足寄 ホテル。 食べる・飲む・泊まる・レンタル

足寄町の観光スポット|NPO法人 あしょろ観光協会

足寄 ホテル

ホテルレウスアショロの予約を無料でキャンセルして、全額返金を受けられますか? ホテルレウスアショロは、チェックイン日の数日前までにキャンセルした場合に全額返金可能な部屋を提供しており、弊社サイトでご予約いただけます。 宿泊施設のキャンセルポリシーで詳細な利用規約をご覧ください。 ホテルレウスアショロにパーキングはありますか? はい、無料のセルフパーキングがあります。 ホテルレウスアショロはペットを同伴できますか? 申し訳ございませんが、ペットの同伴はできません。 ホテルレウスアショロのチェックインとチェックアウトの時刻を教えてください。 チェックイン可能時間は 15:00 ~ 深夜 0 時 です。 チェックアウト時刻は、10:00です。 ホテルレウスアショロの施設内か周辺にレストランはありますか? はい、あります。 近くにはあしょろ庵 1. 9 km などのレストランがあります。 ホテルレウスアショロ周辺のおすすめスポットを教えてください。 おすすめスポットには大雪山国立公園 33. 8 km 、阿寒湖 51. 4 km があります。

次の

「ホテルレウスアショロ」(足寄郡足寄町

足寄 ホテル

足寄町の観光スポット 足寄町の観光案内は、内、NPO法 人あしょろ観光協会及びショップあしょろにて案内しております。 午前9時から午後5時まで可。 (ただし、年末年始は休館です) 電話によるお問い合わせは あしょろ観光協会 0156-25-6131 または 足寄町役場林業商工観光室 0156-25-2141 まで。 【道の駅あしょろ湖】 足寄湖を眼下に見下ろす道の駅。 ドッグランが併設されており、愛犬と共にドライブ中の一休みにどうぞ。 【阿寒摩周国立公園オンネトー】 雌阿寒岳の西山麓にある周囲2. 5キロの湖です。 季節や天候、見る角度によって、澄んだ青、エメラルドグリーン、ダークブルーに色が 変わることから、別名<五色沼>と呼ばれています。 【阿寒摩周国立公園オンネトー湯の滝】 国の天然記念物。 湯の滝は温泉の滝として顔のほか、マンガン酸化物生成現象が地上で見られる世界でただ一箇所の貴重な場所となってい ます。 オンネトーから徒歩で片道25分。 【ラワンブキ(北海道遺産に指定されています)】 足寄町上螺湾地区に自生する巨大なフキで高さ約3mになります。 見ごろは6月から7月にかけてですが、上螺湾にある鑑賞圃場はH28年8月の台風被害により、現在閉鎖中です。 【里見が丘公園. キャンプ場】 足寄町市街から2kmの高台にあります。 公園内にはキャンプ場、バンガロー、メロディー橋、バーベ キューハウス、遊歩道が整備された憩いの場所となっており近くには、ネイパル足寄、足寄総合体育館、温水プールなどの施設も充実しています。 キャンプ場は5月1日から10月末まで開設しています。 【足寄動物化石博物館(フォストリーあしょろ)】 古代、このあたりに生息していたデスモスチルスを骨格復元した コーナーや地球の歴史を学ぶことができるほか、化石クリーニングや化石のミニ発掘体験もできます。 住所 足寄町郊南1丁目 電話 0156-25-9100 【シオワッカ(石灰華半ドーム)】 地下から湧き出る鉱泉の石灰が堆積して形成した奇岩。 推定年齢は200年。 足寄町文化財に指定されています。 【足湯】 足寄町里見が丘運動公園内にある足湯。 以前は噴水だった場所を施設に改修しました、屋根があるので通年利用が出来ます。 【ネイパル足寄(北海道立青少年体験活動支援施設)】 恵まれた自然環境の中で、様々な体験活動を通して心豊かな青少年の育成を目指します。 お仲間ファミリーでのご利用ご宿泊も可能です。

次の

チーズケーキ販売を継承 桜慈工房からホテルレウスへ【足寄】

足寄 ホテル

チーズケーキの新旧パッケージ(左は鑓水事業部長、中央は矢野代表) 足寄町内のチーズケーキ専門店「桜慈(さくらじ)工房」(矢野有紀代表)は、今月末で商品の販売を終了する。 同店が蓄えてきた製造のノウハウは町内の「ホテルレウスアショロ」が受け継ぎ、3月からは道の駅あしょろ銀河ホール21敷地内の直売所「寄って美菜」で販売を始める。 矢野代表は「町の土産を作りたいと走り始めた思いが、このような形でバトンを渡せることになりうれしい」と期待している。 桜慈工房は2007年、町を訪れる人たちが土産として利用できる商品を作りたいと、矢野代表ら11人の町内有志が立ち上げた。 11種類あるチーズケーキには十勝をはじめ道内産の農産物をふんだんに使用。 十勝管内では、ふじもり食堂(帯広)や産直市場らららマルシェ(音更)、道内ではどさんこプラザなどで販売してきた。 ホテルレウスでは今年2月から桜慈工房の監修を受け、プレーンやチョコなど4種のチーズケーキの製造を開始。 同ホテルを運営するASCOMの鑓水浩二事業部長は「まずは足寄の土産品として定着を図っていきたい」とする。 寄って美菜での販売に加え、今後はホテルのラウンジでの提供やふるさと納税の返礼品などの展開を考える。 ASCOMの丸山勝由代表は「ホテルメードのチーズケーキではあるが、桜慈工房のブランドや気持ちなどを大事にしたい。 期待を裏切らないよう発展させていく」と力を込める。 関連記事.

次の