漫画akira オリンピック。 【AKIRA】○○○予言まとめ!WHOの対策と東京オリンピック

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

漫画akira オリンピック

画像は、『 』(講談社)より 30年前に大友克洋が近未来の混沌とした世界を描いたSFアクション漫画『AKIRA』(講談社)。 その漫画の舞台が2020年に開催される東京オリンピックを控えたものだとして「作者の大友克洋は、予言者だったのだろうか?」と話題になっている。 しかも、大友克洋は過去のインタビューの中で、1本1本の線に「雲になれ」「建物になれ」と、呪いを込めて描いたと語っている。 【『AKIRA』のあらすじ】 1982年7月、新型爆弾により「東京」は崩壊。 これがきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発。 世界は荒れ果てた。 それから38年がたち、東京は復興のまっただ中、新たな発展を迎えつつあった。 東京湾上には高層ビルが立ち並ぶ「ネオ東京」が建設。 2019年、オリンピックを翌年に控えた「ネオ東京」が舞台となり、物語が展開していく…。 超能力に覚醒した少年少女は実験体としてナンバリングされ、世間から隔絶された研究施設で様々な実験を繰り返されていた。 その実験体28号「AKIRA」は、能力があまりにも超大なため、危険を感じた政府によって長年厳重に封印されていたのだった。 だが、「AKIRA」が覚醒した時、東京に再び大カタストロフィが起こるのであった…。 【ポイント】 物語では、この暴走する「AKIRA」について「触れてはならない力」「神…の力ですか?」「自ら開けた恐怖の穴を慌てて塞いだのだ」「『AKIRA』の暴走する超能力は誰もコントロールできない」と語っている。 このことから、「『AKIRA』とは、原子力の暗喩ではないか?」という説が囁かれている。

次の

AKIRAの東京オリンピック中止予言は何巻?理由や海外の反応も調査!

漫画akira オリンピック

こんにちは!そらです。 今回は、AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!?をお届けします。 オリンピックまであと4ヶ月あまりとなりましたが、ここへ来て、オリンピックの開催が危ぶまれてきています。 なぜかというと、新型コロナウィルスの感染が世界に広がったことで死者も増え続けていることから、さらなる被害者、感染者を増やさないために延期もしくは中止が検討されているとか。 そして今、1988年に公開されたアニメ映画『AKIRA』の内容がヤバい!とSNSで話題となっているのが、映画『AKIRA』のストーリーが、今世界で現実に起こっていることに酷似しているというのです! いったいどういう内容なのでしょうか? それでは、AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!?と題してお届けしていきます。 まだ正式な発表ではありませんので、延期の場合や予定通り開催されることもありえます。 もし、中止ということになれば、アキラのストーリーが現実となりますね! AKIRAは新型ウイルスも予言していた! 東京オリンピック中止!? AKIRAが好きな人はこの話を するとアキラ覚醒だってなるけど 実際はウィルスやら地震やら 放射能やら意図してないことが 起こりそう。 日本の企業は大打撃。 — ユウヘイ youhey69 そしてもう一つ予言が的中している!と言われていることがあります。 これは単なる偶然なのでしょうか。 2月、3月にパンデミック宣言があっても実行するか? 大金をかけたからというメンツで多くの国民の命を危険にさらすか? たのむから、オリンピックは中止してくれ。 せっかく、東京オリンピック開催が決まったのに結局開催されない事態に陥るなんてことが? まさか、アキラの世界が先を走っていて、現代がアキラに追いついて行っているのでしょうか? 半年後、東京オリンピックは開催されるのか、それとも中止か延期なのか? 新型ウイルスのコロナウイルスの感染が広がる一方で、東京オリンピックの準備は着実に進められています。 アキラのあらすじ通りにならないことを祈りたいと思います。 それでは、AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!?を、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

『AKIRA』大友克洋が36年前に「2020東京五輪」を予言できたのはなぜか

漫画akira オリンピック

AKIRAの予言は東京オリンピックや伝染病も 作品は1982年12月20日号から1990年6月25日号にかけて『週間ヤングマガジン』にて連載されたSF漫画で、その作中では 【 翌年に東京オリンピックを控えた2019年の『ネオ東京』】が舞台になっています。 その中の第三次世界大戦後の復興で東京湾上に建設された『ネオ東京』というのが、もしかすると新型コロナウイルスの影響で東京が壊滅的なダメージを受けて新たに再生する?という事なのでしょうか。 『第三次世界大戦後の復興』も気になるフレーズですが、これは東日本大震災を指し、未だ復興がままならない状況の事を示唆しているようにも思えます。 AKIRAの予言で東京オリンピックについて AKIRAの舞台は2019年で、翌年が2020年東京オリンピックという点です。 2013年に決定された『東京オリンピック2020』の開催年までもピッタリ同じだったことから 『AKIRAの予言』と言われた所以です。 AKIRAはなぜ2019年? AKIRAの作者は 『大友克洋』さんですが、 AKIRAの世界観について、 『昭和の自分の記録』があり、その中には戦争そして敗戦、政治、国際的な動きや安保反対運動があり、東京オリンピックや万博があると語っていて、 大友さんにとっての東京はまさに 『昭和のイメージ』なのです。 AKIRAが初めて連載されたのは、1982年で 戦後37年(終戦1945年)でした。 1982年から 37年後が2019年なので設定が偶然にもそうなった、という見方もあります。 AKIRAの予言?通りに東京オリンピックは2020年は中止であり、2021年開催も果たせるのかどうか、まったく先が見えていません。 AKIRAにある147日前とは 【2月28日】 漫画「AKIRA」 1982年 が予言した東京オリンピック147日前は本日です。 原作ではAKIRAが覚醒し東京が壊滅します。 この147日前とは、AKIRAの作中では、『オリンピック中止!』というデモが起きるようになるとされていました。 2021年のオリンピック開催前147日前に何かあるのかもしれませんね。 緊急事態宣言の時期について遅いという見解を見せ、これについてもAKIRAの予言通りになったということです。 AKIRAの予言は税制改正失敗も? 今、世界中を震撼させている新型コロナウイルスですが、その影響で人々の生活も脅かされています。 世界的に見ても経済に暗い影を落としているのは間違いなく、先の見えない不安に人々の気持ちも疲弊しています。 2019年に行った政府の消費増税も、今生活がままならない状況下では大きな負担となり今後の影響も懸念されます。 AKIRAの予言で歴史的失敗とは AKIRAの作中にある 『前総理の行った税制改革の歴史的失敗である』というセリフが何を物語っているのかを想像してみましょう。 昨年の2019年10月に 消費税が10%になりましたが、 AKIRAでも、その事を示唆するような描写がありました。 この前総理こそ、 そろそろ退陣したらすごい。 現在はコロナ禍で国民の生活がままならない中、特別な減税措置もなく、このままの消費税のまま今後の経済がどのような方向に向いていくのか、国民の暮らしがどのようになっていくのか、 AKIRAを見ると恐ろしくもあります。 消費税増税にコロナの追い討ちで経済は大打撃になるはず。 首相が近所の行きつけで飲み歩いたって経済効果はないんだよ。 感染防止と共に経済対策を本腰で考えないとして日本沈没。 AKIRA予言が当たってしまうよ。 — tsunoyayo tsunoyayo 消費増税に加え、今のコロナ禍で人々の生活不安がより一層増してくる気配で、今後の日本の状況がどうなるかとても心配です。 AKIRAの予言で暴走する超能力とは AKIRAにはさらに、数々の『予言』と言われている描写があります。 その中でも衝撃的で恐怖を覚える『超能力開発』という少し現実離れしたワード。 これがどのような意味を持つのかは明確ではありませんが、何かメッセージのような気がしてなりません。 AKIRAの予言でコントロールできないが示すもの AKIRAでは、軍が秘密裏に超能力開発を進めて研究施設で実験を繰り返していく中、実験体28号『アキラ』が覚醒して手が付けられなくなったというもの。 その AKIRAに対して、 『 暴走する超能力は誰もコントロールできない』と語る場面があります。 それが何を意味するのかはわかりませんが、 原子力ではないかという見方が強いようです。 東日本大震災の 福島の原発事故を示唆しているようにも思えます。 世界最大レベルの原子力事故が起きて10年目を迎えた今も、いまだ人が住めない『帰還困難区域』があるのは、その放射能の凄まじさで、『暴走する超能力』と表現しているようにも感じます。 — たま太郎@小学校教師 tmtrgg AKIRA予言説を見るとAKIRAを見たりした誰かがAKIRAのストーリーを成立させるために行動して現実にしてるのでは…って思うな?たしか21世期少年の実写映画そんな感じだったハズ。 — 大崎なんど nandythm 【38年前の漫画『AKIRA』の予言】 2019年が舞台の漫画でアニメ化もされている その中で ・2020年東京オリンピック ・オリンピック中止 ・伝染病 コロナ 対策で日本政府がWHOに非難される ・増税 ・第3次世界大戦勃発 が言われており、すでにほぼ成就 — 🐹公名㌠🐾オンライン教会牧師代理 Hamutarosanteam 予言なのか、それともそのシナリオ通りに何かが蠢いているのかはわかりません。

次の