あつ森 花 交配表。 【あつ森】花の交配のやり方と注意点【あつまれどうぶつの森】

【あつ森】花の交配表一覧と効率的に増やすコツ

あつ森 花 交配表

花を育てるときの基本• 2つを並べるor2つナナメに配置する• 水をやる• 1日に交配で咲く花の数は決まっている(ようだ)ので、管理されていないもともと咲いている花も移し替えるor交配できないようにマイデザを土に敷いたり島クリエイターの舗装された道で囲っておく。 たぬき商店ですべての花は入手できる アネモネの交配表 デフォルト 白・赤・黄 交配させてできる色 青・ピンク・紫 アネモネの交配配置図とやり方• 白を中心からXに配置する• オレンジと赤を中心からXに配置する• 青ができたら、青とピンク(もしくは赤)を中心からXに配置する• (紫の確率がどれも6. google. アネモネは黄色ではなく、オレンジなので、OOとかooで表記されています。 離島産のピンクは遺伝子がよくわからない系で、青はわかっていて、紫ができない人は、離島産の青でやるといいかもね、と書いてありまする。

次の

【あつ森】花の交配に挑戦したら、マイル旅行先が夢の中みたいになったw

あつ森 花 交配表

水やり後の元気な花同士であること• 同じ種類の花同士であること• 側に並べる 隣り同士なら確実 水やりは絶対に欠かせませんが、元気な花全部に水をやると非効率なので、しおれている花と、交配させたい花に ピンポイントで水やりしましょう。 また、雨や雪が降ると水やりしたのと同じ効果を得ることができます。 自然の花と種から育てた花 花は1つ1つ「 色情報」を持っています。 遺伝子みたいものですね。 種から育てた花は色情報がハッキリしているので、交配予想が立てやすいですが、自然の花はどんな色情報を持っているか不明なので、交配の結果が予想とは異なる場合があります。 交配用の花壇づくり 花壇を作る際は、上記の情報を踏まえて、区別がつくよう自然の花と種から育てた花を分けておくのを推奨します。 また、花を二列以上に並べる時は、間引きしてスペースを空けるなど、工夫を。 交配の花が咲くためのスペース、ジョウロでの水やりのしやすさを考えた花壇づくりがおすすめです。 なお、砂浜に種をまいても、花は育ちません。 レア花が咲く離島ツアーを利用 島の飛行場から離島ツアーをすると、確率で、交配の花だけが咲いているレアな離島に着くことがあります。 離島ツアーで入手できる交配の花は、島ごとに決まっているようなので、島と離島で入手できない花は「お出かけ 通信 」をして誰かに分けてもらうのが確実です。 おすすめ交配早見表 交配でしか咲かない色の花の交配例を表にしています。 交配には、自生している花、または種から育てた花を使用しますが、種から育てた花を使う方が、結果をコントロールしやすいです。 金色のバラは金のジョウロを使います。 環境が最高の状態の時に咲く。 ラフレシア 村の環境が酷すぎる状態の時に咲く。 交配することも抜くこともできない。 環境が改善されるとしおれて、翌日消えてしまう。 タンポポ 雪が積もっていない日に咲くことがある。 交配できず、しおれないが、時間経過で「タンポポのわたげ」に変化する。 タンポポのわたげ 摘んで身に付けたり、Aボタンで息を吹いて綿毛を飛ばすことができる。 触らず放置していると数日でなくなる。 金のバラ 交配で作った黒いバラがしおれたときに、きんのジョウロで水をやると、翌日に金のバラに変化する。 しおれないが交配不可。 以上、 花の交配ルールまとめでした。 ゲーム開始後はいろいろ実験して交配情報を更新していきます。

次の

花の交配表一覧[裏技・攻略情報]

あつ森 花 交配表

花はそれぞれ遺伝子情報を持っている。 遺伝子情報から花の種類が決まり、同じ種類の花でも遺伝子が異なる場合がある。 今作は1日に繁殖できる花の数に上限はありません。 遺伝子情報と繁殖の仕組み• 画像は白色成分のみの例ですが、全ての成分が同じように組み合わせて抽選されます。 繁殖過程• 水やり判定• 繁殖判定• 交配判定• 繁殖 水やり判定 繁殖は「水やり」または「雨」が降っていないと行われません。 確認が取れた花のみ次の判定に進みます。 繁殖判定 繁殖に失敗した日数が増えるほど基礎確率が上がります。 繁殖するか掘り起こすと0日に戻ります。 また水やりをしてくれた他島民の人数が増えるほど繁殖率が増えます。 周囲8マス• 同種の花• 水やり済み• 未交配 を満たす花から抽選されます。 満たす花が1つもない場合は自己繁殖になります。 離島の花• 離島で見つかる花の遺伝子情報は固定。 種がある色は種と同じ遺伝子情報。 種がない色はを参照。 表の見方• 表の見出し(1行目)をタップするとその項目を基準に並べ替えできます。 そのため、自己増殖の危険性が植え方により異なってきます。 例えば上の場合、真ん中の白は確実に交配対象になるので、黄色に自己増殖の可能性が出てきます。 もしこの交配方法でほしいのが黄色の場合、自己増殖と見分けがつかないのでまずいでしょう。 逆に、欲しい色が白ならば、下の植え方をすると白に自己増殖の可能性が生じるのでまずいです。 おそらく種白と種黃からは交配白がほしいのだと思われますので、上の植え方をしたほうがよいということになります。 ただ、そういう理論が面倒な場合、クロス植えではなくペア植えのほうがいいと思います。 ここで尋ねるのは適切ではないのかもしれませんが… 青バラの交配を目指す過程で、特定の色の花を増殖させたいことがあります。 例えば紫11-00-00-00苗が、2株あるとします。 その他の条件としては、水やりはA, Bどちらも毎日、自分のみが行います。 言い換えるならば、交配が行われる一回あたりの確率と、自己増殖する確率とを比べ、交配が行われる確率が自己増殖する確率の2倍あるなら、交配をする方がよいと考えております。 どこを調べても答えが出ませんので、ご存知のかた、ご教授願えませんか。 それか、体感ではこっちの方が早いよ!的なアドバイスでも構いません。 また、私の考え方におかしな点がありましたら、ご指摘お願いします。 返答ありがとうございます。 交配時に2株ともリセットされるなら、 そうですよね、このリセットの仕組みがポイントになりそうですね…。 交配時、水やりで上がった繁殖率が、2株とも減るのか、片方はそのままなのか、気になるところですが、2株とも繁殖率が元に戻るのであれば、Aは、Bの二倍の時間がかかるでしょうし、これほどまで差が出るのなら素人の私でも検証できそうです。 もし、交配する株のうち一株しか繁殖率が元に戻らないとしても、AとBで差がなは出なさそうなので、とりあえず自己増殖の方法を選ぶことにします。 本当に困っておりましたので、助かりました。 丁寧なご説明ありがとうございました。

次の