ベース オクターブ チューニング。 【簡単】ベースのオクターブチューニングのやり方【画像付きで解説】

【初心者向け】ベースのチューニング方法について

ベース オクターブ チューニング

オクターブ調整 弦の巻き方でも触れましたが、チューニングが合わない、狂いやすい等の症例に絡んでいるのがオクターブチューニング。 イントネーションチューニングとも呼びますが、開放を含むローポジションとハイポジションでの音程のズレを修整する作業です。 ギターの構造は音程が半音毎に区切れていてこれをクロマチック(半音階)と呼びますが、12fは弦の全長のちょうど中間に位置していて、ここで音程が1オクターブ上がる事になります。 開放がドレミファソラシドの低いドで12fが高いドになる。 そんな感じです。 オクターブチューニングはこの12fの音程が正確でない時に行う作業です。 オクターブがズレる原因アレコレ プレイヤーのスタイル(ポーズでも体型でもない)によって様々ですが、弦を押さえる力やピッキングの強さがオクターブにはかなり影響します。 高いフレットが打たれているギターは強く押さえると音程がシャープ(上がる)しやすいので、新品で購入した楽器でもオクターブが合わないという場合にはこの点が考えられます。 また、強く弾く方はビビりが出ないように弦高そのものが高めな場合が多いので、押弦した時に弦を引っ張る量が多くなりやはりシャープしやすくなります。 この2点については通常の調整は通用しないだけでなくその楽器の調整出来る範囲では対応出来ない時もあります。 心当たりのある方は、今後調整に出す際には自分の演奏スタイルを伝えておくと良いと思います。 その他の原因では弦の質や古さ等。 質はともかく古い弦のオクターブは全くアテになりません。 またゲージの変更や、同じゲージでもメーカーを変えたりした場合もオクターブは微妙に変わってきますので、調整に出す時には使用弦を一緒に渡しておく事をお勧めします。 で、最も単純なのが自分でなんかイジッちゃった場合。 弦高を変えても、テイルピースの位置を変えても。 サドルの位置なんて当然。 つまりセッテイングを変更したらオクターブは変わってくるという事です。 オクターブチューニングの合わせ方 基本編 必要な工具はその楽器によって違いますが、チューナーはどんなのでもいいからあった方が良いです。 できればクロマチックで合わせられる物がベスト。 個人的にはLED タイプより針メーターの方が好き。 右の写真はストラトのシンクロナイズド トレモロとギブソンのナッシュビルタイプブリッジのイジる場所と工具です。 フロイドローズについてはのページを参照して下さい。 ではまず普通にチューニングをしたら、各弦の12f を押さえて音程を確認しましょう。 合ってたらまずはイジんないでいいですが、狂ってたらサドルの位置を変えてみます。 12f の音程が高かった場合、これはナットから12f までの距離に対して12f からサドルの弦が乗ってる支点までの距離が短いという事です。 この時はサドルの位置を後ろに下げて距離を長くとってやります。 理屈解りますか?弦は支点間の距離で音程が変わるんです。 同じ張力なら弦長が長い方が音程は低いんです。 まずチューニング。 開放の音程が変わってるハズですから、合わせ直して再び12f の確認、調整を繰り返します。 注:押さえる強さは普段演奏する時と同じにして下さい。 フェンダー シンクロナイズドトレモロのサドルはプラスドライバーで。 時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がります。 ただし6弦は、弦高が高いと調整範囲が足りない時も多々あります。 これは弦の立ち上がり角度がキツくなるとオクターブはシャープする特性がある為で、サドルを後退させる作業はテンション(弦の張力)を上げる事でもあるのです。 結果、下げた分上がってしまうような相殺状態になる為、この場合サドルの高さを下げ弦とサドル接点の摩擦を減らすような他の調整(ネックの仕込み角度等)が必要になってきます。 オクターブチューニングの合わせ方 特別編 もったい付けた言い方ですが、なんの事はない。 先に述べたナットの高さやフレットの高さ等が影響してシャープし易くなる。 そんな時の対処法の一つです。 僕がいつもとる手段は、その人の多用するキー(曲の調)や、よく使うポジションを優先して合わせる方法です。 例えばブルース系はE, A, D 等、5フレット7フレット辺り。 ハードロック系なら低音弦側は3〜7F、高音弦側にいくにつれて5〜15F辺りまで測定の場所を増やして平均をとる合わせ方です。 そして最終的にはピアノの調律みたいに和音の響きで微調整。 このコードだけはキレイに鳴ってほしいというところに重点をおいて合わせたりとか。 ちょっと乱暴な言い方ですが、ギター程アバウトな楽器に完璧なチューニングを求めてはイケマセン。 せめてここだけ的な合わせ方のほうが向いてる楽器だと僕は思います。 皆さんも自分流のオクターブチューニングの合わせ方が見つけられると思うので、是非やってみて下さい。 どうしても合わなかったらお気軽にご相談を。 ギブソン ナッシュビルタイプはマイナスドライバー。 フェンダー同様時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がりますが、これとよく似た形のABR-1 というヴィンテージスタイルのブリッジは何故か取り付ける向きが逆です。 ネジの頭がP. U 側にくるようにマウントするので回す方向と音程の上下の関係が反対になりますから注意。 あくまで弦長を長くするのか短くするのかで考えてください。

次の

【初心者向け】ベースのチューニング方法について

ベース オクターブ チューニング

その誤差を補正してやろうというのがオクターブ調節なのです。 開放弦でチューニングをあわせたのにフレットを押さえると音が狂ってる…そんなときはオクターブチューニングが必要です。 調整に必要な工具 SNARK SN-5 G オクターブチューニングの調節には以下の工具を使用します。 プラスドライバー• マイナスドライバー• チューナー 調節は微細な音程のズレを補正する作業です。 チューナーは精度の高いものを用意すると良い作業がやりやすくなります。 オクターブチューニングの調整順序 オクターブチューニングの調節では 12フレットのハーモニクス音と12フレットを押さえた音の音程を合わせるという方法を用います。 2つの音程が違うと、いくら開放弦で音を合わせてもフレットを押さえると音が違ってくる…といったことになります。 調整は上で行います。 まずは普通にチューニング まずは現状の確認のためすべての弦をチューニング。 アンプに通してリア・ピックアップを使って(ハーモニクス音を拾いやすいため)行いましょう。 12フレットのハーモニクス音/実音を確認 6弦全てのチューニングを終えたら、6弦から1弦まで順に、「12F(フレット)上のハーモニクス音」と「12Fを押さえて弾いた実音」の音程の差異を確認します。 この時、ハーモニクスの音を基準と考えます。 精度のいいチューナーを使ってハーモニクス音と実音が同じ音程になるようにあわせていきます。 エレキギターのオクターブチューニングのあわせ方 サドルはストラトキャスター/ギブソンなどブリッジのタイプによって調節方法が異なります。 ストラトキャスター・タイプの調整方法 プラスドライバーを使ってネジを回す の場合は、図のようにサドルのコマのネジ部分をドライバで回して調節します。 これによって弦の長さをミリ単位で調節していることになるんです。 ギター博士「ハーモニクス音と実音が同じ音程になったら調整完了じゃ。 どうじゃ、うまくできたかな?」 アコギのオクターブチューニングのあわせ方 アコースティックギターのオクターブチューニングの確認はエレキギターの場合と同様ですが、音程の調節は「サドルを削る」ことで行います。 サドルの頂点をネック側に削るか、ボディ側に削るかによって、微細ではあるものの音程が上下します。 しかし大きなピッチのズレは直すことができませんし、作業に失敗してしまうとサドルの交換が必要になってしまうので、自分で作業することに抵抗がある人は楽器店やリペアショップなどにお願いするほうがいいでしょう。 オクターブチューニングは、自分が持っているギターのポテンシャルを引き出す/良い音で鳴らすためにもしっかりと合わせておきたいところ。 いつもと違う弦を張ったり、しばらく弾いてなかったギターを久しぶりに弾く、といった時には確認しておくと良いですね。 精度の高いチューナーがあれば音程がきちんとあっているかどうかもわかるので、失敗が少ない作業でもあります。 自分のギターの事を理解する作業にも繋がりますので積極的にやってみて下さい。

次の

【調整】ベースのオクターブチューニングの合わせ方を徹底解説!

ベース オクターブ チューニング

Contents• 音程がズレはオクターブチューニングで調整 ベースを弾いていてローポジションでは わからなかったけどハイポジションで 「あれ?、チューニングしたのに音ズレてる!?」 「チューニングしたばかりなのになぜ?」ってありますよね〜 音がズレながらの演奏は、 なんともいえない気持ち悪さです! 気分も下がるし、とても耐え難いものですね! そのハイポジションでの音のズレは 「 オクターブチューニング」がズレているのが原因です! ほとんどがチューナーを使い、 開放弦でのチューニングを済ませ「はい!終了!」 「 オクターブチューニング」(イントネーションチューニング) は面倒なので敬遠しがちですが、 音程が気になったり ゲージを交換するたびに 調整する のがベストといえます! ギターやベースはクロマチック音階(半音階)に区切れ 配置されている構造で、全長の半分が12フレット部分の 位置にあって、開放弦に対し1オクターブ上になります! 開放弦と12フレットの音を合わせる ことで この問題が解決します! これを「 オクターブチューニング」といいます! オクターブチューニングに必要な道具 「 オクターブチューニング」を行うには道具が必要と なります。 道具と言っても「 プラスドライバー」と「 チューナー」 それだけです!(笑) 楽器によっては「 六角レンチ」の場合もあるので、 その3点を用意して、チューニングの準備をします。 オクターブチューニングのやり方• ゲージを張り替えてから調整する。 開放弦と12フレットの音をあわせる。 ゲージ交換や弦高調整をすると弦のテンションが かわりオクターブに誤差がしょうじる事があります。 その再「 オクターブチューニング」が必要に なります。 逆に古いゲージを張っている時に 「 オクターブチューニング」をしても あまり意味がなく、 ゲージを張り替えると、また音程が狂う事に なってしまいます。 ゲージ交換後にチューニング を初めましょう! 開放弦でのチューニングを済ませたのち 1弦ずつ開放弦と1オクターブ上の12フレットを 押さえ音程を合わせます。 12フレットの弦を押さえる時はあまり力を入れて 押さえると微妙にシャープし正しい音程が出ないため 軽く垂直に押さえる ように注意しましょう。 開放弦と12フレットを交互に鳴らし チューナーで誤差を確認します。 調整にはブリッジサイドのネジを回すことで ロッドがスライドし、弦長を変化せる事で 音程を合わせていきます。 何度も開放と12フレットの音のズレを 少しずつ擦り合わせる感じで調整していく。 結構根気のいる作業ですね〜 ブリッジサドルの位置の調整• 音程が高い場合はネジを時計回り• 音程が低い場合はネジを反時計回り このように ブリッジサドルはブリッジ後方にある プラスネジを回すことで調整 できます。 メーカーによっては付属の特殊な「6角レンチ」 の場合もあるので事前に確認してくださいね。 右回しか左回しで調整していきます! 開放弦に対し12フレットの 音程が高い場合は ネジを右に回し(時計回り) ブリッジサドルを ブリッジ後方にスライドさせます。 逆に 音程が低い場合はネジを左回し (反時計回り) にブリッジサドルをスライド させます。 まとめ 以上が「 オクターブチューニング」の方法です。 おさらいとして、 「 オクターブチューニングの前にゲージ交換する」 「 チューナー、ドライバー、六角レンチを用意する」 「 ハイポジでのピッチズレは開放弦と12フレットの音程を合わせる」 「 12フレットの音程が高い場合ネジを時計回り」 「 12フレットの音程が低い場合ネジを反時計回り」 これだけです!(笑) 個人的には調整で使用するチューナーは 1000円前後のチューナーではなく もう少し高めで性能が良いチューナーを (細かく音程が確認できる物)使うのが良いとおもいます。 音楽のボトムの支えでもあるベースの音程が 不安定だと、せっかく良いプレーをしても、 気持ちの悪い感じの仕上がりになってしまいます! 正しいピッチでのチューニングは 音楽を演奏するうえでは不可欠なものです。 初めてのオクターブチューニングは、 感じがつかめずピッチが行き過ぎたり、 足りなかったりと合わせにくいかもしれませんが 根気よくメンテナンスをして本来の 楽器のピッチ調整をして、違和感を取り除いてみてください。

次の