を味わってみよう! できたてアツアツのうちに味わってみてください。 カラッと揚がったカツに甘辛いソースがしみて、かみしめるとじゅわっとおいしさが口いっぱいに広がります。 豚ヒレ肉も軟らかくて、硬いものが苦手な方でも食べやすいです。 パン粉も細かめのものを使い、衣も薄くつけてあるので、軟らかく食べやすさを感じます。 実はパン粉選びも重要なんですね! ソースのかかったご飯も絶品です。 ソースはウスターソースをベースにしていますが、甘みのあるソースにしています。 そのため、角のないまろやかな味に仕上がっています。 カツサンドにアレンジするとお弁当にもピッタリ! カツは多めに揚げておくと、カツサンドにもアレンジできますよ! 4枚切りの食パンを半分に切って、中に切れ込みを入れます。 中にカツを挟むことを考えて、食パンの中に丸めたアルミホイルを入れて、食パンをトーストします。 その後、アルミホイルは取り除いてくださいね。 そうするとポケットパンが作れます。 パンの中に千切りキャベツとソースをつけたトンカツを挟みます。 簡単にカツサンドができあがりました。 ご飯に合うソースカツですが、なんとパンにも合うんですね。 香ばしいトーストしたパンにウスターソースがしみたカツを挟むと、どんどん食べられます。 サクサクとキャベツの歯ごたえもカツと合っています。 朝食にもいいですし、子どものお弁当にもよさそうです。 ボリュームがあるので部活動のある中・高校生のお弁当にもピッタリですね。 そんなに難しくないので、8月5日のパン粉の日にはぜひ、福井のソースカツ丼を作ってみましょう。 ソースはあまったらエビフライなどにも使えます。 また、福井にお越しの際には、本場のソースカツ丼も味わってみてくださいね。

次の

カツ丼とカツとじ丼の違い|調べるネット

カツ 丼 殿堂

概要 [ ] 日本国内において最も一般的なカツ丼のスタイルは、「とを醤油味ので煮込み、とじにして、米飯にのせた料理」である。 単に「カツ丼」と呼んだ場合は、一部地域(特に、、、、)を除いてこの形態を基本とする。 日本全国で提供されている豚カツを卵とじにした料理のほか、タレや、ソースなどをかけたり浸み込ませた豚カツその他のカツレツを用いた丼料理が、や独自商品として各地で販売されている。 多くの場合、カツ丼のカツにはトンカツを使用するが、、、、 といったカツを使用したカツ丼も存在し、それぞれ、「ビーフカツ丼」、「チキンカツ丼( 卵綴じ限定で「 親子カツ丼」と別呼称される)」 などと呼ばれ、料理や料理の専門店では、これらを単に「カツ丼」と呼ぶこともある。 とんかつ専門店のほか、一般の食堂やレストラン、そば屋、うどん屋、弁当屋など、さまざまな場所で提供される、である。 カツ丼は丼物の中でも人気上位にランクされており 、外国人にも受け入れられやすい日本食の一つである。 歴史 [ ] カツ丼発祥の地との説がある三朝庵 カツ丼の起源については、「1995年9月付けの地方紙『』に、30年代後半にはのそばの老舗「奥村本店」でカツ丼が提供されていた、という記事が掲載された」との記事があり、執筆者は関係者への聞き取りをしたうえで、「少なくとも明治30年代後半には甲府にカツ丼が存在していたということになる」と主張している。 このため、現時点で確認されている情報では甲府説が最古と見なされている。 このほか、福井県出身の高畠増太郎が、料理研究留学先のドイツから帰国後、(現・東京都)の前に店を構え、1913年(2年)に東京で開かれた料理発表会で初披露したとの説がある。 これ以外にも1921年にの学生・中西敬二郎が考案したという説 、同じく1921年にで卵とじのカツ丼が登場したとする説 がよく知られる。 中西を発案者とする説の舞台は、早稲田大学近くにあった店「」(さんちょうあん)である。 同店で大正時代、宴会のキャンセルで余ることがあった豚カツを冷めても美味しく食べられるように「卵でとじたらどうか」と提案した と伝えられるが、中西が考案したカツ丼は、卵とじではなくウスターソースをかけるものであったという説もある。 味付けの種類 [ ] 卵とじ [ ] カレー味のカツとじ(大阪・高槻にて) 卵とじの調理にはカツ丼用鍋(親子鍋)を使用し、やと同様に、切り分けた豚カツをなどとともにと、などを合わせた割下で煮て、鶏卵の溶き卵でとじる。 調理した豚カツを返してから丼飯の上に載せる場合、食感を残すためにタマネギだけを卵で閉じ、最後に揚げたてのカツを載せて仕上げる場合もある。 蕎麦つゆのを豚カツを煮る割下に転用できることから、蕎麦屋などで蕎麦と共に供されることも多い。 仕上げにや、刻みなどが散らされるのが一般的である。 卵とじカツ丼の変種には以下のようなものがある。 カツ重 器をにしたもの。 弁当屋、、などではプラスチックの四角い容器が用いられる。 カツ煮、カツとじ、カツ皿 卵で綴じたカツだけを皿に盛った料理。 一般に「カツ煮定食」として別盛りの御飯と共に提供される。 カツ丼の上の部分であることから「アタマ」という符牒で呼ばれ 、「アタマライス」「かつ頭定食」などと称する店もある。 煮カツ丼 卵とじカツ丼の山梨県やにおける呼称。 醤油味かつ玉子とじである一般的なカツ丼によく類似する。 やや煮込み時間が長く、カツの衣はとろける状態になっている。 煮込みソースカツ丼 にはソースで煮込んだカツを卵とじにした「煮込みソースカツ丼」を提供する店がある。 このソースはソースかつ丼にも用いるこの店のオリジナルで、市販もされている。 を使用した「親子カツ丼」 ウスターソース [ ] (とんかつソースに代表される濃厚ソースを含む)で味付けするスタイルのカツ丼で、「 ソースカツ丼」と呼ばれる。 味付け方法は複数の様式があり、上からソースをかけるもの、ソースを入れた容器にカツを漬けるもの、ソースで煮込むものなどがあり、店舗によっても異なる。 豚カツの付け合せとして一般的な を取り入れて、千切りキャベツを敷いた丼飯の上にトンカツを盛り付ける様式の地域や店もある。 福井県 、山梨県甲府市 などの地域では、単に「カツ丼」と呼ぶとソースカツ丼を指しており、卵とじのカツ丼は「卵カツ丼」「上カツ丼」「煮カツ丼」などと呼び別の料理とされている。 記録として残されている限りにおいては、早稲田大学向かいの鶴巻町にあった洋食店「」の初代・高畠増太郎が1913年に東京の料理発表会で披露し、同年より提供を開始したというものが最古である。 これ以外に「大正10(1922)年2月、早稲田高等学院の学生・中西敬二郎さんが考案した、というのが定説である」という記述 もみられるが、時系列的に10年近い隔たりがあるため、これを元祖とするには無理がある。 豚カツをウスターソースで味付けする事は日本全国で一般的であり、これを丼飯に載せて「カツ丼」とする店は各地に点在している。 「誕生のきっかけ」とされるエピソードに明確な資料も少ないため、複数の地域が発祥を主張し、長野県とのように市長すらも加わった論戦に発展する事例もある。 他にも)、群馬県 、群馬県 、長野県駒ヶ根市 、岩手県、福島県会津若松市 、山梨県甲府市 などが、それぞれ独自の発祥を主張している。 「」、「」、および「」も参照 、あるいはドミグラス風のソースをかけたスタイルのカツ丼。 ドミグラスソースは「ソース」ではあるが「ソースカツ丼」とは呼ばない。 では、丼飯にキャベツを敷いた上に豚カツを載せて、ドミグラス風のソースをかけた料理が「カツ丼」として提供される。 グリーンピースや生卵をのせて出す店もある。 取り扱う店舗にラーメン店が多いことから、ソースのベースとなるは、中華スープ、出汁など様々である。 には、ドミグラスソースや用のソースに、、、などを合わせたタレをかけた「てりカツ丼」というメニューがある。 には平皿に盛ったライスの上にビフカツを載せてドミグラス風のソースをかけたものを「カツ丼」として提供する老舗洋食店がある。 内の一部地域や、などでは、平皿に盛ったライスの上にやとんかつを乗せてドミグラス風のソースをかけたものを「」と呼んでいる。 の「」はカツライスとも呼ばれ、主としてのカツを用い、上からかけるドミグラス風のソースのことを「たれ」と呼ぶ。 丼でなく平皿にのせて提供される。 では、「洋風カツ丼」という名称でのカツを用いた料理が提供されている。 新潟県でも、「洋風カツ丼」という名称で豚肉のカツを用いた料理が提供されているが、ソースはドミグラスソースの他に、ケチャップベースのものもある。 を中心にした地域にみられる「」は、とんかつをケチャップライス(またはバターライス)に乗せてドミグラス風のソースをかけ、平皿で提供される。 玉子餡のかかったかつ丼の一例(京都市) 豚カツにのあるをかけるスタイルのカツ丼。 醤油餡や餡をかけた「あんかけカツ丼」があり、地方によってバリエーションが異なる。 溶き卵が入った餡をかける岐阜県のものは、当時貴重品だった卵を多く使わないように考案されたことによる。 ウスターソース味の餡をかけるのものは、つゆが飯にしみないように考案されたもの。 また、カツを卵とじにするのではなく、丼飯の上に揚げたカツを乗せ、その上から玉子丼風の卵とじ餡をかける「かつとじ丼」「かけかつ丼」という様式もある。 では、平皿に盛ったご飯の上にゆでキャベツと豚カツをのせ、溶き卵をで伸ばしたものをかけた料理が「かつ皿」という名称で提供されている。 またなどでは、平皿に盛った白飯とカツの上に中華風の野菜餡をかけたものが「中華風カツ丼」といった名称で提供される例も散見される。 野菜炒め [ ] カレーカツ丼 丼飯の上に下味以外に味を付けていないトンカツとを乗せ 、好みで、、、、、刻み、刻みなどをかけて食べる「おろしカツ丼」は、周辺では一般的なメニューになりつつある。 「別れ」(具を丼飯の上に乗せず、調理時の手鍋に入れたままの状態)で供する店も多く、冷製のものもある。 に類似した「カレーカツ丼・カツカレー丼」も、一部で提供されている。 カレーはにならってとで和風に味付けしたり、でとろみをつけたものを使ったり 、醤油やソースをベースにスパイスを加えたカレー風味ダレにする など、和風の味付けにする場合もある。 そのほかにも、店舗によって様々な変わり種のカツ丼が存在する。 塩ダレをかけたもの、もしくはタレを使わずトンカツに塩味をつけて揚げる「塩カツ丼」(とんかつ 坂井精肉店 高田馬場店など東京の一部店舗)。 をかけた「クリームシチューかつ丼」が、で販売されたことがある。 とタマネギなどを煮た酸味のあるソースをかける「トマトカツ丼」。 かつては類似のメニューとして、ではを加えた「イタリアンかつ丼」が販売されていた。 カツ丼にまつわるエピソード [ ] 刑事ドラマやコント [ ] 日本のにおける定番の描写に、の中の食事として内でカツ丼を食べるというものがある。 人情を重んじる刑事がポケットマネーでのカツ丼をとってやると、被疑者はその情にほだされ涙ながらに「私がやりました」と犯行を自供する、というパターンが典型例である。 監督、主演による1955年製作の映画『』で、取調中に警官が丼物を振る舞う場面が初出とされる。 その後、監督の映画『刑事物語』シリーズ第3作『灰色の暴走』(1960年) 、連続テレビドラマ『』(1961年 - 1969年) 、バラエティー番組『』(1961年 - 1972年) など、1960年代に相次いで「刑事が被疑者にカツ丼を食べさせる」描写が登場している。 これらはあくまで事実とは異なるで、現在では通常、留置中のについては専用の弁当が用意されており、での食事時間が必ず取られている。 また、丼を投げつけるなどしてがひるんだ隙をついて逃走される可能性もある事から、取調室で食事が出されることはない。 ただし任意同行時などでの逮捕前の取調べで出前を頼むときに、被疑者の選択でカツ丼を選ぶことが出来る場合はあるが、その費用は被疑者の自己負担となる。 なお、警察官が費用負担した場合は利益誘導として裁判の際に供述の任意性が否定される場合がある。 ただし、過去に実際の取調べでも刑事が出前を取り寄せるケースがかなりあった。 戦前及び戦後間もなくは取調中に店屋物を注文するケースもあり、一例としてはが容疑でへ任意同行後逮捕された際に刑事の回想で「昼食に天丼が差し入れられたが平沢は箸を付けず、僕が一人で食べた」とある。 また、の『一九二八年三月十五日』には、容疑者を予審に回す時に、「取調べに当った司法主任やは自腹(?)を切って、皆に丼や寿司などを取り寄せてご馳走した」(全集第2巻、p202)という記述がある。 2006年9月6日、のが、関係者である被疑者に「接見室ではなく取調室で家族と接見させる」「被疑者の両親の知人が持ち込んだカツ丼を取調室で食べさせる」(県警の規定では食事は留置場内で取ることとなっていた)などの便宜を図り、10分の1(3か月)のを受けた(この警部は同日に)。 筑波昭 2002 連続殺人鬼大久保清の犯罪 新潮OH! 文庫 によると、昭和46年にで起こった、連続女性暴行殺害事件の犯人であるも、逮捕状は出ておらず、あくまで参考人としての任意同行という形だったためか、警察署でカツ丼を食べていることが書かれている。 こうしたことからか、2008年、で平成20年度「警察捜査における取調べ適正化指針」を発表し、事実上カツ丼の提供は禁止されるに至った。 若林計志(2011)『プロフェッショナルを演じる仕事術』では、これは裏を返せば文章で通達しなければいけないほど、そういう事実があったという事を物語っているとしている。 2016年10月、前で、半世紀近く営業を続け、の留置場などにできたての麺類やカツ丼など丼物を出前していたのそば店「翁(おきな)そば」が閉店している。 2018年には期間限定企画で、福島県猪苗代町の中ノ沢温泉にある旅館「磐梯西村屋」が運営する出前食堂「小西食堂」で、ドラマのような取調べを体験できるカツ丼屋「出前カツ丼専門店取調べ室」を催している。 ゲン担ぎ [ ]• 店によっては、えびカツではなくを使用することもある。 なお、「親子カツ丼」とは「親子丼」と同じく絶対定義である『鶏肉と鶏卵の組み合わせ』であるからこう呼ばれるものであり、それ以外の組み合わせの場合はこう呼ばないことに要注意。 夫妻が昼食に「ヨーロッパ軒総本店」でカツ丼を食べた際、須賀原は「卵でとじたカツ丼は邪道」と言ったのに対し、出身の妻・よしえは「カツ丼と言えば卵がかかっているもの」と主張した。 山梨県では「カツ丼」といった場合に、甲府市を中心にではソースカツ丼を意味し、卵でとじた「煮カツ丼」とは区別されることが一般的で、・を越えた地域では「カツ丼」は煮カツ丼を意味する。 甲府タイプのソースカツ丼はや群馬県、福島県などのソースで煮込むタイプとは異なる。 同書においてもこの説は否定されている。 長野県伊那市で昭和21年に飲食店店主が始めた(愛称「ひげのとんかつ」)が元祖とする説( 公式サイト 伊那商工会議所)。 これを名物「伊那ソースかつどん」として広めて元祖を名乗ったが、隣接する駒ケ根市も「当方が元祖」としているため、一時両市の間で市長すらも加わり論戦が繰り広げられた。 群馬県桐生市の「志多美屋」が元祖とする説(「ソースかつ丼といえば桐生、その中でも当店は元祖」)。 群馬県前橋市の「西洋亭」をソースかつ丼の元祖とする説()。 長野県前広小路の「喜楽(現 : きらく)」がカツライスをヒントとして開発したのが発祥とする説()。 長野県駒ヶ根市では「駒ヶ根ソースかつ丼会」を結成し、丼飯の上に千切りキャベツを敷きソースカツを乗せた「駒ヶ根ソースかつ丼」発祥地としている( 駒ヶ根ソースかつ丼会)。 福島県会津若松市は「ソースカツ丼に最初にキャベツを入れた町」とする説。 戦後に東京で見たソースかつ丼をアレンジし、オリジナルのソースで煮込んだものを独自のソースかつ丼に仕上げたともされる( 公式サイト)。 明治30年代に山梨県甲府市内のそば店が考案したものが起源であるとする説(『』1995年9月13日記事)。 同時期には「煮カツ丼」の食文化も流入しているが、カツライスの丼版である甲府タイプのソースカツ丼は、に際した簡便性から現在に続いているものであると考えられている(影山正美「カツ丼の不思議?」『山梨県の不思議辞典』2009、新人物往来社)。 丼飯の間にもカツを挟んだ2段重ねのものもある。 醤油も「ソイソース」であり、ウスターソースの「ソースカツ丼」と混同される事もある。 1945年に新潟市の「」初代店主が考案し広めたとされる一方、の「水光」の主人が、1918年に「カツ丼」の名で考案したのが嚆矢であるとの説もある(どんぶり探偵団編・文藝春秋刊「ベストオブ丼」49P)• 町おこしで町内加盟店17店舗でスタンプラリーを行なっている。 下仁田町商工会ホームページより• 浅草にあった洋食屋「河金」が元祖とされ、「河金丼」の名で売り出していた。 にはカレー風味にしたタレをかける「カレー風味カツ丼」がある。 ただし現存する映像およびシナリオで確認する限りではカツ丼ではなく天丼であり、取調の翌日、留置場に入れられていた父を迎えに来た貧しい母子に署長が出前を頼む、という形になっている。 メニューでカツ丼を採用しているのについては、東京・築地署のベテラン刑事が1950年代あたりから出前をとって行っていた説の証言がある。 このとき自分も出前をとり、相手には上物をとっていた、長年逃亡していた被疑者のねぎらいからとされている。 主人公の源造刑事は、作中において、捜査協力者にたびたび酒や菓子を自腹で買い与えていると描写されている。 第3作において、源造刑事と知己の少年が銀行強盗の疑いをかけられ、取り調べを受けた際に、源造刑事が少年に自腹でカツ丼を食べさせる場面が描写された。 取り調べの場面で被疑者に刑事がカツ丼を食べさせる場面が、しばしば登場した。 刑事ドラマのパロディーコントがしばしば登場し、ほぼ毎回のように「取調室とカツ丼」が描写された。 70年代に入っても、「太陽に吠えろ」などの刑事ドラマやなど特撮ドラマ、に代表されるなどでも盛んに描写が使われるようになったことで「取調室でカツ丼」というイメージが一般に定着したとみられる。 具体的には、・・・と、それらの場外投票券売場である。 出典 [ ]• 「2位はカツ丼」• NIKKEI STYLE グルメクラブ 食の達人コラム 「カツ丼発祥の地」は甲府? カツライスそのまま丼に カツ丼礼賛(2)俵慎一• 三朝庵は2018年7月末で閉店した。。 5巻 「カツ丼伝説」• はっぴーママ. com. 株式会社イーウェル. 2012年11月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 文春文庫『ベスト オブ 丼』• 百貨店「」の食堂(現在は閉店)• AERA dot.. 2015年6月13日. 2020年6月5日閲覧。 な!ナガオカ. 2017年12月18日. 2020年6月5日閲覧。 町おこしとして醤油カツ丼を普及させる活動がある( [ ] 2011年9月18日 読売新聞、2011年9月閲覧)。 - の「わだ泉」、・「とんかつ武信 分店」の「醤油カツ丼」と「かつてん 美しが丘店」の「和風醤油カツ丼」などの他、全国各地の一部地域に存在する。 関西ウォーカー2006年10号 角川マガジンズ刊 - 京都市 かつ丼玄のかつとじ丼。 2013年1月21日閲覧。 その他、卵とじをかける様式は、近畿地方をはじめ全国各地の一部地域に存在する。 食べ物新日本奇行. 2014年3月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年6月8日閲覧。 プレジデント社「ダンチュウ・カレー大全(上)」170P• Inc, Shogakukan. @DIME アットダイム. 2020年2月24日閲覧。 大阪弁護士会• 神戸新聞2016年10月6日号• 参考文献 [ ]• 『ベストオブ丼in pocket』どんぶり探偵団、、1990年3月。 『 第5巻 』、2010年。 関連項目 [ ]• - カツ丼などを主体としたメニューの店。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の