重力 加速度 緯度。 天びん豆知識 緯度による重力差に起因する誤差について|島津製作所の天びん(天秤)・はかり : 株式会社島津製作所

重力加速度

重力 加速度 緯度

地球の重力(ちきゅうのじゅうりょく)は、が地表の上または近くにある物体に及ぼすである。 では、毎秒毎秒または毎で測定される。 この量は、小文字の gで表されることがある(一方、は大文字の Gで表される)。 しかし、正味の加速度には、のような他の要因も寄与する。 地球の重力の正確な強さは、場所によって変わる。 として知られる地表の名目上の平均値は、9. gの記号は、を表す記号gと混同しやすいが、こちらは斜体にならない。 重力の差異と見かけの重力 [ ] 完全な球形で均一な密度(または中心からの距離のみに比例して密度が変化)の場合、は地表上の全ての点で均一な大きさで、常に球の中心を向く。 しかし、地球はこの理想的な球とは若干異なっており、その表面上で、重力の大きさや方向はかなり差異が生じている。 さらに、「実効重力」や「見かけの重力」と呼ばれる、地球が物体に及ぼす正味の力は、地球の自転への内部の応答等、様々な要因によっても変化する。 鉛直によってこの実効重力を測定することができる。 地球の実効重力の強さに影響を与える要素には、、、当該地点の地形、地質等がある。 地表の見かけの重力は、のの9. 大都市では、や、の9. 緯度 [ ] の周りの重力の変動 地球の表面は回転しており、そのためではない。 付近の緯度では、地球の自転によって生じる外向きのは、極付近の緯度よりも大きい。 この力は、地球の重力を赤道付近で最大0. 緯度によって重力が異なる2番目の原因は、地球の赤道付近の膨らみにより、赤道上の物体の方が地球の中心からの距離が遠くなる効果である。 この力は、2つの物体の間のに由来するため、その間のし、赤道上の物体は、極の物体よりも重力に引かれる力が弱くなる。 これらの効果により、海面の重力加速度は、赤道付近で9. 同じ2つの要因は、実効重力の方向にも影響を与える。 赤道からも極からも離れた場所では、実効重力の方向は正確に地球の中心を指さず、いくらか反対側の極を向いたの表面に垂直な方向を指す。 この偏移の約半分は慣性のせいであり、もう半分は赤道の余分な質量のために真の重力の方向が変化しているせいである。 高度 [ ] 重力と物体の高さの関係について示すグラフ 高度が高くなると地球の中心からの距離が離れるため、重力は高度が上がるにつれて減少する。 他の条件が全て同じであれば、海面高から高度9,000 mまで上ると、重量は約0. これにより、高度9,000 mではヒトの体重は約0. 軌道上のは、地球の重力から「逃げる」のに十分高い高度を飛行しているためであるという良くある誤解がある。 無重力は、実際は軌道上の物体が自由落下していることに由来する。 地面の隆起の効果は、地面の密度に依存する。 山脈の上空3万フィートを飛行する者は、同じ高さの海面上を飛行する者と比べてより大きい重力がかかる。 しかし、地表に立っている者は、高度が上がるほど小さい重力がかかる。 以下の公式は、高度によるおおよその地球の重力の変化を表すものである。 この公式は、地球を半径に沿って質量が対称に分布する完全な球として扱っている。 さらに正確な数学的取扱いについては下記で述べる。 深度 [ ] 地球のおおよその密度の深度依存は、質量はに分布する(深度のみに依存し、緯度や経度には関係しない)と仮定することで得られる。 このような天体の場合、重力加速度は中心に向かう。 中心から距離 rの地点の重力は、半径 rの球内部の質量のみに依存し、外部からの全ての寄与は相殺される。 これは重力のの帰結である。 また、全ての質量が地球の中心に集まっていた場合は、重力は同一となるという帰結も得られる。 ここで Gは重力定数、 M r は半径 rの球内部の合計質量である。 の到達時間によって推測できる密度と重力の真の深度依存は、以下のグラフで示される。 Preliminary Reference Earth Model PREM による地球の重力 局地的な地形や地質 [ ] 山脈の存在等の局地的な地形の差異や、付近の岩の密度等の局地的な地質の差異は、地球の重力場の変動の要因となり、これはとして知られる。 これらの異常の一部は非常に広範囲になることがあり、海面を膨らませたり振り子時計を狂わせたりすることがある。 これらの重力異常の研究は、重力の基礎となった。 変動は高感度の重力計で計測され、地形やその他の既知の要因の効果を除外し、その結果のデータから結論が出される。 このような技術は現在、原油や鉱物を探す採鉱者によって用いられている。 しばしば鉱石を含んでいる密度の大きい岩は、通常の地表よりも重力場が高くなる。 密度の小さいの場合はその逆である。 その他の要因 [ ] 空中では、物体には浮力がかかり、見かけの重力の強さを減少させる。 この効果の大きさは、空気の密度(即ち)に依存する。 2 mGal 程度の変化である。 都市ごとの重力の比較 [ ] 以下の表は、世界中の様々な都市での重力加速度を示す。 掲載された都市の中で、最も低いのはメキシコシティ 9. 817 9. 826 9. 800 9. 799 9. 780 9. 815 9. 797 9. 785 9. 796 9. 804 9. 821 9. 798 9. 814 9. 786 9. 825 9. 785 9. 808 9. 777 9. 776 9. 792 9. 801 9. 816 9. 796 9. 800 9. 780 9. 776 9. 809 9. 802 9. 797 9. 825 9. 806 9. 809 9. 788 9. 803 9. 825 9. 811 9. 776 9. 804 9. 818 9. 797 9. 790 9. 798 9. 809 9. 801 9. 803 9. 方程式や方程式とも呼ばれる。 この式は、以下のように書くこともできる。 8061999-0. 万有引力の法則からの gの推定 [ ] から、質量 m 2の物体に働く地球の重力 Fは以下の式で与えられる。 さらに、運動方程式より以下のように書ける。 誤差は、上述したいくつかの因子によるものである。 この計算で用いた m 1と rの値にはかなりの誤差があり、 Gの値も正確に測定するのはかなり難しい。 逆に G、 g、 rの値が既知であれば、地球の質量 m 1が推定できる。 この方法は、によって用いられた。 地球、太陽、月、惑星の重力の比較 [ ] 下の表は、太陽、月、のそれぞれの、その主要な、、の表面における重力加速度を比較している。 (、、、)の場合、「表面」は、雲頂を意味している。 太陽の場合、「表面」はを意味している。 この表の中の値は、惑星の自転による効果や木星型惑星の雲頂の風の速度を考慮したものではなく、したがって、一般的に言えば極付近での真の重力に近い値である。 参考として、物体が100 m落下する時間とその時の速度が示されている。 空気抵抗は無視している。 90 274. 1 0. 3770 3. 703 7. 9032 8. 872 4. 8067 4. 1655 1. 625 11. 3895 3. 728 7. 640 25. 93 2. 182 1. 789 10. 134 1. 314 12. 145 1. 426 11. 126 1. 24 12. 139 11. 19 4. 138 1. 3455 12. 917 9. 01 4. 039 0. 379 23. 035 0. 347 24. 148 11. 28 4. 079 0. 779 16. 0621 0. 610 18. 0814 約0. 8 15. Bureau International des Poids et Mesures 2006. The International System of Units SI. 8th ed. 2009年11月25日閲覧。. National Institute For Standards and Technology USA 2004年9月. 2009年11月25日閲覧。 Hirt,Claessens et. 2013年8月6日. Geophysical Research Letters DOI: 10. 50838. 2013年12月18日閲覧。 Boynton, Richard 2001. Arlington, Texas: S. , Inc. 2007年1月21日閲覧。 , Cornell University, retrieved June 2007• , National Physical Laboratory FAQ• , NASA, see "Editor's note 2"• Tipler, Paul A. 1999. Physics for scientists and engineers. 4th ed. New York: W. 336—337. Dziewonski, D. Anderson 1981. Physics of the Earth and Planetary Interiors 25 4 : 297-356. の2013年11月13日時点におけるアーカイブ。 WolframAlpha• 外部リンク [ ]•

次の

重力加速度とは?仕組みを分かりやすく図解!

重力 加速度 緯度

地球の重力(ちきゅうのじゅうりょく)は、が地表の上または近くにある物体に及ぼすである。 では、毎秒毎秒または毎で測定される。 この量は、小文字の gで表されることがある(一方、は大文字の Gで表される)。 しかし、正味の加速度には、のような他の要因も寄与する。 地球の重力の正確な強さは、場所によって変わる。 として知られる地表の名目上の平均値は、9. gの記号は、を表す記号gと混同しやすいが、こちらは斜体にならない。 重力の差異と見かけの重力 [ ] 完全な球形で均一な密度(または中心からの距離のみに比例して密度が変化)の場合、は地表上の全ての点で均一な大きさで、常に球の中心を向く。 しかし、地球はこの理想的な球とは若干異なっており、その表面上で、重力の大きさや方向はかなり差異が生じている。 さらに、「実効重力」や「見かけの重力」と呼ばれる、地球が物体に及ぼす正味の力は、地球の自転への内部の応答等、様々な要因によっても変化する。 鉛直によってこの実効重力を測定することができる。 地球の実効重力の強さに影響を与える要素には、、、当該地点の地形、地質等がある。 地表の見かけの重力は、のの9. 大都市では、や、の9. 緯度 [ ] の周りの重力の変動 地球の表面は回転しており、そのためではない。 付近の緯度では、地球の自転によって生じる外向きのは、極付近の緯度よりも大きい。 この力は、地球の重力を赤道付近で最大0. 緯度によって重力が異なる2番目の原因は、地球の赤道付近の膨らみにより、赤道上の物体の方が地球の中心からの距離が遠くなる効果である。 この力は、2つの物体の間のに由来するため、その間のし、赤道上の物体は、極の物体よりも重力に引かれる力が弱くなる。 これらの効果により、海面の重力加速度は、赤道付近で9. 同じ2つの要因は、実効重力の方向にも影響を与える。 赤道からも極からも離れた場所では、実効重力の方向は正確に地球の中心を指さず、いくらか反対側の極を向いたの表面に垂直な方向を指す。 この偏移の約半分は慣性のせいであり、もう半分は赤道の余分な質量のために真の重力の方向が変化しているせいである。 高度 [ ] 重力と物体の高さの関係について示すグラフ 高度が高くなると地球の中心からの距離が離れるため、重力は高度が上がるにつれて減少する。 他の条件が全て同じであれば、海面高から高度9,000 mまで上ると、重量は約0. これにより、高度9,000 mではヒトの体重は約0. 軌道上のは、地球の重力から「逃げる」のに十分高い高度を飛行しているためであるという良くある誤解がある。 無重力は、実際は軌道上の物体が自由落下していることに由来する。 地面の隆起の効果は、地面の密度に依存する。 山脈の上空3万フィートを飛行する者は、同じ高さの海面上を飛行する者と比べてより大きい重力がかかる。 しかし、地表に立っている者は、高度が上がるほど小さい重力がかかる。 以下の公式は、高度によるおおよその地球の重力の変化を表すものである。 この公式は、地球を半径に沿って質量が対称に分布する完全な球として扱っている。 さらに正確な数学的取扱いについては下記で述べる。 深度 [ ] 地球のおおよその密度の深度依存は、質量はに分布する(深度のみに依存し、緯度や経度には関係しない)と仮定することで得られる。 このような天体の場合、重力加速度は中心に向かう。 中心から距離 rの地点の重力は、半径 rの球内部の質量のみに依存し、外部からの全ての寄与は相殺される。 これは重力のの帰結である。 また、全ての質量が地球の中心に集まっていた場合は、重力は同一となるという帰結も得られる。 ここで Gは重力定数、 M r は半径 rの球内部の合計質量である。 の到達時間によって推測できる密度と重力の真の深度依存は、以下のグラフで示される。 Preliminary Reference Earth Model PREM による地球の重力 局地的な地形や地質 [ ] 山脈の存在等の局地的な地形の差異や、付近の岩の密度等の局地的な地質の差異は、地球の重力場の変動の要因となり、これはとして知られる。 これらの異常の一部は非常に広範囲になることがあり、海面を膨らませたり振り子時計を狂わせたりすることがある。 これらの重力異常の研究は、重力の基礎となった。 変動は高感度の重力計で計測され、地形やその他の既知の要因の効果を除外し、その結果のデータから結論が出される。 このような技術は現在、原油や鉱物を探す採鉱者によって用いられている。 しばしば鉱石を含んでいる密度の大きい岩は、通常の地表よりも重力場が高くなる。 密度の小さいの場合はその逆である。 その他の要因 [ ] 空中では、物体には浮力がかかり、見かけの重力の強さを減少させる。 この効果の大きさは、空気の密度(即ち)に依存する。 2 mGal 程度の変化である。 都市ごとの重力の比較 [ ] 以下の表は、世界中の様々な都市での重力加速度を示す。 掲載された都市の中で、最も低いのはメキシコシティ 9. 817 9. 826 9. 800 9. 799 9. 780 9. 815 9. 797 9. 785 9. 796 9. 804 9. 821 9. 798 9. 814 9. 786 9. 825 9. 785 9. 808 9. 777 9. 776 9. 792 9. 801 9. 816 9. 796 9. 800 9. 780 9. 776 9. 809 9. 802 9. 797 9. 825 9. 806 9. 809 9. 788 9. 803 9. 825 9. 811 9. 776 9. 804 9. 818 9. 797 9. 790 9. 798 9. 809 9. 801 9. 803 9. 方程式や方程式とも呼ばれる。 この式は、以下のように書くこともできる。 8061999-0. 万有引力の法則からの gの推定 [ ] から、質量 m 2の物体に働く地球の重力 Fは以下の式で与えられる。 さらに、運動方程式より以下のように書ける。 誤差は、上述したいくつかの因子によるものである。 この計算で用いた m 1と rの値にはかなりの誤差があり、 Gの値も正確に測定するのはかなり難しい。 逆に G、 g、 rの値が既知であれば、地球の質量 m 1が推定できる。 この方法は、によって用いられた。 地球、太陽、月、惑星の重力の比較 [ ] 下の表は、太陽、月、のそれぞれの、その主要な、、の表面における重力加速度を比較している。 (、、、)の場合、「表面」は、雲頂を意味している。 太陽の場合、「表面」はを意味している。 この表の中の値は、惑星の自転による効果や木星型惑星の雲頂の風の速度を考慮したものではなく、したがって、一般的に言えば極付近での真の重力に近い値である。 参考として、物体が100 m落下する時間とその時の速度が示されている。 空気抵抗は無視している。 90 274. 1 0. 3770 3. 703 7. 9032 8. 872 4. 8067 4. 1655 1. 625 11. 3895 3. 728 7. 640 25. 93 2. 182 1. 789 10. 134 1. 314 12. 145 1. 426 11. 126 1. 24 12. 139 11. 19 4. 138 1. 3455 12. 917 9. 01 4. 039 0. 379 23. 035 0. 347 24. 148 11. 28 4. 079 0. 779 16. 0621 0. 610 18. 0814 約0. 8 15. Bureau International des Poids et Mesures 2006. The International System of Units SI. 8th ed. 2009年11月25日閲覧。. National Institute For Standards and Technology USA 2004年9月. 2009年11月25日閲覧。 Hirt,Claessens et. 2013年8月6日. Geophysical Research Letters DOI: 10. 50838. 2013年12月18日閲覧。 Boynton, Richard 2001. Arlington, Texas: S. , Inc. 2007年1月21日閲覧。 , Cornell University, retrieved June 2007• , National Physical Laboratory FAQ• , NASA, see "Editor's note 2"• Tipler, Paul A. 1999. Physics for scientists and engineers. 4th ed. New York: W. 336—337. Dziewonski, D. Anderson 1981. Physics of the Earth and Planetary Interiors 25 4 : 297-356. の2013年11月13日時点におけるアーカイブ。 WolframAlpha• 外部リンク [ ]•

次の

地球引力

重力 加速度 緯度

此條目 可能包含或。 2013年11月8日 请协助添加参考资料以。 详细情况请参见。 地球引力或 地球重力是因本身的-而自然具有的。 地球表面 的表示符号為 g,近似地等于每平方秒9. 8米或每平方秒32英尺,意即當忽略時,一物體在地球上「自由下落」或雙方「距離接近」的為9. 簡而言之,一靜止物體下落一秒整後的移動速率為9. 8 ,兩秒後為19. 而地球本身也受到下落物體等值的吸引力加速,也就是說地球會朝著下落物體的方向加速移動,但因遠遠大於下落物的質量,所以下落物對地球的作用力極小(值趨近零)。 前人將 地球引力誤稱為「 地心引力」,但這在學術上是不正確的,因而和上並沒有此說法與用詞,因為此引力並非僅僅來自於,而是「整個地球」-即「、、所共同的星系」都有引力。 數值 [ ] 非重力加速度和重力加速度有相似的單位。 非重力加速度通常用於加速物體上如或是,常以 g的倍數來表示。 用於單位時, g常被誤認為單位g。 重力加速度之值依不同地點的海拔高度和緯度而異。 重力加速度与月球质量有关,地球质量加月球质量,才形成地球重力,没有月球重力就不是9. 78033,而重力加速度也与月球质量有关。 重力加速度的单位也应当是"N. S" 牛顿N kg. 78033 N. S 2,在北極則約為9. 83N. S 2。 (由於地球自轉所產生的離心力所影響,一般來說在同一海拔高度下,位於赤道的重力加速度最小,而處於兩極的重力加速度則最大。 ) 在1935年之前取重力加速度 g 為 9. 1935年後,WMO以緯度45的海平面作基準,取 g 為 9. (可寫為g 45) 不過由於測量技術的進步,g 45 的數值已不是 9. 80665 kg. 542 處的重力加速度為 g 的基準值,也就是一般M. S制單位。 重力加速度的單位是和每秒平方反比或是使用制中的重力梯度單位。 當要精確測量 g,重力的「真實」強度與「外觀」強度之間的分別變得重要。 地球與太陽系其他星球的引力比較 [ ] 下表列出以地球作為引力標準,各太陽系行星的引力比例 星球 倍數 27. 9 0. 37 0. 98 1(定義為標準) 0. 16 0. 38 2. 64 1. 15 0. 93 1. 22 參見 [ ]• 相關電影 [ ] 外部链接 [ ]• 《》, MJ Mahoney, Oct 22, 2001.

次の