花 の 慶次 天 を 穿つ 戦 槍 天井。 花の慶次~天を穿つ戦槍~剛弓ver.~ 解析情報

パチスロ 花の慶次 天を穿つ戦槍 剛弓|解析 スペック 評価

花 の 慶次 天 を 穿つ 戦 槍 天井

この機種の天井性能は、ART間最大1187Gで天井となり、ART当選確定に加えストック1個が追加されます。 天井恩恵があるため期待値は高そうですが、単純にART初当たり期待枚数を倍にはならないはずなんで、ちょっと控えめに天井期待枚数は計算しています。 天井狙い目について 思ってたよりも期待値は高めに出ました。 3とちょっと重く、天井狙い平均消化時間は大体45~50分くらい。 効率良い狙い目としては480Gくらいでしょうか? 結構浅めに感じますが、やはり天井恩恵は大きいですね。 ちなみに100G~も期待値は高く見えますが、これは天国モード直前のために期待値が高い感じです。 ここの天国モードゾーンでは、天井狙いでは無くゾーン狙いで120~130Gあたりで前兆見つつヤメ…という立ち回りがベストでしょう。 確かに期待値は相当高く出ましたね。 確かに天井狙い向きの優良機種だと思いますが、そこまでめちゃくちゃ珍しい事でもないと思いますよ。 マイナスの部分が少ないのは、まず設定1の機械割98. 5%と高い事。 あとは天井到達率が高い事。 仰る通り、0~70G付近、(天国抜け)~280G以外のG数から打ち切れば、理論上期待値はマイナスになりません。 もちろんモードや状態など不問での期待値ですけどね。 もちろん機械割は100%を切りますよ。 もし設定1の機械割が100%だったら、0Gから打ってもマイナスになりませんから。

次の

戦国パチスロ花の慶次 ~天を穿つ戦槍~

花 の 慶次 天 を 穿つ 戦 槍 天井

【左リールBAR狙いを推奨】 「最初に狙う絵柄」 「BAR下段停止時」 BAR狙い時の基本となる停止形。 中右リールともにフリー打ちでOKだ。 「チェリー停止時」 中右リールをフリー打ちし、右リールの停止形で強弱の判別が可能。 右リール上段にチェリーor中段にボーナス絵柄(赤7orBARor悪鬼羅刹)が停止すれば強チェリー、それ以外の停止形は弱チェリーとなる。 「スイカ停止時」 中リールにスイカを狙い、右リールはフリー打ちで消化。 スイカテンパイハズレならチャンス目Bだ。 「レア役の停止例」 「MBは2種類あり」 MB入賞時はリールにエフェクトが発生。 どちらのMB中も左リールにBARを狙えば、12枚を2回獲得できる。 BAR狙いをしないと、11枚になる可能性があるので注意しよう。 「特殊なリプレイ入賞で内部状態がアップ!? 」 液晶に舞台移動!? の文字が発生したゲームで、上記のリプレイが入賞すれば高確以上濃厚だ。 【超高確(月夜城ステージ)のレア役はチャンス】 内部状態と強チェリー以外のレア役の種類に応じてCZを抽選。 強チェリーはCZ抽選をしないが、ART直撃に期待できる。 強チェリーなら必ず昇格する。 上位のCZほどポイントの獲得率や累計ポイントによるART期待度が高い。 「千年桜ゾーンは10pt到達で即告知」 千年桜ゾーン中のレア役成立時は最低でも5ptを獲得するため、レア役を2回引ければARTが確定(到達していない場合はポイントに応じて抽選)。 10pt到達時はリール下の桜ランプが点灯し、ARTを即告知する。 【参戦する武将は全部で4人】 武将はレア役で参戦抽選をおこない、当選時は参戦したうえで戦況メーターが少し回復する。 「武将ごとの効果」 [伊達政宗] 効果…リプレイの一部をベルリプレイに変換 [真田幸村] 効果…自軍攻撃時の撃破数が大幅にアップ [奥村助右衛門] 効果…敵軍の攻撃を防ぐ+戦況メーター回復 [直江兼続] 効果…自軍攻撃後に追加攻撃が発生 「武将の効果発動」 参戦している武将の効果は常に発動するわけではなく、抽選結果に応じて発動。 伊達ならリプレイ成立時の抽選に当選することで、ベルリプレイへ変換するといった流れとなる。 「セット継続時の参戦人数」 敵軍を全滅させた時の参戦人数が多いほど、城門突破演出で極突破が発生しやすくなる。 極突破=武功チャレンジGETだ。 大合戦ボーナス中は現在の状況と成立役に応じて各種抽選がおこなわれる。 状況は毎ゲーム変化する可能性があるので、自軍が劣勢の時などケースごとにチェックすると良いだろう。 「状況の項目」 ・戦況メーター ・武将モード(低確or高確) ・参戦武将人数 ・真田参戦の有無 ・発動可能な武将の有無 大合戦ボーナス開始時の7揃いのゲームで武将が参戦すれば当該セットは武将モードが高確。 発動可能な武将は、伊達・直江・奥村のいずれかが参戦かつ効果を発動していない状態を指す。 「各種抽選の特徴」 基本的に状況が劣勢であるほど、成立役による抽選値が優遇される。 もちろん、優位な状況でもレア役時は敵軍を多く減らせるチャンスとなる。 攻撃値1〜4の場合は、基本撃破数+加算ダメージ抽選の結果=撃破数となる。 攻撃値0は撃破数0、攻撃値5は特殊抽選で撃破数を算出する。 【シナリオでARTの展開が激変】 ART当選時に決定するシナリオは12種類あり、シナリオごとに15セット分のテーブル(0〜10)が存在。 テーブルごとに、敵軍兵力数やART終了関連(リプレイ3連時や本陣急襲)の抽選値などが異なるため、トータルの継続期待度が変化する。 「テーブルのおもな特徴」 基本的に上位のテーブルほど少ない敵軍兵力が選ばれやすく、武将参戦率も高い。 テーブル9は本陣急襲(ART終了のピンチ)時に終了抽選をしないので実質的にセット継続濃厚、テーブル10ならリプレイが3連しても戦況メーターが減算されないため継続濃厚となる。 継続期待度を管理するシナリオは12種類あり、各シナリオごとに15セット分のテーブルが存在する。 15セット継続できれば、天下無双モードに突入し、エンディングまで継続するぞ。 「ART中は小役で敵軍撃破を目指す」 テーブル(セット数)と成立役に応じた抽選で、敵軍をすべて撃破すれば継続。 リプレイを3連続で引くと戦況メーターが減り、0になると終了のピンチ(本陣急襲)となるため、いかにリプレイ以外を引けるかがロング継続の鍵だ。 [漢力=自軍の攻撃力] 自軍攻撃時の撃破数は、成立役と漢力(0〜2)を参照。 同じ小役でも、漢力が高いほど多く撃破できる可能性がアップする。 漢力は液晶左上に表示(0の時は表示ナシ)され、真田参戦時や小役などでアップすることがあるぞ。 [城門突破マップで継続期待度を示唆] 城門突破マップでは、当該セットを含む5セット分の継続期待度をパネルの色で示唆。 青<緑<赤の順に継続期待度が高い。 「セット継続時は城門突破演出が発生」 突破には通常と極突破の2つがあり、通常なら勝利の宴、極突破なら武功チャレンジへと移行する。 さらに、セット継続時なら勝利の宴以外が選ばれるため、よりセット数ストックに期待できる。 [武功チャレンジ経由の発展先] ・勝利の宴 継続ゲーム数…20G(初当り時)、10G(ART中) 消化中のレア役でセット数ストックの抽選をおこない、戦ロゴ出現でストック濃厚。 セット継続時は武功チャレンジ非発展時に移行する。 ・極当り 継続ゲーム数…20G 突入した時点でセット数ストックを1個以上獲得でき、消化中の小役でもストックを抽選。 獲得したストックは最終ゲームで表示される、戦ロゴの数で告知する。 ・天槍炎武 継続ゲーム数…1セット10G 全役でセット数ストックを抽選する、本機最強の特化ゾーン。 カットイン発生時にBARが揃った場合はストック濃厚、ゲーム数をすべて消化しても、セット継続する可能性がある。 「敵軍を大量撃破するおもな契機」 [悪鬼羅刹] 1セットの継続ゲーム数…10G 通常よりも多く敵軍を撃破できる状態で、撃破数はゲーム数をすべて消化したあとに告知。 終了後に復活すれば、10Gが再セット。 夢幻悪鬼羅刹なら敵軍を全滅させるまで継続する。 [無礼講チャンス] 本陣急襲後に発生する演出で、成功すれば一騎駆モードに突入する。 [武将参戦] おもにレア役で参戦抽選をおこない、当選すれば戦況が有利になる。 武将が参戦するごとに戦況メーターが回復するうえ、人数が多いほどセット継続時に極突破が発生しやすい。 「天下無双モード」 15セット継続後に突入し、戦況悪化によるART終了がない無敵状態。 セット継続時は必ず極当りとなり、エンディング発生まで継続する。 [エンディング] エンディングは最大100G継続し、専用のムービーが流れる。

次の

花の慶次 天を穿つ戦槍 天井・スペック・設定判別まとめ

花 の 慶次 天 を 穿つ 戦 槍 天井

花の慶次4戦槍 機種情報 機種情報 導入日 8月21日 メーカー ニューギン 導入台数 約20000台 タイプ ART機 純増 約2. はセットストック型のART。 ART中に繰り広げられる「戦」に勝利すれば継続! 成立役による敵軍への攻撃や 仲間武将参戦による形勢逆転など、 刻々と変化する戦場 ART に注目! 戦に勝利し「城門突破」すれば、抽選で 4タイプの特化ゾーンのどれかに突入。 歴代で最強の特化ゾーンだった「天武の極」に代わり 搭載された最強の特化ゾーン「天槍炎武」は 大量セットストック獲得必至!! 慶次らしい爆発力を兼ね備えた 3000枚規制前最後の「花の慶次」です。 ART終了画面 ART終了画面 示唆 主馬 次回通常B以上 慶次 「斬る! 全て斬る!! 」 次回天国準備以上 慶次キセル 次回天国確定 慶次の「斬る! すべて斬る! 「斬る! すべて斬る! 」で天国を否定すれば 一度捨てるのが無難です。 リリースしてから少しハマったり、 ART当選後〜87Gまでにやめられていれば 再度狙い目となりますね。 さて、パチスロ花の慶次シリーズは• 天に愛されし漢 2012年• これより我ら修羅に入る 2013年• 戦極めし傾奇者の宴 2015年• 天を穿つ戦槍 今作 天を穿つ戦槍 てんをうがついくさやり は パチスロ花の慶次のシリーズ4作目となります。 3作目は人気振るわず… 2作目はエナ機として優秀でした。 今作は仕様を見る限り、 爆発力はありそうです。 周期システムを採用する事でゾーン狙いに 期待できるかもしれない。 という点は 平常営業で稼働を付けるのに重要な要素かと。 北斗の拳と同様に、花の慶次シリーズも 完結してしまっている作品であるだけに、 パチスロではゲーム性がとても重要です。 モード・周期管理が打ち手に どのような影響を与えるのか。 どの程度売れてるのかは知りませんが…。 規制前にドンと売り出しておきたい 思惑もあるでしょうし、5. 9号機の時代に入ると 神台に見えてくる魔法が… 笑.

次の