ポケットwifi 乗り換え 手続き。 WiMAXは乗り換えキャンペーンがお得!違約金負担のおすすめ方法とは?

WiMAXの乗り換えで違約金負担OKな唯一のプロバイダはコレ!

ポケットwifi 乗り換え 手続き

ポケットWiFiおすすめキャンペーン• 実質料金が一番安くなるのはFUJI Wifi• キャッシュバック金額が高額なのはGMOとくとくBB• お試し期間が30日と最長なのはMUGENWiFi これら3つのキャンペーン以外にもお得なキャンペーンを行なっているプロバイダはありますが、実はポケットWiFiをキャンペーンだけで選ぶのはNG。 本記事では、ポケットWiFiを選ぶときの注意事項についても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。 *本来「ポケットWiFi」とはY! mobile社が提供するWiFiルーターの商品名のことですが、現在では持ち運びができるモバイルルーターのことを俗称として「ポケットWiFi」と呼んでいます。 本記事では、持ち運びができるWiFiルーターという意味で「ポケットWiFi」という言葉を使用しておりますので、ご了承ください。 対象機種端末は古くないか• いつキャンペーン特典が適用されるのか• 手続きはシンプルで分かりやすいか? ここではポケットWiFi契約前に確認すべき3つのポイントについて解説します。 対象機種端末は古くないか ポケットWiFiの契約前には必ず 対象の機種を確認しましょう。 プロバイダによってはキャンペーン適用の機種が古いタイプに限られており、希望の端末端末を手に入れることができない場合があるからです。 また、同じプロバイダでもプランによって機種端末が選べるものと、選べないものがある場合もあります。 気になるキャンペーンを見つけたら、対象の機種端末をチェックし目的に合っているかどうか確認してください。 いつキャンペーン特典が適用されるのか ポケットWiFiのキャンペーンには落とし穴があります。 それは、 いくらキャンペーンがお得でもすぐに適用されるとは限らないということです。 例えばキャッシュバックキャンペーンは申し込みをすればすぐにお金が戻ってくるイメージがあるかもしれませんが、申し込みから1年後にキャッシュバックがされる場合も。 もちろん1年後でも良いという方もいると思いますが、 すぐにキャッシュバックを受け取りたい方にとっては1年はあまりにも長いですよね。 ポケットWiFiを選ぶ際はキャンペーンの内容だけでなく、いつ実際に利益が戻ってくるのかを確認するようにしましょう。 手続きはシンプルで分かりやすいか? ポケットWiFiをキャンペーンで選ぶときは、 手続きがシンプルで分かりやすいか確認しましょう。 プロバイダの中にはキャンペーン特典を受け取るための手続きが非常に複雑なものもあるからです。 例えばプロバイダによっては特典を受け取るための申込書が、契約の数ヶ月後に届き、期限までに提出しないとキャッシュバックがもらえないことも。 実際に、キャッシュバックを適用できなかった方も多いです。 契約した後に手続きを確認するのではなく、契約前にどのような手続きが必要なのかを確認し納得してから契約すると良いでしょう。 下記の記事では、キャッシュバックの注意点などについて解説していますので、参考にしてください。 ポケットWiFiをキャンペーンで比較! ここでは2020年2月現在キャンペーンを行なっている• FUJI Wifi• GMOとくとくBB• Broad WiMAX• MUGEN WiFi• NEXTモバイル 以上5つのおすすめプロバイダについて比較してみましょう。 それぞれのキャンペーン概要についてまとめたのが下記の表です。 実質料金最安値!FUJI Wifi FUJI Wifiでは、ポケットWiFiとSIMカードのレンタルサービスを行なっています。 2020年2月現在行われているのは「 新生活応援キャンペーン」。 こちらのキャンペーンでは申し込み時にキャンペーンコードを入力するだけで、月々の支払いが毎月500円引きになります。 FUJI Wifiは25GBプランが1,980円〜と非常にリーズナブルな価格帯ですので、500円割引になれば 実質最安値で利用することが可能です。 割引額の数字だけ見ると「たったの500円…?」と思うかもしれませんが、 トータルで月々支払う金額を考えると非常にお得であることが分かりますね。 さらにFUJI Wifiのキャンペーンでは、通常3,300円(税込)かかる契約事務手数料も無料になります。 長期間のレンタルを検討している方は、長く契約すればするほどお得になるFUJI Wifiを迷わず選びましょう。 複数台契約したいならお得!Broad WiMAX Broad WiMAXはWeb経由で契約をし、クレジットカード支払いにすることで 初期費用が18,857円割引に。 こちらのキャンペーンは2016年から開始され、2020年2月現在も継続されています。 2台以上契約をする場合、2台目以降にも同じキャンペーンが適用されますので、 複数台の契約を検討している方には非常にお得だと言えるでしょう。 キャンペーンにより複数台の契約がお得になりますので、個人だけでなく法人契約にもおすすめです。 Broad WiMAXの割引は申し込み時に適用されますので、すぐに特典が受け取れるのも魅力。 Broad WiMAXでは「」も行なっていますよ。 無料でたっぷり試せる!MUGEN WiFi MUGEN WiFiは 30日間おためし全額返金キャンペーンを行なっています。 30日間おためし全額返金キャンペーンとは、申し込みをした後でも30日以内であれば初期費用や月額料金などを全額返金してくれるキャンペーン。 一般的に申し込みからすぐに解約をしても初期費用が掛かってしまう場合がほとんどですが、MUGEN WiFiの場合は初期費用も含め返金されますので気軽に試すことができます。 ただし、 返却をする際に処理手数料として1,000円がかかりますので注意しましょう。 処理手数料が1,000円かかるとはいえ、たとえ1ヶ月だけお試しして止めたとしても、毎月かかる利用料金が1ヶ月分無料になるのは魅力的ですよね。 最新端末が0円に!NEXTモバイル NEXTモバイルが行っているのは 端末代金無料キャンペーン。 このキャンペーンでは、新規申し込み時に支払い方法にクレジットカードを選ぶことで最新端末料金が完全無料になります。 通常端末料金は19,000円かかりますので、非常にお得だと言えるでしょう。 ポケットWiFiのプロバイダには、 数万円の端末を購入しなければいけない場合も多いです。 無料で端末が手に入れば「レンタル品なので大切に扱わなければ…」とびくびくする必要もなく、私物として気兼ねなく使うことができるでしょう。 また、キャンペーン特典が申し込み時にすぐ受け取れますので、キャンペーンのメリットを感じやすいと言えます。 JP WiMAX• UQ WiMAX• BIGLOBE WiMAX ここでは、比較的早くキャッシュバックが受け取れるポケットWiFiについてご紹介します。 プロバイダ名 キャッシュバック内容 受け取りまでの時間 JP WiMAX 10,000円分のAmazonギフト券プレゼント 契約直後 BIGLOBE WiMAX 7,000円キャッシュバック サービス開始翌月 UQ WiMAX 最大3,000円キャッシュバック 最速契約から5ヶ月目 それでは、それぞれの詳細をみていきましょう。 申し込み直後にキャッシュバックが受け取れる!JP WiMAX JP WiMAXは申し込みをすると10,000円分のAmazonギフト券を受け取ることができます。 ギフト券は申込後すぐに受け取ることができますので、長い時間キャッシュバック申請を待つ必要もありません。 また、万が一申込後キャッシュバックを受け取り忘れてしまっても、契約期間内ならいつでもギフト券を受け取ることができます。 キャッシュバックの速さで選ぶならJP WiMAXを選べば間違いないでしょう。 最新情報については公式ホームページを参考にしてください。 本人確認書類• 印鑑 が必要ですので準備しておきましょう。 解約申込書とルーターを返却 解約申込書に記入をしたら、申込用紙とルーターを返却します。 ルーターの返却は、 郵送袋やダンボールが用意されている場合もありますので、契約しているプロバイダのホームページで確認してください。 付属品なども忘れずに返却することが大切です。 新しいプロバイダと契約 最後に新しいプロバイダと契約をします。 もともとのプロバイダを解約してから、 新しいプロバイダに契約をするまでに時間が空いてしまうと一定期間ネットが使えなくなる可能性も。 解約と新規契約のタイミングは、ネット環境に困ることがないように上手く調節するのがおすすめです。 ポケットWiFiの乗り換えについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。 ポケットWiFiとPCがセットになったキャンペーンはありますか? あります。 しかし、パソコンが無料で手に入る訳ではありませんので、おすすめはできません。 ポケットWiFiとパソコンのセット購入については下記の記事で解説しています。 ポケットWiFiとタブレットがセットになったキャンペーンはありますか? あります。 2020年2月現在、ポケットWiFiとタブレットがセットになったキャンペーンを行なっているのは「Broad WiMAX」です。 乗り換えキャンペーンがお得なWiMAXプロバイダはどこですか? Broad WiMAXでは、乗り換え専用のキャンペーンを行なっています。 他社から乗り換えた場合は、解約違約金をBroad WiMAXが負担してくれるだけでなく、通常18,857円かかる初期費用が無料になりますよ。 冒頭でもご紹介しましたが、おすすめのキャンペーンは.

次の

auポケットWiFiの解約方法を徹底解説!乗り換えをお得に!

ポケットwifi 乗り換え 手続き

WiMAX• Softbank Air• mobile Pocket WiFi WiMAXサービスは様々なプロバイダーが提供していますが、全てキャンペーン対象となります。 Broad WiMAXは月額2,726円~と業界最安レベルなので、乗り換えることで節約になる場合がほとんどです。 契約解除料のキャッシュバック額は最大19,000円 Broad WiMAXがキャッシュバックしてくれる契約解除料相当額は、最大19,000円(非課税)です。 たとえば契約解除料が9,500円なら全額、24,000円なら19,000円分キャッシュバックされます。 Broad WiMAX乗り換えキャンペーンの適用条件 当キャンペーンの適用条件は次の4つです。 利用中の回線がキャンペーン対象であること• 乗り換え前のサービスとBroad WiMAXの名義が同じであること• 違約金が明記されている書類をメールで送ること• Broad WiMAXを初期契約解除をした場合は適用外 ひとつずつ具体的に見ていきましょう。 1.現在利用している回線がキャンペーン対象であること キャンペーン対象となるインターネット回線はWiMAX・Softbank Air・Y! mobile Pocket WiFiです。 それ以外の光回線やADSLなどの固定回線はキャンペーンの対象ではありません。 2.現在のWiFiサービス名義とBroad WiMAX申込名義が同じであること Broad WiMAX申し込み名義が乗り換え前のWiFiサービス名義と異なると、キャンペーンが適用されません。 Broad WiMAXに申し込む前に、現在利用しているWiFiサービスの名義を確認しておきましょう。 その場合、お父さんの名義でBroad WiMAXに乗り換えないといけないんだ。 3.違約金が分かる書類をメールで送ること キャッシュバックしてもらうためには、違約金が明記されている書類をBroad WiMAXにメールで送らないといけません。 この書類は、各WiFiサービスの解約手続き後にメールか郵送で送られてきます。 郵送の場合は、書類の文面を携帯電話のカメラで撮ってメールに添付するといいでしょう。 4.初期契約解除をした場合は適用されない Broad WiMAXを契約して8日以内に初期契約解除をすると、このキャンペーンは適用されません。 この初期契約解除とは、電波が弱いなどの理由でBroad WiMAXを契約から8日以内に解約申請すると、利用料金と違約金を支払わずに解約できる制度です。 安心して契約できる点でうれしいサービスですが、乗り換えキャンペーンは適用されなくなることを覚えておきましょう。 Broad WiMAX乗り換えキャンペーン手続きの流れ 契約解除料負担の乗り換えキャンペーンに申し込む流れは以下の通りです。 Broad WiMAX公式サイトから申し込む• 他社WiFiサービスの解約手続きをする• 契約解除料が明記された書類をメールで送る• Broad WiMAXの返信メールにしたがって手続きする• キャッシュバック額は翌々月末に振り込まれる 1.Broad WiMAX公式サイトから申し込む キャンペーンに参加するには、Broad WiMAX公式サイトから申し込む必要があります。 サイト上で「現在ご利用中WiFiサービスの契約解除料最大19,000円当社負担」という表記を確認のうえ申し込みましょう。 2.他社WiFiサービスの解約手続きをする Broad WiMAX申し込み後に、現在利用しているWiFiサービスを解約します。 この際に、契約解除料がいくらかかるか確認しておくといいでしょう。 19,000円を超えるのであれば、超過分は手出しになります。 また、端末代金の残債や契約解除料以外の手数料はキャンペーン対象外ということも頭に入れておきましょう。 3.契約解除料が明記された書類をメールで送る 解約手続き後にWiFiサービス事業者から送られてくる、契約解除料が明記された書類をBroad WiMAXに送ります。 メールの送り先は「shop wimax-broad. jp」です。 4.Broad WiMAXの返信メールにしたがって手続きする Broad WiMAXが上記書類を確認後、返信メールが送られてきます。 メールの内容にしたがって口座登録などの手続きを進めていきます。 5.キャッシュバック額は翌々月末に振り込まれる 契約解除料に応じたキャッシュバック金額が、申込の翌々月末に指定した銀行口座に振り込まれます。 Broad WiMAXのおすすめポイントとは Broad WiMAXには、キャンペーン以外に4つのおすすめポイントがあります。 いいや、レンタルではなくて無料でもらえるんだよ。 だからもし先々解約したとしても、ルーターを返却する必要はないんだ。 3.最短で即日発送、店舗受け取りも可能 Broad WiMAXに平日13時までに申し込むと、最短で即日発送が可能です。 また、Broad WiMAX店舗で申し込み当日に受け取ることも可能です。 店舗所在地はBroad WiMAXホームページにて確認できます。 4.違約金なしで他社インターネットに乗り換えできる Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」は、解約違約金なしで他のインターネットに乗り換えられるサービスです。 Broad WiMAXが使いづらかったり思ったほど通信速度が速くないなど不満が出るとしても、違約金なしで乗り換えられるので安心して契約できますね。 Broad WiMAXは乗り換え先としておすすめ 他のWiFiサービスからBroad WiMAXに乗り換える際、Broad WiMAXがキャンペーンによって違約金を負担してくれます。 月額基本料も安いので、乗り換えを検討しているのならBroad WiMAXはとてもおすすめです。

次の

【2020年2月】ポケットWiFiをキャンペーンで徹底比較!本当にお得な会社を紹介|回線カレッジ

ポケットwifi 乗り換え 手続き

WiMAXの解約のポイント WiMAXを解約する際のポイントは以下の4つです。 各ポイントを抑え、を確認しましょう。 契約プロバイダを忘れた場合はクレジットカードや口座振替の振込先などの 支払い明細を確認してください。 また、UQ WiMAXの「」からも確認ができます。 更新月のタイミングで解約すれば違約金0円 WiMAXでは、更新月のタイミングで解約手続きすると、解約違約金なしで解約ができます。 プロバイダによって契約期間や更新月は異なりますが、だいたい2年や3年の契約期間が定められています。 以下の表を参考にしてください。 利用開始日は申し込みを完了してルーター端末を利用し始めた月のことで、更新月の数え方はプロバイダによって異なる場合があります。 また、プロバイダごとに 最低利用期間が定められており、期間内に解約すると 契約解除料が発生することがあるので最低利用期間も確認しておきましょう。 WiMAX会員であれば会員専用のサポートページからいつでも更新月の確認が可能です。 ウェブでの確認だけでなくサポートセンターに電話で問い合わせもできるので好みの方法で事前に確認すると良いでしょう。 WiMAXの個人会員なら 更新月の前月にメールでお知らせが届きます。 大事な連絡なので見落とさないように注意してください。 価格comからの申し込みやキャンペーン適用で契約すると、通常と更新月が異なる場合があるので電話で確認するのがおすすめです。 解約締切日までに解約手続きを完了させる 解約を検討している場合は、 解約締切日までに解約手続きを済ませましょう。 解約締切日はプロバイダごとに異なりますが 一般的に毎月20日と定められていることが多く、更新月の20日までに解約手続きをすれば当月末に解約が可能です(プロバイダによっては、締め日が25日や末日の場合もあります)。 もし20日以降に解約した場合、翌月末までの利用料金として課金が発生します。 ウェブや電話での解約ならプロバイダの営業時間内に解約手続きを済ませられますが、郵送のみ受け付けているプロバイダの場合は特に注意してください。 郵送の場合は締切日必着と決められていることが多いので、ゆとりを持って事前に解約手続きを行うことをおすすめします。 解約申請後も、当月末までWiMAXの通信が利用可能なことが多いです。 また更新月の月初に解約手続きをしても 日割りはされません。 更新月になったら、忘れないうちに早めに解約手続きをするのがおすすめです。 端末返却が必要かどうかを確認する WiMAXは初期キャンセルを除いて、基本的に ルーター端末の返却は必要ありません。 途中解約の場合は、 契約解除料に端末代が含まれているため、端末を返却する必要がありません。 初期契約解除制度で 契約から8日以内に解約した場合は、ルーターの端末代を支払っていないので 返却が必要となります。 端末返却の際にかかる 返送料は契約者負担となります。 使用期間や状況によって返却の有無が異なる場合もあるので、ルーター端末やSIMカードの返却については、プロバイダに問い合わせて確認しましょう。 また、WiMAXを締め日までに解約したのにもかかわらず、翌月初めまで使えることがあります。 これは、プロバイダ側が順次回線をストップしていくためですが、解約後に接続すると追加料金を請求される可能性があるので利用は控えましょう。 初期解約時にルーター端末を返送しなかったり、故障や破損、同梱物一式が返却されない場合は、機器損害金が請求されることもあるので注意しましょう。 解約後はプロバイダのメールアドレスが使えなくなる WiMAXの解約が完了するとプロバイダの メールアドレスは使用不可能となります。 メールアドレス以外にも加入していたオプションやセキュリティーサービスも利用不可となるので注意してください。 例えば、MVNOとくとくBB」のWiMAXを解約した場合、メールアドレスは残らず永久に利用ができません。 もしメールアドレスがGMO IDの場合は貯めたポイントが使えなくなったり、WEBサービスでのメールアドレス変更が必要になることもあります。 「とくとくBB」の解約を考えている人や、プロバイダのメールアドレスを使っている人は事前にメールアドレスの変更を済ませてから解約するようにしましょう。 WiMAXサービス各社の解約方法 WiMAXサービス各社の解約方法について紹介します。 WiMAXの3年契約プランを例に各社ごとの解約方法一覧は、以下の表を参考にしてください。 それぞれのプロバイダ名を押すと、各プロバイダの解約の詳細記事に飛びます。 1ヶ月目~13ヶ月目:19,000円• 14ヶ月目~25ヶ月目:14,000円• 26ヶ月目以降:9,500円• 1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円• 13ヶ月目〜24ヶ月目:14,000円• 25ヶ月目以降:9,500円• 0ヶ月目~12ヶ月目:19,000円• 13ヶ月~24ヶ月:14,000円• 25ヶ月目以降:9,500円• 0ヶ月目~12ヶ月目:19,000円• 13ヶ月~24ヶ月:14,000円• 25ヶ月目以降:9,500円 解約締切日 毎月末日 20日 20日 25日 解約方法 電話 ネット・郵送 電話 電話 端末返却 不要 不要 不要 不要 最低利用期間や更新月は、プロバイダの中でも契約プランによって異なる場合があります。 特に 新・旧プランで異なる場合があるので、電話やマイページで契約内容を確認するのがおすすめです。 UQ WiMAXの更新月は課金開始日を含む月を1ヶ月目として数える方法のため、他社プロバイダとは数え方が異なります。 また、毎月末日を締め日としています。 GMOとくとくBBは最低利用期間が1ヶ月で、1ヶ月経てばいつでも解約できます。 ただし、途中解約の契約解除料は他のプロバイダと同様に発生します。 解約方法は、ネットでの手続きか、郵送の方法が選べます。 基本的にはネットの手続きがおすすめですが、郵送の場合は 発送から到着まで時間がかかるので、締め日に間に合うように余裕を持って手続きをしましょう。 オプション解約も締め日が同様のため、各プロバイダごとの解約方法で手続きしてください。 また初期契約解除による解約の場合は端末・SIMカードの返却が必要となるので注意してください。 契約中のWiMAXを解約して、別のWiMAXプロバイダを探している人は、以下の記事を参考に次のプロバイダを決めてください。 WiMAXの初期解約・乗り換えサービス WiMAXの初期キャンセルに関する制度や乗り換えサービスは以下を確認しましょう。 初期契約解除制度(8日以内のキャンセル申請必須) 初期契約解除制度はクーリングオフに似た制度で、 開通日から8日以内に手続きをすることで契約解除ができます。 初期契約解除制度による解約の場合に 解約違約金は発生しないので安心してください。 ただし、初期契約解除制度を使って初期キャンセルをした場合、 端末返却が必須条件となります。 返送にかかる 送料は契約者負担となります。 初期契約解除制度とは通信サービスの利用契約を済ませ、実際に開通した日から8日以内であればプロバイダの合意がなくても回線契約を解除できる制度のことです。 8日以内のカウント方法は各プロバイダ会社によってさまざまです。 機器の到着や回線の開通日、契約書面の受領日など各社ごとに決まっているので 契約前に確認することをおすすめします。 初期契約解除制度を適用しているWiMAXのプロバイダは、 「Broad WiMAX」「BIGLOBE」「So-net WiMAX」「GMOとくとくBB」「UQ WiMAX」など。 多くのプロバイダが初期契約解除制度を適用しているので、初めてWiMAXを利用する人や、契約後にネットが繋がらないなどのトラブルが起きても、安心して解約金なしで解約できます。 解約金なしで他社ポケットWiFi・光回線に乗り換える プロバイダによっては、解約金なしで他社のWi-Fiサービスに乗り換えられる独自のキャンペーンを行っています。 例えば、Broad WiMAXでは、通信速度が遅い不満や固定回線への乗り換え、電波が届かないなどの悩みを解決してくれる「 いつでも解約サポート」があります。 Broad WiMAXを契約しているユーザー限定で、現在使っている回線から他のインターネット回線へ乗り換えられます。 乗り換え先のネット回線は以下を参考にしてください。 SoftBank光• auひかり• So-net光コラボレーション• YAHOO! ビッグローブ光• Broad光 Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」は 違約金のみ免除で、乗り換えで発生した事務手数料や初期費用は契約者負担で払わないといけません。 全額無料というわけではないので注意してください。 解約までにネット回線が開通しない場合は契約者が違約金を負担し、開通後に 負担した違約金をキャッシュバックしてくれます。 違約金負担の乗り換えキャンペーンを利用しキャッシュバックしてもらう場合は、解約証明書が必要になるので、詳しくはを確認してください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 本記事ではWiMAXの解約手続きや解約ポイントを紹介しました。 WiMAXの解約は、基本的に更新月のタイミングで解約手続きをすれば、解約違約金0円で解約できます。 初期キャンセルについては、WiMAXには初期契約解除制度があるので、契約して8日以内ならいつでもキャンセルできます。 もし契約して回線に不満がある場合は初期契約解除制度を利用して、違約金をかけずに解約するのも良いでしょう。 乗り換えサービスを提供しているBroad WiMAXなら、解約金なしで他社のWi-Fiサービスに乗り換えられます。 通信速度の不満や引越しにともなうプロバイダの乗り換えを考えている人は、乗り換えサービスを上手く活用しましょう。 最後に、本記事のまとめをおさらいします。

次の