ピル オンライン診療。 ピルオンライン

オンライン診察について

ピル オンライン診療

緊 急避妊薬(アフターピル)はSNS上など不法に売買がなされているなどの現状があります。 そのようなことが横行するのも緊急避妊薬を必要とする人が多いからですが、なかなか病院に行くというのはハードルが高く簡単にSNSで手に入れることができてしまえば、それを利用するという人が多いのもわかる気がします。 しかし、 緊急避妊薬は副作用も起こしやすい薬のため十分な知識がある人でないと重大な副作用を起こす危険性があるためこのようなSNSなどで緊急避妊薬を購入するのは控えましょう。 このような実情があるため、国としてはスマホなどでのテレビ電話を通して産婦人科の医師の診察を受けることで(いわゆるオンライン診療) 病院に行くことなく緊急避妊薬を処方してもらえるようになる流れになるようです。 現時点ですでにオンライン診療で緊急避妊薬の処方を行っている医療機関がありますが、国が認めていませんので注意してください。 ) 2019年5月31日に行われた第5回「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」で「産婦人科の医師もしくは研修を受けた医師がオンライン診療で緊急避妊薬を処方することが認める方針であることがわかりました。 2019年3月29日に行われた、「平成30年度 第3回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」において、オンライン診療で緊急避妊薬(アフターピル)の処方を行ってもよいかどうかの検討がなされ、条件が設定されますが、スマホでの診察のみで処方が可能になるようです。 目次・・・• 緊急避妊薬(アフターピル)とは? 緊急避妊の際に使用する薬は、 ノルレボ錠というものを使用するのが一般的で、 こちらは避妊に失敗したときから72時間(3日)以内に服用すれば妊娠する確率を1パーセント以内に抑えることができます。 72時間以内に薬を服用すれば、避妊を失敗した方の63人の内、妊娠した例は1例で妊娠率は約1. 5%となっています。 参考: ノルレボ錠1. 5㎎の添付文書より ただし、オンライン診療では、通常の対面診療を違い、その場で薬をもらうことができません。 (スマホ越しで診察しているので当然ですが)。 通常は処方せんを郵送してもらい近くの薬局で薬を受け取りますが、72時間という猶予がありますので、郵送に時間が1日ほどかかりますが問題ありません。 オンライン診療でのアフターピルの診療から受け取りまでの流れ まずは、 します。 処方せん・薬の郵送に1日ほど要しますので早めに受診すること 薬を72時間以内に飲まなければなりませんので、避妊失敗後すぐにオンライン診療を受けてください。 オンライン診療を受けるか迷って2日以上経過すると、処方箋が間に合わないことがあります。 薬を服用してから3週間後に近くの婦人科を受診することが必須となります オンライン診療を受けるときに、3週間後に近医の婦人科を受診する約束をする必要があります。 これが守られない場合は処方されないことがあります。 十分な知識を持った医師が説明を行い、近医産婦人科を紹 介する等、3週間後の産婦人科受診の約束を取り付けること。 「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会 第3回 資料2より」 写真付きの身分証明書を準備する必要がある 使用できる身分証明書は ・マイナンバーカード ・運転免許証 ・パスポート これらを内一つの持っていないという方はオンラインでピルを処方してもらえませんので注意してください。 ちなみに、勘違いをする人が多いと思いますが、 保険証では顔写真が付いてませんので残念ながらスマホ診察を行ってもらえません。 費用はどのくらいか? 費用は全部(薬代と診察料)合わせて2万円弱くらいかかる 費用は診察料と薬代が必要になります。 オンライン診療では薬代の他に数千円(医療機関ごとに違いがあるが2千円~3千円)の診察料が発生します。 薬代としては ノルレボ錠を使用した場合、 1万5千円程度が目安となります。 1錠当たり1万円程で医療機関は製薬メーカーから購入しています。 ですので、販売価格としては、原価に利益を上乗せした価格になりますので、医療機関が利益額をいくらに設定しているかによります。 注意:現在販売されている後発品は「 レボノルゲストレル錠1.5mg「F」」です。 中には輸入品であることがあり、その場合は薬代が1万円を切ります。 薬代が安いときは処方される薬がレボノルゲステレル錠1.5㎎「F」かどうか注意してください。 どこの病院で受けられるか? 緊急避妊薬をオンラインで処方できる病院やクリニックは産婦人科もしくは指定された研修を受けた医師のみとなります。 現時点(2019年6月時点)では研修が行われていないため認定された医師は公表されていません。 ですので、現時点では に行くことをおすすめします。 処方を受け付けている薬局は? オンラインで受けたアフターピルの診察は処方せんが自宅に送られてきます。 (注意:薬自体は原則郵送できません) 処方箋を持っていく薬局も実は限られていて、厚労省の指定の研修を受けた薬局のみ取り扱いが可能となっています。 現時点(2019年6月)で研修は行われていませんので、情報が入り次第受取可能な薬局をまとめていきたいと思います。 注意:薬局が近くにあるかわかりませんので、基本的には薬を郵送してくれる病院で受診することをおすすめします。 最後に 性被害を受けた方は、病院以外でも様々な支援を受けることができます。 詳しくは に連絡してください。 各都道府県にありますので、お近くのセンターで相談してください。 そして、オンライン診療でアフターピルを対応している病院・クリニックはまだ少ないので、基本的には普通にアフターピルを処方してくれる病院・クリニックに行きましょう。 オンライン診療ではありませんが、緊急避妊の診察を対面で診察してくれる病院のリストは厚生労働省が公表していますのでこちらを参考にしてみてください。

次の

アフターピル(緊急避妊薬)のオンライン処方を医師が開始 厚労省は「不適切」と警告するが...

ピル オンライン診療

低容量ピルには、目的に合わせた2種類があります。 希咲クリニックで扱っているピル 当院で扱っているピルの種類は、下記の通りです。 避妊が目的の経口避妊薬(OC) 避妊目的の低用量ピルは、保険適用外となるため 自費診療扱いになります。 マーベロン28 ファボワール錠28 トリキュラー錠28 ラベルフィーユ錠28 治療が目的の低用量ピル(LEP) 治療目的のピルは、低用量エストロゲンープロゲスチン(LEP)と呼ばれます。 月経困難症などの治療薬としてピルを内服する場合は、 健康保険の適用となります。 ヤーズ配合錠 ヤーズフレックス配合錠 ルナベル配合錠 低容量ピルの主な副作用は、次のような症状があります。 気分が悪い、嘔吐• 頭痛、下痢• むくみ• 不正出血• 血圧が高くなる• 体がだるい• 気分が落ち込む• 乳房がはる• 性欲減少または亢進 低用量ピルを飲み始めて 数日〜数ヶ月間は、吐き気や不正出血などの症状が見られることがあります。 副作用が強い場合は、別の種類のピルを処方しますので我慢せず相談してください。 特に注意したい副作用 ピルを飲むとごくまれに 血栓症(血の塊が血管の中に詰まってしまう病気)を発症してしまうことがあります。 当院では安心して服用いただくためにも、6ヶ月ごとに血液検査を実施しています。 (税抜2,500円) また、下記のような症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診してピルを飲んでいることを伝えてください。 突然の足の痛みや腫れ• 手足の脱力感• 突然の息切れや押し潰されるような胸の痛み• 激しい頭痛、舌のもつれ、喋りにくさ、視力障害など 低容量ピルは1日1錠、 毎日同じ時間帯に飲むようにしてください。 飲み忘れてしまうと効果が得られなくなってしまうため、飲み忘れに注意してください。 ピルの内服に食前食後は関係ありません。 また、初めてピルを飲むときは、 生理の翌日から飲み始めてください。 当院では28錠タイプのピルを処方しています。 シートの飲み進め方 ピルのシートには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。 28錠タイプのものには偽薬(ホルモン薬が含まれていないもの)が含まれているので、毎日服用することで飲み忘れを防ぐことができます。 初めて飲み始める時は、生理の翌日から内服を始め、そのまま毎日飲み続けます。 ピルを飲んでいる間は排卵が止まった状態になりますが、生理の時と同様の出血が見られます。 ピルを飲み忘れてしまったら? 1〜2錠飲み忘れたor1〜2日飲み始めるのが遅くなった 気づいた時点で 前日の1錠を内服してください。 その日の分は、いつも通りの時間に飲んでください。 その日の分は、いつも通りの時間に内服してください。 3週目に飲み忘れた場合 気づいた時点で出来るだけ早く1錠を飲み、その後は1日1錠を最後まで飲み続けてください。 偽薬は飲まずに次のシートのピルを飲み始めましょう。 偽薬を飲み忘れた場合 飲み忘れた偽薬は捨てて、その日の分のお薬を飲んでください。 いつから避妊効果が得られるの? ピルの内服を始めてから確実な避妊効果が得られるのは、 内服開始から8日目以降です。 それまではコンドーム を併用するなど避妊対策をしっかり行ってください。 ピルを飲むと不妊にならない? ピルを飲んでいるからといって不妊になることはありません。 妊娠を希望される場合は、ピルの内服をやめてから妊娠できる状態になるまで2,3ヶ月ほどの時間がかかることがあります。 ピルをもらいに行くのが面倒です ピルをもらいに毎月病院に行くのは面倒ですよね。 当院では、初診から3回目の処方までは1シートずつのお渡しとなります。 4回目の処方からは最大6シート(6ヶ月分)をまとめてお渡ししています。 また、自宅で簡単に処方が受けられるオンライン診療もご利用いただけますので、ご活用ください。 低用量ピルを飲み始めるタイミングは? 妊娠していなければいつでも服用が開始できます。 避妊目的の場合は、月経が開始してから5日目までに内服を開始します。 治療目的の場合は、ピルの種類によって開始時期が異なります。 ルナベル:月経1〜5日目に服用開始 ヤーズ・ヤーズフレックス:月経1日目から服用開始 Q. ピルを飲んでから吐いたり下痢になったら? ピルを飲んで 2時間以内に嘔吐や下痢があった場合は、出来るだけ早くもう一度内服します。 2時間以上経過している場合は、避妊効果が持続していると考えられるので、翌日にいつもと同じように1錠内服してください。 24時間以上嘔吐や下痢が続いている場合は、一旦内服を中止してください。 ピルを飲めない人もいる? 女性ホルモンの病気がある方はピルを飲むことができません。 また、ピルの主成分であるエストロゲンは、血を固まりやすくする特性があるため、血栓症のリスクが高い方も飲むことができません。 重い持病、ひどい片頭痛のある方• 原因不明の不正出血のある方• 35歳以上で、1日15本以上喫煙される方• 乳がん、子宮体がんの疑いがある、またはかかっている方• 妊娠中の方、出産後3週間以内の方、出産後6週~6か月の間で授乳中の方 当院でピルの処方が初めての方 ご来院 完全予約制ではありませんので、ピルのご相談は診療時間内にご来院ください。 受付 ご来院いただき、受付でピルの処方を希望しているとお伝えください。 問診票の記入 お薬の内服についてチェックシート(OC問診票)をご記入いただきます。 特に他の症状などがなければ、内診台に上がっていただく必要はありません。 下記の2つの問診票をご記入の上、ご来院いただきますと待ち時間が短くなりますのでご活用くださいませ。 診察・説明 院長またはスタッフからピルの内服に関する説明があります。 初診から3回目の処方までは副作用の確認などのため医師の診察が必要になります。 生理痛がひどい方は保険適用のピルの処方の対象とhなる場合がありますので、診察の際にお申し出ください。 3回目までは1シートずつのお渡しとなります。 お渡し・会計 受付にて会計・お薬をお渡しします。 ピルの処方が2回目以降の方 受付 ご来院いただき、受付でピルの処方を希望しているとお伝えください。 診察 ピルを内服する中で副作用の有無やピルが体に合っているかなどのお話を伺います。 4回目以降は最大6シート(6ヶ月分)まで処方することが可能ですので、ご希望のシート数をお伝えください。 副作用や休眠期間がなければ医師の診察はありません。 採血 必要時 当院では血栓症や合併症の早期発見のため、6ヶ月ごとに採血が必要になります。 お渡し・お会計 受付にて会計・お薬をお渡しします。 ピル外来予約システム(来院にてピルをお渡し) 4回目以降の処方からは、ピル外来予約専用システムをご利用いただくことができます。 このシステムをご利用いただくことで、待ち時間なしでお薬をお渡しすることができます(当日予約は30分前まで可能です。 ) オンライン診療 郵送にてピルをお渡し 2回目以降にピルの処方を行う方は、ご自宅で診察が受けられるオンライン診療がご利用いただけます。 処方されたピルを郵送でお届けしますので、ぜひご活用ください。

次の

オンライン診察について

ピル オンライン診療

今年の春、診療報酬の改定で一部が保険の適用対象となったこと、また指針として「オンライン診療の適切な実施のためのガイドライン」も策定され、日本でも本格的にオンライン診療が始まりました。 対面診療と比較した際のメリットとしては、「院内待合室の混雑緩和」や、「通院負担が減ることによる患者満足度の向上」などのほか、「患者の心理的負担の軽減」も挙げられます。 例えばAGA(男性型脱毛症)の治療や美容整形など、自由診療に分類される悩みを抱える患者の中には、クリニックに行くところを人に見られることに抵抗を感じ、それが心理的障壁となって通院を負担に感じる方もいます。 オンライン診療という選択肢を用意することで、こうした患者の心理的な通院負担を減らすことができます。 今回は「オンライン診療とピル」をテーマに、上記のような自由診療の中でも、月経困難症の治療や避妊を目的とした低用量ピルの処方に焦点を当て、オンライン診療の実際の導入事例と症例をご紹介します。 また、アフターピルも同様にオンライン上で処方することに関して、実施している医療機関と厚生労働省など双方の意見をまとめてお伝えします。 オンライン診療と低用量ピル 1-1. 導入事例 弊社のオンライン診療サービスcuron(クロン) を実際にご利用いただいている2つの医療機関へのインタビュー記事本文から、オンライン診療を導入したきっかけと、導入後のクリニックへのメリットを抜粋してご紹介します。 ピル服用者の対象年齢的に、お仕事をなさっている方や学生さんが多く、定期受診が難しいケースが多々あります。 その方たちにより便利にピルを活用していただきたくて遠隔処方を導入しました。 」 <導入のメリット> 「費用面でのメリットが大きいと感じました。 知り合いでオンライン診療を検討している先生にご紹介しています。 」 <導入のメリット> 「通院が難しい方に対して、薬の処方だけでなく、相談に乗れることが良い点です。 インターネットでピルを購入することもできますが、そこには医師の指導がありません。 飲み忘れた場合の対処方法や、飲み方を変えたい場合に、相談窓口となることで、女性の悩みに寄り添うことができると思っています。 」 1-2. 患者症例 過去にクロンをご利用いただいた患者は、オンライン診療によってどのような利点を実感されたのでしょうか。 ここでは、実際にオンライン診療を実施している医療機関から寄せられた症例から、オンライン診療を利用するきっかけとなった背景と、利用する中での経過をご紹介します。 <経過>当初の対面での診療では緊張が見られたが、スマートフォンの利用に抵抗がない世代というのもあり、ビデオ通話ではリラックスした様子。 定期的な服薬により生理痛も軽減した。 「同じ症状で悩む友人にも紹介したい」との声。 オンライン診療では薬も家に届けてもらえると聞き、利用を開始。 <経過>「スマホで簡単に予約でき、待ち時間もないので便利。 産婦人科に通院していることを人に知られたくないので、オンラインで処方が終わるのはありがたい。 」との声。 オンライン診療とアフターピル(緊急避妊薬) アフターピル(緊急避妊薬)は、避妊を失敗した場合や、性被害を受けた時の為に使用されるピルです。 女性がやむを得ず避妊ができなかった際に服用することで、妊娠を回避する事が可能になります。 現状、アフターピルは患者が直接対面で医師の診察を受けることでしか入手できません。 ただし、処方を行なっている医療機関へのアクセスが難しかったり、地元の産婦人科に出入りすることへの心理的抵抗などから、本当に必要としている人がアフターピルを入手することは容易ではないこともありえます。 平成28年度の厚生労働省の調査によると、平成25年度の国内の人口中絶件数は約186,000件となっています 3。 この中絶件数の多さから、本当に必要としている人にアフターピルが届いていない可能性を指摘する医師もいます。 2-1. ネット上での不正取引 実態として、インターネット上でのアフターピルの不正売買が横行している可能性が あります。 例えばTwitterで「アフターピル」と検索すると、「アフターピル売ります」「即日発送」「アフターピル〇〇円」など、アフターピルの取引を目的としたアカウントが多く見られます。 直接医師の診察を受けるどころか、医師ですらない人がアフターピルの取引に関わっているのかもしれません。 SNSを通じてアフターピルが不正に出回っている (追記:昨今では、アフターピルを違法に販売したことを理由にした逮捕者も出ています。 しかし、こうした代行サイトで流通しているような国内で承認されていない海外の医薬品に関しては、偽物であっても仲介者の責任を問うことができず、購入して服用することは大変危険です。 厚生労働省は個人輸入代行業者の利用について、以下のような注意喚起を行なっています 4。 Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。 A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。 しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。 また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。 こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。 2-2. オンライン診療でアフターピルを処方することの是非 オンライン上で緊急避妊用のアフターピルの処方を開始する医療機関もあります 5。 (ハフィントン・ポスト2018年9月14日付け記事より) こうした 医療機関がアフターピルのオンライン処方に踏み切った理由には、上記のような現状を踏まえて「医師の処方のもと、適正なアフターピル入手のハードルを少しでも低くしたい」という想いがあるようです。 2-3. 厚生労働省は「不適切」 一方、厚生労働省は、アフターピルをオンライン診療で処方する医療機関に対し、下記引用のように「不適切」だとする見解を示しています 5。 (…)厚労省医事課の担当者はハフポストの取材に対して「不適切な事例の可能性もある」と説明する。 ガイドラインの目的は、安全なオンライン診療を普及させることなど。 基本理念などでは、「原則として初診は対面診療で行い、その後も同一の医師による対面診療を適切に組み合わせて行うことが求められる」と記載されている。 一方で「例外として患者がすぐに適切な医療を受けられない状況にある場合など」に限っては「許容され得る」とも書かれており(…) 処方を開始した医療機関は今回の件が上記の「例外」に当たると判断し、厚生労働省は「例外には当たらない」との立場を取っているようです。 そもそも、アフターピルのOTC化(市販薬化)は以前から検討されていましたが、関係医学会からの反対を受けて2017年の厚生労働省の検討委員会によって見送られています。 反対意見の論拠として、 ・OTC化を進めるにあたり、現状では性教育が不十分。 経口避妊薬の普及率が高く、緊急避妊薬にも慣れている諸外国と比較すると、日本の若者は知識も経験も少ない。 避妊の成否は月経から 女性自身が判断せざるを得ず、妊娠に気づくのが遅れる可能性がある。 ・避妊効果はあるが性感染症を防ぐ効果はないので、簡単に避妊できるのをいいことに避妊具の使用が減った結果、性感染症の罹患リスクが高まるのではないか。 ・月に何度も処方を求める女性もいる。 アフターピルの処方と同時に、産婦人科学的知識の豊富な医師による性教育を行うことが欠かせない。 OTC化では男性による悪用も考えられる。 ・安易な使用が広まる。 このような意見が挙げられています 6 7。 これらの意見を踏まえ、最終的な結論として、今の日本では「時期尚早」ということでまとまっています。 2019年より、厚生労働省が「アフターピルのオンライン処方」についての検討開始 厚生労働省は1月23日、第1回「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」を開きました 8。 開催の背景としては、不適切なオンライン診療の事例が報告されていることから、指針の不明瞭な点の明確化や遵守すべきルールの理解を深めることで、より適切なオンライン診療の実施を目指す意図があります。 アフターピルに関しては、検討会の実施にあたって日本オンライン診療研究会から意見・要望が提出されており、その中には以下のような意見も見られます 10。 緊急避妊薬について初診からオンライン診療が可能と解釈している医師がいるが、初診対面診療の原則から外れていいのか、明確にする必要があるのではないか。 今回の検討会では、アフターピルのオンライン処方を「初診は対面診療」原則の例外と認めるか否かについて解釈の明確化も図られる見通しです。 まとめ 低用量ピルについては、オンライン診療を活用することで、患者の通院負担を軽減するほか、医療機関側にとっても患者の悩みに丁寧に寄り添いながら治療を継続できることなどの利点があり、今後も利用が進むことが予想されます。 アフターピルについては、医療機関や厚生労働省の立場から様々な議論がある一方で、検討会の開催を通じて厚生労働省が解釈の統一化に乗り出す動きを見せています。 今後もアフターピルのOTC化やオンライン処方に関する動向があり次第レポートして参ります。 1 : 2 : 3 : 4 : 5 : 6 : 7 : 8 : 9 : 10 :.

次の