ホンダ n wgn カスタム。 【簡単検索】車のカラーナンバー早見表: 【色番号】ホンダ N-WGNカスタムのカラーコード

N-WGNカスタム(ホンダ)の中古車

ホンダ n wgn カスタム

脱オラオラ顔が逆に個性的 派手で厳ついオラオラ顔は軽自動車にまで浸透してきているが、N-WGNはあえて採用せず、丸目を基調としたフロントマスクで落ち着いた雰囲気に仕上げている 同門のN-BOXが圧倒的に支持されているのに対し、N-WGNの初代モデルもそれなりに売れたものの、いささか存在感が希薄だったのは否めない。 ところが新しいN-WGNは、あまり印象に残らなかった初代とは打って変わって一気にキャラが立った。 丸目のヘッドライトが印象的なN-WGN、上質で力強い雰囲気のN-WGNカスタムともども、いずれも積極的に選びたくなるものを身につけた。 極力ラインを廃しつつも表情豊かに造形されたボディは、スッキリと見えながらも室内の広さを想起させる。 リアから見るとウェストラインの高さが強調される。 しかし乗り込んでも圧迫感はなく、運転席、後席ともに視界は広い 毎日の生活が楽しくなる N-WGNではブラウン、N-WGN カスタムではブラックを基調にまとめられたインテリアは、初代よりも大幅に引き上げられた質感の高さにも驚かされる。 室内空間は充分に広く、充実した装備やいたるところにくまなく設けられた収納スペースにより機能性も高い。 エクステリアに負けず劣らずシックで落ち着いた雰囲気に仕上げられているインテリア。 メーターパネルも視認性がよく運転していても安心 燃料タンクを前席の下に収めた独自のセンタータンクレイアウトによる低床の優位性をより活かすべく、荷室開口部の下端の高さが低められたことで、重い荷物や高さのある荷物を載せやすくなったのも特徴だ。 加えて、付属のボードにより上下2段に積み分けることもできるようになったのも新しい。 ボードを残したままリアシートを倒せば上段の奥行が増したり、ボードをリアシートの背面に収納すれば高さが増すなどシーンに合わせてアレンジできるので、毎日の生活で使うにも重宝しそうだ。 ラゲッジは付属のボードにより上下2段に分けられていて、積み荷の大きさ、種類などにより多彩なアレンジが可能。 これはかなり使える すべての乗り手に優しい設計 もうひとつ特筆すべきは、ドライビングポジションだ。 ペダル配置等が適正化されたことも効いてか、シートに座った瞬間からしっくりくる。 立体的な形状のシートの着座感も上々で、N-BOXのようにアップライトではないが、細められたピラーや低いダッシュにより視界も良好だ。 低く抑えたサイドシルや座面高により乗降性もよい。 ドラポジのよさは特筆。 ホンダの軽自動車としては初めてステアリングにテレスコピック機構が与えられた。 今後ホンダの軽に順次採用されるはずだ さらには、ステアリングにチルト機構に加えてホンダ軽として初めてテレスコピック機構が与えられたことで、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるようになったのもポイントだ。 軽自動車はおしなべて小柄な人向けに設定されていることが多いのだが、これにより身長の高い人でもちょうどよく調整できるようになった。 意のままに操れる悦び 発進時から加速時、低速走行時、コーナリング時などすべてのシーンで軽自動車としては驚異的なスムーズさを見せる。 それによる走りの質感は高い ドアを閉めたときの音も、もはや軽自動車とは思えないほどで、走る前からいろいろ驚かされたわけだが、走らせてみてさらに感心させられた。 第一印象としては、アクセル、ブレーキ、ステアリングのどの操作に対しても、極めてスムーズに応えてくれるということに感心した。 ギクシャクしたり、唐突に動いたりすることもなく、いたって素直に反応して、なんら気になるところがない。 これが本当の、よくいう「意のまま」の走りそのものだと思えたほどだ。 NAとターボ、どっちにするか? N-BOXと同じエンジンを搭載するが、重心が低く、車重も軽いため走っていて気持ちいい。 旧型も走りのバランスに優れていたが新型はさらに進化している エンジンは、無論ターボのほうがずっと力強いが、自然吸気もなかなかのもので、市街地はもとより都市高速程度であればストレスを感じることなく走れる。 上まで回しても騒々しく唸ることもない。 自然吸気でも充分な動力性能を得ることができているのも競合勢に対する優位点のひとつといえる。 いっぽうでターボも他社では低回転域の特性がリニアでなく扱いにくいため市街地には適さないものも見受けられるが、N-WGNはそんなこともない。 より高い動力性能の望むなら迷わずターボを選んでよい。 欲をいうと、若干見受けられたザラつき感が解消されるとなおよいかなと思う。 フットワークの軽快感はN-BOXを超えた!! ターボの動力性能は魅力的で、特に高速道路を走行している時の加速感、安定感は抜群。 高速でのロードノイズもほとんど気にならないくらいの静粛性もすばらしい その走りのよさに少なからず効いているのが、CVTの「Gデザインシフト」だ。 これは走行状況に合わせてシフトを最適に制御してアクセル開度にリニアに反応させるというものだが、まるでドライバーの気持ちを読み取ってくれるかのよう。 おかげでとても自然な感覚でリズミカルに走れる。 新型N-WGN専用に味付けされているGデザインシフト。 Dレンジの下はLレンジではなくSレンジにされているのに注目。 スポーティな走りには打ってつけ また、CVTのLレンジがSレンジとされたことで、降坂など特殊な状況だけでなく、ちょっとスポーティに走りたいときなどより多くのシーンで使えるようになったのも新しい。 開発関係者によると、CVTの制御がハンドリングにも少なからず影響することを重視して、N-WGNではそれぞれが持ち場を超えてテストコース等に赴いて協業で走りを煮詰めたとのこと。 その成果は明らかで、楽しみながら作業を進めることができたという。 その甲斐もあって、フットワークの仕上がりも素晴らしい。 ドアの開口部が広くドアも大きく開くので、子どもやお年寄りにとっても優しい設計がされている。 このあたりの配慮がうれしい スーパーハイトワゴンのN-BOXがあれだけよくできていて、それよりも軽くなって重心高も低くなり、後発ゆえ熟成も進むため、N-WGNには相当に期待できそうだと思っていたところ、まさしくそうであったことを、あらかじめお伝えしておこう。 N-BOXとの違いとしては、フロントのサイドフォースキャンセルスプリングの採用が挙げられる。 実はN-BOXでも少しだけ行なっていたそうだが、N-WGNではより理想に近い形で採用することができたとのことで、これによりフリクションが低減して快適性が増していることは明らかだ。 14インチ仕様と15インチ仕様はどう違う? 14インチ仕様と15インチ仕様では乗り味の方向性が微妙に異なるが(2WD車)、それぞれよさがある。 いずれもとても上質で快適に仕上がっている点では共通するが、14インチ仕様はより乗り心地がソフトでしなやか。 操舵に対する動きも極めて素直で、動きが掴みやすい。 ロールもそれほど大きくなく、フラット感もそこそこある。 ごく普通に走るぶんには、なにも気になることがない。 新型N-WGNの月販目標は7000台だが、デビュー2週間で2万台強を受注。 N-BOXとは違い標準タイプの人気もかなり高いという(手前がカスタム、奥が標準) 対する15インチ仕様は、走りを楽しんでほしいという主張を感じる。 14インチ仕様と比べると引き締まった味付けで、リアにもスタビライザーが付くのでロールも小さく、ステアリングにも手応えがあり、より俊敏に小気味よく走れる。 高速巡行時の直進性やスタビリティの高さも軽自動車の常識を超えている。 さらには、後席の快適性もなかなかのものだった。 軽自動車ではたとえ室内空間の広いスーパーハイトワゴンでも後席の乗り心地があまりよろしくないものも見受けられるところ、N-WGNはシートの造りもよく、快適性が充分に確保されている。 ここまでできているクルマはなかなかない。 新型N-WGNはシートにこだわったというが、フロントシート、リアシートとも座面、シートバックとカラダがフィットして快適 最新の安全装備がてんこ盛り 全車標準装備とされた「ホンダセンシング」についても、既存の8つの機能に加え、後方誤発進抑制機能やオートハイビームを装備したほか、「CMBS(衝突軽減ブレーキ)」を軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応させたり、街灯のない夜間の歩行者も検知できるようにするなどさらに進化し、より安心して運転できるようになったこともお伝えしておこう。 加えて、ホンダ軽として初となるオートブレーキホールド機能が採用されたのもありがたい。 相変わらずセンスのいいところを見せる 思えば現行型のN-BOXが登場した時も、その完成度の高さには度肝を抜かれたものだが、新しいN-WGNがさらに上を行くのは充分に予想できたとはいえ、その上がり幅は想像をずっと上回るものだったことに驚かされた。 見た目もよりキャッチーになったことで、おそらく初代のように埋没することもない。 N-BOXとともに軽自動車界の風雲児となることに違いない。

次の

【ホンダ N

ホンダ n wgn カスタム

二代目ホンダN-BOX 二代目N-BOXに初めて試乗した時の衝撃は、今でも忘れられない。 ホンダが軽自動車市場において地に墜ちた存在感を回復するため2011年12月に発売した初代N-BOXは、すべてのコンポーネンツを刷新。 軽自動車では今なおトップの2520mmという長大なホイールベースを確保しつつ、センタータンクレイアウトを採用するなど、スペース効率を極限まで追求したホンダお得意のパッケージングを武器にして、たちまち軽自動車のベストセラーとなった。 にも関わらず、ホンダは2017年9月に発売した二代目N-BOXより、大半のメカニズムを見直し。 その結果として、燃費、加速性能、静粛性、予防安全性能は劇的に進化するとともに、並の高級車を遥かにしのぐほどフラットな乗り心地を手に入れていた。 これによって軽乗用車のベンチマークが大幅に引き上げられ、他の軽自動車メーカーも追従して主要メカニズムを刷新せざるを得なくなったのは記憶に新しい。 喜び勇んでテスト車両に対面すると、その第一印象は「良くも悪くもシンプルになっている」というものだった。 初代ホンダN-WGN ホンダ車のエクステリアデザインは、2013年9月デビューの三代目フィット以降、要素が多く煩雑なものが大勢を占めていたが、新型N-WGNでは一転して、分割線やプレスラインの少ないスッキリしたものに。 その傾向はサイドビューが特に顕著で、ウェッジシェイプに台形状の黒いガーニッシュを施していた2013年11月発売の初代N-WGNとは文字通り隔世の感がある。 極力要素が少なく美しいデザインを至上とする筆者としては、これはもちろん好ましい変化だ。 新型ホンダN-WGNの運転席まわり だがインテリアは、単純に質感がグレードダウンしている。 二代目N-BOXと見比べても、メーターがN-VANに準じたものになった以外は、加飾パネルの面積やインパネ下部およびドアトリムの色使い程度にしか違いは見られない。 だが、そのわずかな違いが確実に「N-BOXより安いクルマ」なのだという印象を、ショールームへ足を運んだユーザーに与えることだろう。 新型ホンダN-WGNのフロントシート。 運転席ハイトアジャスターの調整しろは50mm その一方で乗降性は、劇的に進化した。 特に後席は、初代N-WGNが後端上部を斜めに切り、わざわざ頭を入れにくくしていたのに対し、新型では最大限後ろまで伸ばしたスクエアな開口形状に。 サイドシルとフロアの段差も限りなくゼロに近くなった。 その結果、二代目N-BOXと比較しても、115mm低い全高の不利を補って余りあるほど乗り降りしやすいものに仕上がっている。 なお、この印象は前席でも変わらず、腰痛持ちの筆者でも労なく座ることができた。 ドライビング環境の改善イメージ図。 アクセルペダルとブレーキペダルの段差も初代より5mm詰められている ブレーキペダルの新旧比較図。 新型にはリンク式が採用され、足の動きとのズレが解消されている また、ステアリングにチルト(上下)のみならずテレスコピック(前後)調節機能も備わり、かつペダルのレイアウトや機構が改善された。 コスト削減と居住空間拡大のためドライビング環境が犠牲にされやすい軽自動車にあって、不自然な姿勢や身体の動きを強要されずに済むのは、地味ながら大きな美点だろう。 ただしシートサイズそのものは、二代目N-BOXと全く変わらず、身長176cm・座高90cmの筆者にはやや小ぶり。 クッションは表面が柔らかく奥はコシがあるためフィット感には優れるものの、ファーストカーとして使うにはもう一回りサイズアップしてほしい所だ。

次の

ホンダ N

ホンダ n wgn カスタム

車種の特徴 ホンダの「N-WGNカスタム」は、際立った外装やゴージャスな雰囲気の内装、様々な専用装備を備えた軽自動車で、2013年11月に初登場しました。 この車両は「最強欲張りハイトワゴン」をコンセプトに第4弾のNシリーズとして「N-WGN」と共に販売され、単なるスペックや装備品の充実だけでなく、1歩先の満足感を目指して開発されました。 なお、2015年には、一部のグレードで、「2015年度新税制基準」を達成し、エコカー減税の免税対象車となっています。 2016年6月発売モデルとして設定されたのは、標準仕様の「G」、最上級仕様の「G・ターボパッケージ」、充実装備の「G・Lパッケージ」などのグレードです。 今回、新たにエクステリアにはクロームメッキ・フォグライトガーニッシュ&LEDフォグライトや新作のメッキグリルを採用した他、インテリアにはLEDルームランプを装備しています。 なお、このクルマのボディーカラーは全7色が用意され、新色として「シャイニンググレー・メタリック」が設定されています。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 65. 8〜 151. 8万円 - - - - - - - 29. 9〜 148万円 151万円 26. 8〜 137万円 161. 5万円 26. 9〜 149. 8万円 164. 5万円 24. 8〜 158万円 158万円 26. 8〜 138万円 165万円 24. 9〜 139. 9万円 162. 1万円 26. 7〜 138万円 163. 9万円 26. 8〜 144. 8万円 170. 4万円 23. 8〜 159. 8万円 164. 5万円 26. 8万円 164. 5万円 26. 5万円 172. 9万円 23. 9〜 154. 8万円 172. 9万円 23. 9〜 154. 9万円 167. 3万円 25. 7〜 198万円 175万円 25. 8〜 192. 5万円 182. 7万円 23. 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 29. 9〜 159. 8万円 159. 9万円 24. 8〜 154. 8万円 172. 9万円 23. 9〜 198万円 161. 7万円 29. 9〜 188万円 175万円 25.

次の