昭和 レトロカー 万博。 「昭和レトロカー万博2019」@rubiのブログ | @rubi

ベレットのカスタム投稿画像!オーナーによるいすゞ ベレット GT type R(後期) 1971年(昭和46年)のカスタム情報|車のカスタム情報はCARTUNE

昭和 レトロカー 万博

超マニアック!? 「昭和レトロカー万博2019」開催 厳選された、なつかしいレトロカー200台が大集結する「昭和レトロカー万博2019」が2019年11月17日、大阪市南港特設イベント会場(大阪市住之江区)にて開催される。 昭和レトロカー万博2019は、200台の選び抜かれた希少なレトロカーが展示される、大阪南港で初開催のイベントである。 古き良き昭和をなつかしみ、レトロカーオーナーと来場者が交流できる。 若年層のクルマ離れが叫ばれる中、あらためて昭和に活躍し人気を博した車たちを愛で振り返りつつ、日本の誇る「クルマ文化」を子や孫の世代に継承することを目指すイベントだ。 普段はなかなか見ることのできないマニアックな特殊車両や働くクルマも展示され、大人から子どもまで家族連れで楽しめる。 またフリーマーケット&企業ブースがギッシリ並び、貴重な絶版パーツ、古書、歴史資料をはじめ、各種グッズやミニカーなどの展示即売も行われる。 超貴重な国産・輸入クラシックモデルの厳選されたクラシックカー200台がずらりと展示される。 1985年以前に生産されたノスタルジックな想いに浸れる「味のある貴重なレトロカー」たちが勢揃いする昭和レトロカーエリアと、1986年以降に生産された、今では数えるほどしか現存しない稀少珍車が集まるマニアックカーエリアが競演。 「もう一度見てみたい」「生で見たかった」「こんなの見たことない!」など、驚きに満ちた体験ができること間違いなしだ。 珍車に名車が大集合! 世界で1台の貴重なクルマも 特別展示車両として、珍車に名車、至宝にキワモノ、激レア車両を間近で見られる大チャンス! 世界で1台だけの試作車「トムス エンジェル」をはじめ、日本で初めて軽自動車規格の四輪車を製造したメーカーでもあるオートサンダル社の幻の車両を2台展示する。 またホンダS600をベースにカロッツェリア・ワタナベデザイン製「グリフォン」やいすゞ+富士重工業ボディーベースの廃路線バスを改造して造られた「移動式ライブバス」の展示など、博物館級の車両が一堂に会する貴重な機会だ。 不正改造車両や違法駐車は取締の対象となり厳しく罰せられます。 楽しくイベントを続けていくために皆さまのご協力をお願いいたします。

次の

昭和レトロが再ブーム到来!タピオカに負けない喫茶店ドリンクとは?令和時代に大ヒット?!

昭和 レトロカー 万博

古き良き昭和をなつかしみ、レトロカーオーナーと来場者が交流できます。 若年層のクルマ離れが叫ばれる中、新元号になった2019年の秋に、あらためて『激動の昭和』に日本で活躍し人気を博した車たちを愛で振り返りつつ、日本の誇るべき「クルマ文化」を子や孫の世代に継承することを目指しております。 普段はなかなか見ることのできないマニアックな特殊車両や働くクルマも展示され、大人から子どもまで家族連れで楽しめます。 フリーマーケット&企業ブースがギッシリ並び、貴重な絶版パーツ、古書、歴史資料をはじめ、各種グッズやミニカーなどの展示即売も行われます。 秋空の下、家族みんなで「クルマ文化」を共有・体験してみてはいかがでしょうか。 1985年以前に生産されたノスタルジックな想いに浸れる「味のある貴重なレトロカー」たちが勢揃いする昭和レトロカーエリアと、1986年以降に生産された、今では数えるほどしか現存しない稀少珍車が集まるマニアックカーエリアが競演!「もう一度見てみたい」、「生で見たかった」、「こんなの見たことない!」そんなあなたのクルマへの夢がきっと叶います。 PR 【超マニアックな車両展示エリア】 特別展示車両として、珍車に名車、至宝にキワモノ、激レア車両を間近で見られる大チャンスです!世界で一台だけの試作車「トムス エンジェル」をはじめ、日本で初めて軽自動車規格の四輪車を製造したメーカーでもあるオートサンダル社の幻の車両を2台展示、ホンダS600をベースにカロッツェリア・ワタナベデザイン製「グリフォン」、いすゞ+富士重工業ボディーベースの廃路線バスを改造して造られた「移動式ライブバス」の展示など、博物館級の車両が一堂に会します。 【お買い物・飲食エリア】 フリーマーケット&企業ブースが多数出店。 レトロカーの販売はもちろん、カー用品、アクセサリー、部品、ケミカル、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌、カタログなどお買い物を存分に楽しめます!キッチンカーの出店もあり飲食も楽しめます。 【ステージエリア】 オーナーや開発デザイナーによるトークショー・名人による実演技術デモンストレーション・アワード車両の表彰コーナーなどを予定しております。 PR 【家族で遊べるエリア】 飛行機型のユニーク車両や映画で観たあの名車への搭乗体験をはじめ、子どもが喜ぶアトラクションも充実しております。 「家族で思いっきり一日を楽しめるクルマイベント」です。 不正改造車両や違法駐車は取締の対象となり厳しく罰せられます。 楽しくイベントを続けていくために皆さまのご協力をお願いいたします。 普通車1,000円/1日・大型車 2,500円/1日 PR.

次の

「昭和レトロカー万博2019」@rubiのブログ | @rubi

昭和 レトロカー 万博

ピアドルの車担当・月野イチオシのイベント 200台の選び抜かれた希少なレトロカーが展示される「昭和レトロカー万博2019」が17日、大阪市南港の特設会場で開催される。 イベントのコンセプトは「令和となった今、改めて『激動の昭和』に日本で活躍し人気を博した車たちを愛でつつ振り返り、日本の誇るべき『クルマ文化』を子孫に継承することを目指す」というもの。 見どころは4つ。 【1=四輪車両展示エリア】1985年以前に生産された「昭和レトロカーエリア」と、86年以降に生産され今では数えるほどしか現存しない希少珍車が集まる「マニアックカーエリア」が競演。 超貴重な国産・輸入クラシックモデル200台がずらり展示される。 【2=超マニアックな車両展示エリア】世界で1台だけの試作車「トムス・エンジェル」をはじめ、日本初の軽自動車規格の四輪車を製造したオートサンダル社の車両2台…など博物館級の車両が一堂に会する。 【3=買い物・飲食エリア】。 フリーマーケット&企業ブースが多数出店。 レトロカーの販売はもちろん、カー用品、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌、カタログなど、ここでしか手に入らない商品が見つかるかも。 キッチンカーの出店もあり飲食も楽しめる。 昭和のレトロカーが多数出展される 【4=ステージエリア】。 オーナーや開発デザイナーによるトークショーや、名人による実演技術デモンストレーション、アワード車両の表彰コーナーが予定されている。 ピアドル(PRアイドル)の車宣伝担当の月野夏海(28)は、同イベントのチラシを見ただけで大興奮。 「昭和のレトロカーには、今の車にない温かみや美しさ、そして強烈な個性があるんです。 オーナーの愛情も車を見ればすぐに分かります」とコメントした。 大人から子供まで家族連れで楽しめるイベントなので、ぜひ足を運んでほしい。 【イベント概要】 ・主催=昭和レトロカー万博実行委員会。 問い合わせ=TEL03・3552・8088(平日午前10時~午後5時)。 激レア車を生で見られる大チャンス!! ・日時=11月17日(日)午前9時30分~午後3時30分。 ・会場=大阪市南港特設イベント会場(国際フェリーターミナルトレーラー車整理場)。 ・入場料=当日券・一般(中学生以上)1800円。 前売券 一般(同)1500円。 小学生以下は無料。 障がい者手帳などを持っている人は、当日券売り場で提示すると本人と付添人1人まで無料で入場できる。

次の