医療費控除 書き方。 確定申告での医療費控除の書き方や金額を徹底解説【完全版】

医療費控除の確定申告書の書き方、必要書類、自動計算機付き!

医療費控除 書き方

1120 医療費を支払ったとき(医療費控除) [平成31年4月1日現在法令等] 1 医療費控除の概要 その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記3参照)の所得控除を受けることができます。 これを医療費控除といいます。 2 医療費控除の対象となる医療費の要件• 1 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。 2 その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること(未払いの医療費は、現実に支払った年の医療費控除の対象となります。 3 医療費控除の対象となる金額 医療費控除の金額は、次の式で計算した金額 最高で200万円 です。 実際に支払った医療費の合計額- 1 の金額 - 2 の金額• 1 保険金などで補てんされる金額 (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。 2 10万円 注 その年のが200万円未満の人は、の5%の金額 4 医療費控除を受けるための手続 医療費控除に関する事項その他の必要事項を記載等して所轄税務署長に、確定申告書を提出するか、電子申告(e-tax)にて申告してください。 なお、給与所得のある方について、平成31年4月1日以後、給与所得の源泉徴収票は、確定申告書への添付又は確定申告書を提出する際の提示が不要となりました。 ただし、確定申告書を作成する際には引き続き給与所得の源泉徴収票が必要となりますので、税務署等へお越しになる際には忘れずにお持ちください。 (1) 平成29年分以後の確定申告書を提出する場合 医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成(注1)し、確定申告書に添付してください。 医療保険者から交付を受けた医療費通知(注2)がある場合は、医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を簡略化することができます。 なお、医療費控除の明細書の記載内容を確認するため、確定申告期限等から5年を経過する日までの間、医療費の領収書(医療費通知を添付したものを除きます。 )の提示又は提出を求める場合があります。 (注1) 経過措置として、平成29年分から令和元年分までの確定申告については、明細書を確定申告書に添付せず、領収書を確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することによることもできます。 (注2) 医療費通知とは、医療保険者が発行する医療費の額等を通知する書類で、次の全ての事項の記載があるもの(後期高齢者医療広域連合から発行された書類の場合は を除く。 )及びインターネットを使用して医療保険者から通知を受けた医療費通知情報でその医療保険者の電子署名並びにその電子署名に係る電子証明書が付されたものをいいます。 被保険者等の氏名 療養を受けた年月 療養を受けた者 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称 被保険者等が支払った医療費の額 保険者等の名称 (2) 平成28年分以前の確定申告書を提出する場合 医療費の領収書を、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。 5 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例) 平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、自己がその年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種などを行っているときは、通常の医療費控除との選択により、その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額 保険金等により補填される部分の金額を除きます。 のうち、1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)を控除額とするセルフメディケーション税制 特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例 の適用を受けることができます。 所法73、120、措法41の17の2、所令262、所規47の2、措令26の27の2、措規19の10の2、所基通73-1〜10、平成29年改正法附則7、58 参考: 関連コード• 1122• 1124• 1126• 1128• 1129• 1131• 1132• 1133• 1134• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

【2020年確定申告】医療費控除|書き方や必要書類、明細書を解説

医療費控除 書き方

1年間で使った医療費と所得税率ごとに還付金がいくらになるかシミュレーションをしてみたよ もし自分の所得税率が分からない方は、先に「」で所得税率を確認しておくと把握がスムーズです。 縦方向に1年間で使った医療費を、横方向に所得税率を置いています。 あなたの医療費と所得税率を当てはめて、表のクロスする部分が医療費控除で還付される金額になります。 医療費控除の対象• 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価 (健康診断の費用や医師等に対する謝礼金などは原則として含まれない)• 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価 (風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となるが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費とならない)• 病院、診療所、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の対価• あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価 (疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれない)• 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価 (この中には、家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話に対する対価も含まれるが、所定の料金以外の心付けなどは除かれる。 また、家族や親類縁者に付添いを頼んで付添料の名目でお金を支払っても、医療費控除の対象となる医療費にならない)• 助産師による分べんの介助の対価• 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価• 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額 などなど 参考: 基本的に病院で 「保険が効いて自己負担3割になるもの」は、医療費控除の対象になると思ってだいじょうぶです。 「これは医療費控除の対象になるんだろうか」と迷ったときは、以下の確定申告書コーナーのページをのぞいてみてください。 参考: 具体例を交えて、比較的わかりやすく紹介してくれているのでピンとくるものがあるかもしれません。

次の

確定申告での医療費控除の書き方や金額を徹底解説【完全版】

医療費控除 書き方

この記事では 医療費控除の明細書の書き方について書いていきます。 …と、言うことで札幌西税務署にて 医療費控除の明細書の書き方をみっちり聞いてきましたのでこの記事でシェアしていきます。 医療費控除とは1年間で支払った医療費10万円以上の部分を控除する仕組みです。 所得が200万以下の人は5万とか所得が低ければ低いほど控除される範囲が大きくなるようになってるのですが…。 ただ単純に1年間の医療費を足して10万以上なのかって訳じゃないんです。 などなど、一番知りたい事が分かるのが、この 医療費控除明細書なのです。 この医療費控除明細書に 順番に指示通り金額を入れていくと、 自分はどのくらい控除されるのか、そもそも控除してもらえるのかが最終的に分かる仕組みになっています。 この記事ではその書き方をしっかりレポートしていきます。 あ、 医療費控除の明細書を書くにあたり… 源泉徴収票と健康保険会社から送られてくる 医療費のお知らせは、必須ですので…書く前に用意しておきましょう! 目次• 医療費控除の明細書 書き方 明細書の全貌 医療費控除の明細書のがこちらです。 医療費控除の明細書はご覧のように大きく3つに分かれています。 医療費通知に関する事項 2. 医療費(上記1以外)の明細 3. 控除額の計算 となっています。 それでは 1つづつ解説していきます。 医療費控除の明細書 書き方 1. 医療費通知に関する事項 自分の住んでる住所と名前を書いたら、、、早速…1つ目は 医療費通知に関する事項です。 右側のしかくの部分に記載していきます。 ここは医療費のお知らせを準備して金額を書いていきましょう 医療費控除の明細書 書き方 医療費通知に記載された額の欄 まずは左側の『 1 医療費通知に記載された額』は、 年イチで送られてくる 『医療費のお知らせ』の合計額を書きます。 医療費のお知らせのページ 協会けんぽの医療費のお知らせでいうと、こちらの数字を書きます。 医療費控除の明細書 書き方 年中に実際に支払った医療費の額の欄 次に真ん中の 『 2 1 のうちその年中に実際に支払った医療費の額』とは、自分が実際に支払った金額を書きます。 こんな感じです。 ただ、 医療費控除は その年の1月1日から12月31日までの期間にかかった医療費が該当します。 なので… ちょっとした 差が出てしまうんです。 こんな感じで。。 …と言う事で 『 2 1 のうちその年中に実際に支払った医療費の額』には前年の10月11月12月分を差し引いた金額を書きます。 例えば 医療費のお知らせの合計が277491円で、そのうち例えば 前年の10月11月12月分の医療費が22000円だとしたら 277491円-22000円= 255491円と書きます。 医療費控除の明細書 書き方 (3)のとこ 右側の『 3 2 のうち生命保険や社会保険などで補てんされる額』とは、例えば生命保険の入院給付金などがあればその額をここに書きます。 あと、 私が医療費控除を受けれなかったドジっぷり記事はこちらにまとめてます。 医療費控除の明細書の書き方 2,医療費 上記1以外 の明細 医療費控除の明細書の真ん中に一番大きなスペースをとってる 2,医療費 上記1以外 の明細には、ひとつ前の 左側で書いた『 1 医療費通知に記載された額』 以外の額を書いていきます。 具体的に言うと、 10月1日から12月31日までの 2ヶ月分の医療費をこちらに書いていく事になります。 なので、10月1日から12月31日までの医療費を 領収書を見ながらここにひとつひとつ書く事になります。 で、行ごとに書いていき最終的に下で集計します。 表で言うところの『2つの合計』 ウ とエですね。 で、すぐ下の 『医療費の合計』A Bも足し算して埋めていきます。 この 医療費控除の明細書は 非常に良くできていてここをしっかり埋めて 次の章につながっていきます。 医療費控除の明細書 書き方 3,控除額の計算 『3,控除額の計算』は、今まで書いた内容を書き移す感じで埋めていきます。 一番上の『支払った医療費』は、先ほどのAの額を書き写します。 次の 『保険金などで補てんさせる金額』は、先ほどのBの額を書きます。 3行目の差引金額はまさに上の差し引きした金額を書きます。 4行目の 『所得金額の合計額』欄は源泉徴収票の 『給与所得控除後の金額』を書き入れます。 あとは随時計算してEFGと書き入れていきます。 医療費控除の明細書 書き方 | まとめ いかがでしたか。 医療費控除の明細書 書き方と言うことで、まとめてみました。 途中でも書きましたがこの明細書、非常に良くできていていまして、指示通り順番に書いたり計算していけば最後のところで控除すべきかどうかが分かるようになっています。

次の