黒イタチ。 【ナルコレ】うちはイタチ[闇幻の玲瞳]の評価とスキル・ステータスの詳細

イタチの生態・被害

黒イタチ

形態 [ ] 大陸に分布するクロテンは頭胴長50cm、尾長17cm、体重1. 5kgになる。 体毛は灰色から黒褐色。 と外見的には、胸にオレンジ色または褐色の斑紋がないこと、尾が短いことで区別される。 亜種エゾクロテンは、頭胴長35-40cm、尾長12-14cm、体重0. 7-1kgと大陸産のものより小型である。 またエゾクロテンの体毛は冬にベージュ色となるものが多い。 生態 [ ] 耕作地周辺を含む森林に生息する。 樹上で活動することも多いが、地上の動物を捕食するためなどの理由で地上も頻繁に利用する。 小型脊椎動物、昆虫、果実を食べる。 積雪期には雪と地表の隙間に入り、野ネズミなどを捕食する。 ユキウサギなど、自分より大型のものを捕食することもある。 移入問題 [ ] クロテンと近縁種である Martes melampus が1940年代に本州から北海道に移入されており、エゾクロテンの分布していない北海道中央部以西、以南に分布しており、競合やなどエゾクロテンへの影響が懸念されている。 人間との関係 [ ] 非常に古くから高級なを持つ動物として知られてきた。 なお毛皮動物としての本種は、クロテンより英名をそのまま読んだ セーブルの名で呼ばれることが多い。 日本では平安時代から高級毛皮として知られており、から輸入され皇族や貴族に愛用された。 『』の『』にも、当時の若い女性には珍しく本種の毛皮を着用していた旨の記述がある。 近代に至り、中国でが興ると、同王朝発祥の地がかつて渤海のあった地であったこともあって、日本同様皇族や高官の間で珍重されるようになる。 また交易品として江戸時代の日本に北海道のを通じて輸出され、乱獲されるようになる。 やがてアイヌは本種の毛皮を求めてやへ進出するようになる。 またこの頃になるとの進出が本格化し、得られた毛皮がヨーロッパ各国へ輸出されもてはやされた。 こうしたロシアの東方征服の歴史と共に、クロテンの捕獲圧も東方に進み、さらに個体数を大きく減らしてきた歴史を持つ。 現在でもシベリア産のクロテンの毛皮は毛皮の中の最高級品ロシアンセーブルとして知られる。 北海道に生息するエゾクロテンも初期には全域に分布していたが、乱獲されて減少しが危惧されたため、1920年(大正9年)に禁猟となった。 ただし、エゾクロテンの毛皮は大陸産の毛皮に比べると毛色が悪く品質は低かった。 参考文献 [ ]• 米田政明 阿部 永 監修 『改訂2版 日本の哺乳類』 東海大学出版会、2008年 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

048 英卓、黒イタチより白麗を奪還する・2

黒イタチ

チョウセンイタチ イタチ( 鼬、鼬鼠)とは、(食肉目) クマ下目 イタチ属 Mustela に含まれる哺乳類の総称である。 、、、などがイタチ属に分類される。 として人気のあるもイタチ属である。 なお、「イタチ」の語は元来、日本に広く棲息する ニホンイタチ Mustela itatsi を特に指す語であり、現在も、形態や生態のよく似た近縁のチョウセンイタチ M. sibirica coreana を含みながら、この狭い意味で用いられることが多い。 また、広義にはイタチ亜科(あるいはイタチ科)の動物全般を指すこともあるが(イタチ亜科の場合、やなどの仲間も含まれる)、ここではイタチ属のイタチ類について記す。 直立したイイズナ イタチ属の動物は、しなやかで細長い胴体に短い四肢をもち、鼻先がとがった顔には丸く小さな耳がある。 多くの種が体重2kg以下で、ネコ目(食肉類)の中でも最も小柄なグループである。 中でもイイズナ Mustela nivalis はネコ目中最小の種であり、体重はアメリカイイズナ M. rixosa で30-70g、ニホンイイズナ M. namiyei で25-250gである。 イタチ類は、オスに比べメスが極端に小柄であることでも知られ、この傾向は小型の種ほど顕著である。 メスの体重は、たとえば前述のアメリカイイズナやチョウセンイタチ M. coreana ではオスの半分、ニホンイタチではオスの3分の1である。 小柄な体格ながら、非常に凶暴な肉食獣であり、小型のやはもとより、自分よりも大きなやなども単独で捕食する。 反対にイタチを捕食する天敵は・・と言ったとである。 水辺を好み、泳ぐのも上手い。 種 [ ] イタチ属は、19世紀半ばにした(ウミミンク)を除き、16ないし18種が現生する。 フェレット Mustela furo はヨーロッパケナガイタチ M. putorius の亜種 M. furo とされることもあるが、頭骨にステップケナガイタチ M. putorius に似た特徴がある。 また、ニホンイタチ M. itatsi はシベリアイタチの亜種とされることがある。 Mustela altaica• erminea• frenata• kathiah• nivalis• (、) M. sibirica,• ( M. itatsi M. itatsi )• strigidorsa• nudipes• vison,• (ウミミンク) M. macrodon (絶滅)• lutreola,• putorius, , Black sable• ( M. furo M. furo )• eversmanni• () M. nigripes• africana• felipei 日本に棲息するイタチ属 [ ] チョウセンイタチの顔 イタチ属 Mustela に属する動物は、日本には5種8亜種が棲息する。 このうち、 アメリカミンクはであり、に限れば4種7亜種となる。 比較的大型のイタチ類( ニホンイタチ、 コイタチ、 チョウセンイタチ)に対して、高山部にしか分布しないイイズナ( キタイイズナ、 ニホンイイズナ)とオコジョ( エゾオコジョ、 ホンドオコジョ)はずっと小型であり、特に、ユーラシア北部から北米まで広く分布するイイズナは、最小の食肉類でもある。 4種の在来種(ニホンイタチ、チョウセンイタチ(自然分布はのみ)、イイズナ、オコジョ)のうち、ニホンイタチ(亜種コイタチを含む)は日本固有種であるが、前述のように(チョウセンイタチと同じく)大陸に分布するシベリアイタチの亜種とされることもある。 また、亜種のレベルでは、本州高山部に分布するニホンイイズナとホンドオコジョが日本固有亜種であり、これにチョウセンイタチとエゾオコジョを加えた4亜種は、のでNT(準絶滅危惧)に指定されている。 外来種問題に関わるものとしては、西日本では国内移入亜種のチョウセンイタチが在来種のニホンイタチを、北海道では国内外来種のニホンイタチと外来種のアメリカミンクが在来亜種のエゾオコジョを、一部の部では類などの駆除のために移入されたニホンイタチが在来動物を、それぞれ圧迫している。 日本のイタチ一覧 [ ]• ニホンイタチ( イタチ) Mustela itatsi 【北海道・本州・四国・九州・南西諸島/日本固有種】 シベリアイタチの亜種とされることもある。 北海道・南西諸島などでは国内外来種。 西日本ではチョウセンイタチに圧迫され、棲息域を山間部に限られつつある一方で、移入先のなどでは、在来動物を圧迫している。 ・の個体群は、亜種 コイタチ M. sho として区別される。 (シベリアイタチ(タイリクイタチ、チョウセンイタチ) M. sibirica , Kolinsky)• シベリアイタチ(コリンスキー レッドセーブル、コリンスキーセーブル、レッドセーブル、シベリアン ファイアセーブル)の尾毛は、画筆や書筆の高級原毛として使われる。 弾力がありしなやかで、揃いが良く、高価。 チョウセンイタチ(亜種) M. coreana 【本州西部・四国・九州・対馬】 対馬には自然分布、それ以外では外来種。 ニホンイタチより大型。 西日本から分布を広げつつあり、ニホンイタチを圧迫している可能性がある。 (イイズナ M. nivalis)• キタイイズナ(亜種、 コエゾイタチ) M. nivalis 【北海道】 大陸に分布するものと同じ亜種。 ニホンイイズナ(亜種) M. namiyei 【青森県・岩手県・山形県?/日本固有亜種】 キタイイズナより小型であり、日本最小の食肉類である。 (オコジョ M. erminea)• エゾオコジョ(亜種、 エゾイタチ) M. orientalis 【北海道】 日本以外では、千島・サハリン・ロシア沿海地域に分布。 平地では国内外来種のニホンイタチ・外来種のミンクの圧迫により姿を消す。 ホンドオコジョ(亜種、 ヤマイタチ) M. nippon 【本州中部地方以北/日本固有亜種】• アメリカミンク( ミンク) M. vison 【北海道】 北米原産の外来種。 毛皮のために飼育されていたものが、1960年代から北海道で野生化した。 平地でエゾオコジョ・ニホンイタチを圧迫している。 養魚場等にも被害がある。 利用 [ ] イタチの毛皮は衣類、日用品などに利用されてきた。 ミンクは高級品として、ファーなどの大型の衣類製造にも用いられる。 イタチの毛を使った毛筆は高級品とされる。 価格を抑えるために、中心の長い部分だけにイタチの毛を使う場合もある。 伝承 [ ] 『』より「鼬」 日本古来からイタチは視され、様々な怪異を起こすものといわれていた。 江戸時代の百科辞典『』によれば、イタチの群れは火災を引き起こすとあり、イタチの鳴き声は不吉の前触れともされている。 ではイタチの群れの騒いでいる音を、6人で臼を搗く音に似ているとして「鼬の六人搗き」と呼び、家が衰える、または栄える前兆という。 人がこの音を追って行くと、音は止まるという。 またやと同様に化けるともいわれ、やに伝わる妖怪・はイタチの化けたものとされているほか、や小坊主に化けるという。 の画集『』にも「鼬」と題した絵が描かれているが、読みは「いたち」ではなく「」であり 、イタチが数百歳を経て魔力を持つ妖怪となったものがテンとされている。 別説ではイタチが数百歳を経るとになるともいう。 イタチを黒焼にして飲めば、こわばりなどに良いという伝承が長野県にある。 かまいたち [ ] 詳細は「」を参照 イタチにまつわる言葉 [ ]• - 堂々めぐりで物事が全くはかどらないこと。 いたちの最後っ屁 - 追い詰められたときの最後のあがきのこと。 いたちの道切り - イタチは同じ道を通らないと信じられ、イタチが目の前を横切ると別れの不吉な予兆とされた。 いたちの御幸道(ごこうみち)• 関東・神奈川県近郊の戯れ歌に「痛きゃイタチの糞つけて、三年つけてつけ飽きろ」というのがある。 イタチの糞に薬効があるのかどうかは不明。 「痛い」に「イタ(チ)」という言葉をかけた言葉遊びと思われる。 - 「逃げ口上」の意。 イタチが卵の中身を吸った後、卵を何事もなかったように見せかけるといわれることから 脚注 [ ] [].

次の

048 英卓、黒イタチより白麗を奪還する・2

黒イタチ

イタチが出てくる夢• イタチに噛まれる夢• イタチに囲まれる夢• イタチが甘えてくる夢• イタチが出産する夢• イタチが死ぬ夢• イタチの死骸を見る夢• 白いイタチを見る夢• イタチが近づいてくる夢• イタチに屁をこかれる夢• イタチを可愛がる夢• イタチを捕まえる夢• イタチを逃がす夢• まとめ 1. イタチが出てくる夢 イタチは可愛らしい姿をしていることから夢の中に出てきても、そんなに不快な思いをする人は少ないと思います。 イタチが出てくる夢はあなたが周り人に対する信頼の欠如を表しているでしょう。 夢占いではイタチは陰湿な出来事の象徴をしています。 そのことからあなたが暴力的な気持ちが高まっていることを示しています。 また他人をだましたり蹴落としてやろうという気持ちもあることを暗示しています。 このような気持ちを持っていたままでは近いうちにあなたにとってよくないことが起きる可能性が高いと考えられるでしょう。 もし今あなたの中にそういった暴力的な気持ちがあるのなら、今すぐ払拭しないといけません。 イタチが出てくる夢 イタチは可愛らしい姿をしていることから夢の中に出てきても、そんなに不快な思いをする人は少ないと思います。 イタチが出てくる夢はあなたが周り人に対する信頼の欠如を表しているでしょう。 夢占いではイタチは陰湿な出来事の象徴をしています。 そのことからあなたが暴力的な気持ちが高まっていることを示しています。 また他人をだましたり蹴落としてやろうという気持ちもあることを暗示しています。 このような気持ちを持っていたままでは近いうちにあなたにとってよくないことが起きる可能性が高いと考えられるでしょう。 もし今あなたの中にそういった暴力的な気持ちがあるのなら、今すぐ払拭しないといけません。

次の