最強 の 脳 トレ。 最強の脳トレ pc ダウンロード

最強の脳トレ pc ダウンロード

最強 の 脳 トレ

免疫力UPがより期待できるのは「よく笑う」こと! 笑うことで、ウイルスやガン細胞などを攻撃する免疫細胞「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が活発になり、免疫力がUPするそうです。 また脳は、おかしさを感じる笑いも、体操としての笑いマネでも、どちらも笑いと錯覚し、免疫力UPにつながるのだそうです。 なので、徳島県徳島市では、「 笑いヨガ(笑う動作とヨガの呼吸法を組み合わせた健康体操)」を内科医師が勧め、行われているそうです。 家でも簡単にできる「笑いヨガ」のやり方! 前屈体操に笑いを入れて行う体操です。 (笑いヨガの1つ) (1)前に上体を倒していきながら、息を吐いていきます。 (2)体を起こしながら鼻からゆっくり息を吸って、おなか、胸、肩を上方向にストレッチしながら、伸ばします。 (3)今度は、 前屈をしながら、「あはははは」と声に出し笑いながら、体を倒していきます。 (4)2、3を繰り返し、体操をします。 やるタイミングは、 朝起きた時にやると、気分がリフレッシュし、1日の良いスタートがきれます。 やる場所は、窓際やベランダ、庭など、 日光を浴びながらやるのが効果的です。 朝日を浴びると幸せホルモンと言われるセロトニン(脳内物質)が分泌されます。 笑うことでストレスホルモンが減るというデータもあり、朝にリフレッシュすることが良いそうです。 「生姜」を食べて平熱を上げる!免疫力UPの極意! 平熱が低いと免疫力も低下すると言われています。 平熱を上げることが免疫力UPにつながり、生姜を上手に摂取することで免疫力UPに期待できるそうです。 生姜の成分のショウガオールが体を温めます。 加熱すると増えるため、生姜の温め効果を引き出す「生姜のポカポカ味噌汁」がおすすめです。 生姜のポカポカみそ汁の作り方! (1)しょうがを 皮付きのまますりおろす。 (皮の近くが栄養素が豊富です。 ) (2) しょうがのすりおろしは、水から入れます。 (3) だしや具材を入れます。 おすすめは、だしの素、玉ねぎ、インゲン豆、豆腐。 インゲン豆や豆腐は代謝を上げる助けをするビタミンB群が豊富です。 (4)沸騰したら火を止めてから、味噌を入れると、完成です。 食べた後、ポカポカして体温も上がってくるそうです。 これを毎日積み重ねることが体温UP&免疫力UPに期待ができます。 おなかの調子を整えて、免疫力UPする漬物!「三五八漬け」 腸活を教える料理教室の先生が教えるのは「 三五八漬け」です。 三五八漬け(さごはちづけ)は、福島県、山形県、秋田県などに古くから伝わる発酵食品で、塩、米麹、米の割合が3:5:8で入っています。 三五八漬けの素は、スーパーでも購入できます。 先生になる前の実体験。 ダイエットに失敗し続け、食事から変える必要があると気づき、腸に関して勉強した結果、 三五八漬けによって4カ月で10㎏も減量したのだそうです。 善玉菌の働きによって、腸内環境が改善。 免疫細胞が腸内に集まっているため、免疫力UPに期待ができます。 保存用の袋に食材と三五八漬けの素を入れて、もみ込むだけ。 冷蔵庫で一晩寝かせれば、完成です。 さらに、一押しの三五八漬けの食材が「 アボカド」です。 30分~1時間程度で漬かります。 アボカドは食物繊維が豊富で腸内環境改善につながり、ビタミンEが豊富で活性酸素を減らす働きに期待できます。 免疫機能UPに期待できます。 また、きゅうりに含まれているホスホリパーゼは、脂肪分解に関わる酵素で肥満予防効果に期待ができるので、ダイエットには きゅうりの三五八漬けもおすすめです。 最新情報!新型コロナウイルス対策は、肺や血管を強くすること!? 番組では、新型コロナウイルスと他の病気との関係を教えてくださいました。 脳梗塞とウイルス感染を同時に起こしたり、15歳以下の子供でも血管炎を引き起こしているそうです。 ウイルスが血管の中で炎症を起こし、血管の中に血の塊ができてしまうことが危険のようです。 血管炎が良くないので、肺と血管を強化することが大事。 また、ウイルス感染によって肺炎も引き起こすことが報告されているそうです。 肺と心臓は密接な関係で、心臓と肺を血液が行ききし、肺がダメージを負うと、心臓に酸素が行かなくなる、心臓が酸素が無いと心臓にダメージがあり、肺に血液を送り返せなくなる2つで1つの関係です。 一般的な成人病(生活習慣病)の糖尿病(2型)、高血圧、高脂血症の方は、血管へのダメージが上乗せされてしまうので、注意が必要なのと共に、 普段から血管を若く保つことが、今できる1番の予防策のようです。 最強の血管若返り法! 血管を若返らせることが、ハイリスクにならないための今できる1番の予防策です。 脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、認知症予防にもつながります。 1日2分でOK!家でできる簡単「血管ストレッチ」! 血管の病気のリスクを運動で減少する研究を行う医学博士の考案ストレッチです。 体が硬い人は、血管も硬くなっている可能性があるとのこと。 体が硬い人の方が、血管年齢が高かったデータもあるそうです。 しかし、何歳からでも血管を柔らかくすることはできるといいます。 それが「 血管ストレッチ」です。 通常のストレッチは筋肉を伸ばす運動ですが、血管ストレッチは、太い血管に刺激を与え、血流量を増やし、血管をしなやかにする運動のようです。 血管ストレッチのポイントは、下半身の太い血管を刺激し、全身の血流を良くします。 立ったままストレッチする足を1歩前に出し、両手をそのひざの上に置きます。 後ろ足を軽く曲げて腰を落とし、ひざ裏を伸ばす。 ひざの裏が伸びていることを意識します。 このまま30秒間キープし伸ばします。 反対の足も行います。 正座の状態から片方の足を立ひざをついて座り、少し足を開きます。 立ひざしている足の太ももを胸で押すように、体をゆっくり前に倒します。 この時、なるべくかかとは上げないようにします。 ふくらはぎが伸びていることを意識します。 このまま30秒間キープし伸ばします。 反対の足も行います。 この2つを合わせても準備含めて5分くらいでできます。 普段の食事にちょい足しでOK!万能血管若返り調味料!「酢」 お酢に含まれる酢酸は、血圧を下げる、血糖値を抑える、内臓脂肪を減らす、などの作用が確認されており、これにより動脈硬化の改善に期待され、血管の若返りに期待できるそうです。 お酢の1日の目安量は、大さじ1杯(約15ml)です。 摂り過ぎは胃を痛めることもあるので注意です。 酢酸菌は、 にごり酢、 黒酢、 バルサミコ酢に含まれています。 毛細血管の改善で、肩こり、冷え性、免疫細胞の改善につながる! 毛細血管は、加齢とともに無くなってしまいます。 しかし毛細血管をしっかりさせることで、加齢の時計を少し戻しながら、また遅らせることができるそうです。 毛細血管の血流が途絶えて見えないものを、ゴースト血管といい、毛細血管が無くなると、十分な酸素や栄養が届かなくなり、老廃物も排出されず溜まっていきます。 ゴースト血管によって、肩こりや冷え性が続くと、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、一番ひどいとガンにつながってしまうのだそうです。 ゴースト血管を改善するおすすめ食材は「 ヒハツ」。 沖縄ソーキそばにかけるスパイスです。 島コショウやロングペッパーは、このヒハツや同属別種のヒハツモドキなどを混ぜて作られる香辛料です。 ヒハツはコショウの代わりになり、ステーキを焼いたり、料理に使うのがよいそうです。 ヒハツの摂取目安量は1日小さじ半分(約1g)~小さじ1杯(約2g)以内が良いそうです。 10日間取り続けたところから、毛細血管が増えたり、太くなったりする傾向が見られた結果もあるようです。 最新情報!新型コロナウイルス対策は、粘膜を強くすること!? 新型コロナウイルスは、口、目、鼻などの粘膜から感染すると言われています。 その粘膜を強化することでウイルスの侵入を防ぐことはできないのか?を名医が答えます。 やはり1次防御としてとっても重要なのが、 粘膜の免疫なのだそうです。 粘膜には抗体があり、抗体はグルタミンとビタミンAなどから出来ているそうです。 さらに、粘膜とところに抗菌ペプチドを出していて、ウイルスにも有効な抗菌作用物質のため、抗菌ペプチドを増殖させるビタミンDが必要です。 なので、これらに必要な栄養素をしっかり摂ることが大切のようです。 重要なのは、「 タンパク質」「 ビタミンA」「 ビタミンD」です。 ビタミンDは免疫力を上げる栄養素で、ビタミンDが不足すると 乳 ガン死亡率は1. 7倍にもなるデータもあるそうです。 ビタミンDは毎日積極的に摂るべき栄養素のようです。 世界の医師たちが注目している栄養素「ビタミンD」! 最新研究にて、血中ビタミンDの濃度が上昇すると、何らかのガンの罹患リスクが下がるという報告もあります。 しかもビタミンDは、「 日光を浴びることで体内で作られる栄養素」です。 しかし、紫外線を気にしたり、日常で日光を必要なほど浴びることは、あまりありません。 そこで、ビタミンDを摂取できる最強食材がおすすめです。 それは、魚!しかも「 シラス」です。 しかし、シラスは加工の仕方でビタミンDの量が変わるのだそうです。 生シラスを釜茹ですると、 釜揚げシラス。 釜揚げシラスを20~30分天日干しすると、 シラス干しです。 さらに5~6時間天日干しすると、 ちりめんじゃこです。 この中でビタミンDが最も多いのは「 ちりめんじゃこ」です。 人間と同じように、太陽を浴びることでビタミンDが増えるのだそうです。 ビタミンDの量を比べると100gあたり、生シラス6. ビタミンDを効率よく摂取するおすすめレシピ ビタミンDは脂溶性の栄養素なので、 ごま油や オリーブ油と一緒に摂ることがおすすめです。 名医が勧める!血管を元気にする栄養素「ルチン 」! そして、血管改善に関して摂るべき栄養素が「 ルチン」です。 ルチンはポリフェノールの一種で、老化などによって硬くなった血管を柔らかくして、血管の若返りに期待ができます。 また抗炎症、抗酸化、肩こり解消、冷え性解消など期待できるようです。 ルチンをたっぷり含んだ最強食材は「 アスパラガス」です。 また、 5月に収穫されるアスパラガスは、他の季節に収穫させるものと比べて、ルチンが約4倍も含まれているそうです。 ただし、アスパラガスのルチンや豊富なビタミンCは、調理法によって台無しになる場合があります。 ルチンは長時間の加熱に弱く、ビタミンCは水溶性なので、「 2分ほど蒸す」がアスパラガスを無駄にしない食べ方になります。 新型コロナウイルスは、抗体ができたからと言って、免疫ができたとは限らない?再感染する? 免疫とは、自分と自分でないものを区別し、ウイルスや細菌のようなものが体に入ってくることを防ぐ、自己防御システム。 ウイルスなどの異物が入ってくると、やっつけるために抗体という武器のようなものを免疫細胞が作り攻撃します。 一般的にウイルスはよく変異するものなので、新型コロナウイルスもこれから変異していく恐れがあります。 すると、一度抗体ができたとしても、新たなウイルスによって、今の抗体が有効であるかどうかはわからないのだそうです。 では、どんなことに気をつけたらよいのか? それは「 普段から免疫力を落とさないことが大切!」。 今回の感染拡大を契機に意識して生活することが大切のようです。 「今」この時期だからこそ、「脳育」のチャンス! 家にいる時間が長くなると、脳の機能も衰えそう。 ふと思い出せなくなる言葉があったり。 今この時期だからこそ、最新医学でわかった!家や近所でできる!おすすめの脳育法があるそうです。 認知症の名医が考案!親指で超簡単!リズム脳トレ! 親指を刺激すると、脳がたちまち若返る!と名医は言います。 認知症は、物忘れより前に意欲が落ちてくるそうです。 リモコン操作や物を掴むなど、親指は何かをする時に(意欲のある行動をする時に)使うことが多い指です。 指は意識的に動かすと、血流がよくなり脳が活性化するそうで、とくに可動範囲が大きい親指を意識して動かすと、脳が活性化、認知症予防につながるのだそうです。 まず「 親指タッピング」 親指の腹で人差し指から小指まで順番にタッチしていく指運動。 親指に意識を集中しリズミカルに動かします。 指先どうしずれないようにしっかりタッチします。 1回5往復を目安に行います。 次に「 ピンピン刺激法」 両手をグーにして、右手は親指、左手は小指をピンと同時に伸ばします。 次にグーに戻し、今度は逆で、右手は小指を、左手は親指を同時にピンと伸ばします。 またグーに戻ります。 これを繰り返します。 最初はゆっくり10回。 慣れてきたらテンポを上げていきます。 左右別々の動きをすることで、脳を効果的に刺激します。 脳の働きに対して、手の割合はとても大きく、脳と手は深い関係があるそうです。 手を動かすことは脳の刺激につながります。 認知症の研究で、一番認知症になりにくいのが職人(手を動かす人)というデータがあるそうです。 この2つの指運動を、家事や仕事の合間などでやって脳を刺激しましょう! 散歩しながらできる脳の若返り法! 歩きながら脳育ができる方法です。 意識的にデコボコの道を歩く! 山登りなどのウォーキングは脳育になるそうです。 それは、岩っころとか木の根っこをよけながら、デコボコを足の裏で感じることが良いそうです。 舗装されていないデコボコ道を歩くように心がけると、自然と脳が体のバランスを取るように働き、同時に足の裏が刺激され、脳の活性化につながるのだそうです。 普段から五感を刺激する! 山道を歩くと、緑の匂いを感じ、自然に囲まれ、日頃眠っている五感を踊らせるようなところで散歩をするのが良いそうです。 また普段から意識することが大切で、光を浴びる、花の匂いをかぐ、鳥の鳴き声を聴く、など五感を刺激することで脳がドンドン活性化されるそうです。 必ず手書きでメモを取る! 散歩やウォーキング中も、普段の生活でもふと思ったことをメモを取ることが良いそうです。 人は、手を使うことで脳を進化させてきました。 手で書くことが大事なので、どんなこともいつでもメモを取る習慣をつけて、脳を刺激していきましょう! 物事はキリの悪いところでやめる! 目の前直前が頂上であっても、その前でやめることが、脳には良いそうです。 やり遂げるよりもずっと脳に刻まれます。 これは、ゼイガルニク効果を応用したものだそうです。 物事を達成する前にやめると記憶に残りやすく脳を刺激します。 わずか20秒!ツボ押しで脳の活性化! 人間には、全身に361ヶ所のツボがあります。 その中に脳を活性化させるツボがあるそうです。 そのツボは、顔にあります。 「 攅竹(さんちく)」というツボです。 まゆげの下のくぼみの一番内側のあたりにあります。 押す力はいた気持ちいくらいです。 ツボを20秒押した後から脳の血流が増えていきます。 この攅竹は、三叉神経さんさしんけいの近くにあり、三叉神経が刺激されたことで血流が増えて、脳が活性化すると考えられるそうです。 攅竹を刺激すると前頭前野が活性化し、暗算力がUPした研究結果もあるそうです。 ツボ押しをするおすすめのタイミング 勉強前にやると脳の血流が良くなり、記憶力UPが期待できる! 入浴時にやると、疲れ目や肩こりの解消に効果的です。 新型コロナウイルスの感染予防に有効な抗菌、除菌効果はあるの? ウイルスは私たち生きている細胞に入ってきて自分の遺伝子をコピーさせて増えていきます。 抗菌除菌商品はたくさんあるけども、抗ウイルス作用があるとは限りません。 商品のラベルに抗ウイルス作用と書いてあるものが良い。 また、アルコール70%以上とか次亜塩素酸ナトリウムという言葉があればウイルスにも有効と考えても良いそうです。 消毒用のアルコールが一番良いです。 もし、無ければ、市販の塩素系の漂白剤を0. 05%に薄めて使うと消毒ができるそうです。

次の

東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリル

最強 の 脳 トレ

【PR】 【初めての脳トレ】 脳トレはむずかしそうだし、続かないよね。 そんな人のためのアプリが開発されました。 物忘れに効く初めてのの脳ト)は、初めての人でも気楽に使える工夫がされてます。 脳トレは、ちょっとした空き時間に気軽に楽しめて、脳の働きに刺激を与えます。 【脳にいいアプリ】 このアプリを1カ月の間使い続けると、2個の効果が認められました。 ・脳神経細胞が加速化します。 2000人以上の結果を分析した) ・認知機能検査の点数が上がりました。 【PR】 【計算脳トレHAMARU】 テレビ東京系列のワールドビジネスサテライトで紹介された、頭が良くなる頭脳ゲームで、子供から大人まで、足し算と暗算で計算力がアップします。 脳トレでアルツハイマーや認知症の予防を考えている人には、オススメのアプリです。 このような人にオススメ) ・脳年齢が気になる。 ・ストレスを解消したい。 ・反射神経を鍛えたい。 ・脳を活性化させたい。 ・脳トレゲームが好きな人 認知症予防アプリとか、ぼけ予防に関心のある人にオススメです。 【タッチザナンバー】 1から25までの番号を押していくだけのゲームです。 友達とか、自己のタイムと競り合って、反射神経を鍛えながら楽しむ事が出来るゲームです。 ナンバーを順番に押していくだけなので、誰でも遊べる簡単な脳トレゲームです。 プチプチな感覚で、パネルをつぶしていって、タイムを競い合う周辺視野のトレーニングアプリです。 【PEAK ピーク)・脳トレ】 オススメのポイント) ・ミニゲームで遊びながら集中力や記憶力やコミュニケーション力や問題の解決力やマルチタスク力能力が鍛えられます。 ・ゲームで獲得出来たスコアが総合スコアとして、能力グラフで解説されて、スコアの推移とか今後強化していくところが分かります。 ・無料プランでは、1日に4種類のミニゲームが楽しめるので、ちょっとした空き時間の脳トレ-ニングに最適です。 【脳トレ、記憶トレ】 簡単なゲームで遊びながら、記憶力や注意力を鍛えるゲームアプリです。 だんだんと記憶力や注意力が向上する事で、とても楽しい時間を過ごすことが出来ます。 夢中になる記憶トレのために16ものゲームを提供しています。 記憶トレゲームの良い所) ・記憶力を向上させる簡単なゲームです。 ・記憶トレの最も手軽な方法です。 ・1日に2~5分程という短期間でトレーニングが出来ます。 ・ネットに接続がいらないので、通勤の電車の中でも遊べます。 どうしたら記憶を伸ばす事が出来るのか? 答えは簡単です。 アプリをインストールするだけで、毎日ゲームを遊びながら記憶のトレーニングが出来ます。 【みんなの脳トレ~脳年齢が分かる脳トレ、脳の若返りドリル】 あなたの脳はサビていないですか? 脳を若返りさせる簡単な脳トレで脳を活性化させませんか? シンプルで簡単な6っの脳を鍛える脳トレゲームが収録されているゲームアプリです。 収録されているゲーム) ・記憶力 0~9までの数字記憶ぞろえ ・判断力 パネルに表示されている数字を順番にタツチ ・観察力 1~25までの数字を順番にタツチ ・直感力 指示された秒数を頭で計測してタツチ ・反応力 じゃんけんで勝ちと負けとあいこをお題のとおりに出す ・計算力 初級レベルの計算問題 脳トレゲームに挑戦してみてみましょう! 【認知症予防アプリの脳トレ】 認知症予防アプリは脳トレニングとかテストのための雑学や豆知識が満載の無料アプリです。 ・物忘れ防止とか、脳年齢をチェックして、脳を活性化させるのに良いです。 ・認知症予防脳トレとして、役に立つおもしろい雑学の知識がクイズ形式で学べます。 誰かに話して楽しむのも、楽しませるのも良いです。 認知症予防の脳トレを楽しんで、雑学クイズをゆっくりと楽しんで頂きたいです。 【脳トレ】 硬くなった頭を柔らかくしませんか? 合計100問の問題を解くと脳が若返らせるのです。 遊び方) ステージごとに10問の問題を解きます。 「次のステージ」をタツチして、並べ替えの問題にチャレンジして行きます。 全問正解を目指して、頑張って行ってみましょう! 1,問題は最新で合計100問です。 ステージごとに問題が難しくなって行きます。 2,問題が正解すると「キ—ワ—ド」と「ポイント」がもらえます。 キ—ワ—ドは次のステージに進む時に必要になります。 ポイントはヒントを解放する時に使います。 3,問題が分からない時には、ヒントを積極的に使います。 頑張って、挑戦してみましょう! 【まとめ】 第2の人生を、考えられておられるシニアの方に、おすすめの厳選アプリの紹介をしました。 頭は、「使えば使うほど生き生きしてくるもの」と、言われています。 簡単に遊ぶことが出来るゲームなので、大いに頭を使いましょう。 楽しむ。 指先を使う。 それだけで充分です。 頭も健康を維持する事が出来る要素があります。 是非1度、楽しく遊んでみて下さいね! Ad-code to appear after your post content.

次の

無料のおすすめ人気脳トレアプリ5選!

最強 の 脳 トレ

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「」だ。 話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。 料金形態はダウンロード無料&アプリ内課金制 本作は,出題された問題に対し,画面内のタップやスワイプで正解を導くシンプルなクイズゲームだ。 問題文をよく読み,正解だと思ったものをタップしよう。 出題される問題はクセのあるモノが多い。 なかには,画面内のオブジェクトをスワイプで動かすことで,正解が表れるケースもあるのだ。 ヒントや正解を教えてもらう機能も用意されているので,どうしても分からないときは利用を検討するとよい。 これらの利用時に必要な「鍵」は,動画広告の視聴でチャージ可能だ。 脳トレというよりは一発ネタの問題が多く,正解が分かったときは「そう来たか!」と唸らされてしまうことも。 豊富なステージが用意されており,またアップデートでも随時追加されるので,クイズゲームが好きな人は挑戦してみよう。 スマートフォンならではのゲームや,一瞬で遊べてしまうゆるいゲームが大好物。 好きなゲームのジャンルはRPGとアドベンチャー。

次の