止まれない今も。 新しい「止まれ」案がイケてない理由 「左右のつぶれ」に落とし穴…

6781c. 車は急には止まれない

止まれない今も

道路標識の「止まれ」が変わることを知っていますか?今までのデザインに「STOP」を英文で併記する改正案が検討されています。 2020年の東京五輪で日本を訪れる外国人にもわかりやすいようにするためです。 しかし、フォントの専門家からは「一目ではわかりづらい」という疑問の声も出ています。 いったい、何が問題なのでしょう? 新しい「止まれ」 東京五輪へ準備 「止まれ」の標識は、見落とすと大事故につながる恐れが高いものです。 2020年の東京五輪で外国人が訪日するのに備えて、昨年末に警察庁が改正案を発表しました。 「止まれ」の標識のデザインは、海外では八角形が主流ですが、日本では逆三角形です。 警察庁の改正案では、今まで使われてきた逆三角形のデザインを維持した上で、日本語の「止まれ」の文字の下に「STOP」が記されています。 警察庁は中国や韓国、台湾からの訪日外国人にアンケート調査するなどし、このデザインに決めたといいます。 今後は更新時期を迎えた「止まれ」から、新しいデザインに変えていくとしています。 欧文書体デザイナーの小林章さん 小林さんはドイツ在住で約20年、見やすい欧文フォントを研究してきました。 わかりづらいと考えるのは、2つの理由からといいます。 (1)もともとのフォントの幅を狭くしており、縦横のバランスが崩れて、視認性が落ちている。 (2)使っているフォントの視認性が悪く、もともと公共サインに向かない。 小林さんは「サインは真正面から見ることはありません。 斜めから見たりしたら、もっとわかりづらくなってしまう。 交通標識の「止まれ」に関しては、認識が少しでも遅れたら、命に関わりかねない。 悪条件下でも読みやすいものを」と警鐘を鳴らします。 警察庁は取材に対して、「英字の大きさや配置のバランスが異なる複数のレイアウト案を用意し、文字の見やすさやバランスの良さについての視認性試験を行い、最も見やすくバランスのいいものを選定しました」と話します。 現在、最終的な改正に向けて検討を続けているそうです。 英文が左右につぶれて、わかりづらくなっている公共サインの例 出典: 小林章さん撮影 一方で、小林さんが仕事をしているドイツには、文字に配慮をする文化が根付いているそうです。 工業規格には、文字の大きさや太さ、文字の形、文字間の距離まで、明確に規定されているといいます。 「その規格を読むと、サインに書かれた文字をすぐに読み取るために、何が必要なのかを読み手の立場に立って徹底して考えていることがわかります」と話します。 「よく日本はおもてなしの国と言われていますが、文字から見ると決して外国人に優しいとは言えません。 文字というのは、見やすさで安心も提供するもの。 日本を訪れる人にとって、優しい公共サインとは何かを多くの人に考えて欲しい」と話しています。

次の

6781c. 車は急には止まれない

止まれない今も

意識が薄れゆく ーXXX... キミは、私の... ー そんな中で聞こえたのは、優しい... あ、ノ... ひto之、。 弧、えゑ絵eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee...... ERRO、発声機能及ビ記憶媒体部、損傷深刻 全体出力、著シク低下... 残リ、10%未満... 緊急用、省電力モード... 作動 「... む、今日は良く反応する」 特に力も入れず、両の手に握った二つのロッドが忙しなく動きを見せる。 最近では一番の反応... 趣味とは言えど、ここまでになると心が踊る。 まぁ、今まで見つけてきた殆どがガラクタと言って差し支えのないモノばかりだけれど... ここ、無縁塚は幻想郷の中でも随一の危険地帯とされている。 周りを覆う結界の綻びがあり、酷く不安定な場所だ。 まぁそのおかげで外界から珍品が流れ着いてくるのだけど... 「ん?... あぁ」 ぐちゃり、となにか水っぽい音を踏み鳴らしてしまい足を止める。... あぁ、少しダウジングに夢中になってしまったようだ。 目にすれば嗅ぎ慣れた腐臭がより鼻を突く。 正直、良いものではないけれど... 「ほら、食べておいで」 腕にかけていたバスケットから数匹、腹を空かせた私の仲間たちが飛び出して行く。 昨日は他に盗られてしまってありつけていなかったからか、どこか嬉しそうに見える 外来人、外界から入り込んできた人のことを指す。 なに、珍品が流れ着いてくるんだ。 人が流れ着いてもなんらおかしいことはない 未だに神秘が生きる最後の楽園。 それが人に仇成すか否かは基本は後者だ。 ただ、ここは幻想郷屈指の危険地帯。 理性無き妖怪には、餌と見なされるのが道理と言ったところだろう 私が足蹴にしてしまったのはその成れの果て。 既に殆どが魑魅魍魎の腹の中、その残りのようなもの 私は構わないが、肉食のこの子たちはそういう訳にもいかない。 そう考えるとこの無縁塚は、私たちにとって都合の良い場所かもしれないな 「ん、ちゃんと良く噛んで食べたのかい?」 ちゅー、と声を上げバスケットに戻ってくる仲間たち。 流石に早くないかい?と考えるも、しっかり残さず食べ終えたようだ。 もう少しゆっくりでも、誰も横取りはしないだろうに... その場に膝をついて、両の手を合わせる。 妖怪と言えどこれくらいはするさ... まぁ、頂きます、ができなかったのはこの子たちの空腹に免じて許してやって欲しいね 「さてと、続きと行こうか... おや?」 ロッドを持ち直し正面を向くと、そこには珍しく二人目のお客さんが横たわっている。... ふむ、どうやらあれに反応しているらしい。 残念、お宝とはいかなかったようだ 「まだ足りなかっただろう?... いっておいで」 こちらに来たばかりなのか、まだ原型を留めた肢体に心躍らせる仲間たち。 直ぐ様バスケットから飛び出し、未だ空かせた腹を満たさんと獲物に猛進する。 先に手を合わせておこうか、名も知らぬお人よ... いただきます、とだけ言っておくよ 「... む、どうしたんだい?」 食べ終わった訳でもなく、仲間たちがそそくさと足下まで戻って来る。... ?いったいどうかしたのだろうか。 いつもなら遺さず食べるこの子たちが一口も食べずに... 気になった私は仲間たちをバスケットに戻し、地面に倒れ伏すその人の側まで近寄る。... なるほど、この子たちの自慢の前歯がたたない訳だ 「人形、しかもここまで精工な... 」 ここまで寄って見ないと普通の人とは見分けがつかないほどの人形。 撤回しよう。 これはお宝と言って良いかも知れないな... さて、どう持って行くか 「ん?... !」 背負いでもしようか、なんて考えているとふと気がつく。 その精工な人形の顔、先ほどまで閉じていた瞼が開いている... 待てよ、これは 「...... おはよう?」 「... よぅ、ござ... ス」 返答、少しばかり途切れ途切れだが、恐らくおはようございます、と口に出す。 なんとも奇っ怪な... なんて思ったのも束の間 「ぉ.. な、イ...... 」 「な、ちょっと...... むぅ」 すぅっ、と瞼が降ろされる。 おやすみなさい、だろうか、カタコトではあるものの今から意識が途切れることに関して、そう言ったのだろう... つまり、だ 「知識、知能がある... か」 そう、さっきのおはようも、今のおやすみも、ちゃんと意図がある言葉、意味の食い違いが無い言葉だった。 再び眠りについた身体の中心に手を乗せる 「... 無い、か」 そこに有るべき鼓動は有らず、この身体に血が巡っていないことが明らかになる。 正真正銘、人形... それも意思を持っているであろう... いや、かなり興味が湧いた。 最近感じることのできなかった感覚、物事を知りたいと思う意思が私を支配する。 が、私の持ちうる知識ではこれ以上は... 「あいつに頼るか... 」 余り気は乗らないが、道具となればあいつに聞くのが早いだろう。 私は彼女を背負い、顔馴染みの店へと向かう。 さて、こちらから出向くのは宝塔の一件以来か... 「いらっしゃい... おや、珍しいね。 君が来るなんて... 」 からんからん、と鳴るドアベルがお客さんの来店をどこか嬉しそうに伝える。 っと、しかもかなり珍しいね... 最近は余り姿を見てなかったものだから、歓迎に続けて、そう声をもらしてしまう 「えぇ、少し必要なものができたの... お邪魔するわね」 「ま、ゆっくり見てっておくれよ。 ちゃんと対価を払ってくれるお客さんはいつでも大歓迎さ」 「... 今度、魔理沙に少し言っておくわね」 「そうしてくれると助かるよ... 全く、困ったものだ」 半ば相談にのってくれたのは僕と同じく、この魔法の森に住居を構える魔法使いのアリス。 どうやら、魔法の研究かなにかで必要なものでもあるのだろう。 時折ここに足を運んではいたけれど、最近はご無沙汰だったからか、少し珍しさを感じる 「おや、続けてお客さんとは... しかも君か」 アリスを迎え入れたのも束の間、間髪入れずにまたもやドアベルが鳴り響く。 またも珍客、といっても差し支えないだろう。 しかも上客ときた... 「あぁ、邪魔するよ、店主」 「いらっしゃい... っと、おいおい、大層なものを背負ってるじゃないか... 行き先は神社じゃないのかい?」 「ちょっと、それ... 人じゃないの?」 店に入るや否や、それが目についてしまう。 ナズーリンが背負っているのは人、だった。 まったく、どこぞのお人好しが移りでもしたのだろうか、外来人を拾ってくるなんて... 無縁塚。 彼女が半分根城にしている幻想郷の危険地帯。 かくいう僕も時折足を運ぶが、珍品と共に外来人が流れ着くこともあり、息のある者はできる限り助けるようにはしているけれど... 「なに、少し見てもらいたくてね... よっ、と」 「ここは永遠亭では無いよ... って、おや」 どっ、とカウンターに置かれたその人... どうやら人の形をした珍品の類いだったらしい。 まじまじと見なければ分からなかった... かなり精工な造りになっている 「どうだ、解る、か?」 「ふむ... 」 「凄い... 良くできてるわね... 」 人形使いであるアリスも、どうやら実際に触れるまで分からなかったらしい。 さて、解るか?か... そう聞かれたからには見てみようか... ん? 「... これは、道具の範疇では無いね... すまないが、僕にはさっぱりだ」 「そうか... やっぱりか」 僕の能力で解らない、ということは道具ではないらしい... いや、どういうことだ?西洋人形でも、観賞用だとかは解るんだが... いや、というか 「やっぱり?... 何か確信でもあったのかい?」 「あぁ... この人形、意思を持っていたんだ」 「... え?」 驚きに染まった言葉は僕の口からではなく、一人の魔法使いから出たものだった...

次の

新しい「止まれ」案がイケてない理由 「左右のつぶれ」に落とし穴…

止まれない今も

投稿者: antiyomeiblog 巨大掲示板2ちゃんねるハングル板の「余命三年時事日記って真に受けていいの?」スレのコテハンでした。 レスする度に「日記に書いてろ」と言われるので、日記を作りました。 余命三年時事日記とは?「悪魔の提唱」者の立場から考察しています。 通称「悪魔ブログ」 2016. 余命ブログ1136記事にて「悪魔の提唱者等を含んだグループの外患罪告発を準備している。 」とのことです。 今後はこれまでの傍観者の立場とは異なり、当事者として余命の矛盾、外患誘致罪告発の穴を検証していきます。 2019年ごろから、三宅雪子「元」衆議院議員による「幻の」刑事告訴事件も、余命プロジェクト同様の「刑事訴訟」を恫喝の道具とした言論弾圧として検証することにしました。 投稿ナビゲーション 検索: 最近の投稿• カテゴリー• 486• 241• 5,726• 126• 1,013• 462 アーカイブ•

次の